ハーストーリィプラス〜 プラスな発想で面白い地域文化をクリエイト

代表 さとうみどりの日記

2017.09.15

宮島、知る人ぞ知る場所「伝統産業会館」

宮島口でお店をしてる関係もあって切っても切り離せない場所「宮島」

今や、年間400万人の方が訪れるところになりました。平日でもたくさんの方々が参拝にいらしています。

 

昨日は桟橋から1分にある「伝統産業会館」に。

 

 

杓文字はもちろん茶筒、土鈴、ロクロ細工、刳物細工、宮島彫りなど伝統工芸士が丹精込めて作る宮島細工

が一同に見れる場所でした。もみじ饅頭をやいたり、杓文字焼き印、宮島彫りが体験できる施設も完備されているのですが

実は私、初めてでした。工芸士も高齢になり廃業してしまうものもあるのだとか・・・・。

 

伝統工芸の技術を次世代に伝えていくためにはこれから何をすべきなのかな~。

 

2017.09.14

石央商工会でお話

今月は石見地方に行く機会が増えています。

昨日は石央商工会で「女性脳に響く旅企画」というお題でお話させていただきました。

先日、6人の女子モニターを募って回った旅でのいろんな気づきを発表。

石見の自然や街並みは女性たちに本当に人気でしたから。視点がかわれば暮らしに根付いて地元では当たり前の景色や空の色、水の流れの音、香り、ごみのない通り、何気ないモノまでどれも五感にひびく。新しい発見がありますよね。

その土地の人ともふれあいコミュニケーションをとればまた深くファンになる。

土地の魅力を伝えるひとのチカラは欠かせない。

 

琴が浜の夕暮れコンサートの入場券は粋だったなー、この企画力にまた魅力を感じる。

 

 

お昼は美又温泉のやまね旅館さんの1階でお食事

女性脳に響く素敵な内容、うちわえびのフライ御膳をいただきました。

「はたらく一歩セミナー」artos Bookstore 西村さんとドリアン田村さんを迎えて

働く一歩セミナー「変わることと変えないこと」

男性お二人のお話はある意味哲学を感じ、ストンと落ちました。

お呼びしてよかった、人選を間違ってはいなかったと感じました。

おふたりとも自分の意志はおいといて、家業を引き継がなければならなかったわけで

でもそれが自分にとっても「転機のチャンス、運命だった」と。

ポジティブに前を向いてらっしゃる。

 

先代からのモデルを180度、変革させて進むパワーはきっとゼロから事業を立てるのよりも難しいのではと推測できます。

自身の確固たる、ゆるぎないコンセプトを打ち立てて。

親の代からのやり方を変えなければいけないことと、変わらずすすめなくてはいけないこと。

見誤らずに進めることはかなりの覚悟がいったことでしょう。

サラリーマン時代とは違う、相当な苦労をされたことと思いますがそれを乗り越えたから今があるのですね。

まだまだ道は続きます。継続していくことが一番難しいのです。

 

まだまだある、石東の魅力

来年3月に廃線が決まっている三江線。日常の足としては時間がかかることと1日に数本の運行だと

生活ベースでは利用しにくいのですよね。

 

廃線が決まってからはファンが押し寄せ満席になる便が続出とのコト。

かわいい単線の電車と景色、1日に5回しか走らないという限定の希少さも重なって観光スポットの条件にはまっているのかも

視点を変えると利用価値が上がるんですね~

 

 

こちらもよかった、湯治の湯としてしられる千原温泉。

知る人ぞ知るスポットには人が集まる。

温泉水が流れる川もまた魅力的

島根、石東の魅力

自然のチカラはすごいわーー

なんというか言葉にできないすごさ、

迫力があります。

自然とパワーをいただける。

島根の底力は自然と共存して生きている人の強さにもあります。

 

天空の寺、清水大師寺の天空からみる石見

 

 

この地に住み、守り抜いてる人もまたすごい。

 

 

こちらは川本町

長江寺の大イチョウの木

 

女子ポイントの高い石見たびへ出かけました

石見石東ツアーを関東・広島モニター6人といってきました。

どのポイントもチョイスしたところが良かった、感動もののエリアばかり。

まずは石見銀山・琴が浜を何も説明なしにあげてみましょうか。

昔のまま、そのままを再現しながら保存されていく世界遺産の街並み

 

 

路地まで絵になる・・・

 

 

すべて私のツボに入るモノばかり

 

石東ってなんと素敵なエリアでしょう。

広島からならちょいと2時間弱

 

2017.09.1

久しぶりに尾道へ。

お仕事でぶらっと尾道へ。

「ヒロホー株式会社」の工場視察です。

梱包材量を創る事業で全国に工場をもつ大きな会社様。梱包材を組み立てたりするのは主に女性でいちはやく女性が活躍するための職場づくりを心掛けてらしっしゃりチラシや交流ルームなどのお仕事をさせていただいてます。

会社訪問して働く方々にお会いするとその会社の個性がよくわかります。

いつもお話させていただいている取締役の方の元気でポジティブな考え方がそのまま社に反映している。

20代~80代まで、女性たちが工場内でいきいきと働いていていて仲が良い

いい意味でみんな”男前”な感じなのです。

 

そういう会社の気質を作るためにまずは現場で一緒に働いて一緒に汗を流してみたとおっしゃる。そしてどんな環境が必要か考えて仕組みを決めたと。やはりそうか、、、、そうですよね。

 

ウチで主催した「ワタシそろそろ働きます」にも参加くださり

今働きたい女性たちがどんな目線で求人案内や企業をみているのかよくわかったと耳を傾け、すぐに改善実行される。

一緒におしごとさせていただきながらこちらが一番勉強させていただいてる感じでありがたい。

ずっと一緒に歩んでいきたい会社様です。

 

尾道にいったら寄ってみたかった「でんやす」へ

元一緒に働いていた仲間がご夫婦でおしゃれなラーメン屋を開業

美味しかったです。

そしてU2へ。

 

 

夏の終わりを感じる宮島花火大会

今年は月末26日の日程での開催でした宮島花火大会。

多くの方が宮島口に滞在、これは頑張らねばと張り切ってエピロにてお仕事

今年は涼しい夏の夜で心地よく花火を鑑賞しました。

我が家は1年に一度花火とともに家族で過ごす貴重な日。

花火の見える飲食店ではセットメニューがあったり鑑賞付き、飲み放題、お泊り付きのサービスあったりと魅力的です。

たまには近場でそういう贅沢もいい佳奈と思うのですが未だ実現してません。

今年は途中までは自宅にて鑑賞、

その後は宮島口の花火スポットを散策。

大きく鳴り響く音は対岸ならではですね~。

正面で見るより我が家で見る横からの花火が大きく見えることを実感しました。

 

松江に、広島に,「はたらく一歩セミナー」講師にお会いしに

一昨日は堀越のドリアン本店、田村陽至さんに、昨日は松江のアルトスブックストア西村史之さんにお会いしに行きました。

トークショー前にお話しを先取りしてしまうわくわくする瞬間。あまり深く聞いてはいけないと思いながらもつい聞いてしまう。トークショー前に講師の哲学にほれ込んでしまいました。

 

お二人とも親の代からの家業を変革させながらの事業を展開。

ゼロからよりも難しいはずの自分で決断したわけではない事業の始め方も

「変革はタイミング、何かないと人はそうそう動けないから良いチャンスだったのです」と

いたってポジティブ。

きっと当日も参考になる目から鱗のお話が聞けるはずです。

 

聞けなかったあなたのために

前回の甲斐みのりさんの語録もフェイスブックに継続で掲載中です

 

素敵な空間 アルトスブックストア

 

 

長い休みを取って改装中のドリアン

看板も健在です。

 

 

2017.08.21

先週は広島中央ライオンズクラブの会議でプチ講演

ご縁あってライオンズクラブでプチ講演させていただきました。

すべて経営者の皆様でほぼ人生の大先輩の男性の方々。ドキドキものです。

そして初めてのレジュメが投影できないトラブルありであせりましたがなんとか回復して

「女性視点の企画とは」というタイトルでお話しさせていただきました。

 

イラストレーターだった自分が起業して半世紀以上、講演で多くの方々の前でお話できるなんてみじんのかけらも思ったことがなかったのですが、いろんな体験をして思うことなどをなんとか自分の言葉でしゃべれるようになりました。

聞いていただく方の参考になれば幸いです。

 

さて、次の階段を上がれるようにもっと勉強せねば。。。

 

 

 

 

 

2017.08.20

3カ月に一回、恒例のワイン会

7年目に突入してますよ。

江津のたびらさんをお迎えしてのワイン会。

 

 

藤田さんご夫婦がおいしいワインを江津からやってきてご紹介してくださいます。

もう7年も広島へ通ってくださってる!

はやいなー、ビール党だった私がすっかりワイン党になっているというのは言うまでもありません。

7年の間、江津や浜田、大田、有福とのつながりが出来て、来月は温泉津とのつながりもできそうで

島根の魅力のとりこになる方々が増加中です

 

 

今回は14人様のご参加で和気あいあいに進みました

 

夏は泡!泡好きの私のリクエストもあってエスポアたびらさんにお願い。

泡と白は夏に欠かせない。

ましてや昨日の暑さからのこのワイン会、のどにグッときました。

 

 

 

今回は中村主婦シェフが頑張ってくれて「ホタテのクリームコロッケ」が大人気でした!

 

お肉は世羅幸水園のなしチャツネを使ったソースを添えてローストポーク、これも柔らかでおいしい.

赤ワインにあいます

 

 

次回はボジョレの時期にこうご期待です。

 

「この世界の片隅に」を鑑賞

終戦記念日というタイミングで映画を見に行きました「この世界の片隅に」

八丁座の最終時間でも半分は埋まる人の多さでした。

 

コトリンゴさんが音楽を担当し、主役のすず役の声をのんさんということもあって戦争のある時代に住む女性が特別なものでなく日常を生きている

今の私たちと何ら変わらない普通の生活だったはずなんだと感じさせられる。

 

当たり前のくらしの中に戦争があるってどんなにつらかっただろう。

つい見ながら娘たちや孫をそこに投影してしまう。

涙が出る。どんなふうに守ればいいのか考えさせられる。

 

戦争は絶対あってはいけない。

 

2 / 1512345...10...Last »