ハーストーリィプラス〜 プラスな発想で面白い地域文化をクリエイト

事例レポート

第15回卸街まつり 企画運営サポート

2019年12月7日(土)8日(日)に、共同組合総合卸センター主催の

「第15回 卸街まつり」が開催されました。

 

3年前に「AGT祭」から「卸街まつり」にイベント名称を変更し

卸組合に所属する卸問屋・企業が、年に一度、破格値で商品を販売するイベントとして発展しているお祭りです。

 

今年のテーマは「未来にバトンをつなげよう!」とし、

卸問屋と生活者、2019年と2020年をつなげる意味合いを持たせました。

 

 

 

今年の卸街まつりの企画の工夫点として、以下の2点の取り込みを実施いたしました。

 

1.卸問屋のまつりの商品力を、広く伝えるために

来場者への会場マップを準備し、回遊しやすい仕組みをつくること

「卸街まつり かわら版」

 

2.ツイッターを利用し、チラシやHPだけでなく、情報を発信するツールを利用すること

「卸街まつり2019 ツイッター」@oroshimachi_fes )

 

期せずして、このような取り組みをしているイベントに興味をもっていただいた

広島FMさんの番組、「JOG AROUND HIROSHIMA」のコーナーで

イベントのご紹介の機会をいただきました。

 

12月4日出演 MC 俊山真美さん

 

おかげで、遠方からの卸街まつり来場者が増え、より、祭りの認知が高まりました。

 

卸街まつりの開催の様子はこちら

 

来年度は卸街まつりの主役として、ほりだしもん市の卸問屋の企業担当者や、うまいもん市の出店者、

さらに、イベントをもりあげてくださる

和太鼓の演奏者団体や、ステージ参加者などに、よりスポットをあてた企画を考えていきたいと思います。

 

 

卸街まつり

クライアント 協同組合広島総合卸センター

 

カテゴリー

最新のエントリー

アーカイブス