ハーストーリィプラス〜 プラスな発想で面白い地域文化をクリエイト

プラスな女たち

今日のフク笑い

読書の秋 仕事にいかせ!

本川町に移転して、電車通勤になった私が、よかったなと思う一つに

通勤電車の中で、読書ができるようになったこと。

日々、本を読もうと思っても、なかなか時間が取れず、家事が終わってほっとして

本を広げたら、疲れてうとうと。

寝床にもって、寝る前に読もうと思った時点で、本をもったまま

眠ってしまうということも。

 

ところが、電車の中で、20分は読む時間は取れます。

文庫本なら、往復で、数日で読み切ることができます!

 

最近読んだのは、小説や自己啓発のもの。

小説はなぜか食に関係する美味しそうなタイトルを選んでしまう。

今読んでるのは「幸福な食卓」瀬尾まいこ著

(ストレート!)

 

先日読んだ自己啓発は、気が利くということはどういうことか?的な内容です。

 

それによると、いろいろありましたが私なりにまとめると・・。

 

世の中の気がきく人というのは

周りの人が喜ぶこと、相手を思いやる気持ちがある。

 

そのために、何ができるか、何が求められているか

観察力がすばらしいこと。

 

次に、すぐ行動に移せること。さしでがましくなく

すっとできる機敏さがあること。

 

それよって、周りの人は喜び、気がつく人に感謝し、かわいがる。

 

感謝され、かわいがられる、気が付く人は、うれしくなって

さらに、周りの人が喜ぶことを見つけ、思いやりをもつ。

 

プラスなスパイラル!

幸せな人生!

 

それに対して、気が付かない人は

自分のことに興味があり、自分が中心になっている。

周りに無関心なので、観察しない。

周りも関心を持たないので、孤立する。

ますます自分中心になってしまう。

マイナスのスパイラル。

 

では、どこでプラスに変えるかというと

やはり自分自身の考え方を、自己から他者へシフトすることが大事なのです!

 

そのように、今朝の朝礼で一言で意見を発言したら

「今さら?」とか「自分をかえる?」と驚かれ、みんな失笑でした。

そりゃそうだ、いい年とった熟女ですし。

 

社長からは、その気づきを、まぁよしとし、最近少しは変わったね、なので、

 

「ぜひ、

 仕事にいかしてください!

 仕事にいかしてください!

 仕事にいかしてください!

 

と、3回言われました。

 

いいすぎと、ちがいませんか?

 

 

 

久しぶりに会ったY山君が言うには‥‥

先月、前職のハー・ストーリィ時代の関係者が集う、同窓会的な催しがありました。

私は実行委員に席をおいていましたが、長いことお勤めしていたので、こういう会にだれを誘うか誘わないか、選択に困るので、積極的にお誘いはしなかったのですが、集まった皆さんの顔を見て、懐かしく、またそれぞれがご活躍されていることに感動しました。

 

ハーストーリィプラスとしても、10年の歴史がありますので、ハーストーリィハウス、くらしマルシェ/365、の歴史とともに同窓会を将来開けたらいいなと思います。

 

さて、その同窓会にて、久々に再会をしたY山君という元同僚の男性がいます。

 

当時はけっこう仲良く仕事をさせてもらっていたのですが、退職後はまったく疎遠になりました。

 

いやー、お久しぶりです。元気ですか?

 

と、お互い声をかけ、全然変わっていないY山君に安心したところ。

 

「時々、不定期ですが、プラスのサイトを見るんですよ。時々ですよ!

 で、フクハラさんのブログは、

 相変わらず、周りの人のあら捜しをして・・・。」

 

あら捜し?! いやいや、周りの人のおもしろいところを紹介しているつもりなんですが。

タイトルは「今日のフクわらい」っていうのよ、覚えてよ!

 

「で、ブログの調子にむらがあって、絵を描いておしまいにしちゃおーかなー、みたいな感じもときもあって。へへへ(笑)」

 

と、おっしゃる。

 

絵は、ゆるゆる漫画ですが、けっこう時間と手間がかかり、文章だけの時よりは力を入れてるんですけど。?

 

「そんなことないですよ、そりゃ、文章の方が手間ですよ。」

 

それ、絵が、下手ってことでしょー。でも、あんなゆるい漫画、描こうと思ってもなかなか書けんのよ、実は。

 

くすぶる気持ちは吐き出さず、あとで、ここに書けばいいわと、聞き流す私。

 

ま、これからも時々見てくださいねー!

とお別れしましたが、

本当に彼は、プラスのサイトを不定期に見ているのだろうか?

かつ、「今日のフク笑い」を見てくれているのだろうか?

 

今日は、そんなことを思い出して、ブログを書くことにしましたが、

いま、横の席のヨコハタが、

「え、フク笑い、書くんすか?

 また、私の悪口、書くんしょ。」

と、察していました。

 

残念、今日は、Y山ネタだ。

あんたは、次回だ。

 

 

  fuku

 

アツい本川町

本川町に引っ越しして3週間。
だんだんと慣れてきました本川町生活。

引っ越ししてすぐに困ったのは
今まで、気分転換に立ち寄って、コーヒーを飲んだりしていた
ハーストーリィハウスがない!っということです。

昼食はいつもハウスのお弁当を食べていたヨコハタは、
連日、コンビニ弁当生活です。

どれだけ体にいいお弁当を、昼食として食べてきたことが
ありがたかったことか身に染みていることでしょう。

 

新入社員シミズナツミも、お弁当を作らない派のようで
最近、外に出て外食をしているようです。

 

先日、ナツミがランチを食べにお店に入ってみたら
隣のラピルラズリさんのスタッフさんたちも
同じ店内でお食事をしていたそうです。

 

お店の方といろいろ話をして
最近、元気のいいお店やショップ、会社が入ってきて
「本川町は最近、アツいですねー」といわれたそうです。

会社に帰ってきて、そういう話だったと教えてくれて
私が
「私たちが本川町に入ってきて、また温度を上げたかねー!」と
嬉しそうに、返したら・・・

 

「ち、ちょっと待ってください。フクハラさん。
アツいって、温度じゃないですよ。
雰囲気がもりあがっているってことですよ。」

と、心配そうに、隣のヨコハタが心配そうに進言してきました。

 

なーにを言ってるの? アツいって、盛り上がってるってことに決まってるじゃん!
私らの体温がアツいわけないじゃん!

と、思ってびっくりしていたら、目の前のシミズナツミも
「アツいって、雰囲気のことですよー」とニコニコして教えようとしている。

 

なーにを言ってるの!?

この人らは、私が、体温熱い自慢をしていると思っていたのでしょうか?
ハーストーリィプラスの人間が本川町に出入りするようになって、外気温度を2,3度上げてると
またフクハラがわけのわからないことを言い始めたと、思っているのでしょうか!?

 

心外です。そして、心配なのは、こっちの方です!ぷんぷん。

 

↑最近、やべって言わなくなったヨコハタは、社内で一番の寒がり。

エアコンが苦手です。

ミュージシャンがやってきた!

先日、新しく移転したオフィスに、さとう社長にご用事で

お客様が来られました。

その方は、本名はふせておきますが、堅気のお仕事される方。

この日も、お仕事の打ち合わせでご来社をいただいたのですが

別の名もお持ちで。

その名は「コーネル」さん。

 

ハーストーリィハウスがオープンして、店内のカフェの雰囲気の中で

アコースティックなライブをしてくださる方を、さとう社長が見つけて?

ハウスのライブ史のなかで、早期のライブゲストといえます。

 

私の中では、コーネルさんは、もはや、歌手、ミュージシャン。

もちろんCDも出されていて、

今は、子育てで家庭もお忙しいらしく、ライブも控えておられるそうですが

当時は、カフェを満員にしてくださった、シンガーソングライターなのです。

 

 

久しぶりにお会いをして、いえ、会ったのは社長であって

私はご挨拶をしただけにすぎませんが、

旧知のシンガーソングライターが会社にお越しになったという体で、

そら、うれしいものですから、すぐに撮影。

 

右 コーネルさん。 左 同席されたコーネルさんの同僚の方。

 

 

 

さっそく、お仕事の話に。

 

コーネルさん、またお越しくださいね!

 

 

かわいいお名前に変身できる法則の発見

今日、シミズが何かの名簿を見ながら
「いいなぁ、この人変わったお名前。
私ももっと変わった名前だったらよかったなぁー。」
とつぶやいていた。

 

それを聞いたヨコハタが、
「巻寿司大使さんみたいに、ハンドルネームを通称で使ったら
どうですか?」とアドバイス。

「そういえば、昔(同僚だった)ミゾさんが、本名スミなのに『ン』をつけて
『スミン』って、名乗ってたよねー。
他にも、ユキなのに『ユキン』って言ってたよねー!」
と、シミズが私に語りかけました。

 

なら、「シミズさんは、『まゆみん』。どう?」

 

それを聞いたみんなが、いいねー!
なんとか48のメンバーみたい♪ と盛り上がる。

どうやら、名前の最後に、『ン』をつけると
かわいくなってしまう法則があることを見つけました。

じゃ、

ヨコハタは、「あさみん」だ!

ヨネダは、「よしみん」

 

ニシバヤシさんは?りかだから、「りかん」だ!

そして、私は?

 

「じゅんこん」

ないわー!

大根か、海のじゅごんみたいに、
どうしてなるのー!?

 

まったくかわいくなくて、逆にださくなってしまうという、
お名前に「子」が付く人は、この法則が成立しないことが
わかりました。

 

 

神のお告げ

ながいGWが明けて、営業開始となりました。

社長のお願いは、そろそろ社内の過去資料から必要なものを箱詰めしてほしい、

引っ越しのときに、自分たちでも手運びできる量がどのくらいか測りたい。

とのことでした。

 

最近、我が家の部屋を片付けて、すっきり生活に味をしめた私は

会社もそうだ、引っ越しの機会に断捨離をしなくては。

と、急にやる気がでてきました。

 

昨日、キャビネット内の大量の過去資料から、

資源ごみに出せるものをくくったりしていたので

今日は、リサイクルセンターに持ち込みして処分しようとガサガサ準備していました。

 

ついでに、ガラスものや布ものなども、処分できるので

棚の奥にあった、ガラスの保存容器(よくカフェで使っていたコーヒーやスコーンなどをいれる

ガラス容器)が使われていないのを見つけ出し

これも捨てようか~?と悩みながら、取り出しました。

 

一緒に準備をしていた新人なつみに、「ねぇ、これ、使うかね~?」と言いながら

みせるやいなや、手元がすべり、

がっちゃーん!

 

割れてしまいました。

 

これは、神のお告げ?

悩むな、すべて処分しなさい。

 

そういうことを、神様がおっしゃっているのだ!!と、びっくりしました。

 

なつみさんは、見てみて~、これ、使うかね~?という手からガラス容器をすべらせ割る

大の大人にびっくりしたかと思いますが。

 

 

 

平成最後のお花見 強行しました~

先週の金曜日のお昼。

やろうやろうといっていたお花見を、前日の木曜日に思い立ち

やります!連絡発信。

 

便利ですねー。ライン。

とにかく、関係者にラインで送ってもらい

 

〇昼の部 12:00~13:00 お弁当持ち込み

〇午後の部 14:00~15:00 お菓子持ち込み

 

会費なし。自分で食べるものを持ち寄り。

差し入れ大歓迎。

参加できる方だけで、けっこう。出席の有無は確認なし。

 

こういったアバウトな内容なのにですね、

本当に来てくださったスタッフの皆さんに、大感謝です!

 

天気も良く、桜もキレイで、十分なお花見日和。

 

会社から徒歩1分の桜の美しい公園。ぜいたくです。

 

 

歩く歩道から見おろした公園の様子です。

 

会社の看板!?持ち込み。目印に利用しました。

 

皆さんから、差し入れをたーくさんいただいて

その気持ちに感謝いたします! よく食べたー♪

 

 

たこ焼きは、会社で焼いて持ち込んだんですよ!

 

集まってくれたスタッフたち。

 

 

スタッフ全員の参加は無理なくらいの大所帯なので

集まれる方だけで強行しましたが

おいしいものを、素敵な桜をみながら、わいわい食べられて

よかったです。

 

社長、忙しすぎて、顔もだせないときでしたので

ごめんなさーい!

 

平成最後のお花見します!

私たちの職場の近くには、素敵な公園があります。

毎年、桜のシーズンには、満開の花びらが公園をピンクにそめて

たくさんの人たちが、思い思いに、シートをひいて、花見を楽しみます。

 

私たちハーストーリィプラスも、

可能な限り時間をつくって、お弁当を会社で出していただいて

盛会にお花見会を開いたり、

そこまでしなくても、自分たちでお弁当をもちよって

ほぼ毎年、お花見気分を楽しんできました。

 

そういえば、昨年は、そのような機会も取れず

あっという間にお花見シーズンが過ぎてしまいました。

 

今年はそうはいかせません!

 

といいつつ、バタバタして何の準備もできませんでしたが

先ほど、「明日花見をします!」と業務連絡を配信することができました~。

 

明日のお昼ご飯時間と、午後のおやつ時間に

となりの公園の桜の下に、何人かの女性たちが

シートの上に座って、もぐもぐしていたら、それは私たちです!(笑)

 

誰が参加するか、出席確認もできていないので

とびいり参加もOKです。

 

目的は桜とともに、記念撮影会♪なので

少しの間でも楽しみましょう!

 

 

健康診断と卒業式

私は、この数年、2月ごろに、健康診断を受けています。

身長、体重、心電図、胃カメラ、血液、尿検査、視力聴力と、一般的な

健康診断内容ですが、例年とくに問題なく、再調査も受けることなく

よい結果をいただいています。

 

ひとつだけ、はっきりと気になることがあることは、ありますが。

 

それは、この5年前から、

毎年、1kgずつ、体重が増えていることです。

メタボリック判定は、非該当です!指導にはいたっていません!

ですが、本当に上手に、じわじわと増えているのです。

一歩進んで二歩下がる・・・的な人生ワンツーパンチ風ではなく

確実にじわじわと前進。

 

診断結果に、そのように記録されているから認めるしかありません。

 

あんなに朝から食事しなくて、食べなくて検診に臨んでいるにも関わらず。

 

そして、明日、いや、もう本日か。

次男の卒業式に臨む母として

お悩みがまた一つ。

 

数年前にはけていたフォーマルスカートのウエストが

きつくて、苦しい。

その当時、ゆるゆるで、大きいサイズだからはけなかった別のフォーマルスカートが

今、ぴったり!

 

これは、健康診断の記録と比例した結果ではありませんか。

 

もう、痩せてやる。

走ってやる、筋トレしてやる! 

 

確か、次男の入学式3年前にも

健康診断結果を見て震え、スカートをはき比べて

叫んでいたような気がします。

 

 

塾から親族への手紙

我が家の話で恐縮ですが、中学3年生、高校受験に熱心に勉強をしているような

息子がいます。

えぇ、現役高校受験生です。

 

その子が、今朝、私の部屋に入ってきて

 

「母さん!塾から手紙! 親族へだって!」

 

え?親族? 

 

いぶかしく思って、その息子の手にしていたものを見た瞬間!!

 

続きはコチラ

 

 

 

総会で忘年会ネタをしてみたら・・・

先日、ハーストーリィハウスのお店を午後2時間ほどお休みして、店舗のホール、キッチンスタッフとハーストーリィプラスのスタッフが顔をそろえて、総会をする機会がありました。

 

13時からスタートして、美味しいお弁当をみんなで食べて。

そして、社長が今年の総括と来年の構想について説明をする前に、

自己紹介などする時間をとるから、進行、フクちゃんお願い!

 

と、急ぶりです。

 

え?なぜ私?そりゃまぁ、プラスの方には新人さんもいるので、

店舗スタッフの顔合わせの機会としては絶好なので自己紹介はありだけども

それで、40分~60分回してといわれても。。。。

 

そこで、こんな時にお役立ちグッズが、会社の中にはたくさんあり、

その中でも、番号カード(イベントで使う整理券だけども)と、くじびきBOX(10年位前の

tsumugu市で元D’sのオカダさんに作ってもらった箱、まだ現役で使ってるよー! オカダさん!)が、こんな急場をしのぐグッズに変身。

 

自己紹介は、普通にしてしまうと一人1分で終わるので持たない。

くじびきBOXの中から引いたカードの数が、偶数だったら「今年忘れてしましたいこと」

奇数だったら「今年よかったこと、自慢したいこと」を発表するというお題を設けて

ひとことスピーチにしてしまいました。

 

そこで、とっても面白いスピーチが出てくるのですが

私はあることに気づきました。

それは2つあります。

 

1.忘れてしまいたいことは、とっくに忘れているアダルティ。

 

 忘れたいことを発表するカードを引いたにも関わらず、忘れてしまいたいと思ったことを

 思い出せない世代があるのです!

 いろいろあったはずなのに、何が忘れてしまいたいことだったか思い出せない。

 シミズは本当に困ってしまって、忘れないようにしようと思っていたことも、忘れてしまい

 もはやどうにもとまらない状態でした。

 

 他にも、タマル、ナカタといった大御所アダルティは、声をそろえたように

 思い出せない、思い出せないと、

 この世代には、忘年会は必要ではないのでは? すでに忘れているから!

 

2.主婦は、夢の中に出てくる芸能人にドキドキして、二度寝をしようとする

 

 この夢の中に、大好きな芸能人、タレント、俳優が出てきて、ドキドキして

 目が覚めたところ、もったいないから二度寝して再会を試みるも

 もうだめでした・・という話も3人くらい発表していました。

 この日の参加者は全員で22名だったでしょうか?

 1割以上の比率で、夢に出てくる芸能人にドキドキすると主婦が言っているのです。

 主婦の願望、また癒しというのは、夢でしか実現ないのでしょうか?

 

このような結果を踏まえて、これからのアダルティ世代には

夢に出てきた芸能人を、絶対に忘れない記憶装置で、繰り返し妄想ができる

サービス、ついでに二度寝で再会できる確率がほぼ100%!

なんていうモノができれば、メガヒットするのではないか?それはハズキルーペどころでは

ないはず、と想像した忘年会風総会でした。

 

お約束の変顔集合写真。まさかこれが世の中に公開されるとは?と思うでしょう。

勝手にするのです。フク笑い。

 

ハマグチ社長の「何でも誉める」(夫編)

先日、リシュラのハマグチ社長が、お椀の中の柚子がいい仕事をしているとしきりに褒めたというお話をご紹介しましたが、まだ続きがあります。

そのご一緒した席で、話題になったのが、ハマグチ社長のお料理の腕。

八朔だったか、フレッシュなフルーツを野菜と一緒にサラダにしたらおいしいとかなんとかで、サラダボールを腕に抱えるほどだという話になり、そんなに美味しいお料理を仕事が終わってから作るのか?ご主人はだまって待ってくれるのか?

ふと疑問になった私は、聞いてみた。

 

「だいたい、夫の方が帰宅が遅いから、待つというより、夫のを残しておくかな。

でもねー。よー食べるんよ。おかずを、こんなに作ってても、あら?っと振り返ったらもう、お皿がからなんじゃけ!

まだ、ないか、まだないか?ってうるさいんよー」

 

どうやら、ご主人はハマグチ社長のお料理が大好きで、パクパクたくさん食べてくれるらしい。

 

「そーよ。どうしたら、箸をおくか、いつも思うんだけど、箸をおかんけーね。

ずーっとご飯食べよるし」

 

「めんどくさいですねー!おかず、作れ、作れって。本人は料理しないんですか?」

 

「そうよ、まったくつくらん」

 

だけどねー

 

と、ハマグチ社長は、続ける。

 

夫のことを長男だと思ってごらん!

子どもだったら、手がかかるばっかりだけど、うちの長男はお金をかせいできてくれるんじゃけ。

すごいよー!長男なのに、かせぐんじゃけ。

そう思ってごらん。全然腹がたたんよ!

 

 

と、夫を「稼ぐ長男」と褒め、ついでに夫婦円満のコツを教えてくださった。

 

そんなハマグチ社長こそ、えらいと凡人フクハラなどは感心してしまうのでした。

 

 

カテゴリー

最新のエントリー

アーカイブス