ハーストーリィプラス〜 プラスな発想で面白い地域文化をクリエイト

代表 さとうみどりの日記

夏休み

今年のお盆は連休と重なっているので長期ですね!

 

毎年お盆は宮島口は大賑わい。

ここ数日は猛烈な暑さから心地よい風が加わり始めていてそぞろ歩きしやすいかんじでよいのです。

私もエピロのお客様対応にと忙しいのですが今年は3番目の孫が生まれたのでさらに大忙し。

朝は娘を店番に出させて私が子守り、午後からは交代して店番補助役とお客様を出迎え役に。

帰省場所に家族が移り住んできているので帰省の必要もない我が家の夏。

お墓参りに朝出かけて宮島口で過ごす・・・・

そんな暮らし方が定着している我が家です。

 

中日である昨日はちょっと落ち着いた日。

 

姉がイベントでアカペラを披露するということもあって

家族そろってLECTに出かけてみました。

そしてとある階段の壁画にしゅんしゅんさんのイラスト発見!

 

 

これは素敵です。直書きの貴重な壁面。

 

そしてこの間トークショーにお呼びした甲斐みのりさんのコーナーも発見!

 

 

ちいさなサプライズを見つけて歩く。

lLECTのあたらしい楽しみ方あったのですね~

 

 

刺激をもらいに東京に。

平日は会社、週末は宮島口のお店エピロかベビーシッターか。。。

そろそろ何かインプットへ出かけないと。

先月から「東京へ来た時にお話がしたい」とおっしゃってくださってた某社編集長のところにお伺い予定を入れて日帰りで東京に。

 

 

打ち合わせ終わりにスピーディに移動して表参道のスパイラルビルにある

ミナペルホネンの運営するセレクトshop「call」によって東京どまんなかの空気を感じました。

カフェ「家と庭」は満員でした。

感度ある店内では無添加の食を販売していました。セレクトの仕方やモノの置き方見せ方など

わたしたちのやってることとどう違うのか感じてきました。

 

次はヒカリエ「これからの暮らし方]NIPPONの47人の展示を見ました。

こちらも宮島口での動きとリンクさせて考えたり・・・

行ってよかった、刺激になりました。

 

 

展示の仕方も参考になる。

 

 

鳥取はタルマーリさんを紹介

 

 

広島は尾道のウシオショコラトル

 

 

先日の福山イベント、いい場所見つけました

 

甲斐さんのイベントからすでに10日以上たってしまってました、時のたつのは早いな~と感じる今日この頃です。

女性ファンが多い甲斐みのりさんですが、甲斐さんの好きなものはどちらかというと庶民的で

その土地に根付いている人情とか人柄とか風習だとかをまるっこ感じるお店のようです。

老舗の喫茶店だったり大衆酒場だったり。

 

帰りに寄った店もこちら

 

名物メニューはレバテキでした。

 

 

 

この視点を女性の心に響くように変換して伝えるのがだれにも出せない甲斐さん流。

先日は、福山イベントの前入りして鞆の浦へ行かれたようで良かれと思い人気スポットをお教えしましたが

きっと甲斐さん興味はなかったことでしょう。

 

雑誌に取り上げられ人気となったおしゃれゾーンより地元に根付いた当たり前の生活が感じられる場所。

生活に根付いているからこそ地元人では気付けぬ場所に魅力を感じられている。

 

その目線には愛情すら感じる

”気取らなくても十分魅力的、ありのままを出していいよ”と勇気をいただけます。

 

 

興味のそそるところにはどん欲にむかう姿勢に自分をみてるようで共感してしまいました。

 

 

 

 

 

2017.08.2

石見たびのモニターを募ってます

先日、私も下見してきましたが正直、魅力発見でした。

島根は石見地方、特に石東と呼ばれる大田石見銀山から美郷・川本町あたり。

失礼ながら知らなかった・・・素敵な風情あるレトロ感満載の建物、景色、空気、川、緑。

そしてもちろん食も。おっと神楽も忘れずに。

 

 

今回は石見地方の東方面へのお得な旅モニターを募集してみようと企画しました。

夏の旅行計画、立てられなかったあなたに朗報。島根のおいしいもので構成された朝食夕飯付き宿泊もついたモニター企画

はやいもの勝ちです!!

 

写真は先日美郷町でいただいた島根食材たっぷりの天丼。

そりゃ美味しいに決まってますが・・・

 

 

 

 

 

はたらく一歩セミナー1回目、今回もまた勉強になりました

はたらく一歩セミナーはじまりました

文筆家の甲斐みのりさんのお話参考になるコト多しで勉強になりました。

フリーで生きてくことを決めたときからの人生の歩み方がしっかり伝わるいいお話でした。。

「言えないことは言葉を濁しますから何でも聞いてくださいね」と先にお伝えくださり

お金のコト、人とのかかわりのコト、仕事の受け方、失敗したことんなんでもお聞きし、存分に話していただけました。

「食べログの評価の指標が減点法で気になるから私は加点法でモノ・コト・マチをみている」

甲斐さん流のいいこと探しの手法。自分の仕事においても真似できる事がありそうで早速次の日から実践におとしています。

モノ・コト・マチをみる甲斐さん流の物差しは誰にも負けることなくとんがっています。ますますファンになりました。

 

マルシェイベントの次はトークセッション

今週末はいよいよ甲斐みのりさんのトークセッション

楽しみです。

 

講師をお願いした方とのやり取りをさせていただくと少しづつ人となりがわかってきて

人間性にふれるたび”だからこんなに活躍されているのだ”ということがよくわかります。

明日の甲斐さんもそのおひとり。普段は穏やかでそれでいてメールのお返事はスピーディ。

お願いにも快くお受けいただきその上提案もいただく。参考になればと資料も添えて。

だからフリーで活躍できるのだなと感心します。

明日のお話そのあたりも切り込んで聞いてみます。

 

7月イベント22日は「みやじまぐちそぞろあるきマルシェ」でした。

会社のある西区では「縁市」が開催されテレビの生放送もはいったりと、いい感じにおしゃれなママとパパとキッズたちが

HerstoryHouseに押し寄せてました。

(その様子はこちらからどうぞ)

 

私は同日に地元で行われるイベント「みやじまぐちそぞろあるきマルシェ」のほうへ。

お天気も持ってなんとか無事に初のナイトマルシェを開催しました。

暑い中廿日市市役所の方々、準備から実行、ビラ配りはずっとしていただき

終了後の夜9時過ぎまでの後片付けまでお手伝いいただいてありがたかった~。

女性ばかりでは力仕事は特に、何にもできません。

本当に感謝です!

今回桟橋を建設している会社の方にも照明やら電源をお借りして、そのうえ

「のぼり」制作の協賛もいただきました!!

これはありがたかった~。

木曜日に新聞に掲載されてからお電話でも「地元に貢献したいので何かできませんか?」と

温かな応援電話をいただいたり一歩前に進んでいった感じです。

何度か積み重ねて行くときっとお客様も定着するはず。

それを見届けるまでがんばりますよ。

 

 

 

同時に自店でもいろいろ仕掛けをして回遊していただけるよう企画しましてお客様をお出迎え。

桟橋付近でビラを配りマルシェへ誘導の道筋は素敵にできていて一致団結してのイベント、だんだん慣れてきました。

今回からは宮島口商店会の方々もお手伝いに繰り出していただき。のぼりを配置したり誘導看板つけたり、もちろん買い物していただいたり

まずは宮島口での滞在時間が増えますように!

 

 

 

 

 

2017.07.19

「みやじまぐちそぞろあるきマルシェ」の日、西区草津かいわいは縁市!

同じ日の同じ時刻に西区界隈もにぎわいます。

グループ会社リシュラの企画で界隈の店たちの回遊イベント。

若い仲間たちは元気がいいな!西界隈がなんだか際立ってきてますよ!

企画チームのおひとりが先日の連休さなか、宮島口エピロにこのうちわを持って現れました。

 

 

このうちわ優れもので、穴のあいてるところにラムネプレゼント券がついてるんです!

「スイカ」の赤が目立ってそりゃいい案だと思いました。

休日もしごとも愉しんでる感が素敵でした。

こんなふうに次世代を育てなきゃね!

当日はもちろんHerstoryHouseでも一緒に賑わいをつくります。

久々志和の野菜がやってきて店頭を盛り上げます。

 

 

2017.07.13

島根、石東の魅力。

島根県石見地方東当たり、川本町、美郷町、大田市のある石東へ、

たびモニターを募り行ってもらおうという素敵な企画が進んでいます。

昨日は美郷、大田を下見を兼ね行ってまいりました。

大田はよくいくのですが川本町などはひさしぶりに訪れる石東地区、山並み、川の流れ、すべてが癒される。

 

 

特に昨日は天候不順の状態で山を登ったり下ったり、土砂降りで降ったかと思うと青空が見えたりと山陰独特のお天気でしたが

午後からはお天気に恵まれ山がきれいに洗われて空気がきれいに澄み切っている。

下見とはいえ癒される・・・・

役得のお仕事をさせていただきました。

 

 

打ち合わせをしていたら先日講演でお会いした美郷町の副町長にばったり遭遇。

見どころをたくさん教えてもらい美郷町をあとにしました。

よかったなー、また来たいなー・・・

と思っていただける行程をただいま思案中です。

ちなみに私は運転が得意な人間を見つけて必ずまた行きます

 

 

日経新聞掲載いただきました

先週、日経新聞の夕刊に取り上げていただきました。

6年目の今年に入り、お弁当事業の評判が上がってき始めてうれしいです。

お母さんがひけめを感じないように。しかし最初からうまくいったわけではないこの事業。

どうしたら親御さんの理解が得られてどうやったら長続きできるのか、、、

 

食はその場の調整が難しい。ひたすらひとつづつひとつづつ積みかさね。

試食会や子どもたちに評判で、近づきながら深めていく間柄もよいのかも

 

 

 

 

2017.07.11

積み重ねるが一番大事

なんかしみじみと考える今日この頃。独り言のような文章ご容赦ください。

 

昨年から自店でやってたイベント「みやじまぐちそぞろあるき」イベントをマルシェと合体して商店会有志の方に

力強い賛同いただき今年から「みやじまぐちそぞろあるきマルシェ」としました。

 

 

思えば最初、1店舗で始めたときはエピロの店内外でマルシェを開催して販売市を。

その周りのお砂焼き窯元川原厳栄堂さん絵付け体験、和菓子妹背製菓さんの和菓子体験や倉本杓子の焼き印体験

あとは仲良しの伊都岐珈琲factoryに協力を求めてちいさくこじんまりとはじめたものでした。

そうそう、岡山から木太聡さんにも来ていただいて「トイピアノ」の演奏もしていただいたんでした。

こじんまりながらも充実した内容でした・・・が

出店くださった方には「こんなに売れないなんて!!」と怒られたり「そぞろ歩くのかと思ったらこれだけ?」と

お客様に物足りなさを感じさせたり・・・・胃が痛くなるような結末でした。

もっと歩道を使わせて頂いたり、看板つくったりできないものかと行政の人に話してみたらなんと大きなマルシェを仕掛けてくださいまして!!

 

今年のように年に3回も開催できるイベントへと階段を一歩上った感じです。

まだまだ人の賑わいが一過性ですが、変革の兆しが少しみえてきました。

 

3年前「宮島口まちづくり国際コンペ」にダメもとで宮島口の将来物語を描いて応募したあの内容がひとつづつ実現している感じです。

 

 

 

 

 

2017.07.5

7月、夏イベント

7月に入るとなんともはやく時間が過ぎますね、

蒸しあつ~い今日この頃。

いろんなイベントを手掛けてますが、この7月は恒例の「みやじまぐちそぞろあるきマルシェ」もナイトマルシェを計画中。

年に3回はやろうと商店会有志が盛り上がっています。

マルシェを仕掛けて人が集い、商店にそぞろ歩きしながら愉しむ。

宮島の行きも帰りも寄っていただけるお店がそろう街になる。

そんなわくわくする通りになるために1年、2年と積み重ねていかなければですね。

 

 

14時~20時まで

桟橋付近で20の店舗が集い賑わう予定です。

で、商店会のSHOPでもいろんな仕掛けを施します。

エピロでは奈良の「くるみの木」の商品群がとどき展示販売。

昨年に続いてとっても楽しみです。

 

うえの店頭では松江ビールとミルサンのベーグルサンドと中岡農園のおいしい野菜を販売します。

マルシェあり、自店舗ありで私はきっとてんてこまい

娘を借り出すわけにはまだいかないけど…きっと借り出すだろうな

 

 

 

3 / 1512345...10...Last »