ハーストーリィプラス〜 プラスな発想で面白い地域文化をクリエイト

代表 さとうみどりの日記

西の森フェスタではカフェや企画の愛する道具、什器や雑貨の販売を致します。

いよいよ来週日曜日、「西の森フェスタ」開催です。今年は日曜日のみの1日ですがマルシェには40店舗の参加が、盛り上がりますね。エディオン側の歩道はホコ天をしかけてたり、巨大モニュメントのワークショップをみんなで作ったり、偶然にも事務局の3社、キーワードコンセプトが一緒の「次世代に大切に繋いでいく、リユースやエコのスタイル」事業。イベント内容も各社が発信したいことをやっていてもつながっていく。話題には事欠きません。きっと楽しい1日になること間違いなしです。事務局であるわが社も今年6月にはお引越しをするので西の森フェスタイベントの場所としては最後の参加となりますのでしっかりとこの地で感謝の意を伝えていきます。

 

さて、当日の掘り出し物は

まずは足場板の机たち、OPEN当初ハンドミーダウンの木下さんに作っていただきました。杉板のそりのメンテナンスををしながら何度もチェックくださったことがついこの間のようによみがえります。

 

 

 

くらしマルシェ/365時代のに使っていた古い冷蔵庫

昭和を感じる代物です。

 

食器の数々 OPEN当初はRe・食器を探して oliveのものを使ってましたっけ。

 

そしてさとみどのイラストが入った額縁

 

 

まだまだ多数あります、楽しみにお越しください。

 

 

 

 

2019年、6月までバタバタの時間がすぎていきます。

はやい!4月突入、先月、東京に行った際にマンダリンオリエンタルホテルのバーにひとりで行きました。なぜなら中国醸造のジンと「20marche」の商材が使われているから。しかし一人で行くところじゃないと実感、周りにはセレブな大人のカップルだらけで夜景を見ながら楽しそうな時間をすしてらっしゃる。となりでは外国人カップルが桜尾ジンとハツカマルシェコラボのカクテルを升でいただいてらっしゃる。

羨ましい時間の使い方。たまにはこんな癒され方もいいな~と感じた最上階のBARでの出来事でした。

 

さて私が頂いたのはこちら

「春の宮島 HARUNOMIYAJIMA」2500円

宮島はちみつやいちご酢も入っていて、キレイな色で仕上がっていておいしい!!

 

 

 

 

大きな柿の種とオリーブがアミューズにつく

隣のカップルは「桜尾城 SAKURAOJO」をたしんなでいらっしゃった.com

 

2019.04.5

今日の現場は!

どこまで進んでるでしょうか。。毎日そばを通りながら観察しています。店を移転することを発表してからというもの8年間カフェに通い続けたファンの方から移転への苦言をいただき、そしてなおのことキャンセルしてでもある場所へカフェの新境地を応援したいとの温かい言葉も頂いたりしました。悲喜こもごもありますが前だけを向いてどう歩んでいくかだけ考えています。

 

ロゴも決まり

 

 

 

 

少し広くなった物販の部分の中身も考えています。

 

 

 

 

今までの商品はもちろん新しく揃えていきたい安心安全にこだわった地域商材。「つくり手つかい手プろジェクト」でかかわりある東広島の食材や島根のものなど今まで出会った素敵な商品を並べてご紹介したい。そしてお弁当にまつわる商品なども。構想はつきません。

お弁当を中心に良い店になるようHERSTORYHOUSE DELIKITCHENいよいよ来月始動です。ドキドキします。

 

 

 

 

 

尾道LOGに、打ち合わせ

気になっていた場所尾道LOG。なんと素敵な空間でお仕事の打ち合わせの機会をいただきました。

LOGに着くまでの歩いてのぼる上り坂がきつくてきつくて息切れしながら到着。しかし絶景、上ってきたかいあるというもの。

 

 

 

しばしご案内いただきながら館内をうっとり

 

歩いてて運びで施工する材料を運んだとは・・すごすぎます。

もともとはワンルームマンションだった建物をリノベーション。

空き家の多い界隈に歯止めをかけようとこの施設を作られたそうです。

そんな壮大な地域全体のことを考えての活性案。すごすぎて感心することしきりでした。

 

 

刺激ある人とお会いしました

色々迷っているときに不思議と背中を押してくださる方にお会いできるもので先日は大阪市立大学院の教授をされている永田潤子さんにお会いできました。もちろんお仕事のお話でいらしてくださったのですが、会社の現状や私の悩みやらを聞いていただく時間に。あのときこうしてたらよかった~の思いを告げると、「あの時気付けなかったって思いはみんな一緒、ここから改善するかしないか今からでも遅くないのよ、私だって一緒よ」気づいたなら今から取り組みなさいよとさらっとおっしゃる、そうですよね、今からやればいいんだ!すっきりした思いに。収穫いっぱいのお話もいただいて素敵な時間でした。

 

頂いたお土産が面白いアイデア

京都、西利のお漬物「一日20gの乳酸菌ラブレ生活」という7パックのお漬物。

 

 

 

アイデアだなー!

 

2019.03.31

新店舗、工事が始まりました。

着工までいろいろ諸手続きで時間がかかりましたが、3月末より着々と進んでいます新店舗工事。バイパスから見渡せる場所だけど入りにくい。当初はお弁当工場として考えていたので、入りやすさは優先順位が低かったのですが、広い場所なので店舗併用を決めて進んでるこの場所、足繁く通う場所になっていただけるか否か賛否両論ですが必ず車で来やすい場所になるよう実現してみせますよ!

「HerstoryHouse DELIKITCHEN」(ハーストーリィハウスデリキッチン)始動まであと一か月。

 

モルタルが見えてきました。外壁はタイル張りになる予定

 

 

今年も春は「西の森フェスタ」そして「みやじまぐちそぞろあるきマルシェ」の開催

恒例になりました。春のイベント。まずは4月21日(日)に3社合同の西区エリアで行う西の森フェスタ。今年は「たいせつな、モノをつなぐ、心をつなぐ、家族をつなぐ、次世代をつなぐ」をテーマに掲げてエコ&リサイクルを中心にしたイベントに。というのも20年間この地に事務所を構えてきたわが社がなんと2019年6月にお引っ越しという大行事!!その前のイベントとあって今までカフェで使っていた什器の足場の机やいす、食器などなど面白いものを大切に次の方に使っていただこうとリサイクルガレージセールを仕掛けます。掘り出し物市のような感じになりそうですよ。

備品や装飾品などもたくさん出ることと思います。ぜひぜひ楽しみにみてください!そして同じブースでは石州和紙女子チームが出店。浜田から広島にやってきて和紙の良さを伝えに来てくれます

 

西の森フェスタはこの界隈の親しい3社がそろって合同で開催するフェスタ、6カ月前からみんなで会議に会議を重ねて実のあるものにしようと練り上げていきます。商店会がない地区だから有志のちからは大きいのです。この成果も21日に出ること間違いなしです

 

 

そして5月12日は「みやじまぐちそぞろあるきマルシェ」今回は夜明け前から古物の市を開催して、そぞろあるきを楽しいものにしていきます。

 

週末は東京TAUにて20marcheの販売会

初の販売会へ行ってまいりました。東京からスタートした『20marche』の販売会です。祝日の春の陽気と正反対の冬のような寒さの東京にびっくり、時折みぞれも降り注ぎました。でしがさすがの銀座、お客様途切れることなくいらっしゃることいらっしゃること!ご用意した100の試食がすぐになくなり急遽追加商品を作ってお味見していただきました。TAUに来られる方とあって皆様広島をよく知ってらっしゃいます。廿日市に行ったことある方や出身だからとか小さい時に住んでいたとの声もいただき「応援するよ!」のお声とともにお買い上げくださいました。

なかでもレモンカードは大人気で売り切れました。東京の経験をもとに地元での売り方に生かさねば。

 

 

 

会話とともに販売しました

オタフクソース社長主催の交流会

先日、ラジオ番組『SONGSONYOURLIPS』4周年記念してお好み焼きを焼きながらの交歓会が開催されました。

出演された方々は広島で活躍される女性陣、懐かしいHERSTORY時代の友人やらお仕事で繋がる女性社長や個人の方々、ご主人とのご縁ではじめて奥様にあうなどなどちょっとした同窓会のようで楽しかったです。会を開いてくださったオタフクソース佐々木社長に感謝申し上げます

 

みんな真剣にお好み焼きを焼くの巻

いよいよ婿の店が「つむぐ」OPENを迎えます。

宮島口食堂「つむぐ」が今日2019年3月21日OPENします。娘夫婦が宮島口にお店を構えたいと意を決し一家で宮島口に引っ越したのがほぼ3年前。そうはいってもなかなか物件と出会えない日々を費やし、”あきらめずじっくり構えよう”と意を決し、その間母の会社が営むカフェ&お弁当のHerstoryHouseを手伝ってもらうことを決めて活動をはじめた矢先に思わぬ物件に遭遇するという不思議な神の力を感じる出来事でした。

宮島口に精通しているはずの私でも探しきれなかったというくらい宮島口での物件探しは難しい。偶然のたまもので夫婦二人が見つけた場所は店舗をするにはなかなか難しいと懸念しましたがめげない二人、紆余曲折で今日にいたりました。。。ここ宮島口で丁寧に大事にいろんな方へ”おいしい”の思いを紡いでいく事でしょう。がんばってほしいな。

 

 

20marcheのデザイナーlisten大井健太郎さんにお願いした

「つむぐ」のロゴは線がつながる素敵なロゴになりました。

 

お庭は、同じ廿日市の仲間、TARUSHIさん

 

新しい場所で何かがはじまりそうな2019年

元号が変わるとあって世の中もそわそわしている2019年。わが社も落ち着かない日々を過ごしています。というのも新しい元号になる今年の真ん中あたりに事業のさらなる発展のために意を決して!お店の移転&事務所お引越しを計画しています。起業して10年、この場所で20年事務所を構えてきましたから迷うことしきり。昨年夏ごろこの思いを幹部スタッフに伝えると反対されるかと思いきや「いいじゃないですか!環境変えてみましょうよ」のポジティブな言葉をもらい背中を押してもらいました。決断してからというもの物件を何軒もみていろいろ頭の中で数字もシュミレーションをしてみる、そしてまた迷う弱い自分。現場の責任者となる娘にも相談すると少し迷ったもののこちらからも「とにかく進んでみよう!」の答えが帰ってきました。どうなるかは未知数だけど二人の幹部が前向きな発言、この道に決めて走ると決めアクセルを踏み込んだら一心同体となって前へ進む。これはものすごい財産、心強いパワーをいただいてます。

 

とはいえ遠くにいくわけではありません、お店の移転先は西区内、現場所から車で5分くらいの距離の場所。カフェ事業の合間に「何かしなきゃ」と始まった安心安全なお弁当を広く皆様にお届けするお弁当事業が、「HerstoryHouseデリキッチン」と名を改め衛生的にも人の動き的にも快適にできる場所へと食材shopを連れてひとり立ち準備はじめました。

ゴールデンウィークころにはその姿がお目見えするはず、こちらに進捗をお知らせしていきます。

 

念入りにお話しして出来上がってきた図面、予算との闘い、さてさてどんな場所になるか乞うご期待です。

 

 

 

 

 

 

川原信子先生のギャラリー「飾り屏風 季」

 

ギャラリーGで10日まで開かれている先輩のデザイナー川原信子さんのギャラリーにお邪魔しました。いつも大作にチャレンジされるお姿、こちらまで励まされます。ホスピタルアートの稲田さんはじめ仲良しメンバーがギャラリーのおもてなしをされてました。

素敵な歳の重ね方をしている女性を尊敬してしまいます。私も学ばねば。

 

 

すごいのがこの屏風、金箔と和紙とそして鉄のコラボレーション、小柄な川原さんのどこにこのパワーが潜んでいるのか

圧巻です

 

 

 

ほぼ売約済みの屏風たち、

スピードがある筆さばき、そして空間のよさ、デザイン力がカラダに沁みついてらっしゃるのでしょうね~。

 

2 / 3212345...102030...Last »