ハーストーリィプラス〜 プラスな発想で面白い地域文化をクリエイト

代表 さとうみどりの日記

2017.09.24

地元のミライを考える

来月、10月15日は今年最後の「みやじまぐちそぞろあるきマルシェ」が開催されます

 

 

 

今年は4回もマルシェを試験的に続けてきました。

商店ともに企画するマルシェははじめての試み、今年は「まずはやってみよう」と始めたマルシェも今年4回目。

今回は県の創業啓発事業とのコラボも考えてチャレンジショップを募ったりもします

予算のない中ちょっとづつ色合いを模索したいと、仕事の合間に考えています。

 

2年前に応募してみた「宮島口まちづくり国際コンペ」で設計士でも何でもない自分が考える将来の宮島口像の中の一部に

昔ながらのお砂焼きの煙突が見える街並みをゆっくり人が裏通りまで回遊できる「市」の姿を妄想した。

昨年は同じ思いを持つまちのみんなが集まると実行できることを実感しました。

 

マルシェは宮島口に賑わいを創る一つの手法、目指すまちの将来の姿に小さな心新たまるパーツを組み合わせて実行して行けばすてきな宮島口ができあがる。賛同くださる方々が集まりひとつづつ継続していけばその妄想に現実が近づく日が必ず来るはず。