ハーストーリィプラス〜 プラスな発想で面白い地域文化をクリエイト

代表 さとうみどりの日記

周南市へプチトリップ

18日までの展示を見逃さないようにと武井武雄展へ。この表現がとてもいいからとイラストレーターの石田敦子さんに勧められて昨年長野の「イルフ」に訪れてからとりこに。周南市の中心部にあり便利です。いい場所周南市美術博物館の展示は版画とともに古いキンダーブックやこどものくになどの原画もあって見ごたえがあるある。、細かい描写を見ていると吸い込まれそうで大満足の展示でした。「イルフ」美術館って覚えにくいなーと思ってましたが「フルイ」を逆さにした言葉、ということは?50年前のこの時代に斬新です。

山口は芸術が充実してますね。県立美術館はデンマークデザイン展ですって。

 

 

はつかいちも素敵なイベント

いがらしろみさんをお迎えします!

 

 

3月10日(土)14:00-17:00

廿日市商工会議所 多目的ホールにて(廿日市市本町5-1)

定員 100名 参加費無料

 

お申し込み・お問い合わせは㈱ハーストーリィプラスまで.

こちらからお申し込みください

 

 

 

 

 

春は島根、石見旅行へ。

昨年、モニターツアーをした石見地方に1月~3月まで期間限定で面白い企画が始まってます。なんと「レストランバス」なるモノが走っているのです。赤い2階建てバスが普通に島根の9号線を走っていたら目立ちますね~、手を振りたくなる。何度となく島根 石見地方に訪れ「食」「温泉」「景色」のはずれない魅力を感じているわたしはこのツアー興味津々。

 

 

浜田・益田・江津各コースで食・お酒・神楽・スィーツなどの愉しみが半日にぎゅっと盛り込まれてておしゃべりしながらおすすめの箇所を楽しめるのがうれしい

せっかくなら1泊2日か2泊での旅のコースの工程に盛り込むのもいいかな

 

まずはコースをご覧ください。

ハーストーリィプラスで見たといってもらったら素敵なプレゼントもいただけるらしいです。

雪が止めばいいな~!!

 

 

今日も是非聞いておいたほうが良いセミナーのお知らせ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

3月10日(土)14時~17時

第1部 基調講演「おとな女子を惹きつけるromi-unieの商品づくり」

    いがらしろみさん(株式会社romi-unie代表)

第2部 パネルディスカッション「廿日市から世界へ 廿日市フードの可能性」

    フェルダーシェフ 田頭亨さん 前川農園 前川すずみさん

 

廿日市商工会議所 多目的ホール

定員 100名

 

 

お申し込み・お問い合わせは㈱ハーストーリィプラスまで.

こちらからお申し込みください

東京、富ヶ谷へ

先日、東京に行った際に寄った代々木公園。

すごく興味津々のすぽっとです。先日お寄りした365日やルヴァンもそうですが

お気に入りのブランド[homspum」もここの場所富ヶ谷にありました。

確か同じ職場にいた女性デザイナーたちが立ち上げたブランドで立ち上げ当初からの機能性もあるデザインが大好きで

買い続けているのです。

 

帰りの新幹線を送らせてしっかりと店頭チェック。接客も素敵でした

店頭でお勧めのSHOPカードもいただき次回はそちらのお店にも行ってみようと思います。

 

 

時代を経てもなお素敵なモノづくりをしている女性たちに興味津々。

3月にはまたいがらしろみさんをお呼びして「フードバレーはつかいち」でろみさんのモノづくりのお話を伺います。

こちらも大人女子の方々にぜひお話を聞いて欲しい

 

3月10日(土)14時~17時

第1部 基調講演「おとな女子を惹きつけるromi-unieの商品づくり」

    いがらしろみさん(株式会社romi-unie代表)

第2部 パネルディスカッション「廿日市から世界へ 廿日市フードの可能性」

    フェルダーシェフ 田頭亨さん 前川農園 前川すずみさん

 

廿日市商工会議所 多目的ホール

定員 100名

 

お申し込み・お問い合わせは㈱ハーストーリィプラスまで.

こちらからお申し込みください

東京ギフトショーウィーク

先日の東京出張2日目は勉強のために朝からギフトショーを見学、5000社は出店されるというギフトショー。今年は2週に分けて開催されていて広い会場を行ったり来たりがなかったのですがそれでもくたくたに。

地域の特徴ある企業が一丸となったブースは各特色が出ていて面白い。どこの県も頑張っていて目を引きます。不思議なもので大きくブースを取ってるほうが目立つというわけでなく、やはり商品力。ブースが小さくとも興味ある商品に出会うと自然と足が止まります。今年からなのか「アクティブクリエーターズ」というコーナーも。ここは面白いブースがそろっていました。作り手と売り手、人間本来のコミュニケーションが取れて素敵なブースでした。

 

さて、帰りに月島によりもんじゃをいただきました。

もんじゃ焼きの店ばかりが立ち並ぶ月島。これはいい商店街ですね~。たくさんのもんじゃ焼き店がずらーと並んでいます。私たちは感ではいりました。みんなどうやって店を選び入るのだろう。。。広島でいえば「お好み村」

微妙な味付けの良しあしがあるのでしょうか・・・

野菜だけのソースお好みみたいな感じがおもしろくておいしかったです。

 

まずは野菜をへらで切り刻むように焼いて

 

土手を作る。うくったところにソース味のおだしをいれて

 

 

 

ぐつぐつさせてまぜていただく

仕上げはプロに任せて

 

 

 

見た目はいまいちだけどビールが進むおいしさでした。

 

romi-unieいがらしろみさんのお話、今度は廿日市市で。

3月10日(土)にまたromi-unieいがらしろみさんをお呼びしました。

 

昨年お呼びした際は起業のお話でしたが今度はrimi-unieの商品づくりのお話をしていただきます。

 

 

というのも廿日市市で地元の食材を活用して新しい商品開発をしようというプロジェクト「フードバレーはつかいち研究会」のお仕事に関わらせていただくことになりまして3月10日(土)はそのキックオフセミナーを開催。

そのゲストとして商品の監修をお願いするろみさんのお話をたっぷり聞こうという企画です。

3月10日(土)14時~17時

第1部 基調講演「おとな女子を惹きつけるromi-unieの商品づくり」

    いがらしろみさん(株式会社romi-unie代表)

第2部 パネルディスカッション「廿日市から世界へ 廿日市フードの可能性」

    フェルダーシェフ 田頭亨さん 前川農園 前川すずみさん

 

廿日市商工会議所 多目的ホール

定員 100名

これは食の商売に関わる方には聞き逃せないお話になること間違いなしです。

”地元、廿日市の商材で大人女子が喜ぶ商品が出来たら嬉しいだろうなぁ”と漠然と思っていた事が現実になりそうでドキドキしています。もちろん商品を作っていただくのは生産者さんやメーカーさんのチカラあってのこと。いろんな地元の企業を呼び掛け強力していいモノづくりをしていきたいと思います。

 

お申し込み・お問い合わせは㈱ハーストーリィプラスまで.

こちらからお申し込みください

 

 

 

 

 

 

 

インプットする時間

東京に行ってきました。

金曜日の午後から出たので夕方ついて一番にヒカリエに。地域の贈り物が展示されててシンプルな並べ方なのに

刺激がある。私にとってd47は発想の源、ドキドキ・ワクワクする空間なのです。

ただの「土産物」としてだけではかたずけられない展示がまたすごい。

 

規格外で捨てられてしまう果物を活用したジュースや、森林環境を守るためにできた製品、落ち綿を糸にしてつくる靴下などなど企画の中身が奥深くてがすごい

 

 

特にこの森林の牧場の製品の前で足が止まりました。乳牛として役割を終えた牛たちの命を価値を高め最後まで役割を全うさせるためにミートソースとして商品づくりを考えた「いのちのミートソース」。メッセージがこころにガツンと響きます。

大事に「いただきます」を伝えて食さねば。あらためて食のことも考えたくなるこの展示はとっても奥深い。

 

 

 

 

 

 

すごい迫力で迫ってくる

2018.02.2

ひさびさにたくさんイラスト描かせていただきました

ISOのコンサルティング会社のアルファエスアイ様HPを作らせていただいてます。

同じ女性経営者ということでご縁をいただきました。とはいえ職種は真逆。ISOといえば品質管理、きっちり社内を整備していくという固そうなお仕事内容ですがHPは斬新にも私のイラストを起用くださいました。

 

まずは覗いてみてください。トップページはPDCAの社長メッセージを私のイラストとともに表現しました。

インパクトあるな大きさで。

ひさびさたくさんのイラストを描かせていただくという楽しい作業も。

 

 

 

この会社は女性チームで運営されています。考えてみれば丁寧にきちんと社内を整理していく品質管理のお仕事は女性に向いていますね。

スタッフが巣立つ日

6歳と10歳の女の子二人の子育てしながらのはたらく母「時短家事」を宣言するKさんがさらにステップアップを目指して新規場所へと旅立つ日。昨日は廿日市の焼き鳥屋で送別会を開催しました。4年間のhspでの時間が意味あるものになって次へ進んでくれたならいいな~。

 

送別会といえども話の半分はいつもの主婦たちの日常のお話、各家庭の子育て感や家事分担の様子が赤裸々にわかる会話で面白い。子育ても終わり犬と三女と暮らす人生後半に入っているわたしは忙しいみんなの真剣な悩みの話を”そんな時代もあったな~”と3人の子育てでいや仕事で忙しかった当時の様子を思い出しながら聞いてました。

娘たちが成人になってもまた近くで、暮らせてる私ってしあわせものなんだな~と思います。

 

旅立つものを見送るときにいつも思うこと。しかしウチのスタッフは辞めてもなお、その後もみんな仲がいい。これが女子の特性なのでしょうか。

結婚、出産後もその後も家族ぐるみでも仲良かったりもするのです、それって素敵な関係ですよね。。

 

 

 

 

ひさびさに体力づくり

4年ぶりくらいに再開しましたスイミング。忙しいは言い訳、行動に起こす起こさないは自分次第、これは今年こそ動かないとと思いながらもはや1月末・・・やっと渇を入れて動き始めました。

この時期、特に雪の降る週末に動く人があまりいないから贅沢にもおひとりさま使いたい放題。ゆっくりマイペースで小1時間利用させていただきました。無になってぼーっと一心に泳いだり後半は頭の中で此れからの事をイメージしながら泳いだり、たった2時間程度ですが週1,2回はやっぱりこういう時間は持たねばと思いました。今年の目標「1日1日を丁寧に」。がんばります。

 

泳いだ後は自宅でワインとサラダ。宮島自然栽培のお野菜中岡農園さんの自然の恵みいっぱいのサラダを堪能

野菜の味が濃いのです。塩とオリーブオイルだけで大満足のお味これが何よりの贅沢でした。

 

自分メンテナンス

今週はメンテナンス週。自分をいたわりつつ何で体調を整えるかを決めて

毎年、いつも12月ごろが体調を悪くするのですが今年は孫たちが一気に年末からお正月に発症、お休みの時でよかった~というかんじです。

毎日、くらしマルシェ365で販売している梅肉エキスを一口飲んで出勤、気をつけに気を付けたから何事もなく無事に過ごしています。仕事に孫育てに時間調整しつつ進まねば。

毎年この時期になると古いブログを読み返し、去年の私と今の私をチェックをしている自分がいます。

 

人生後半にさしかかるとふといろんなことを考える事があり、そのときにいつも思い浮かべるのが母の事。

子育てしながらの仕事は自分一人ではなかなか大変、何かあるたびに母に協力要請をしたものでした。会社を始めてから3人目を出産時ものもちろんのこと。上のふたりを面倒見てもらったり迎えに来てもらったり、その後、廿日市市に家を建てて移り住み、保育園のお迎えなどを協力してもらっていました。

当時の一番忙しい時期の母の年齢と私は今同い年なんだなーと。無理ばかり言っても文句ひとつ言わず協力してくれてたことにいまさらながら感謝です。

私も同じ立場で長女のサポート、忙しいけど発見も多い毎日です。

 

孫がいなければ足も踏み入れることもなかった、数十年ぶりのボーリング

昨年は2回も!楽しそうでかわいいふたり

 

お姉ちゃんが重いボールの投げ方を弟にアドバイス。

”投げれたね~”って一緒に見守ってるところが愛らしい

 

 

2018.01.24

4月の「西の森フェスタ」に向けて会議を進行中

春はわくわくのイベント目白押し、3月には3本も立て続けに週末が埋まっています。素敵なゲストをお招きしてのトークあり、冊子作りあり、勉強会あり。詳細が決まり次第お知らせします。雪の降る日に春の陽気を考えながら企画を考えています。

4月21日・22日の2日間は昨年から名前を一新して開催する「西の森フェスタ」イベント。

昨年末からWOODPRO・リシュラ・レインボー倉庫・そしてHerstoryplus、にぎわい研究所のメンバーとミーティングを開始しています。

今回のテーマは「西の森 くらしの文化祭」各店が個性を出した催しを考えてお待ちしています。

WOODPROさんは足場・廃材とリユースがテーマ。リシュラも手仕事・布・古着・リサイクル。レインボー倉庫も若手クリエーターの個性が光る、そしてウチは「母と子、安心安全な食」「地域の応援」企画を温めてイベント化しようと思います。

人気shopを集めてのマルシェも同時開催です。

 

 

昨年は大勢の方が行列を作ってくださいました

2018.01.21

江田島市「フウドカフェ」イベント

江田島市沖美町にきて感じました。2018年も女性たちはいきいきしています。

私のお話は四半世紀以上前に主婦二人で独立してHERSTORYを設立したころまでさかのぼってのお話。

「主婦に何ができるの」と言われて奮起したこと

「お金がない・・」からこその極めてみせる事業の販促手法

「大勢の人と関わりたい」からの自社イベントのお話などなど

常に打たれていたからこその逆転の発想で進んできたこと。いろんな方々とお会いして私も成長させていただきここまで来た・・・そんなお話をしました。

 

しかし江田島げんき!びっくりするほど明るい女性たち!海側のあたたかでおおらかな風土からなのかしら。そこをサポートされている男性たちも元気。私たちの時代と違うのはイクメンパパが会を運営、そして参加もされている。家族ぐるみのコミュニティは絶対強い。時代が変わってくなーということを実感。

 

そしてみんな積極的におはなししてくださるのです。

ここにぺたんと座ってみんなで聞きます。アットホームで

子どもも一緒に、楽しいセミナー。

 

みんな真剣。活気があるある

 

 

 

素敵なリノベーション、アーティストが直書きですって。

 

4 / 22« First...23456...1020...Last »