ひろしま里山・里海クラウドファンディング〜あなたの想いと夢を応援します!

クラウドファンディングで、
広がる可能性。

近年、社会貢献に高い関心を持つ若者を中心に、インターネットを通じた新たなファン獲得の手法であるクラウドファンディングが注目を集めています。広島県内でも、「ひろしま さとやま未来博2017」を契機に、クラウドファンディング(以下CF)を活用して、中山間地域の課題解決に向けた取組を拡大・継続させるうねりが生まれ始めています。広島県では、このうねりをさらに加速させるため、中山間地域の地域づくり実践者を対象に、中山間地域が抱える課題の解決に向けたCFの活用を支援します。

クラウドファンディング支援3つのメリット

merit1
CF手数料支援

CF手数料支援

本CF事業では、通常17%のCF実施手数料を15%で実施します。(ただし上限3万円とさせていただきます。)

merit1
講座・相談会等でサポート

講座・相談会等でサポート

専門家や先輩地域活動家からの講座やワークショップを行い、CF実施に向けて技術的なサポートを実施します。また相談会やモニター会等を行い、地域活動やCFプランニングに対してのアドバイスを実施し、CF実行までの不安を払拭します。

merit1
PRで支援者を呼び込み

PRで支援者を呼び込み

CFプランを広報支援する「ひろしま里山・里海サポーター」によるSNS投稿にて、情報拡散を行います。また「CAMPFIRE」サイト内で、本プロジェクトの特集記事を作成し、プロジェクト全体で支援者を呼び込みます。

クラウドファンディング支援スケジュール

01
2021年8月13日

応募説明会オンライン開催

開催日時
2021年8月13日(金)19時~20時→広島県内全域に大雨特別警報発令のため中止。広島県内全域に大雨特別警報発令のため中止。YouTubeで録画データを配信中。
https://youtu.be/nLi6shrZzOk
開催方法
zoomミーティングによるオンライン開催
参加対象
本CF事業に興味のある方
申込締め切り
当日参加申し込みでもOK
開催内容

1.事業説明

2.クロストーク「地域活動×クラウドファンディング」後藤 峻×さとう みどり

プロジェクトファシリテーターである、(一社)フウド 代表理事後藤峻さんと事務局(株)ハーストーリィプラス代表取締役のさとうみどりによる、地域活動とCFの活用についてのクロストークを実施します。
それぞれの地域活動への考えや目指すコトを含め、お話させていただきます。
興味のある方はお気軽にご参加ください。

後藤さん×さとうみどり トークショー

(右)後藤 峻
一般社団法人フウド 代表理事 / えたじまSUP インストラクター
(左)さとうみどり
株式会社ハーストーリィプラス 代表取締役

INTERVIEW ファシリテーター 後藤 峻 さん

ファシリテーター 後藤さん
後藤 峻
一般社団法人フウド 代表理事 / えたじまSUP インストラクター
広島県生まれ、千葉の大学で建築まちづくりを専攻後、東京の都市計画コンサルタントに務め全国50か所以上の地域で調査・プランニングを手掛ける。
2016年に広島へUターンし、江田島市で地域おこし協力隊として主に移住促進活動に取り組みながら、コワーキングスペースを運営するまちづくり会社一般社団法人フウドを設立。

中山間地域での活動の内容を教えてください。

江田島市沖美町にある旧集会所をコミュニティスペース「フウド」として再生し、コワーキングスペースや交流スペース&コミュニティカフェとして、地域内外の人に開放し、江田島市の空き家バンクの管理や移住サポートやイベント運営を行っています。僕自身が島外から移住して感じた良い面や悪い面を踏まえ、移住を考えている人と同じ気持ちで相談を受けることを心がけています。
また「えたじまSUP」というSUPの体験スクールのインストラクターとしても活動し、最近では、定期的に行っているビーチクリーンを、修学旅行などの体験プログラムとしてSDGsの観点からも理解してもらえるような取り組みを行っています。

実施されたCFの内容と、成功のポイントを教えてください。

CF は(株)FRASCO 代表の尾崎香苗さんを中心に、「未来を旅する編集会議」という、広島中山間に関わる数人のメンバーで実施しました。
地域に暮らす若い仲間、地域と深く関わる僕たちだからこそ知っている里山の魅力を、「観光以上移住未満」という観点で本にまとめ、まずは「里山と関わる入り口として触れて欲しい」という思いで、共感する身近な人を地域に呼び込み、楽しんでもらおうと考えました。
CF 成功のポイントは、やりたい事を明確にして思いを伝えて行く事と、いち早く身近な人を協力者や支援者にすることだと思います。

CFを検討されている方にメッセージをおねがいします。

一歩踏み出すこと。まずは動いてみる事が大事。
02
2021年9月〜2022年2月

クラウドファンディング
実践講座全6回[オンライン5回+リアル1回]

開催日時
2021年9月~2022年2月にかけて全6回開催
開催方法
第1回~第5回 zoomミーティングによるオンライン開催
第6回 イノベーション・ハブ・ひろしまCampsにてリアル開催(YouTube配信予定)
応募資格
・「ひろしま里山・チーム500」の登録者、又は今回のCFを通じて、新たに「ひろしま里山・チーム500」へ登録しようとする方。
・広島県内中山間地域の課題を解決する為に、6回の講座全てに参加可能である方。
※応募者多数の場合は、審査により10件に選考させていただきます。
申込締め切り
2021年8月31日(火) → 9月5日(日)に延長
開催内容
CF専門家である照井 翔登さん(株式会社CAMPFIRE CAMPFIRE事業部アライアンス担当)や、先輩地域活動家である松嶋匡史さん(株式会社瀬戸内ジャムズガーデン)を講師に招き、基礎講座や実践のワークショップを行い、CF実施に向けて技術的なサポートを実施します。
また相談会やモニター会等を行い、地域活動内容やCFプランニング内容に対してのアドバイスを実施し、CFプロジェクトの成功を目指します。
講座内容
第1回

オンラインCF基礎講座
9月12日(日)10時~12時

CFの仕組みや成功のポイントとCF成功事例を学びます。
① CFの仕組み、プロジェクト成功の16のポイント
(株式会社CAMPFIRE CAMPFIRE事業部アライアンス担当 照井 翔登さん)
② CF成功事例~CFを通じてつなげる関係づくり~
(株式会社瀬戸内ジャムズガーデン代表取締役 松嶋 匡史さん)

第2回

オンラインCF実践講座&ワークショップ
10月3日(日)10時~12時

CFのプランニングシート作成とSNSの開設・運用方法を学びます。
① CFプランニングシートの作成
(株式会社CAMPFIRE CAMPFIRE事業部アライアンス担当 照井 翔登さん)
② SNSアカウントの開設、運用方法(FB、Twitter、Instagram)
(株式会社ハーストーリィプラス)

第3回

オンライン相談会①
10月31日(日)第1部 10時~11時 第2部 11時30分~12時30分 ※いずれかに参加

CFプラン内容や地域活動についての相談・アドバイスを行います。
アドバイザー:
一般社団法人フウド代表理事 / えたじまSUPインストラクター 後藤 峻さん
株式会社瀬戸内ジャムズガーデン代表取締役 松嶋 匡史さん

第4回

オンラインCFプラン中間発表モニター会
11月21日(日)第1部 10時~12時 第2部 13時30分~15時30分 ※いずれかに参加

CFプラン内容についてのモニター会を行い、CFプランについての意見やアドバイスを行います。
アドバイザー:
一般社団法人フウド代表理事 / えたじまSUPインストラクター 後藤 峻さん
株式会社瀬戸内ジャムズガーデン代表取締役 松嶋 匡史さん
モニター:ひろしま里山・里海サポーター

第5回

オンライン相談会②
12月5日(日)第1部 10時~11時 第2部 11時30分~12時30分 ※いずれかに参加

CF実施に向け、CFプラン内容のほか、広報手法などの最終確認を行います。
アドバイザー:
一般社団法人フウド代表理事 / えたじまSUPインストラクター 後藤 峻さん
株式会社瀬戸内ジャムズガーデン代表取締役 松嶋 匡史さん

CF実施

CAMPFIREにてクラウドファンディングの実施
12月18日(土)~1月31日(月)

第6回

成果発表会
2月6日(日)10時~13時30分

CF実施についての成果発表会をイノベーション・ハブ・ひろしまCampsにて行い、支援者への御礼報告会を兼ねて、その様子をYouTube配信します。
アドバイザー・講評:
一般社団法人フウド代表理事 / えたじまSUPインストラクター 後藤 峻さん
株式会社瀬戸内ジャムズガーデン代表取締役 松嶋 匡史さん
ひろしま里山・里海サポーター
※ひろしま里山・里海サポーターは任意参加

照井 翔登さん

照井 翔登
株式会社CAMPFIRE CAMPFIRE事業部アライアンス担当


松島さん

松嶋 匡史
株式会社瀬戸内ジャムズガーデン 代表取締役

INTERVIEW 特別講師 松嶋 匡史 さん

特別講師 松嶋 匡史さん
松嶋 匡史
株式会社瀬戸内ジャムズガーデン 代表取締役
京都府生まれ。山口県周防大島町で手作りジャム専門店「瀬戸内ジャムズガーデン&ファーム」を経営。2003年に個人事業として創業し2011年に株式会社化。カフェや果樹栽培も手がけ、コロナ時代でも関係人口構築を目指し、レモンのリキュール酒づくりを地域農家と企画するなど、地域に新しい風を常に吹き込んでいる。過疎の島に大きな変革をもたらした事業モデルは、日本全国はおろか海外からも視察が訪れるほどで、起業、地方創生における講師としても活躍中。

中山間地域での活動の内容を教えてください。

周防大島で年間170種のジャムを作っています。材料は50軒以上の地元の契約農家さんから供給を受ける多彩な農産物です。「みかん」を中心とした地域資源の活用を行い、適正価格で販売する事で、地元の産業を守りながら経済が循環する仕組みを模索しています。
また移住定住の取組も早くから行っています。今は各地方でIターン移住者を呼び込む取り組みが主流となっていますが、ここでは地域に育った人がその場所に戻ってくるように、地元の中高生に対して「地域愛」や「起業教育」などのキャリア教育を行う、仕組みづくりを行っています。

実施されたCFの内容と、成功のポイントを教えてください。

耕作放棄された石積みの段々畑を再開墾して、栽培したレモンを使ったお酒(レモンチェッロ)を新たな地域特産品とする為に、支援者と一緒に共同開発するCFを実施しました。
私はCFには2種類あると感じています。「少しでも力になれば」と支援するCFと、「一緒に夢に乗りたい」から支援するCF。私が実施したCFは後者の方で、一過性ではない関係をつくるために「特命農業部員」という制度を作りました。オーナー制度でレモンの畑を作ったり、植樹の援農や、部員だけが閲覧できるサイトを作成したりと、長いスパンでの関係づくりを行いました。
CFの成功のポイントは単純にモノを売るのではなく、一過性ではない関係づくりが大切だと思います。

CFを検討されている方にメッセージをおねがいします。

応援したい気持ちになってもらうような仕組みづくりは大変だけど楽しい。支援者と一緒にやりがいを感じて活動して欲しい。

ひろしま里山・里海サポーター募集!ひろしまの里山・里海を応援したい人&CFに興味がある人あつまれ!

ひろしま里山・里海サポーターには、
2つの役割があります。

応援したい人向け

CF実行者を応援している事を、ご自身のSNSで発信していただきます。
一般の方に、本プロジェクトや広島県の中山間地域“さとやま”を100年先の未来につなぐための、プレイヤーたちのコミュニティ「ひろしま里山・チーム500」を知ってもらう事を目的としています。
※CF実行者の活動内容や画像など、発信する材料は事務局から提供させていただきます。

メリット

  1. 応援者の立場から、第4回オンラインCFプラン中間発表モニター会にて、プラン内容への意見やアドバイスを届ける事ができる。
  2. ご自身のSNSアカウント情報に、「ひろしま里山・里海サポーター」である事を記載する事ができる。

CFに興味がある人向け

本プロジェクトに視聴者として参加し、講座の感想やご自身の地域活動についてSNSで発信していただきます。
地域活動に興味がある方に、本プロジェクトや広島県の中山間地域“さとやま”を100年先の未来につなぐための、プレイヤーたちのコミュニティ「ひろしま里山・チーム500」を知ってもらう事を目的としています。

メリット

  1. 第1回・第2回のオンライン講座にて、CFについて学ぶことが出来る。
  2. ご自身のSNSアカウント情報に、「ひろしま里山・里海サポーター」である事を記載する事ができる。

サポーター特典

「ハツカマルシェ」広島レモンとはつかいちのはちみつグラノーラ120g「ハツカマルシェ」広島レモンとはつかいちのはちみつグラノーラ120g

サポーターとして活動していただいた方には、広島県廿日市市の食ブランド「ハツカマルシェ」の「広島レモンとはつかいちのはちみつグラノーラ120g」をプレゼントさせていただきます!
オーガニックオートミールをベースに、広島産レモンと地元廿日市宮内の福永農蜂園のはちみつを贅沢に使ったハニーグラノーラです。
美味しく食べてキレイを目指す。甘さ控えめの大人女子のためのパワーフードです。
作り手(製造者):FELDERCHEF & Mehl

チーム500

広島の里山で
「ヒト、モノ、コト」を見つけよう

ひろしま里山・チーム500(ゴーマルマル)は、広島県の中山間地域“さとやま”を100年先の未来につなぐための、プレイヤーたちのコミュニティです。
登録することで、ウェブサイトや交流会を通じて新たなつながりが生まれ、地域づくり活動の幅が広がるほか、スキルアップにつながる様々な支援が受けられます。


PageUP