プラスなプレス:今日のフク笑い

サザエさん2人が歩くとこうなる

店舗の責任者を任されているハーストーリィプラスのニシキ選手。

シミズに言わせると、私、fukuハラとニシキは性格的によく似ているそうで
うっかり者、サザエさん的な面が、共通なんだそうです。

そうかなー、ニシキってどちらかというとせっかちで、前へ前へといくタイプ。
私は、のんびり屋で、人任せ。

似てるかなぁ??って思っていましたが、先日、ニシキ&fukuハラが2人で某所を目指して
あるく機会があり、まさかのびっくり事件がありました。

オリエンタルホテルで、広甘藍の試食会というお披露目会に会社としてご招待を受け
2名が代表で参加させてもらうことになったときのこと。

車を100メートル道路のすぐ横の路上パーキングに置くことができたので
徒歩でホテルまで向かいますが・・・。

オリエンタルホテルって、どこだったっけ。
弟夫婦が結婚式を挙げたし、奥さんが確かオリエンタルホテルで仕事してるんよね・・・。

とニシキが教えてくれたので、
そう・・それならついていこう。
と、素直に従うのが広島のサザエさん1号。

ニシキは、こっちだと思う。。と平和公園方向に向かって歩き、
てくてくてく。

あれ?
あそこかな?
あのむこうかな?

見えてくる全日空ANAホテルの向こう側を指すサザエさん2号。

いよいよ二人はANA近くまでついて、これは違う感じ?

ということに気づき、スマホで調べる。
ここが、広島のサザエさん1号。
なんで、車を降りたところで、すぐ確認をしないのか。
また、広島生まれ、広島育ちのくせに、
100メートル沿いの大手ホテルの場所がすぐ浮かんでこないというのは
どういうこと?


Uターンして、オリエンタルホテルを余計に時間をかけて歩いた二人でした。

会社に戻っても、内緒にしておこう。


ana_orientaru.jpg



2016年01月18日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

おいしくて危険な香り ゆあみ煎餅

昨年12月に、お菓子をたくさんいただいたのを、置くスペース、そこを
通るとつい、手を伸ばしてしまう危険区域をおデブゾーンと名付けました。

そのテーブルに、やっとお菓子が減ってきたところ、
シミズが年始に福岡の実家に立ち寄ったときにお土産に買ってきたという
おせんべいが置かれていました。

これは!

yuami1.jpg
yuami2.jpg



鉱泉落花入り
ゆあみ煎餅と言って、元社員のヤスナガ部員にゆかりのある
お煎餅屋さんのものではないですか!

噂には聞いたことがある
お煎餅。

別府のいでゆ温泉の、温泉地にあるお煎餅屋さんだそうで、
ここに行かないと買えないものだそうです。


落花生のほんのりとした香りと味が、うすい歯ごたえのあるお煎餅にあっていて
「おいしい!」

ついつい、やめられない、止まらない!

二袋買ってきてくれた、ゆあみ煎餅は、あっというまに、残り薄状態です。
こんなに美味しいのに、びっくりするほどお手頃な値段だったとか。
社内では「もっと高く売ればいいのにー!」と代わりに言ってあげるくらい。(笑)

このヤスナガ選手から、私あてに、今年の年賀状をいただき、ひとことコメントが。

「フク笑い、ちゃんと見ていますよ! 求ム、、週1回更新!」

でした。
毎日更新できないでいたフク笑いすが、気づくと月に一回更新のこともあり
「フク笑い」のネーミング産みの親である、ヤスナガ部員が
少し気になっていたところなのでしょうか。

応援をいただいたという気持ちになって、素直に更新をしたいと決意した2016年、1月でした。


これからも、ハーストーリィプラスネタ、ハウス、マルシェ、リシュラ、とにかく
私と関わってくださった人の、おもしろいネタを、私目線でご紹介したいと思いますので
よろしくお願いいたします。

2016年 元旦 +6日


そして、気になる
ゆあみ煎餅情報はこちら!

湯あみ煎餅
豆乳おせん

ゆあみ堂本舗
別府市風呂本5組
TEL:0977-66-0877



2016年01月08日
愉快な編集部員ネタコメント(0)
Facebook