ハーストーリィプラス〜 プラスな発想で面白い地域文化をクリエイト

代表 さとうみどりの日記

お仕事

2019.10.19

撮影立ち合いで宮島へ

廿日市市のお仕事が増えてきて秋は大忙しです。先週から何度も宮島へ通い事業者さんのところで撮影。そして「20marche」でも本格的にツールを創るためにこちらも撮影!今週は3日続けて撮影現場に立ち会うおしごと。宮島では島内何か所も歩くのでなんと1万歩はかるく超えてお散歩。修学旅行生や外国人観光客に交じって久しぶりに表参道を2往復くらいしました。やはり宮島は人が多い!!鳥居が見えなくてもなんのその。

観光の皆様ひっきりなしに連絡船へと向かわれる。宮島口に住んでいても宮島はプチトリップの場所で何度わたっても心現れるから不思議な場所ですね~

 

撮影もいい感じに進みます。

20marcheもシーン別に撮影をデザイナーの素敵な事務所で決行

 

 

 

 

大忙しの10月です。

 

 

2019.10.11

宮島からみる宮島口

廿日市市のお仕事が夏ごろからもう一つはじまり、、何度も宮島に通う日が多くなりました。船に乗る際ちらっと見える新設の宮島口桟橋のカタチが徐々にわかり始めてきました。

宮島口のシンボル的な素敵なデザインになりそうでわくわく致します。

 

 

 

 

 

毎回、、徐々にカタチがみえていく桟橋を見ながら宮島へ向かう。宮島では未来につなぐために補強中の鳥居の修復を見ながら。人生で何度も見れないこの景色を存分に楽しみながら参ります。

 

さて、宮島でのお仕事は宮島の個性を存分に伝えながら商材や作り手の物語を探り発信して広島や関東へと素敵な販路を見つけていくお手伝い。いつかこちらもepiloや桟橋に並ぶ日を夢見ています

 

 

2019.09.18

恒例のS1サミット審査に行ってまいりました

障害のある人たちが利用する事業所などで製造している,スイーツやスナックの品評会であるs1サミット

 

お菓子作りの専門家の先生とご一緒に、パッケージや形状などクリエイティブやコンセプト、買い手側の気持ちなどを考えるご意見番のお役目としてもう何年も審査の席に座らせていただいてます。

地元産の食材や商材はいち早く取り入れられるサミットの参加事業者、素材の良さはもちろんですが、毎年どんどん商品パッケージなどのクオリティも上がっています。審査員の方々はお菓子のプロのパティシエさんが3人も。作り方の工程などをしっかりとプレゼンで聞いて工程内に必要なコトをわかりやすくご指導される。時には現場にまでも足を運ばれてノウハウまでも学べるというこの事業。健常者の作る商品と比較しても決して劣らない商品に仕上げて本線に臨むわけです。

年々人気の訳が分かります。

 

私のお手伝いした「hokuhoku」も毎回審査にチャレンジ、作り方工程をしっかりと改善して本審査に臨んでほしいな

 

 

今年もたくさんの商品が出品されました

2019.09.12

1年がかりの商品が出来上がりました。

こんにゃくのパッケージを手掛けさせていただいて先日出来上がって社内に届きました。

全面には夕飯の買い物に来た忙しい主婦の方に訴求できるようこんにゃくキャラクターがレシピを伝授、”今日の一品”として活用いただけるように見た目がかわいいパッケージに。梶川ゆう子さんのイラストがとってもかわいい!!

「SHIMISHIMI」「JUWAJUWA」「COROCORO」「KURUKURU」と味がしみこむ様子を大きく入れ込んで

商品の特徴もしっかりPRしてますよ!

 

12日に一回食べて腸内掃除を促すと肌もからだもきれいになるという寅の日(干支の回り方との語呂合わせ)こんにゃくの効用をお肌がウルウルすることをイメージさせた言葉「うるトラファミリー」をキャラクターとして登場させています。

 

昨日、スーパーに並んでいる姿を見つけました。

うれしくって思わず手に取りました。

 

味がしみこみやすいようにこんにゃくも切り目が入っていたり、糸こんにゃくの良さを板こんにゃくに活かしていたりと商品もお世辞抜きにとてもよいのです。

見つけたらぜひお買い求めください

 

2019.06.29

生産者や事業者を巡る2週間でした

6月後半は東広島と廿日市をめぐる日々。そして草津新町の事務所を片付ける。バタバタと動く日々でしたがいろんなところに行けるから元気になります。東広島では7月17日と20日に試食会を開催するため次回プロジェクトにむけて野菜作りをしている方々を訪問。

なぜここで農を営んでいるのか素人ながら質問をさせていただきお話を。これがすごく刺激になりました。

 

中でも印象に残ったのはIT企業をやめてから農業に入った家族のお話。上場企業勤務時は目まぐるしい忙しさの中、寝るのも食べるのも削ってストレスをためながら働いていたご夫婦が農業を目指したお話。お金を生み出すために働いてきたエネルギーを自然の宝を生み出すエネルギーに変換。自然に立ち向かうは今まで以上に大変ですが楽しそうでした。生きていくためにはまず「食」を見直すことが大切と実感されていた話は感動しました。

 

朝露だけの水分で強くたくましく生きる野菜たちに圧巻!! 

生きるためにの個性をより強く出してそだつんだろうな~

 

 

 

 

100人いれば100通りの人生の進み方がある、その方々が育てる作物も同じ。それぞれの味があるのです。

17日と20日はその事業者の方々が育てる野菜をご紹介しながら試食会。とても楽しみです。

 

2019.06.8

ちからのおいしいおすそわけキャンペーン

うどんと和菓子のちから」って広島人であればおなじみのお店。お店によれば必ずうどんを食べてそしてその前におはぎを食べてと当たり前の光景になっています。というのも席ににつくなりサポートメニューが子気味いいスピード感ででてくるから。おなかがすいている目の前に出てきたら誰しも一口食べたくなるというもの。なので麵の前に一口いっちゃうんですよ。

私はいなり派なのでバクバクと食べちゃいます。

孫が生まれる前までは少し遠のいてましたが生まれてからちからのお店にしばしば立ち寄ります。親子で寄ってる姿もちらほら。気取らないときのちょっと入りたくなるおばあちゃん家に立ち寄ったときののおひるごはんのような懐かしくて安心であったかな感じが「うどんと和菓子のちから」にはあるんですよねきっと。

 

そうそう6月10日は「うどんと和菓子の日」と記念日に制定されたそうです。

 

 

さて、今回はわらび餅のパッケージを一新しておすそ分けキャンペーン&インスタキャンペーンをわが社でお手伝いさせていただいてます。

インスタキャンペーンは7月まで実施してます。#あったかほのぼの、#自然のちからをつけてぜひご応募ください。ちからの商品券をゲットして下さい。

紙袋も一緒におすそ分けしたくなるほどかわいい!!

 

 

 

2019.06.2

6月です。

さて、6月会社のほうはDELIkitchenバタバタとお引越し準備、週末にはお引越しのご案内をお出ししました。昨年末から気持ちだけ場バタバタして頭の中だけ引っ越しモードで落ち着かなかったのですがやっと本格的に引っ越しモードになってきました。

 

お店と事務所と距離が離れるとはどんな状態になるのかまだ想像がついていません。私は宮島口から西区のお店を通過して中区本川町に移転する企画の事務所へと世界遺産2つを毎日眺めながらお仕事ができる環境で満足、本川町の事務所は狭いけど真っ白で景色も良くてちょっとわくわくしています。

 

まだ事務所間仕切り用のパテーション工事中ですが。。。窓の外は路面電車の通るのが見えて川の流れと景色が堪能できます。

 

ビルのお隣がラピスラズリギャラリー、

企画展示に一番乗りできそう!

起業してから初めての中区の事務所で。どんな出会いがあるか楽しみです。

 

尾道LOGに、打ち合わせ

気になっていた場所尾道LOG。なんと素敵な空間でお仕事の打ち合わせの機会をいただきました。

LOGに着くまでの歩いてのぼる上り坂がきつくてきつくて息切れしながら到着。しかし絶景、上ってきたかいあるというもの。

 

 

 

しばしご案内いただきながら館内をうっとり

 

歩いてて運びで施工する材料を運んだとは・・すごすぎます。

もともとはワンルームマンションだった建物をリノベーション。

空き家の多い界隈に歯止めをかけようとこの施設を作られたそうです。

そんな壮大な地域全体のことを考えての活性案。すごすぎて感心することしきりでした。

 

 

2019.03.31

新店舗、工事が始まりました。

着工までいろいろ諸手続きで時間がかかりましたが、3月末より着々と進んでいます新店舗工事。バイパスから見渡せる場所だけど入りにくい。当初はお弁当工場として考えていたので、入りやすさは優先順位が低かったのですが、広い場所なので店舗併用を決めて進んでるこの場所、足繁く通う場所になっていただけるか否か賛否両論ですが必ず車で来やすい場所になるよう実現してみせますよ!

「HerstoryHouse DELIKITCHEN」(ハーストーリィハウスデリキッチン)始動まであと一か月。

 

モルタルが見えてきました。外壁はタイル張りになる予定

 

 

2019.02.28

「島根ネタ本」が公開されました

高校生の声をもとに作られた島根の魅力を真摯に伝える島根アピールの「ネタ本」のWEB版を「リメンバーしまねに掲載しています。

しまねSuper大使吉田くんが全力でオススメする「しまねのネタ集」。しまねの“ステキ”や“楽しい”“面白い”“自慢できる”ネタが盛りだくさんに掲載されています。 この仕事を長年関わらせていただいてると誰よりも島根愛が深まり「しまね通」になれるのです。結構詳しくなりました。関わるスタッフもみんな島根愛がたくさんあふれていて出身地違うのにまるで濃い応援団員です。温泉はあるし美味しいものも豊富、自然の魅力も満載の島根です。

 

 

 

 

昨年から石州和紙女子チームとのかかわりも深まっているのでこのネタには妙に敏感になりました。

 

2019.02.1

東広島の試食会、メディアにたくさんご紹介いただきました

つかい手の声がとつくり手の商材に生きる、とても画期的とかんじていただいたようでNHKやTSSの取材が入りました。夕方のニュースでたくさん放映していただきました。中国新聞にはおおきくカラーで掲載。つかい手さんからも”楽しくてためになったイベントだった””生産者の顔がわかり安心””一緒に連れてきた子どもがぱくぱく食べておいしいを実感”という声も聴けました。東広島を愛する在住の皆さんが応援したくなったようです。

 

 

 

 

次回は3月2日。「つかい手」の声が入ったデザインリニューアルしたものが並ぶと嬉しいですね

 

 

2019.01.29

白石学習院さんと進めている「塾デリカ」も8年目に突入です。

嬉しいことに徐々に浸透してきています。白石学習院さんと進める「塾デリカ」。中学受験を目指す小学生のために夕方お届けする頭の活性に良いメニューを施したサービス。はたらく親御さんに変わって主婦シェフが代わりに作ってお届けしようからはじまりましたこの商品。さらに深めて行ってます。中高生にも喜んでいただく新メニューの開発も始まりました。「安心安全なfastfood」創り目指して社内では試行錯誤しています。

”オシャレでインスタ映えもするメニューにしよう”を合言葉にみんなで研究中です。

 

天然酵母パンのバンズに挟まれた国産のお肉の手作りのハンバーガーやポテトフライ、

提供の仕方にも一工夫を施したい。。。パッケージも考え中です

 

 

 

 

10年前にカフェを始めた理由の一つに子育て中でも入れるカフェがあったらいいなとかや働く母のために助かるメニューレシピを考えられたらいいなの思いから。次は念願の働く女性たちへのサポート商材。時短でできるサポートメニューができないかも考え中です。

 

カテゴリー

最新のエントリー

アーカイブス

LINK