ハーストーリィプラス〜 プラスな発想で面白い地域文化をクリエイト

代表 さとうみどりの日記

おススメのイベント

new

「宮島モノ語」、広島商談会を実施しました。

本拠地、広島にて「宮島モノ語」お披露目会を開催しました。宮島のことを広島市内でも知っていただかないとはじまらない。コトづくり、モノづくりのお披露目です。百貨店の方や全国にもお店のある雑貨店バイヤーさんが来られました。

 

 

 

関東もですが地元でも「宮島モノ語」としてブランドをお披露目していくスタート

 ギャラリーGは天井も高くて気持ちよくて、想像した通りのディスプレイが出来ていい感じでした。

 

 

 

 

 

 

しかし宮島の事業者さんは仲が良い。空き時間では一緒にお茶に出かけたり下見に出かけたりしてらっしゃいました。

 

「はたらき、くらす。自分ルール」トークショー開催します。

ゲストである佰食屋オーナーの中村さんの著書「たどりついたのは業績市場主義からの解放『売上を、減らそう。』を一気に読んでしまいました。きっと「働き方改革」「ダイバーシティ」の講演には引っ張りだこなことと思います。

 

私はどちらかというと働く側というより経営者目線での関心が。

気になったフレーズもたくさんあり、勉強になりました。

◎集客(広報)は経営者の役目

本当にそうですね。。反省しきり。。。

もと広報のお仕事をしてらっしゃった方とあって引き付けるフレーズが大変わかりやすく上手です。。

 

目標がたったひとつだから上がるモチベーション

そうなのですよね~。あれもこれもはできない。そして売上げ金額ではなく「1日100食」という目標もわかりやすい

私もそこを考えねば。。

 

ダイバーシティ企業になったのはたまたま

なにより一番は、こんな人に来てほしい!が明確なのです。

暮らしを楽しみたい人。同じ作業を続けても楽しめる人っていうのはいいなぁ。

 

 

著書内には働いているスタッフのコメントもたくさん載っていてこれから働きたい人にとっても

何を一番重要視して職を決めるべきなのか参考になります。

 

2月8日のお話では「はたらき、くらす」中村さんルールを中心にお聞きできることと思います。

ぜひお越しください。

宮島のブランドづくり「宮島モノ語」広島お披露目会

新年最初のイベントは宮島町商工会主催の「宮島モノ語」の広島商談会から。

昨年12月には東京タウにて商談会&販売会を開催してきました。

 

 

 

各事業者自慢の商品を共通ブランドをつくり発信、事業者の背景とモノづくりに対する物語がわかる商品ブランドにしています。

デザインは至ってシンプル、素敵な商品たちが主役のパッケージになっています。

 

制作にあたって何度も宮島を訪れさせていただきました。神聖な神の島の元でモノづくりをされている方々の思いをどの事業者の方々からも感じつつまた、事業者同士の間柄が素敵でした。「みんなで一緒に盛り上げよう」の思いもひしひしと感じる。商品販売ではほかの事業者の商品もアピールする。本当にいいチームなんだなと実感させていただきました。

宮島町商工会のWEBでは写真と音楽とともにお披露目がされています。ぜひご覧ください。

 

昨日新聞にも載せて頂きました。

18日は中区上八丁堀「ギャラリーG」でお披露目&商談会。ぜひのぞきにいらしてください。

 

大晦日、宮島鎮火祭へ

大晦日、今年は宮島の鎮火祭へ。宮島の方々がたいまつを掲げ祈る姿を拝見しに参りました。

夕方6時過ぎ頃からはじまる鎮火祭、とても寒くてたいまつの日が待ち遠しい。

いったん火がともされると大きなたいまつを持った各事業者の方々が掛け声ととともに練り歩く。ひとつのたいまつを担ぎ歩く皆が一丸となる瞬間に感動すら覚えます。年の終わりを感じるひと時でよい経験でした。周りを見渡すと宮島口からも良く知る方々がたいまつをもって待っていらっしゃる。先輩にお聞きしつつたいまつの火を譲り受けて頂きました。大事に火難除けのお守りといたします。

 

今年1年ありがとうございました。

 

やまだ屋、藤井屋、岩惣とのたいまつが目の前を通り過ぎていきました。

今週末は20marcheのモニター試食会がエピロで開催されます!!

昨年お披露目しました「20marche」ウチのepiloではいち早く販売を始めています。お客様にも「おしゃれ!」などと高評価で観光の帰りに買って帰ってくださっています。

 

で、今年の「20marche」商品は大人女子に嬉しいスィーツが追加。チョコでくるんだ広島オーガニックレモンのシトロネットや広島産のドライフルーツが入ったグラノーラや野菜シート。

どれも興味津々な商材になっています。

今年のモニター会は大人女子30名を募集しています。

 

 

昨日新聞にも掲載いただきました

大人女子にぜひ試食会にきてほしい!!

 

昨日の新聞には宮島口のまちづくりの様子も大きく出ていました。

毎回出ている勉強会の話題がしっかりと。

東京都現代美術館ミナペルホネンの企画展示「つづく」に。

東京にはいくつもの美術館があってとても楽しい。企画展もたくさんあって本当に充実してます。ミナペルホネン「つづく」を見てきました。ブランドテキスタイルが一堂に見れる!!素敵すぎて刺激的すぎて・・・100年続くブランドへと「つづく」ための25年目の企画。ミナの存在をしってはや25年なのかという思いと100年続くブランドの初めの四半世紀なのかという思いと交錯させながら見入ってしまいました。

 

この展示は圧巻でした。

ミナのテキスタイルが一堂に見れる!!

自分の好きなテキスタイルの前に釘付けになりました。

 

「ミナとの思い出」など洋服を買った際の思い出シーンの展示もあって感動する。

この展示では様々な企画が取り入れられていてそれを見るのも大変勉強になりました。

 

写真OKだった展示室の場面をもう少し

 

ラフも素晴らしい作品に見える

絵が描きたくなりました。

 

石州和紙女子チーム”tennel”とミーティング

今年から稼働しています、石州和紙を盛り上げるイベントチーム「tennel」。作り手や作家さんたちがメンバーとなり一丸となって石州和紙を広める活動をしていて今年は4つのイベントに参加表明!商品もつくり頑張っています。

だんだんチームらしくなってきて、それぞれ役割を分担して広める活動を責任もってする。今年からの活動をケーブルテレビに追っかけて頂いたり、イベントには思わぬ集客があったりととても反響がよいのです。

イベント内容はまだまだ精度を上げていかなければいけませんがメキメキと腕を上げていってます。

ミーティングでもみんなで活動の反省と改善を真剣に語り合う。いいメンバーになってきています。

 

 

 

 

 

tennel最後のイベントは道の駅「ゆうひパーク浜田」にて

ハンドメイドマルシェ 【Chouette】に参加。
⦅場所⦆道の駅ゆうひパーク浜田
⦅日時⦆12月01日 10:00~16:00

 

12月は楮の刈り取りがある和紙作りで最も大切な月ですがみんながんばってほしいな!!

まるごとHIROSHIMA博

1日目にはろみさんと廿日市観光親善大使の吉岡さんと「大人女子トークショー」ほんの15分でしたが3人でわいわいがやがや楽しくお話。いがらしろみさんにフランスのお話や「20marche」の出来上がるまでの物語をほかの市でみれないこんなPRはもいいなぁと思った次第です。

 

 

 

 

ブース内ではもちろん「20marche」の試食&展示販売を開催

 

二子玉川の広島ファンに楽しんでいただきました

週末イベントへ

昨年度から石州和紙の女子チームのサポートをしています。石州和紙にかかわる仕事をする女子14名がチームになって石州和紙の子魅力を知っていただく・買っていただく・現地に来ていただくの広報を企てています。今年はまずは和紙の魅力を知っていただくためにいろんなイベントに参加してみようと2回目のイベント参加。9日は三隅フェスティバルに参加して和紙の魅力を体験できるワークショップを開催です。自分たちが考えたてづくりのワークイベント。多くの子どもたちに楽しんでもらえたようです。

 

 

さて、広島に戻り私はトランクマーケットを覗きました。広島だけでなく各県からも参加するこのマーケット、なんと素敵な店ばかりです。外のマルシェイベントでこんなにオシャレにこだわれたらそれは素敵。出店する各店舗もみな「トランクマーケット」を意識してのディスプレイ。勉強になりました

 

 

久々polipoさんにもお会いできおいしいラーメンと揚げピザ購入!

polipoのラーメンは鯛だしが効いてとってもおいしい

 

空鞘神社で素敵な企画のマルシェが開かれてました

10月だけどまだまだ暑い、半そで姿で「借景展」を見に行きました。午後から出かけていきましたがおしゃれな家族連れでいっぱいの境内。人気店には大行列でした。マルシェの内容に素敵な景色を借りて開催する、なんてしゃれた良い企画でしょう。注目しています。

 

 

 

 

 

 

 

「みやじまぐちそぞろあるきマルシェ」も9回目を迎えます

2016年度から開催してきた”みやじまぐちをそぞろあるいて楽しんでいただこう”と企画したこのイベントが9回目を迎えます。継続して開催することで徐々に宮島口への関心度が増してきている気がします。

今年はここでさらにブランドづくりをしていかねばなりません。宮島の玄関口である宮島口の個性が引き立つものはなんだろうと企画を深めていくことを考えています。神の宿る宮島という島の前でのイベントはそれなりの風情と歴史をつなげていく役目も担わねばいけないと、、春は大人の喜ぶ「古物の市」、でこの秋は「親子で愉しめる古物の市」を開催することとなりました。

ここにしか窯元がないお砂焼きのルーツが垣間見れるこの地区に唯一存在する山根対厳堂の煙突、

 

 

その魅力も間近で感じて頂こうと見学会&窯の蔵出し市、お宝を放出するという(本当にいいのか!!)のイベントも山根対厳堂さんのご協力で開催できることに!!これは古いもの好きの私としてはたまりません。のぞく価値あるイベントになることまちがいなしです。同時にマルシェ会場では子どもの古着や古絵本などの販売も。魅力的なイベントになることと予測しています。

 

10月20日、楽しみなイベントになります。

 

しばしの時間、東京探索

東京HERSTORYのパーティの前に日本橋や銀座を探索。覗いてみたかった日本橋三越で開催されている「暮らしのおへそ」展へ。まさに私の好きなモノが一堂にそろっていて、同じ価値観のモノ好きの女性たちがたくさん訪れてました。

女性ファンを持つお菓子づくり専門家やお料理のスタイリスト、人気の洋服や雑貨shopオーナーなどが接客してらっしゃるなんて東京らしいイベントでした。つい”広島で行うとなるとどんなふうにすべきか”・・と妄想している自分がいます。

 

たまにはこんな写真も載せてみます

 

その後、銀座の無印良品に移動。

無印もお弁当!!銀座で価格も安い!

 

カテゴリー

最新のエントリー

アーカイブス

LINK