プラスなプレス:プラスなプレスお知らせボード

東日本大震災支援 できることがありました。サバ缶の義援金

ハーストーリィハウスでは、宮島口のイタリア料理「polipo」さんの活動に賛同して

石巻の津波で流されたサバの缶づめを、300円の義援金でお持ち帰りいただく活動を

はじめました。

このサバ缶は、津波で工場から流れてしまい、ラベルもなくなってしまったので、売り物にはできないのですが、震災後物資が届かない時に、あちこちに流されてしまった、缶づめを拾って食べて大変助かったということで、命の缶詰とも呼ばれていたそうです。

泥だらけで散らばっていた缶づめですが、損傷していなければ中は、おいしいままです。

もったいないから、その缶詰を拾って分けてください、何ならボランティアで拾うよ。という方がたが集まって、今では、義援金300円で、缶詰は全国で配られているそうです。

sabakan3.jpg  

sabakan2.jpg

 

株式会社 木の屋石巻水産 副社長 木村隆氏之さんの講演資料をぜひ、お読みください。

壊滅的な状況にめげず、生き延びた命をかけて、これからの水産業、再生のプロジェクトを始めていかれます。

こちらから、PDFファイルをDLできます。↓

 

宮島口のpolipoさんでは、缶詰をお配りしたり、サバの缶詰を使ったメニューをお店に出したりされているそうです。

ハーストーリィハウスでも、メニューを考えていきたいと思っています。

 

支援のために、私たちにできることが、また一つ見つかりました。

 

 

 

 

 

2012年01月18日
お知らせコメント(0)
コメントする
名前:
電子メール:
URL:
コメント:

ブログ内検索

コメント

Herstory Plusの
オススメサイト

  • だしをとった後の昆布、どうするの?
  • まるごと旬野菜!
  • リメンバーしまね
  • 奥出雲ごこち
  • HerstoryHouse
Facebook