プラスなプレス:今日のフク笑い

お付き合いも長くなると・・・・

私はずっと以前から、家事を効率的に行うために様々な工夫をしていますが
その最たるものに、「昼休みの買い物」という工夫があります。

これは、NHKの「おはよう!日本」中国地方版、そして全国版の企業紹介で
「女性が働きやすい企業」というテーマで弊社が紹介されたときにも、
案外長い尺で放送をされ
全国のビジネスマンの度肝をぬいたと自負しているものです。

お昼休みは1時間。
お弁当を持参して、外食にでかける時間を控えています。

お弁当のふたを開けるや否や食べ終わるという
驚異の早食いの特技を持っているゆえに、昼食の時間はわずかなもの。

あまった時間で、近所のスーパーに行きます。
そして、その日に必要な最低限の食材を買います。

就業時間が来て、その帰り道にスーパーに立ち寄ると、どんなに買い物リストをもって
最短を測っても、レジを通過するには、20分以上はかかります。

20、30分帰宅が遅くなるとその分夕食を作る時間が遅くなるので
もったいない。

なので、食材を昼休みに買って、会社の冷蔵庫に少しだけ、冷蔵物を保管させてもらっています。

こんなこと、どこの職場でも働くママはしていることでしょう?
と、思いがちですが、いえいえ、世の中そんなに甘いことありません。

うちの事情をよく知っている社内の同僚の理解の上で成り立つ工夫なので、
どの職場でも通用すると思ったら間違いですが、現在に至るまで、このようなことを続けて
はや6年でしょうか・・。
ありがたい職場環境に、感謝の気持ちは絶えません。


さて、先日も買い物を終えて職場に戻ると、
私のエコバックの中からはみ出した、白ネギを見付けて、シミズが

「クス」

と笑って

「めちゃ、今日、鍋じゃん。」

と、ひとこと。


なんでわかるの?今晩、鍋よ!

と思いましたが、それはそうです。
シミズにもう、何年この買い物帰りの姿を見せてきたことでしょう。


白ねぎ一本で、我が家の夕食が何かがわかるくらい
長いお付き合いになっていたのでした。


nabe_kaimono.jpg

2016年02月05日
愉快な編集部員ネタコメント(0)
Facebook