ハーストーリィプラス

女性の人生に
プラスな提案を

ひろしま里山・里海クラウドファンディングプロジェクト

クライアント/広島県地域政策局中山間地域振興課

2021.10.11

ひろしま里山・里海クラウドファンディング(第2回目講座)

 

先日2021年10月3日(日)に第2回目の講座「オンライン実践講座&ワークショップ」を開催させていただきました。

本プロジェクトは、広島県委託事業であり、中山間地域の元気づくりをリードする人材のプラットフォームひろしま里山・チーム500の登録者など、広島県内中山間地域で地域活動をされている方を対象に、中山間地域が抱える課題の解決に向けたクラウドファンディングの活用を支援するプロジェクトです。

 

第2回目の講座も第1回目同様ファシリテーターの般社団法人フウド代表理事後藤さんのリードの元、
株式会社瀬戸内ジャムズガーデン代表取締役松嶋さんからクラウドファンディング実践事例をお伺いし、事務局からのSNSを使ったPRの方法、株式会社CAMPFIRE CAMPFIRE事業部アライアンス担当照井さんより、CAMPFIREプロジェクト投稿画面を使ったワークショップを実施しました。
 
クラウドファンディングの実施は、12月18日(土)~1月31日(月)の予定です。
是非支援御願いいたします。
 
(プロジェクト参加者をご紹介)
 

 

(ファシリテーター)

後藤 峻さん 一般社団法人フウド 代表理事 / えたじまSUP インストラクター
広島県生まれ、千葉の大学で建築まちづくりを専攻後、東京の都市計画コンサルタントに務め全国50か所以上の地域で調査・プランニングを手掛ける。
2016年に広島へUターンし、江田島市で地域おこし協力隊として主に移住促進活動に取り組みながら、コワーキングスペースを運営するまちづくり会社一般社団法人フウドを設立。

 

(特別講師)

松嶋 匡史さん 株式会社瀬戸内ジャムズガーデン 代表取締役
京都府生まれ。山口県周防大島町で手作りジャム専門店「瀬戸内ジャムズガーデン&ファーム」を経営。2003年に個人事業として創業し2011年に株式会社化。カフェや果樹栽培も手がけ、コロナ時代でも関係人口構築を目指し、レモンのリキュール酒づくりを地域農家と企画するなど、地域に新しい風を常に吹き込んでいる。過疎の島に大きな変革をもたらした事業モデルは、日本全国はおろか海外からも視察が訪れるほどで、起業、地方創生における講師としても活躍中。

 

あつまれ!

「ひろしまの里山・里海を応援したい人」&「クラウドファンディングに興味がある人」

 SNS広報支援者ひろしま里山・里海サポーター募集中!

 

多くの人に、本プロジェクトや広島県の中山間地域“さとやま”を100年先の未来につなぐための、プレイヤーたちのコミュニティ「ひろしま里山・チーム500」を知ってもらう事を目的としています。

 

(サポーター特典)

サポーターとして活動して頂いた方には、広島県廿日市市の食ブランド「ハツカマルシェ」の「広島レモンとはつかいちのはちみつグラノーラ120g」をプレゼントさせて頂きます!
オーガニックオートミールをベースに、広島産レモンと地元廿日市宮内の福永農蜂園のはちみつを贅沢に使ったハニーグラノーラです。
美味しく食べてキレイを目指す。甘さ控えめの大人女子のためのパワーフードです。
作り手(製造者):FELDERCHEF & Mehl

 

▼詳しくはこちら

https://hs-plus.jp/satoyama-cf/#supporter

▼申込フォームはこちら

https://www.hs-plus.jp/oubocom/satoyama-sp/

_________

ひろしま里山・里海クラウドファンディング

HP:

https://hs-plus.jp/satoyama-cf/

Facebook:

https://www.facebook.com/hiroshima.satoyama.cf

Instagram:

https://www.instagram.com/hiroshima.satoyama.cf/

 

 

 

Other Projectsその他のプロジェクト


PageUP