ハーストーリィプラス〜 プラスな発想で面白い地域文化をクリエイト

事例レポート

東広島の食つくり手とつかい手プロジェクト 2019夏のお披露目会

東広島の食つくり手とつかい手プロジェクト
「2019夏のお披露目会」を開催しました。

 

        

 

日時:8月25日(日)17:00~20:00

会場:西条中央公園テニスコート側

主催:東広島市農林水産物販路拡大推進協議会

(事務局)東広島市産業部農林水産課

 

内容:東広島市内産の夏野菜の販売

 

【東広島の食つくり手とつかい手プロジェクト】は、
「東広島市」の農林水産物のさらなるブランディング強化を目指し、
つくり手(東広島市内の事業者)とつかい手(東広島を応援してくれる人)にとって魅力的な商品開発を行っています。

 

今回、東広島マーケット「ひとむすびの場」イベント内で
ブースを出し、お披露目会を開催しました。

 

このお披露目会は、プロジェクト商品のお披露目と、プロジェクト活動のご紹介を目的に開催。

 

6事業者に合計11アイテムをご用意いただき、
イベントにお越しになられた地元のつかい手のみなさまに販売しました。

 

販売時には、7月に開催した、「”つかい手”による東広島モニター会」で、
ご提供した東広島市内産の自慢の夏野菜をつかい手よりいただいた声をご紹介しました。

 

つかい手の方からは、
「東広島の広報誌で見ました!」
「無農薬だと安心して食べられる!」
「見たことはあったけど使い方が分からない。どうやって食べたらいいの?」
などのご質問やご感想をいただきました。

 

プロジェクトブースにお越しくださったみなさま、本当にありがとうございました。

次回は、10月25日(金)東広島芸術文化ホールくららにて

「2019秋 つかい手によるモニター会」を開催致します。

 

詳細はFacebookページにてご案内させていただきますので、是非チェックしてみてください!
https://www.facebook.com/higashihiroshimafoods/

 

地元東広島のつくり手とつかい手で作り上げていく本プロジェクト、引き続き応援のほどよろしくお願い致します!!

 

東広島の食つくり手とつかい手プロジェクトとは?

事業者、市民、行政が連携しながら、消費者が求める東広島市の農林水産物及びそれらの加工品、
さらには提 供場所・提供方法を検討し、農林漁業者、加工業者、消費者等それぞれにとって
魅力的な「東広島ブランド」を確立する基盤を作ることが目的。
特に消費者が何を求めているのかを販売側がリアルタイムで把握し、
それが農林漁業者や加工業者にフィードバックされ、
常に売れる商品づくりに取り組める好循環の仕組みの構築を目指しています。