ハーストーリィプラス〜 プラスな発想で面白い地域文化をクリエイト

代表 さとうみどりの日記

恒例のスタッフお誕生日会です。

とはいいつつその月のお誕生日者は1人。恒例の11月~3月の合同お誕生会をしました。いつもお邪魔する豆そらさんがお休みでしたので今回の会場は巖遊庭。総勢8人で楽しくお昼をいただきました。いつも前向きで行動力ある20代のKちゃんがひとりでタイに行ってきた話で盛り上がり、素敵な3世帯同居のおうちに住むTさんの驚きの食生活いやいや飲生活にを聞いて笑い、学校のママ友と職場でも一緒、そしてプライベートでも家を行き来する同僚のNさんT2さん、子どもを通じて仲良くなったいきさつを聞いて、10年選手のNさん、昨年入社のYさん興味津々、いつもおだやかな仕事熱心のOさんは巌遊庭の食材の種類を質問したり、、なかなか面白いお昼の会でした。女子は本当に良く食べてよく笑う。景色の良い場所で非日常のお昼、たのしいひとときでした。

 

 

 

 

頂いたのは豆腐御膳、このほか豆乳鍋もあるのでおなかいっぱいになりました。

 

 

東広島市 春の酒蔵通りのお祭り「醸華町まつり」はすごい賑わい

東広島、とくに西条駅付近は個性があります。駅から降りて煉瓦つくりの煙突めがけて歩きたくなる街並みがまた良いかんじです。煉瓦作りの煙突は ほぼ現役では使われてないのでしょうが素敵な「酒つくり物語」を感じさせるから風情があってとても良い感じです。昨日はこの界隈で春のお酒祭り『醸華町まつり』が開催されすごい賑わいが酒蔵通り界隈に作られてました。

 

「西条」「酒蔵」をキーワードにここでしかない味わえない内容が盛りだくさんなので来ないわけにはいかない仕掛けづくり、これは勉強になります。いい刺激をいただきました

 

 

 

昨年から「つくり手つかい手商品プロジェクト」のお仕事でかかわるようになって遠かった東広島がどんどん近くなっています。

醸華町まつり白牡丹の駐車場内ブースで商品をならべてお披露目をしました。

テントひとはりのブースに大勢の方が回遊してきてくれてっというまに100名の方がアンケートに答えてくださいました。

 

つかい手の応援コメントが一緒に並ぶこの「つくり手つかい手プロジェクト商品」皆さましっかり見て頂けてうれしかったな~

 

 

次は販売に向けて一歩進んでいます。

 

 

2019.02.28

「島根ネタ本」が公開されました

高校生の声をもとに作られた島根の魅力を真摯に伝える島根アピールの「ネタ本」のWEB版を「リメンバーしまねに掲載しています。

しまねSuper大使吉田くんが全力でオススメする「しまねのネタ集」。しまねの“ステキ”や“楽しい”“面白い”“自慢できる”ネタが盛りだくさんに掲載されています。 この仕事を長年関わらせていただいてると誰よりも島根愛が深まり「しまね通」になれるのです。結構詳しくなりました。関わるスタッフもみんな島根愛がたくさんあふれていて出身地違うのにまるで濃い応援団員です。温泉はあるし美味しいものも豊富、自然の魅力も満載の島根です。

 

 

 

 

昨年から石州和紙女子チームとのかかわりも深まっているのでこのネタには妙に敏感になりました。

 

3月は銀座tauで「20marche」販売イベント

今日はスタッフ総動員で「20marche」商品たちを1点1点きれいにパッケージング。

 

 

 

 

シールを貼り物語を伝える首掛けをかけておしゃれな装いになって旅立ちました。3月1日から広島のアンテナショップ「銀座tau」タウにて「今月のお宝」コーナーで展示販売。

 

 

 

 

同じくマンダリンオリエンタルホテル東京では15日から4月30日まで販売します。今日はその旅立ちの日。

はじめての販売が東京からという何ともラッキーな商材たち。ワクワクドキドキな春となりました。

「大人女子の贈り物に」「自分へのごほうびに」「はつかいちのおいしい恵み」20marcheが存在してくれるようになるまでがんばります!!

はつかいちのおいしいアミューズの評判が各地に広がる事を願っています。

2人展 ジョンブリアンにて開催されています。

昨年東京comoにて開催されていた石田敦子さんとオガワトモコさんの展示が広島ジョンブリアンで開催されています。東京の日も初日に行かせていただき、夜にお食事をご一緒に。「ぜひつぎは広島で!」とお誘いされていて。「広島はあまり訪れたことがないから楽しみ」と新潟在住のオガワさんが話されていたのを思い出します。

広島の作家さんが広島に紹介したい他県の作家さんと一緒に広島の魅力も伝えながら一緒に作品を発表するカタチ、”ひとつながり、モノつながり”が同時にできる感じの展示の仕方素敵だなーとふつふつと考えていて今回の展示販売は楽しみでした。エピロでもコレ、必ず実現してみます。

 

ジョンブリアンの展示は25日まで。

作品がとても素敵でした。

 

 

 

春にむけて・・・

新店舗&お弁当のつくり場となる「HerstoryHouse デリキッチン」の準備を含めいろんなことが目白押しなので毎朝「やるコトリスト」を書いては出勤しています。”やること”の中身が目先の数字を追いかけるモノと目指す方向へ向かう会社のことと毎日交錯しています。経営者は木を見ず森を見なければと自分に言い聞かせながら進んでいます。毎日気になる事もたくさんあって夜明けに目が覚める日もしばしばあります。

えぴろがOPENしてからは地元宮島口のこともわくわくと考える事も同時進行していて「きっと素敵な地域になるはず」と自宅ベランダから宮島を拝み1日が始まります。

ほかの経営者の方々もきっと同じ思いをしながら仕事を愉しんでらっしゃるのだろうなと時折グループ会社のリシュラ社長ともそんなお話をしています。仲間がいてよかったと思います。

昨年からは会社に娘が入ってくれて大助かり、店舗経験のある娘に頼りっぱなしです。親子で仕事の話ばかりしていますがしっかりと思いをつないでいこうと思います。

 

 

さて、西区界隈で,WOODPRO、レインボー倉庫、リシュラとHerstoryplusで合同主催のイベント西の森フェスタ。今年は4月21日(日)に開催をします。今年はたいせつな、モノをつなぐ、心をつなぐ、家族をつなぐ、次世代につなぐ をテーマに「衣・食・住」それぞれの角度から、くらしにたいせつな“つなぐ”を訪れる人と一緒に実現するイベントと進化しています。

1日だけどワークショップあり、フォトコンテストあり、盛りだくさんな内容で開催予定してします。

 

 

宮島口に拠点またひとつ完成間近

「つむぐ」の工事が進んでいます。本日もいつもみやじまぐちそぞろあるきマルシェにも出店くださるはつかいちの庭師のTARUSHIさんが入られてて素敵なアプローチが出来上がっていっています。

TARUSHIさんはどんなことをご相談してもつねにポジティブで好奇心旺盛に取り組んでくださる、こちらにもその思いが伝播してきていい空気感が漂うのです、ご提案の中身にもその熱量が感じられます。

 

 

 

長くてほそい路地を入って行くお店。小さな中庭には宮島口と宮島を表す庭に。古民家の形をうまく生かしながらすてきな提案です。

 

2019.02.14

宮島口で勉強会

えぴろのある宮島口では一昨年より景観のこととか賑わいのことなど勉強会をたくさん開催しています。商店会の活動に参加していてもなかなか女性の参加者や若い方が少なくて残念です。婿が開くえぴろの姉妹店宮島口食堂「つむぐ」がOPENしたら(年内にOPEN予定とHPや冊子に掲載しましたがもう少しかかりそうで春先あたりになりそうです)娘夫婦も参加させねばと考えているところです。この地で商売を始めると見えてくることもたくさんあっていろんな思いが交錯しています。

 

 

スタンプラリーはそこそこの人気でえぴろには多くの方に来ていただきました。

JRでは冊子片手に職員さんが観光客の方にお勧めshopをお教えされてる。

これは良いな~

 

 

ビジネスフェア に2日間通いました。

中四国地方や韓国などからも多くの事業者さんのお披露目イベント、ビジネスフェアが盛大に行われていました。1日目は企業関係者のみ2日目は一般の方も入れるとあってヂ盛況「20marche」も2日目に参加。商談会にも参加できて手ごたえを感じました。

「20marche」はスタートラインに立つまでの準備中。

これから来月は東京でのお披露目会です。

 

 

県央商工会の「セントルマルシェ」駅で、三越で、直でといろんなイベントに参加されていてディスプレイも商品数もかなりの見ごたえがあり感心します

ここまでたどりつくまでの道のりは大変、皆さまの行動力が素晴らしいチームです。

 

 

みやじまぐちそぞろあるきマルシェ

5月と10月は「そぞろあるきマルシェ」の開催月、そろそろ準備をとミーティング。2月11日までスタンプラリーもやっている宮島口界隈。4年目に入るマルシェ、5月は単独開催なので特徴もつけながら進もうと企画。今年は宮島までをつなごうと厳妹屋の菊地さんのところにお邪魔しました。厳妹屋、大人2人25000円~の1棟貸しは素敵なしつらえ。素泊まりでも十分非日常を味わえるので宮島口からでも泊まりに行きたいくらい。

 

表参道にも博多屋さんがリニューアルされてておしゃれなかんじです。

 

2019.02.7

蔦屋で本購入

この土曜日はLECTでのイベントでしたので、蔦屋を満喫。引田かおりさんの本「二人のおうち 年を重ねてわかるしあわせな住まいづくり」購入。この年になってもまだ一戸建ての夢を捨てきれず自分空間を作りたい欲求に駆られています。なのでついつい「住まい」の本はみてしまう。住まい方の素敵な引田かおりさんご夫婦が吉祥寺で娘夫婦と一緒にお住いのおうちでしたので写真に見入ってしまいました。これから先の自分の体のこともふまえながらの住まいづくりの考え方や収納の仕方は大変参考になりました。何より趣味がすてき!憧れの暮らし方。毎晩ページをめくりながら”もしも自分が家をもったなら”を妄想しています。

 

  

 

 

 

 

「くらすこと」藤田ゆみさん、素敵な女性でした。

働くを考える「ライフ」と「ワーク」のトークショー「くらすこと」主宰の藤田ゆみさんをゲストにお迎えしてLECTイベント会場で開催しました。「わたし自身のものさし」を見つけ人生を歩みたいと願うおおくの藤田ゆみさんファンの方々にいらしていただきました。

おだやかな話し口調で今までの経緯をお話される藤田さん、5人のお子様の子育てをしながら仕事も続けていく母の姿勢、「わたし自身のものさし」で測る自分らしさとは何かをわかってらっしゃる方です。少々のことでは動じない強い芯を持ち合わせている方だとお話する言葉の選び方からわかりました。

もとは介護ヘルパーの職業も、手に職を何かつけようと志した資格を取得。その後、編集者をしながら母と子の1対1の向きあいで気が付いた「くらすこと」の活動。”思い立ったらすぐやってみる”何かを始めるひととはこういう人ですね。

社長業は自由が利くからの選択の起業もたしかにありですね。とはいえ社長業、しっかりと会社としての進め方も必要、やわらかさのなかに厳しさもある藤田さん、一度、糸島を訪ねてみたい、帰りに再会のお約束をさせて頂きました。

 

昨日はHERSTORYを立ち上げた30年前を思い出しました。しなやかに進まれる藤田さんの活動を応援したいと思いました。

かえりに会社も見て頂こうとカフェ「HerstoryHouse」と「コドモ古着百貨リシュラ」にお連れしました。

 

 

 

3 / 3212345...102030...Last »