ハーストーリィプラス〜 プラスな発想で面白い地域文化をクリエイト

代表 さとうみどりの日記

お仕事

2019.06.29

生産者や事業者を巡る2週間でした

6月後半は東広島と廿日市をめぐる日々。そして草津新町の事務所を片付ける。バタバタと動く日々でしたがいろんなところに行けるから元気になります。東広島では7月17日と20日に試食会を開催するため次回プロジェクトにむけて野菜作りをしている方々を訪問。

なぜここで農を営んでいるのか素人ながら質問をさせていただきお話を。これがすごく刺激になりました。

 

中でも印象に残ったのはIT企業をやめてから農業に入った家族のお話。上場企業勤務時は目まぐるしい忙しさの中、寝るのも食べるのも削ってストレスをためながら働いていたご夫婦が農業を目指したお話。お金を生み出すために働いてきたエネルギーを自然の宝を生み出すエネルギーに変換。自然に立ち向かうは今まで以上に大変ですが楽しそうでした。生きていくためにはまず「食」を見直すことが大切と実感されていた話は感動しました。

 

朝露だけの水分で強くたくましく生きる野菜たちに圧巻!! 

生きるためにの個性をより強く出してそだつんだろうな~

 

 

 

 

100人いれば100通りの人生の進み方がある、その方々が育てる作物も同じ。それぞれの味があるのです。

17日と20日はその事業者の方々が育てる野菜をご紹介しながら試食会。とても楽しみです。

 

2019.06.8

ちからのおいしいおすそわけキャンペーン

うどんと和菓子のちから」って広島人であればおなじみのお店。お店によれば必ずうどんを食べてそしてその前におはぎを食べてと当たり前の光景になっています。というのも席ににつくなりサポートメニューが子気味いいスピード感ででてくるから。おなかがすいている目の前に出てきたら誰しも一口食べたくなるというもの。なので麵の前に一口いっちゃうんですよ。

私はいなり派なのでバクバクと食べちゃいます。

孫が生まれる前までは少し遠のいてましたが生まれてからちからのお店にしばしば立ち寄ります。親子で寄ってる姿もちらほら。気取らないときのちょっと入りたくなるおばあちゃん家に立ち寄ったときののおひるごはんのような懐かしくて安心であったかな感じが「うどんと和菓子のちから」にはあるんですよねきっと。

 

そうそう6月10日は「うどんと和菓子の日」と記念日に制定されたそうです。

 

 

さて、今回はわらび餅のパッケージを一新しておすそ分けキャンペーン&インスタキャンペーンをわが社でお手伝いさせていただいてます。

インスタキャンペーンは7月まで実施してます。#あったかほのぼの、#自然のちからをつけてぜひご応募ください。ちからの商品券をゲットして下さい。

紙袋も一緒におすそ分けしたくなるほどかわいい!!

 

 

 

2019.06.2

6月です。

さて、6月会社のほうはDELIkitchenバタバタとお引越し準備、週末にはお引越しのご案内をお出ししました。昨年末から気持ちだけ場バタバタして頭の中だけ引っ越しモードで落ち着かなかったのですがやっと本格的に引っ越しモードになってきました。

 

お店と事務所と距離が離れるとはどんな状態になるのかまだ想像がついていません。私は宮島口から西区のお店を通過して中区本川町に移転する企画の事務所へと世界遺産2つを毎日眺めながらお仕事ができる環境で満足、本川町の事務所は狭いけど真っ白で景色も良くてちょっとわくわくしています。

 

まだ事務所間仕切り用のパテーション工事中ですが。。。窓の外は路面電車の通るのが見えて川の流れと景色が堪能できます。

 

ビルのお隣がラピスラズリギャラリー、

企画展示に一番乗りできそう!

起業してから初めての中区の事務所で。どんな出会いがあるか楽しみです。

 

尾道LOGに、打ち合わせ

気になっていた場所尾道LOG。なんと素敵な空間でお仕事の打ち合わせの機会をいただきました。

LOGに着くまでの歩いてのぼる上り坂がきつくてきつくて息切れしながら到着。しかし絶景、上ってきたかいあるというもの。

 

 

 

しばしご案内いただきながら館内をうっとり

 

歩いてて運びで施工する材料を運んだとは・・すごすぎます。

もともとはワンルームマンションだった建物をリノベーション。

空き家の多い界隈に歯止めをかけようとこの施設を作られたそうです。

そんな壮大な地域全体のことを考えての活性案。すごすぎて感心することしきりでした。

 

 

2019.03.31

新店舗、工事が始まりました。

着工までいろいろ諸手続きで時間がかかりましたが、3月末より着々と進んでいます新店舗工事。バイパスから見渡せる場所だけど入りにくい。当初はお弁当工場として考えていたので、入りやすさは優先順位が低かったのですが、広い場所なので店舗併用を決めて進んでるこの場所、足繁く通う場所になっていただけるか否か賛否両論ですが必ず車で来やすい場所になるよう実現してみせますよ!

「HerstoryHouse DELIKITCHEN」(ハーストーリィハウスデリキッチン)始動まであと一か月。

 

モルタルが見えてきました。外壁はタイル張りになる予定

 

 

2019.02.28

「島根ネタ本」が公開されました

高校生の声をもとに作られた島根の魅力を真摯に伝える島根アピールの「ネタ本」のWEB版を「リメンバーしまねに掲載しています。

しまねSuper大使吉田くんが全力でオススメする「しまねのネタ集」。しまねの“ステキ”や“楽しい”“面白い”“自慢できる”ネタが盛りだくさんに掲載されています。 この仕事を長年関わらせていただいてると誰よりも島根愛が深まり「しまね通」になれるのです。結構詳しくなりました。関わるスタッフもみんな島根愛がたくさんあふれていて出身地違うのにまるで濃い応援団員です。温泉はあるし美味しいものも豊富、自然の魅力も満載の島根です。

 

 

 

 

昨年から石州和紙女子チームとのかかわりも深まっているのでこのネタには妙に敏感になりました。

 

2019.02.1

東広島の試食会、メディアにたくさんご紹介いただきました

つかい手の声がとつくり手の商材に生きる、とても画期的とかんじていただいたようでNHKやTSSの取材が入りました。夕方のニュースでたくさん放映していただきました。中国新聞にはおおきくカラーで掲載。つかい手さんからも”楽しくてためになったイベントだった””生産者の顔がわかり安心””一緒に連れてきた子どもがぱくぱく食べておいしいを実感”という声も聴けました。東広島を愛する在住の皆さんが応援したくなったようです。

 

 

 

 

次回は3月2日。「つかい手」の声が入ったデザインリニューアルしたものが並ぶと嬉しいですね

 

 

2019.01.29

白石学習院さんと進めている「塾デリカ」も8年目に突入です。

嬉しいことに徐々に浸透してきています。白石学習院さんと進める「塾デリカ」。中学受験を目指す小学生のために夕方お届けする頭の活性に良いメニューを施したサービス。はたらく親御さんに変わって主婦シェフが代わりに作ってお届けしようからはじまりましたこの商品。さらに深めて行ってます。中高生にも喜んでいただく新メニューの開発も始まりました。「安心安全なfastfood」創り目指して社内では試行錯誤しています。

”オシャレでインスタ映えもするメニューにしよう”を合言葉にみんなで研究中です。

 

天然酵母パンのバンズに挟まれた国産のお肉の手作りのハンバーガーやポテトフライ、

提供の仕方にも一工夫を施したい。。。パッケージも考え中です

 

 

 

 

10年前にカフェを始めた理由の一つに子育て中でも入れるカフェがあったらいいなとかや働く母のために助かるメニューレシピを考えられたらいいなの思いから。次は念願の働く女性たちへのサポート商材。時短でできるサポートメニューができないかも考え中です。

 

2019.01.17

横浜へ来ています。

明日は廿日市市のブランド開発事業「20marche」東京TAUで商談会、その前に鎌倉のいがらしろみさんのところに行くための前入りしています。せっかくなら横浜の観光事業を見学しようと早めの前入り、一件お客様のところに行く前に横浜レンガ倉庫や駅付近の百貨店などで「20marche」のような商品やその地域の観光事業を見ておこうといろいろ探索しました。無計画に歩いているのにアンテナに引っかかるものとの出会いが多くて大収穫、参考になる事多くてわくわくしっぱなし。やはり関東、面白い企画ものが多いです。

 

 

 

本日は藤沢どまりなのですがそこでも駅構内に鎌倉・藤沢の店「湘南藤沢コンシェルジュ 湘南藤沢スーベニールズ」がいいかんじで参考になりました。

 

 

 

 

2019.01.7

新年の互例会

廿日市商工会議所の互例会が5日に開催されました。廿日市で営まれている会社の方々が一同に集まります、廿日市は顔見知りの方々も多くてお正月のごあいさつもでき、なおかつ深いお話もできる、そんなアットホームな雰囲気がとても良いのです。

そして本日7日は広島商工会議所、恒例の互例会に出席させていただきました。こちらはすごい人数なのでお知り合いの企業の方々がどこにいらっしゃるか探すのに一苦労。でもこちらもごあいさつしたい方や親しい女性経営者の方々にあえる新年のはじまり。広島の経済を支えてらっしゃる方々の笑顔に出会えて縁起よい時間でした。

 

さて、お正月はえぴろではじまり今週は通常の企画のお仕事モードにすぐ入りました。

3日の新聞、塾デリカを運ばせていただいている「白石学習院」さんの広告がドドーンと掲載されていました

同時に折り込みチラシも入ってました。

 

 

 

 

 

2018.12.29

年末仕事納めは・・・

広島に寒波が押し寄せてき始めた28日に、ヒロホーさんの佐伯工場に看板を設置させて頂きました。今年最後を締めくくる嬉しいおしごとはイラストを入れた看板の製作。hirohoさんのロゴと、ヒロホーさんの取り組みの”家庭もしごとも充実させて働く方々を応援する取り組み”「おしごとプラス」のロゴとイラストを入れ込んだバージョンも創らせていただきました。

 

看板をつけ終わった後、工場内で働く社員の皆様がこぞって見学してくださり「いいねー」と笑顔で言ってくださったのが何よりうれしかったです。年末の作業をてきぱきとこなす方々をみていて素敵な職場だと一目でわかりました。

 

玖島をとおる方々の目に留まればいいな~。

 

のぼり、くだりから見える道路からは「hiroho」のロゴを配置しました。

 

 

 

もうひとつ、塾デリカでお世話になる白石学習院の来年チラシに再度イラスト起用!!1月3日に折込まれるツールや新聞広告に私のイラストが使っていただく事になりました。2019年イラストレーターのお仕事からはじまるという年女の幸先いいスタートになりそうです!

2018.11.11

石州和紙工房見学に

広島から浜田は三隅にある石州和紙の工房見学に作家さんや書家さんと一緒に参りました。石州和紙には4工房ありそれぞれが得意の分野と商材を製作、あらゆる質感の紙一筋に深めている工房、一般向け雑貨などの開発も熱心にやられている工房、島根らしいオリジナルを考えた雑貨と用途の違う雑貨へとアレンジしている工房としれそれ代々引き継いだやり方プラス自分たちの世代でのやり方で工房を営んでいらっしゃいました。

広島からは書家さんや和紙を扱う雑貨作家さんと大学生のなつみちゃんと私が参加。これからの石州和紙発展のヒントになるモノ・コトをさぐります。まず何より「石州和紙」について知っていただく、興味を持っていただくからはじめます。工房の方々とお話し、触れ合い、そのお仕事や作られれてるものを教えていただく。時間はあっという間に過ぎて4工房をめぐる駆け足ツアー。和紙のできるまでを教えて頂いたり体験もさせていただいたり

 

 

 

 

 

とお天気の良いあたたかな秋深まる浜田三隅の土地に触れながら散策して工房をめぐりました。歩いて回るもまた楽しい時間。石州瓦を使った浜田の家々の立て方や景色も醍醐味、

 

 

 

環境もすべて見せていただきながらの見学は心に残りました。

和紙という特徴を広くしっていただき素材としての提供がよいのか、すぐに手にし使っていただく独自に開発をしていくのが良いのか作り手と使い手と一緒になった女子チームと一緒に考えていきます。

カテゴリー

最新のエントリー

アーカイブス

LINK