ハーストーリィプラス〜 プラスな発想で面白い地域文化をクリエイト

事例レポート

宮島の新ブランド「宮島モノ語」

小規模事業者の販路開拓支援事業として令和元年にスタートしました「宮島モノ語」の事業運営を受け持っています。
宮島から島外へと発信していくための新しいブランドづくり。

島内のものづくりの事業者5社がそれぞれの個性と魅力が詰まった商品を選出し、さらに専門家からのアドバイスでブラッシュアップして「宮島モノ語」ブランドとしての展開をスタートしました。

 

◆対象商品

・伊都岐珈琲/ディップスタイル珈琲

・紅葉堂/もみじ堂ナッツ

・マルアキ水産/牡蠣ボヌールプラス(牡蠣オイル漬け)

・村上工芸/濃紅葉の漆皿

・宮島工芸所/宮島杓子

 

 

 

 

 

 

◆販路開拓の取り組み

 

◎東京 令和元年12月6日~8日「ひろしまブランドショップ TAU」

    バイヤー商談会及び販売会を実施しました。

 

 

 

 

 

カテゴリー

最新のエントリー

アーカイブス