ハーストーリィプラス〜 プラスな発想で面白い地域文化をクリエイト

事例レポート

東広島の食つくり手とつかい手プロジェクト つかい手による東広島モニター会

東広島の食つくり手とつかい手プロジェクト
「”つかい手”による東広島モニター会」を開催しました。

 

 

日時:7月17日(水)午前の部10:00~12:00
          午後の部13:30~15:30
   7月20日(土)10:00~12:30

会場:東広島芸術文化ホールくらら 204・205会議室

主催:東広島市農林水産物販路拡大推進協議会
(事務局)東広島市産業部農林水産課

 

内容:・つかい手による試食
   ・つくり手(事業者)によるプレゼンテーション
   ・商品についてのアンケート

 

【東広島の食つくり手とつかい手プロジェクト】は、
「東広島市」の農林水産物のさらなるブランディング強化を目指し、
つくり手(東広島市内の事業者)とつかい手(東広島を応援してくれる人)にとって
魅力的な商品開発を行っています。

 

このモニター会では、つくり手側の事業者がプレゼンテーションを行い、
つかい手側がその商品の試食、商品に対する評価を調査することを目的に開催しました。

3日程合わせて、9事業者に合計17アイテムをご用意いただき、約60名の「つかい手」に参加いただきました。

 

まず、東広島の食つくり手とつかい手プロジェクトのご説明や、
モニター会開催の目的をご説明しました。

試食会では、「つくり手」のおススメの食べ方で商品をご提供。
「つかい手」の方には、「つくり手」が商品を作った背景や商品紹介のプレゼンテーションを聞きながら試食いただき、「つくり手」の方へ直接質問されながら、アンケートにお答えいただきました。

 

アンケートでは、
「『使い方がわからないと買わない』という方はたくさんいらっしゃると思うので、
  もっとレシピや情報を発信していただけると嬉しいです!」
「アレルギーのお子さん、健康を気づかう人にもっと広まりますように!」
「楽しく農業をされている様子がお話から浮かんできました。」
などのご意見やご感想をいただきました。

 

最後に、東広島の食つくり手とつかい手プロジェクトの今後の展開についてお話しました。

お忙しい中、お越しくださったみなさま、本当にありがとうございました。
今回いただいた「つかい手」のご意見を参考に、パッケージの改良や商品紹介POPの作成を行っていきます。

 

次回は、8月25日(日)西条中央公園で開催されるひとむすびのナイトマーケットにて、商品の販売を予定しております。
詳細が決まりましたら、Facebookページにてご案内させていただきます。
https://www.facebook.com/higashihiroshimafoods/

みなさま引き続き東広島の食つくり手とつかい手プロジェクトの応援をお願い致します!!

 

東広島の食つくり手とつかい手プロジェクトとは?

事業者、市民、行政が連携しながら、消費者が求める東広島市の農林水産物及びそれらの加工品、
さらには提 供場所・提供方法を検討し、農林漁業者、加工業者、消費者等それぞれにとって
魅力的な「東広島ブランド」を確立する基盤を作ることが目的。
特に消費者が何を求めているのかを販売側がリアルタイムで把握し、
それが農林漁業者や加工業者にフィードバックされ、
常に売れる商品づくりに取り組める好循環の仕組みの構築を目指しています。