ハーストーリィプラス〜 プラスな発想で面白い地域文化をクリエイト

代表 さとうみどりの日記

夏休みも活動中、石州和紙女子チーム「tennel」のミーティングへ

浜田から20分走った石州和紙の産地、三隅町になる石州和紙会館へ向かいました。昨年度からサポートしている石州和紙を知ってもらうため、使っていただくため、産地に来ていただくために活動している女子チームの応援をしています。

てねるという和紙制作上の島根弁の言葉をチーム名にしたこの「tennel」は女性15名からなるチーム。和紙職人やその研修のために県外から島根に来ている人、地域おこしにかかわる人、雑貨を創る人、子どもの教育にかかわる人、和紙会館のスタッフとして和紙を広めている人・・などなど肩書は様々

だからいい、いろいろな動きを交錯できるのでイベントや企画を立てる際にスムーズに役割が決まります。

活動を始める前準備として「西の森フェスタ」に出展したり「みやじまぐちそぞろあるきマルシェ」も勉強のために見学したりしました。そして自分たちの活動、8月4日の夏真っ盛りに「いっちょやってみん祭」という祭りを仕掛けました。

 

 

和紙つくりや和紙にかかわる体験イベントと「食」を販売。手づくりのイベントになんと200人弱の方が訪れたというのです。夏休みという時期に開催が功を奏したのでしょうか。子どもたちに和紙に興味をい抱くきっかけになったことは言うまでもありません。

さてこの次は、、みんなで真剣にみっちりミーティング。今度は秋にイベントを仕掛けます。

広島からも訪れるイベントにしたいものです。

 

 

カテゴリー

最新のエントリー

アーカイブス

LINK