ハーストーリィプラス〜 プラスな発想で面白い地域文化をクリエイト

代表 さとうみどりの日記

文筆家、甲斐みのりさんとセミナーの打ち合わせ。

来月からまたまた起業のお話会を定期的に始めます。

 

今度はお店作りだけでなくクリエイターやフリーでの動きなどの起業にも参考になるお話。

 

最初のセミナーは福山で7月29日(土)甲斐みのりさんをゲストに迎えて行います。

 

甲斐みのりさんといえば数々の本を出版されている方。

 

 

数年前、さとうは京都の恵文社でlolueの商品に出会い、その魅力のとりこになり

どういう方がこの商品を作っているのか気になって気になって調べたことがありました。

その後、女性誌などでも見かけるようになり、気になる女性の一人となり”価値観が似てるなー”とファンになり何冊か本も購入。

みやじまぐちで営む古本図書館エピロに置いています。

その思いが通じたのか、昨年なんと「あなごめしうえの」と「エピロ」を取材いただきましてご本人とお会いできました。

 

この内容の本を創った、いや創れたいきさつが聞いてみたい

今回のイベントにお呼びしお話を伺ってみたいと思ったわけなのであります。

いやーー、お話を伺うと納得、一つ一つの積み重ねが今の位置にでした、

楽しく半生をお聞きしました。

 

どんな内容かをお知りになりたいかた

ぜひ7月に福山までお越しください。生き方の参考になること間違いなしです。

お申し込みはさとうまでどうぞ

 

 

 

2017.06.19

夕日の美しさを感じる宮島に

「沈む夕日を見に行こう」と誘われて宮島に。

 

 

いつもの先輩方と大聖院の住職家族の方々とご一緒させていただきました。

清盛神社さきの清盛茶屋前は素敵に海が鳥居が日の光が見える場所でした。

 

朝の宮島は毎月行きますが夕暮れの宮島はまたすばらしい。

またこの場所が気持ちよさを倍増、海の音と潮の音しか聞こえない。

 

日の沈む瞬間のオレンジロードのきれいなコト

感激!灯篭にも火がともり風情を増していく

 

 

日が暮れて何も見えなくなるまでの間、静かな宮島を堪能。

昔は管弦祭時には各地から船がこの場所目指してきてたのだそうです。

私が子どものころは、その船で各地から集う家族の方々にあこがれてたものでした。

 

 

2017.06.17

本日なぎさ公園小学校で「お弁当コミュニケーション」のお話させていただきました。

80名近くのPTAの方々の前でお話、いつになく緊張しました~。

 

 

お母さんには毎日大変なお弁当作成ですが、その間の子どもたちとのお弁当コミュニケーションは青年期にものすごく影響ある家族をつなぐ大切なコミュニケーション、手抜きでも忙しくてもお母さんの愛情さえ詰まっていれば子どもたちに届いている。

って思うとなんだかがんばれますよね~。

すでにお弁当作成を卒業した私も母との味、子供たちに創っていた定番のおかずはずっと記憶に残っているものです。

 

誰かが誰かのためにつくるお弁当って本当にすごく深くてすばらしい

 

 

 

 

新スポットが続々広島で

江田島行く途中に出島に立ち寄りました。

出島にはうわさのLife Market Harbor CLUBが3月にOPEN。

ご近所界隈の西区商工センターでは5月にレインボー倉庫がOPENしましたしなんだか広島いいかんじですね。

DIY人口も増えて、暮らしの楽しむ家庭が増えていくってなんだかうれしいですよね

次世代の若者たちを惹きつけます。

いえいえ若者だけでなく「コト」を感じる場所に人間惹きつけられる生き物です。

 

ジューシーなハンバーガーもまたよし!

意表を突く子どもが喜ぶおしゃれな企画もファンが増えそうです。

 

 

 

2017.06.13

広島FM「SONGS ON YOUR LIPS」2回目の放送

エピロでお客様のおもてなししてたごろだったのかなー・・・

残念なことにラジオ放送、2回目は聞けずじまいでし

本日お仕事でのお付き合いする方から「ラジオ聞きましたよ」とお電話で、うれしいできごとでした。

 

今回の放送では宮島口で営む想い出shopエピロのことなどをお話ししました。

お店を始めたことや地元とあって廿日市のことに詳しくなってきて今度は歴史まで学んでみようと考えています。

熟年の方々がなぜにあんなに詳しいのかと思っていましたが、わたしのようないきさつで皆さん学びたくなるのかもしれませんね。

 

週末は遅い昼食をとりに廿日市市のお店を覗くことがおおいのですが先週は宮島にわたってみました。

町屋どおりあたりには飲食店も増えてきています。

お寿司や和食も、先日は「縁」という古民家の2階を店舗に改装したお店に寄りました。

牡蠣をメインにランチが組まれていました。

もう一つ気になるお店が出来たのです。

ラストオーダーに間に合わないのでお昼は未だはいれずなのですがお寿司「天扇」は行ってみたい店の一つです。

夜の食事に宮島へ渡るなんていうのもありかもしれません。

 

そして移転されてそろそろ2カ月近くの「おひさま」にもやっと!

小学校の校舎をイメージさせる木仕上げの店内が落ち着いていいかんじでした。

テラス席もあってさらにうれしい。うれしい素材のチョイスも安心して食べられる。

野村さんも奥様も頑張ってらっしゃいました。

廿日市がどんどん進化していきます。

 

 

写真は「おひさま」では話に夢中で取り忘れ、「縁」でいただいた牡蠣飯にしましょうか

 

今度は松江方面へ。今週は島根ウィークです。

雨の山陰、飯南町を経由して松江へ島根県庁へ

 

飯南町のお仕事で商品開発のお手伝いをした「玄米麺」をいよいよ販売へつなぎます。

最近、パスタに変えて玄米麺生活を実施。

母の帰宅が遅い我が家で毎日のように小麦のパスタを自炊して食べていた娘、

パスタを買わずに玄米麺をそーーーっとキッチンに置いときますと

そこから消費してくれています。

 

健康のためにもダイエットにもカラダにもよい気がしています。

 

お料理の先生やプロに聞き和洋中メニューも開発しました。

玄米の麺があまったら固焼き麺などにもアレンジできる

Houseでランチにお出ししたのですが人気でした。

 

簡単かつ健康にいいのでお家でも真似して作っています。

これはおいしかったな~

 

 

 

 

2017.06.5

広島エフエム放送「SONGS ON YOUR LIPS」に出演させていただきました

先日もお知らせしました、オタフクソース佐々木社長の番組にゲストで出させていただきました。

「女性の人生にプラスの提案を」と起業してから今までのコトをお話させていただきました。

2回に分けて番組内で放送していただきます。

 

収録なのですが、ずーっとおしゃべりの中から言葉を拾われるのでどこをオンエアされるかわからない

おしゃべりしてる間に終了というあっというまの時間でした。

気さくな社長のお人柄がにじみ出ていて一緒にこられている社員さんもみんな受け答えや対応が素敵でした。

 

 

番組内でセレクトした曲を流していただけるのですが私が選んだ曲は

カフェを始める前にBGMを流したいなーと思った2曲と今、お店「みやじまぐちの想い出SHOPエピロ」で流している映画にまつわる曲2曲。

こちらは一回目にセレクトしたCDです。

 

 

2日目は美又温泉

石見銀山を堪能して「石見観光振興協議会」主催の講演のため前入りした浜田市は美又温泉に宿泊しました。

 

前回訪れたときにお湯の良さを実感して「美又温泉」をリクエストさせていただきました。

100メートルくらいの石畳の路地もなかなか風情があっていいのです。

入り口には足湯が、少し集めのお湯に足を入れただけで実感します。

 

 

ロゴが愛らしくて素敵です。

日帰りで入浴が楽しめるところも数か所ありぶらっと来ても楽しめる。

お昼は「やまね旅館」の地のもので構成されたランチをいただく。

私もここに泊まってお食事をしたのですが絶品!!浜田のお魚を堪能しました。

お刺身、骨まで食べられるカレイのから揚げ、石見牛やポークなどお昼は定食でご用意されてます。

 

広島からは日帰りで来る人もたくさんいらっしゃるようです。

檜のとびらが風情があって上品でした、もちろん中のテーブルと椅子も落ち着く感じでした

 

「やまね旅館」とあって先日元就でアンガールズ田中さんが山根さんを探しにいらっしゃったようですよ。

 

 

水がきれいなところの証、蛍が見れる街のようです。

 

1日半のひとり旅でしたが石見の宝をいっぱい発見しました。

 

 

石見銀山へ来ています。

明日石見で講演のため前入りで石見銀山へ。

起業したての20年前くらいには仁摩での仕事もあったりで

たびたび来ていました。

ブラハウス時代から郡言堂が大好きでイベントにも訪れるほどでした。

その後もどんどん進化し続けて移築されたお家や阿部家も拝見させていただきました。

 

はつらつと働く若い世代がこの街にはたくさんいて、皆いい顔している。

平日であるにもかかわらず群言堂カフェには多くの人が引き寄せられるようにきてらっしゃる。

 

 

久しぶりの街並みなのになぜか落ち着きます。

 

 

びっくりなのですが、またまた島根の和田さんに遭遇。

実は、ドライブがてら”和田さんどうしてるかな~”なんて考えてる自分がいて

偶然に合う気がしていて(お互いそうだったみたい)

そういう人いるんですよね~

小さな積み重ねから

毎日、何かしら仕事に出てるので家のしごとが滞ってる今日この頃のです。

無理せず、10分づつでも掃除、片付け、断捨離を試みようと今月上旬から試みています。

金曜日夜から土曜日朝は2~3個でもと、洗面所のごみ箱のそうじやら洗濯機まわりの片づけやらを実行、

キッチンに至ってはお料理を作る際に保存瓶を洗ったり、鍋を洗ったり、使わぬ食器を処分したり。

何事も同じで、一気に進めようと思わず、積み重ねて行くことは大事です。

 

 

日本の工芸の技を感じるすりおろし器に出会いました。「江戸の伝統工芸」展の実演を見て思わず購入。

このおろし金、裏表使えて機能的にも優れています。

広島にもある次世代にも伝わる工芸も見直したいと思いました。

 

2017.05.25

わたしたちらしい仕事って

最近、今後の仕事の仕方をよーーく考えています。

会社では企画の仕事と「カフェと無添加食材「食」のお店のコト、お弁当のご注文がじわじわ増えてきてうれしい限り。

「お弁当屋さん」じゃなかったからできることを深ぼり続けていこうと考えています。

 

来月はなぎさ小学校でお弁当コミュニケーションのお話会とお弁当の販売を。

なぎさ小は給食がないんですよ、忙しいお母さんのためのサポートもできたらうれしいと

夏からなぎさ小学校に通う生徒たちのお弁当のお手伝いも計画中!

 

お弁当にまつわるお話を聞いていただきHerstoryHouseで主婦シェフたちが作る手作りの安心安全なお弁当を親御さんにも味わってもらいたいと

思います。弊社とマルシマさんとで製作しましたお弁当バトンの販売もあります!

 

6年目に突入。塾にお届けする「塾デリカ」は主婦シェフ自慢のメニューです。

 

 

 

 

2017.05.22

恒例ワイン会

自社主催なのにちゃっかりいつも参加させていただくワイン会もはや7年目に突入。

ながーーーい恒例イベント、これはやはり江津の「エスポアたびら」さんのお話のうまさかな~。

今回は私はおもてなしをする側に。毎回ワインをいただきながらの進行はいけませんねーー

(途中で何度も あ~味わいたい、そのお味!と思うほど)

 

泡からはじまり7種のワインを惜しげもなく試させていただき、安心安全の食材でつくるワインに合うおもてなし料理をご提供する。

”なぜに日本のワインは甘いのか”とか”フランスの生産地からの購入はどのように決めてくるのか”とか質問も飛び出ししっかりたびらの藤田さんお答えくださいました。わたしも今はビール派になりそうでしたが、こういうシーンを見るととたんにワインが飲みたくなる。

昨日からまたワインに戻りました。ワインのあるお食事風景はやはり楽しい~

 

 

日曜日朝、宮島にお参りに。その際見かけた工事の看板が宮島らしくてかわいい!

 

13 / 23« First...1112131415...20...Last »