プラスなプレス:今日のフク笑い

浴衣?

怒涛の1週間が過ぎました。
イラストを描くゆとりもなく、フク笑いのネタは積もれども
アウトプットできない日々でした。

さて、今日はやっとひとつ、ご紹介できるネタが。

社長が、8月10日の夜に、けんちゃんの料理教室でおなじみの
赤井けんちゃんのお料理をハーストーリィハウスで、スタッフみんな集まって
味わう、納涼会をしますと宣言されました。

でもって、参加者の確認をとって!ということになったのですが
その連絡をしていたところ・・・

せっかくだから
何かイベント的なことをしませんか?

何がいいかな?

浴衣を着ていくのはどうですか?

浴衣!

いいね!何かイベントがないと、浴衣を着る機会はないので
この機会に来てみるのはどう?

そういう意見が出てきました。

シミズが、浴衣を着てきたら、缶ビール1本おごってあげる!
と言い出したので、プラスのメンバーは、やる気まんまんになってきました。

特にカメコさん。

どうしますか?着てきますか?とみんなの確認を取りはじめます。

「だって、たがちゃんが、浴衣を実家に手配するって・・・・」

たがちゃんも、

「あの・・・浴衣は着たほうがいいですか?」

と、質問をしてきました。

いや、強制ではないよ、無理しなくてもいいけど
もしかして、着たい? 着たいの?

と聞くと、

「着たいです」と笑顔で。

色は、黄色の浴衣だそうです。

ちなみに、シミズやせっちゃん、カメコさんは、自身が20代の頃に買ったという
浴衣なので、今あらためて出してきても
似合うのかどうか? それは犯罪ではないのか?
というくらい、顔うつりと時代にギャップがあるそうです。


浴衣を着て参加すると華やかでいいかもしれないけど
なんだろ?それで、飲んだり食べたりするの
できるのかな?せっかくけんちゃんのお料理なんだけど
いいのかな?


と、いいつつ私も今晩、浴衣がどうなっているか出してみようかと
想ったりしてます。(あるのかな?)

fuku

2016年07月29日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

カメコ先輩の高田純次ぶりがすごいの巻

今月の席替えで社長の右隣りには、新人タガシラが座っています。

シャチョーは、何かあるたびに、タガシラに声をかけ、そのたびに

「えらいねー。なにやってもかわいいねー。」とニコニコ、まるで孫を見るような顔つきで声をかけます。


その様子を見て、経理のせっちゃんが、
「そうですよねー。タガシラさん、スカイプみても、光り輝いているっていうか、
どう映っても、若々しいんですよねー。陰になっても明るい場所で映っても。
私たちったら、どう映ってもくすんでるでしょう」

と、心から、若さってすごいなー的な感想を言い放っていました。


すると、私の左横に座っているカメコ先輩。

「いいっすねー。いるだけで褒められるって感じで。」

と、冷やかし気味にぽつり。

私がそれを聞いて、笑っていたら、さらに

「いつまで、かわいいって言ってもらえるんですかね・・・。(笑)」

と、これまた、世間一般のお局パイセンみたいな一言をぽつり。



まー、カメコさん、おもしろいこというねー!と流すと


「ワタシ、高田純次なんですよ。口からなんでも軽くいっちゃうから。
実際、高田純次、好きなんですけどね。

でも、口でいってるような面白いこと、企画書にはなかなか落とせないんですよねー。
固くなっちゃうんです。」

人にはそれぞれあるんだな・・・。
とりあえず、タガシラの若さには、いま誰も太刀打ちできないことは確かということで!
パイセン軍団に負けずにがんばってください。



20160222skype.jpg

2016年07月22日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

もしも、社員が野菜星人だったら・・・

昨日、フク笑いで、夕方になるとコンタクトの調子が悪くなって、困るという現象について
シミズが、「それは、宇宙からの攻撃ですよ」と意味不明なことをいって、
私をからかっていたというお話を書きましたが、宇宙つながりで、
今日のフク笑いは

「もしも、社員が野菜星からきた、野菜星人だったら・・・」


野菜星人が、会議室で、定例会議を行っている風を妄想しました。



それでは、これから7月の定例会を始めたいと思います。
今月の進行を務めさせていただきます、ナスfukuハラです。
どうぞよろしくお願いいたします。

1468384585721.jpg


さっそくですが、イチゴ・ヤマさん。ハウスの売上報告をお願いします。



はい。ハーストーリィハウスの6月の売り上げは、ランチが大変好評で、予約が先月と比べて
15%増でした。売り上げも来店数も前年度比、10%以上です。
ランチにプラスアルファのスィーツもおすすめしたところ、フルーツ系のスィーツがよく出ましたので
来月も、フルーツ系を強化したいと思います。

IMG_20160709_195522.jpg


はい。ありがとうございます。では、くらしマルシェ/365の方はいかがでしょうか。
ナス・モリグチさん。

モリグチさん!?

顔が出てませんよ。

IMG_20160709_195057.jpg


いけませんねー。
仕方ないので、ナス・ハシモトさん、代わりに報告をお願いします。


えー!
すみません、まだ新人なので、先月報告するには
状況把握してませんのでー!!
できれば、次回お願いしますー。


IMG_20160709_195346.jpg

あら、これは、どういうことでしょうか?
責任者、ナス・ニシキさん、説明してくださいますか?


大変失礼しました。責任者のナス・ニシキです。
二人に代わってくらしマルシェの方をご報告しますと
青梅の予約が目標100Kgを超えて、130Kgの売り上げ達成となりました!
これも、DM効果や声掛けのおかげと、昨年のリピートのお客様の購入のおかげです。
続けてお中元、各種イベントにも力をいれていきますので
よろしくお願いしますー!

IMG_20160709_195722.jpg

青梅は、ナス・ニシキさんの力技という噂もありますが、このまま頑張ってください。

あら?イチゴ・イシカドさん。何か言いたいことがありますか?


すみません、会議とは関係ありませんが
この夏、がんばります!


IMG_20160709_195829.jpg

わっかりました。
イチゴ・イシカドさんの夏にがんばることと、ナス・ハシモトさんの出会いの提供は
会社としては、婚活事業のひとつとして視野に入れつつ、応援するということで
今月の定例会を終了したいと思います。


では、お疲れ様でした。


と、野菜星人の会議の様子を、一部始終、妄想しました。

これらの写真は、先日行われた
社内歓送迎会の一こまを活用させていただきました。
(ごめんね、皆さん)

楽しい会社でしょう!?


2016年07月13日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

宇宙人の攻撃

最近の悩みですが、夕方になるとコンタクトレンズが曇って
視界が白っぽくなり、ひどくなると目の前の文字が読めなくなるくらい
白くなってしまいます。

仕方なく、コンタクトをはずして眼鏡をかけなおしている始末。

私だけ?と思っていたら、少し前からシミズも同様なことを話していて
コンタクトがつけられないので眼鏡にしている。と
話していました。

これは、加齢現象?
同世代の私たちが心配していたら
若手のムツラが、
「私も目が白くなって、夕方苦しいんです」
と告白してくれました。


ということは、加齢でもなく、そしてどうやら、この場所に何か
問題があるのかもしれない!

と、いう話に。

今日も、夕方、コンタクトがきついといってたら
シミズは、

「これは、宇宙人が攻撃してるんですよ!」

と、わけのわからないことを言い始めてくれました。


ほー。
私は宇宙人の攻撃のせいで、夕方視界が白くなり
コンタクトをはずして眼鏡姿になっているのかー。


よくわかりませんが、いったいどうしたらいいのでしょうか。

メガネ、不便・・・・・・・・。





2016年07月12日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

カメコが分析するシミズ率の話

昨日はほぼ毎月、レギュラーで3階のセミナールームを利用されている
親子教室&ベビーフォトサロン&資格取得スクール

癒泉〜yuzumi〜松本雅子先生のべビーマッサージ教室が開かれていました。

この教室が開かれているときはオフィスの隣のセミナールームから

赤ちゃんの泣き声や、ママの笑い声、先生のやさしい歌声などが聞こえ、

癒しの空間と化します。


入口に扉がない仕様なので、通行するたびに、ちらっとベビーマッサージ教室の様子が見えるのですがふわふわの髪の毛、ハの字に両手をあげて、横たわる赤ちゃんの姿、赤ちゃんのかわいい様子に、私たちはメロメロになってしまいます。

通り際、つい立ち止まって、様子を立ち見してしまいがちな

シミズの様子をみて、カメコさんは

「ベビマの日は、シミズさんの赤ちゃんを見に行く率が高いですね!」

そして、さらに

「あわよくば、抱っこしたい率も!」

と、あおっていました。


無意識に、おいで、だっこしてあげるから的に、両手を前に出していたのでしょうか?

率で微妙な心理を割りだしたカメコでした。


20160707shimizu.jpg









2016年07月07日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

ラインスタンプの訂正

隣の席のシミズが、思い出したように
「fukuハラさん、フク笑いの・・・・」
と、突然口を開いた。

なに!また、公開NGの公開禁止用語とか禁止内容をあげていたかしら?
一瞬、冷や汗が。

「なんでしたっけ。ラインの・・・。
ラインスタンプ!

私が、やりとりをするのは、『だんな:』ではありません。

子どもです!

だんなの帰る時間や、ごはんは、どーでもいいんです。

すべては、子どものためのやりとりです!」


と、力強く訂正をされた。



「あ!そうか。シミズさんとこの旦那、JJは、出張が多くていつ帰ってくるか
 帰ってくる日の方が少ないくらい忙しかったよね・・・・・。
 息子くんの方かー」

と、感心していったら、

「うちは、よそとは違ういうことが、よーくわかりました!」

とのこと。

そうです。我が家は、息子たち以上に、飯はまだか?という旦那のほうが
うるさいので、「ご」と打って、「ごはんはいるの?」と変換されるくらい
やりとりするのは、子供ではなかったのでした。

どちらが、マジョリティーで、どちらがマイノリティーなのか?

これは、はたらく一歩研究所の、テーマのひとつには
なりませんでしょうか?


と、まとめながら、先日の記載の訂正をば。


2016年07月06日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

奇跡の双子コーデ

今朝、出社をして掃除をしていると、私の服装と、カメコさんの服装が
ほぼ一緒でした。

「お揃いみたいですね。」と言われてみたら、白いパンツに、カメコさんは紺、私は黒の半袖。

掃除が終わって、朝礼の準備をしていると、隣の席のシミズと、経理のせっちゃんが
ほぼほぼ一緒の服装で、二人はびっくり!

カーキ色のゆるゆるスカートに、ベージュと黒のボーダーのインナー!

最近、双子コーデというのが流行っていますが、相談もせず、無意識に2組の双子コーデが
登場する職場ってなに!?

こういう日は、恥ずかしがらずに記念撮影です。

世界に発信します。本日、ハーストーリィプラスに、双子コーデ 2組です!


キャビンアテンダント風 あるいは、勘違いした劇団ダンサー風

(左から fuku カメコ せっちゃん シミズ)

futago1.jpg




阿佐ヶ谷姉妹風



futago2.jpg


これは、いったい、どうでしょう!(笑)





2016年07月05日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

ラインスタンプ計画

私がしなくてはならない事業計画の中に
ラインスタンプの作成というタスクがあります。

それは、新人タガシラがすでに個人的にラインスタンプを作っているという話をきいて
ならば、はたらく一歩研究所のささやかな広報と実益をかねた
スタンプを作成して、ちゃりんちゃりんと収入を得る手立てにしてみたい!

(ささやかすぎますが)

と、考えています。

そしたら、タガシラは、キッズアートのイベント受付の合い間時間をつかって
もう、ラインスタンプ、はたらく新入社員編のイラストを考えていると
今朝、情報を入手。

それは、いけない。わたしも働くママ編をさっそく考えよう!

と、シミズに向かって独り言を言っていたら
シミズが
「それ、誰と使うんですか?」

と。

はたらくママは、スタンプを使ってやり取りする相手は
誰なのか?という質問で、
シミズの場合、ラインスタンプで、要は、つまり、決まったメッセージを送る相手は
だんなしかいないというわけです。


「たいてい、私の場合は、、『いつ帰るん?』、とか『ごはんはいるの?』という
内容だけなんですよ。 『ご』って打ったら『ごはんはいるの?』と
自動で出てくるくらい」

と、夫婦間のメッセージを垣間見せてくれました。


そうか、それはヒントです。

こんな風に使えるスタンプを創ればよいのね!


20160704ラインスタンプ.jpg
ちょっと、イラストの時間が、ありえない早い時間を書いてしまった。恥


2016年07月04日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

フク笑い、順調に7月に突入!('ω')ノ

今日から7月です。
怠惰な生活を送っていた私は、先月の6月、もしかしたら
フク笑いがなくなるかも説の噂を聞いて、
これはいけない!
と、気持ちを切り替え、フク笑い連続投稿を復活させることにしました。

そして、6月の投稿数を数えてみると、

17日!

私、土日は体を休めるために、フク笑いもお休みさせていただくことは
すみません、ご了承いただきまして(誰に了承をお願いしているのでしょうか?)

平均出社日 月に20日間として、そのうち、わずか3日しかお休みせず
17日も投稿しました!

相変わらず、誰が読んでくれているのか、pvも測らず、気ままにやっていますが
時に、失敗し、怒られ、避難される内容もあるフク笑いですけれども
そういうお叱りの声は真摯にうけとめて
今後も、続けていきたいと思います。

なので、7月も、この場所が存続しますように。


皆さんもお祈りくださいね!

20160701yume.jpg

2016年07月01日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

Mガワさん、ラストの日、あわてたNモトさん

昨日は、3年弱ハーストーリィハウスで勤務してくれていたスタッフ
Mガワさんのラスト勤務の日でした。

背が高くて、元気で笑顔が素敵な彼女は、見た目しっかりしているので
びっくりするのですが、20代前半。
今までいろいろとお世話になり、ハウスを卒業してしまうのが
みんな寂しいけど、元気よく見送ってあげようと
マネージャーのニシキさんが会社やハウス、マルシェにいる人に声をかけて
集まって、見送りの声掛けをすることにしました。

こっそり、お花とお菓子を用意して、プレゼントするときに
みんなに集まってもらって、サプライズという仕掛け。

ハウスのドアをあけて、わいわいと入ってくるスタッフに
まさか!?とMガワさんもびっくりして涙目に。

そんなワイワイと集まった中に、ハウスのキッチンのナカモトさん、
仕込みの作業中だったので
水色の手袋をしたまま・・・なのはいいけど、手には用もないのに、ジプロップの
コンテナーの青い蓋を一枚持ってる!

そばにいた、ミゾベさんが気づいて
「ふた、持ってるよ」
と教えてあげていました。

慌てて、キッチンから飛び出してきた風が想像できますね。


Mガワさんは、卒業しても、たびたび来てくれると思います!
元気で、そして、また来てね!


20160630futa.jpg

2016年06月30日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

魔法少女的なヘアスタイル

今日は雨につき、ヘアのセットがいまいち決まらない。
そういう女性はこの梅雨時期多いのではないでしょうか?

雨の日は、髪が膨らんだり、跳ねたり
わがまましほうだいの私のヘアスタイル。

今日は見事に、左側の髪がゴージャスにはねてしまました。

ヘアワックスを付けてきましたが、いうこと聞きません。

20160629haneru1.jpg

すると、今日の午後、経理のせっちゃんが、私のその髪の跳ねた具合見て

「fukuハラさん、今日は、クリィミーマミみたいですね!」

と、教えてくれました。

「クリィーミーマミ? なにそれ?」

 新しい洗剤?

「え、知らないですか? ググってみてください。」


20160629haneru2.jpg


えっと・・・。クリーミーマム・・・。(知らないから、名前も間違えてググってます)


すると出ました!「魔法少女クリミィーマミ

変身したほうですよ!髪のふくらんだほう。
とせっちゃん。

これですか!?


20160629kurimimami.jpg


ほほう!
すごく髪が膨らんでいるけど、キャラクターがかわいいから
ちょっと気分がよくなった、本日の午後でした。

せっちゃんは、髪型のことをいってるだけですが
まるめて、よしとしましょう!




2016年06月29日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

はだしのせっちゃん

今日は、6月生まれの社員のお誕生日ランチをプラスメンバーで
行いました。

6月生まれは、私とカメコさんの二人なんです。

この誕生日社員は、ランチをみんなから、ご馳走になるというプレゼント。

楽々園のバッカというお店でランチをいただきました。

そのお店に向かうのに、車で乗り合わせていったのですが
そのとき、お誕生日会でご馳走になること以上に
びっくりすることに出会いました。

ランチの帰りに、経理の上野せっちゃんの車に乗せてもらった時のことです。

なんと運転手であるせっちゃんは、靴を脱いで靴下の状態で
アクセル、ブレーキペダルを踏んでいたのです!


「私が初めて車に乗ったときに運転していた人が、土禁にしてて
運転は、靴を脱いだほうが、社内が汚れなくていいと刷り込まれたみたいで・・・」

と、卵から生まれたばかりのあひるの子が、土禁の運転手をお母さんと刷り込まれた
くらいの勢いのようなことを言われる。


車を乗るときに脱いだ靴を、外に忘れたまま、走り去ることもあったそうで、
後発の友達に、
「あんた、靴、わすれとったよー!」

と言われて靴を渡されることもあったそうです。


そんな、はだしの運転手、せっちゃんを知って
誕生日会のおいしいランチの感想以上に
驚いたのでした。


ごめん、せっちゃん。
こんなところで、全国ネットに発信。
いや、それくらいのインパクトあったし。


20160627dokin.jpg

2016年06月27日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

天の川プロジェクト 

アルパーク東棟、2階の水の広場。
このスペースが、リニューアルになるということ、加えて
1店舗クローズしてお店の前に仮囲いができること。

この要因で、なんと、アルパークさんとのイベント打ち合わせの中で、

「fukuハラさん。七夕のイベント、それ、仮囲いの壁を使ってやりましょう!」

と、いう話に展開し、前代未聞、商業施設の店舗仮囲い壁面活用をして、
天の川に隔てられた織姫と彦星を星をはってつなげよう!という
プロジェクトに発展しました。

壁面にデザインシートをはるか、イラストを直に描くか、
いろいろ相談したり、交渉をしながら、
今回は特別な対応で、直にイラストを描いて、表現をすることになりました。

壁面のサイズは高さ3メートル、幅が8メートル。

かなりの大きさです。この面に下地を塗り、絵をかいて完成させるのに
深夜作業3日間。

夜の10時から朝の4時までが初日、2日目は8時から4時。最終日は8時から1時半。
最後の方は寝不足でふらふらでした。
私は現場でお手伝いなので、さほどでありませんが、
デザインを担当されたチームの皆さんが体力的にとても大変だったと思います。
でも、絵が完成して、すごくうれしい。感謝とともに、感動さえも。
3日間、時間を共有できたことも、なんともいえない達成感です。

これから、事前に協力を依頼していた、保育園幼稚園の園児さんの星のカードを
はりつけに行く毎日。そして一般の来場者の親子にも参加してもらうように
促す活動がスタートします。

めったいないプロジェクトになりましたので、ぜひ皆さんに見ていただきたいです。

そんなわけで、3日間、フク笑いも小休止。
やめたんじゃないですよー!

20160622fuku1.jpg


20160622fuku2.jpg
特別社内研修があった日は、不本意にも
居眠りしてました!
無意識です。
恥ずかしかったー。




2016年06月23日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

お誕生日の会議

今日は私の何度目かのお誕生日でした。
Facebookで、お誕生日おめでとう!のメッセージを送る仕組みがあるので
それに気づいてメッセージを送ってくださる方がいらして
それはそれでうれしいものでした。

そういう日の午前中、社内ミーティングがありまして、
それぞれが抱えている進捗報告をする内容でした。

私の番になって、かねてから懸案の「はたらく一歩!研究所」という
女性のはたらくをテーマにした研究所の構想と運営を
資料にまとめたのを発表しました。

いつもなら、しぶーい顔をする、社長やシミズですが、
今回は何が気に入ったのか、もう少しここをこうしたらいいねという
アドバイスで終わりました。
次回の宿題を確認して、終了。
あー。よかった。前回時間がなくて手書きで書いた資料を
今回はパワポにまとめただけなんですが、いいんだ、これで!


さて、そのうち、昼休みにfacebookを覗いた社長が
「あら、fukuちゃん、今日はお誕生日。
いくつになったん。
え?そーなん!!それはすごい。年をとるはずじゃー。」

と言われました。

「すみません。こんな年になるまで、会社に残って・・・・。」
と、正直な思いを言葉にしてみたところ

「そうよ!なっかなか芽が出んけど、今日の会議をみてたら
やっと、すこーしだけ芽が出てきたかな?やっと出たかな?って思ったよ」

と、ほめてるんか、けなしているのか。

「こーんな大きな鉢に、種を植えて、水をしっかりやってたのに
なかなか芽が出てこない。
どしたんかなー。くさったんかなー。
と思っていたら、やっとこれだけ、
これだけ芽が出てきた!」


と、親指と人差し指で、少しの空間をつくって、いらない比喩をしてまで、説明する社長。

社長と出会って19年になりますでしょうか。
その頃からお世話になっている社長からしたら、この人、いったいいつになったら
芽がるんだろうか・・・と、ずーっと待っていたのだと思います。
(もはや待っているのではなく、あきらめているのかもしれません)


ほんとに、すみません。
ここから数センチ伸びるのも、これまた数年かかったら・・・・



20160617_!.jpg

20160617_2.jpg



20160617_3.jpg


20160617_4.jpg

2016年06月17日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

上野のオシおやつ カレーカリッ

今朝、経理の上野のせっちゃんが、
「fukuハラさん、ハウスで売ってる、つくしんぼ作業所さんの
かりんとうって、食べたことありますか?」

と聞いてきました。

「ありますよ!ずいぶん前だけど。つくしんぼさんのかりんとう、最近食べてなかったなぁ」

そう答えたら

「あの、カレー味のかりんとう、って食べたことあります?
それがね、とってもおいしいんですよ。
ちょっと、私食べてみたら、はまっちゃって。

ピザ味もあるですが、カレー味がおいしいの。」

「へー。そうなんだ。じゃ、買って食べてみよう!」

そうしたら、少ししたら、せっちゃんが、その噂のつくしんぼ作業所さんの
「カレーカリッ」というカレー味のかりんとう?を買ってきてくれました。


ちょっと食べてくださーい。

と言われて、2本いただくと

「おいしい!!」

プリッツのような、リッツのような、そしてスパイスかかったカレー味。
とてもおいしいおやつでした。

こういうの、あまり売ってない気がします。


14660509681080.jpg

つくしんぼ作業所さんの「カレーカリッ」
ハーストーリィハウスでは、毎月1回、
クッキーと並んで、
200円で発売していまーす!


2016年06月16日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

スカイプ朝礼はじまる

ムツラが今週から、神奈川に引っ越し生活をスタートしましたので、
私たちの朝礼もリモートでできるように、スカイプを導入しました!

スカイプの設定を先週何とかすませて
9時半になったら、スカイプを立ち上げて
遠くにいますが、ムツラのを見ながら調整できるようなりました。

さて、パソコンのカメラから、本人の顔が映りますが
その後ろは、ムツラの場合は自宅です。

ちょうど、白い壁に茶色の枠が見えて、
「和室?」とかみんなで話したり。

そのうち、慣れてきたら
後ろにスカイプ用のパテーションを立てるんじゃないの?

どこにいても、そのパテーションがあれば、
仕事してるふうにごまかせるね!と、何かの映画のワンシーンのようなことを
話したりしました。


そうすると、もう私の頭には、妄想のパテーションができあがり、
はい、このとおり。


現在のムツラ宅の背景バージョン。

20160615skype1.jpg

そして、都会の街をイメージしたパテーション。
朝日バージョンをムツラが使用している・・・・イメージ。


20160615skype2.jpg

そして、夜になったら。夜バージョン。
20160615skype3.jpg
ちょっと仕事した感じの風情で。(笑)



こんな感じで、無事スカイプ朝礼、スタートしましたよ!というお話でした。






2016年06月15日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

安定の「はい」

この春、新入社員として入社したタガシラ君。
20歳。
若手のホープとして、みんなが期待しています。

タガシラは、私が彼女と同世代のころを比較すると
とても落ち着きがあって、すばらしい。

周りが今何を必要としているか、、よく気を配ってみているし
よく動く。

あ、これ、気になるなと思っていたら、さっとタガシラが動いて直してくれる。
そういう感じで、若いのにめずらしく、気が付くと思う。


彼女に、話しかけると
「はい。」

と、とても落ち着いた声で返事をしてくれる。

言葉で書くと上手に伝えられないのですが、どう表現したらいいのでしょうか。

その返事は、

一呼吸おいて、「はい。」

私が若いころには、どうしてたかと、思い出しました。

「はい!はい!はい!  は! は! は!」と
犬のように叫んでいたように思います。


が、彼女は

「はい。」


とても落ち着いた返事で、その声を聞いたほうも
落ち着いて話をすることができます。

彼女の返事を
安定の「はい」と、呼び、私も真似をしようと思います。

・・・・はい。・・・・・・

20160614tagashira.jpg




2016年06月14日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

クールドライブ

朝いちばん、社長と、出張にでました。

社長と二人で出張です。

行きは、遅刻をしてはいけないので、運転に慣れている社長にお願いしまして(おいおい)
帰りは、私が運転します。

その帰り道。

車の中で、二人。

何を話すかというと、お客様との打ち合わせのことについての話はもちろんなのですが
打ち合わせ中の私の言動について、お気づきの点を教えてもらいました。

私のお腹がぐーぐーならなくてよかった・・・とか

どうして、あの場面でどうでもいいことを一生懸命広げて話をするのか、
私が止めたからよかったものを、たいていfukuちゃんが話すことを、
止めに入ることが多い・・・とか。


どうも、私は営業トークというのが、下手で
お客様を含めて、同席している仲間にも、「??」と思わせる節があるようです。

そこのところ、社長は
私のことを思ってこそのアドバイス。

しかし、私は「ハァ・・・」とか「へぇ・・・」とか生返事するのがやっと。


何年たっても成長がなくて、いつまでもこういうお話をさせて
社長には申し訳ありません。(何年どころか十数年なんですけども)

いつになったら、鶴の恩返しができるのでしょうか。

あ!と驚くほど、化けないかなぁ、私。


SKMBT_C22416061317450.jpg

いつか化けた自分が、このイラストを、懐かしく思い出しながら
笑ってみていすように!!

7月7日の七夕に、ひとつ、お願いごとでもしようかな。




2016年06月13日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

フク笑い的 ムツラとの思い出 

明日からムツラは引っ越しで広島を離れることになりました。
(なんども書きますが、ご結婚のためです)


サテライトオフィス的にお仕事は続けるので
月に一度は広島に戻ってきます!

とはいえ、これからは住居が県外になるため、別れをしのぶ友達たちが
ラストランチや、ラスト飲み会で、ムツラと会いに集合しているようです。

これもムツラの人柄でしょうね!
きっと、ともだち、みんな、寂しいんだと思います。

私も、なんとなく、娘を嫁に出す親のような寂しい気持ちがして仕方がありません。

ムツラのその個性的な性格は、私にとってはフク笑いのネタの宝庫。
いうことなすこと、すべてツボだったのです。

それゆえに、フク笑いのネタの登場回数は多い。

ちょっと思い出すだけで、過去のフク笑いから、ムツラネタを引っ張ってきましょう。


ムツラ雨探知機稼働

雨探知機ムツラの復活

高機能雨探知機ムツラは、さらに機能アップ

雨探知機ムツラ、ついに私物ティッシュあらため、会社ティッシュを使用!現場を押さえました!http://www.hs-plus.jp/fukuwarai/2011/03/post-269.html

体操のお兄ちゃん

ペネロペもいれば、海老蔵もいる



代表的なムツラネタを、懐かしみながらリンクはらせていただきました。
とても楽しい日々の思い出です。

さよなら、ではないので、イラスト原画のコピーをノートにはってプレゼントすることは
用意はしませんでしたが、こうやって、ネタにすることが、しにくくなる距離感が寂しいのかなぁ・・・・。






==「今日のフク笑い」を読んでくださり、ありがとうございます。==

ついでに「今日のオヤとコと。」もご覧ください。
みんなでオヤとコにまつわるコラムを書いています!



2016年06月10日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

ランチタイムの会話

今日もお昼の12時半。お弁当を食べましょう!と、
目の前の社長、右横のシミズがお弁当を食べ始めたのをみて、
よしよし私も。と、お弁当を食べ始めました。


目の前の社長が、
「わかった。お弁当ばっかり見て、がっつくから食べるのが早いんだ。
もっと、景色を見たり、視線をあげたらゆっくり食べられるのに。」

と、私の様子を見て。

となりのシミズは、
「あ!fukuハラさん! クラッシックをかけなくちゃ!」
と、有線の選曲をし始めました。お弁当中なのに。


今日の朝礼で、一言を担当した上野せっちゃんがBGMの効果として
早い曲を流すと、人は早く食べてしまう、ゆっくりした曲、特にモーツアルトなどは、
ゆっくり食べるので、満腹中枢が、少しの量でも満腹を感じさせてくれるのでダイエットにもよい
という話をしてくれたこともあり。


私がとっくに食べ終わっても、まだお弁当をつついている
私より先にべ始めたシミズは、

「わかった。fukuハラさんは、あまりかんでないんだ!」

と、私が飲み込むように食べるとご指摘。


さらに

「食べるに集中するくらい、仕事も早くしたらいいのにねぇ・・・。

なんでかねぇ。」


私に対する別の不満を言い始めたモンスター。

この席、やっぱり
落ち着いて、食べられないなぁ。(もとより、とっくに食べ終わっていますが)


20160609bento.jpg



==「今日のフク笑い」を読んでくださり、ありがとうございます。==

ついでに「今日のオヤとコと。」もご覧ください。
みんなでオヤとコにまつわるコラムを書いています!



2016年06月09日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

20歳のタガシラを代弁する

6月の席替えをしたら、今月なんとまぁ・・・

20160608sekigae.jpg

私は、社長の目の前の席になっていました。

この席替えの結果をみて、社長は

「あら。fukuハラの前。天敵だわ・・。」

と、ぼそっと言われました。

ファッションモンスターの「天敵」?? 


それはそうと・・・

ムツラが東京に引っ越しするので、

「あ!そろそろスカイプ用意しないと。
そういえば、スカイプするのに、昔はマイク付きのイヤホン買って、使ってたなぁ・・・」

と、昔話を話していたら、ムツラが

「最近はイヤホンなくてもできるって、若い子(タガシラ)が言ってましたよー。」

と、いう。

「え?あ。そう。 昔っていうのは10年くらい前かね。 イヤホン使ってたんよー。」
と、むかしむかしお爺さんが山へ芝刈りにいっていたころのお話風に
タガシラに話した。

すると、タガシラが

「実際に(社内でテストで)やってみたらどうですか?」

と、私に返した。


その返しをきいて社長が

「えらいね、たがちゃん。fukuハラに言い返したね。」


そして、私に
「10年前の話を、ぐだぐだ言うなって、言ってるよー」


え・・?


そして、ムツラが
「ぐだぐだ言わすに、やってみればいいじゃん!って言ってますよー」

と、二人で、タガシラの気持ちを代弁しはじめた。



そーんなこと思ってるの?たがちゃんは。



いやだなー。代弁者が目の前に二人いる。
この人たちって、何?




20160608daibenn.jpg







2016年06月08日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

ムツラへ ギフト!

今週末に引っ越しを控えるムツラに、結婚のお祝いの気持ちを贈ろうと
オフィスに在籍するメンバーで、お祝いのプレゼントを渡しました。

何がいいかギフトを選んでくれたのは、カメコさん。
新婚なら話題のバルミューダのトースターがいいのでは?と
選び、購入先は ihaha design さんで用立てしてくれました。


お水をいれてスチーム状態で焼けるトースター。
機能もデザインも素敵な家電です。
これは新婚さんへのプレゼントとして人気なのもうなずけます。

会議が終わって、プレゼントを進呈。

カメコさん、
「すみませんが、渡すところを写真撮ってくれますか?
ihana designさんに写真を送らないとけないんで。」

とポーズ。

え?いいけど、それ、なんだか、カメコさんがプレゼントもらったみたいな体よ。

14652874174420.jpg

「あ、そうですか!? では私が、ちょっとこうして、さしあげてる感じで」

と、ポーズとりなおし。

14652874421441.jpg


はい。ばっちり。

しかし、購入先のお店に気を使って、写真撮りなおすって、
どれだけ力の大きい、セキコさんなんでしょう。(ihana design 店長さんです。よろしく!)


話は、ずれまくりましたが、ムツラがあと社内にいるのは、今週金曜日のみ。


おめでとう。でも、

さびしくなります。


2016年06月07日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

なんと4人も髪を切っていた月曜の朝

先週末に、美容院に行った私。
カラーをして、髪も短めにカットしてもらいました。

家族には、ハリセンボンの近藤春奈にそっくりだ!と話題沸騰。

そんなに?と思うけど、自分でもなんとなく否定もできず。

どうかしら?と月曜の朝、出勤してみたら、私を含めて4人、髪をカットしました!


中でも、一番ヘアスタイルを変えたのが、一目瞭然だったのが、カメコさん。


20160606kameko.jpg

後ろを、ざっくり刈り上げてすっきりです。眼鏡をかけて、できるオンナ風!
かわいい!という声に、「日ごろいわれ慣れてないのでかゆくなります」と
恥ずかしそう。


髪が肩に届くくらいにやや短くしたのがシミズ。

20160606shimizu.jpg

後ろから見たら、学生みたい! と思ったのは、私だけ?


それからくくっているので、わかりにくかったのですが、実は長かった髪を、少し短く
切ったのが、ムツラ。

結婚前なので、ここでばっさりカットしたら、なんのために長年、ベルサイユのバラみたいな
ヘアスタイルでがまんしてきたか?ということになるので、無難なカットだと思います。

20160606mutsura.jpg


そして、私は、今朝、しっかり髪にヘアムースつけて、ボリュームダウンしてきたから
大丈夫!
でも、いっとくけど、はるなでも、ピグモンでも、シュレックでもないですよ!


20160606fuku.jpg

この4人のヘアチェンジをみて、じゃ、私も!と思ったのが、上野の謎のせっちゃんです。

せっちゃんは、来週くらい、ベリーショートでやってくるかな?








2016年06月06日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

上野の謎

上野の謎

そう書くと、東京の上野駅の珍百景とか、あるある話かな?と思われるかもしれませんが
ちがいます。

ハーストーリィプラスの経理担当、上野のせっちゃんの謎です。

くしゃみをするとき、人は
「はーっくしょん!」と大きな声を発してしまいがち。
それを、ぐっと我慢して声が広がらないように気を付ける気持ちは
わかります。
わたしもくしゃみの語尾を飲み込んで、はーくぐしゅ!」となりがち。

しかし、これはどうなのか。
上野せっちゃんのくしゃみ。



setsuko1.jpg

がまんして押し込んだくしゃみの最後が、「ぶひょ!」という発音で飛び出してくるのは?



setsuko2.jpg

遠くから聞いても、「ぶひゅっ!」
と聞こえてくるのを、
みーんな最初はクスクス笑っていたけど、
最近は、
「あの「ふひゅ?」はいる?」と、必要性を問われるような状況です。(シミズに)



みなさんのくしゃみは、どうですか?

上野のは、謎です。


2016年06月03日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

ファッションモンスターチェック クリア!

今朝、大事なお客様のところに商談に伺うため
きちんとした装いをしないといけないなぁと思って
今日の出社時の装いは、きちんとした服装を意識しました、

といってもそんなにワードロープがなく
まだ春物の服も新調していないので
困りました。

紺色で袖がハプ・スリープ(ちょうちん袖)になっている
半袖のシャツが仕事にも着ていけそうと思って
先日買っていた一枚を着て、手持ちのフレアスカートをはいて出ることにしました。

このスカートは、年がいになくミニなんですが
お店にこの丈しかなくて、しょうがなく買ったスカート。
でも短くて、冬はあまりはく機会がなかったものです。(寒いので)


社長とも呼ばれる、うちのファッションモンスターは、いつもとちがう私の雰囲気に
目を大きくし

「そのスカート、いいね!足が細く見える。
そして、そのシャツも、腕の太さがわからなくて、いい!」

と、珍しくほめてくれました。

珍しいです!
とても!

ついでに「昨日の紫のシャツは、ダメ。あれは普段着。色でごまかしてもダメよ。」と
昨日の服装についてはダメ出しです。


ファッションモンスターだけでなく、隣の席のムツラも
「fukuハラさん、いつもと違って、大人っぽいですね」
とか
となりのテーブルのニシキも
「今日は大人っぽいですね。」
と、ひとこと、言ってくれました。


気分よくなりましたが、、さらに、さらに!

今日の夜は、新入社員タガシラの歓迎会を、焼き肉屋さんで行うのです!

午後1時から、「やっきにくー!やっきにくー!」とワクワクしている私ですが

「fukuハラさん、焼肉屋さんに行くかっこうじゃないですよ。
服に臭いがつきますよ。」
とムツラの指摘が。


そっかー!

でもいいや。 やっきにくー!

ファッションモンスター チェックをクリアした今日のいでたち。
自画像を最後に添えて。

これで、横川の焼肉、ごろう に行ってくるわー♪



fuku20160415.jpg

2016年04月15日
フクネタ愉快な編集部員ネタコメント(0)

知らなかった!3月31日はボーダーの日!

昨日は3月31日。天気も良く、あたたかな一日。
私は午後から打ち合わせで外出のため、気持ち少しだけ整った上下のセットアップの
服を着て出社しました。

ドアを開けたら、みんながすでに掃除を終えて座っていて
入ってきた私をみて、
「あ!違う―!」というではありませんか?

なになに?

と、不思議がっていると

「ほら!」
と、ムツラが得意そうにカーディガンのはおった前身頃を開いて
インナーを見せるではありませんか。

それは普通の白地に黒だったかのボーダーのカットソーのように見えました。

そして、ニコニコ笑っているみんなを見ていると

みんな、みんな、ボーダーを着ているのです!

「すごい!みんなボーダー!?」

カメダもシミズも、タガシラ(新人)も、ウエノせっちゃんも!!

私のあとから、登場した社長も、なんとなんとボーダーでした!!

どうやら、ハーストーリィプラスでは3月31日決算でもないのに
なんでかしりませんが、ボーダーを着て出社するのが、
しきたりだったんだそうです。


知らなかった―!
まじで。


それでもって、得意の「目でスキャン」しました。
20160331bodas2.jpg

2016年04月01日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

出ました!てるてる坊主s 晴れてよ!3/19

teruterub.jpg

ご覧ください!
3階のオフィスの窓際に、ふたつのテルテル坊主が登場しました。
これは、ティッシュで作られたものですが
特徴としては、フェイスが、ひとつ、松岡修三さんになっていることです。
もう一つはベイマックス。(ムツラ&タガシラ作)

昨年、モミの木森林公園での、婚活イベントを企画したとき
天気予報では、雨がもしかしたら降る?ということで
雨天の場合は逃げ道がない、森林公園での野外イベントだったため
祈るようにして、ティッシュテルテル坊主、松岡修三が3体設置されました。

(ムツラ作)

すると、なんということでしょう。雨の予報が、みごとにそれて、
晴天、無事、開催となったのです!


そこで、3月19日、今週の週末土曜日に、開催される
「創業支援イベント ワタシの店づくり物語2016」オープンセミナーinパセーラ翼の広場
が、雨天にならないようにと願って、昨日から設置されたテルテル坊主。

きっと、彼らが雨をそらせてくれることでしょう!


2016年03月16日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

お付き合いも長くなると・・・・

私はずっと以前から、家事を効率的に行うために様々な工夫をしていますが
その最たるものに、「昼休みの買い物」という工夫があります。

これは、NHKの「おはよう!日本」中国地方版、そして全国版の企業紹介で
「女性が働きやすい企業」というテーマで弊社が紹介されたときにも、
案外長い尺で放送をされ
全国のビジネスマンの度肝をぬいたと自負しているものです。

お昼休みは1時間。
お弁当を持参して、外食にでかける時間を控えています。

お弁当のふたを開けるや否や食べ終わるという
驚異の早食いの特技を持っているゆえに、昼食の時間はわずかなもの。

あまった時間で、近所のスーパーに行きます。
そして、その日に必要な最低限の食材を買います。

就業時間が来て、その帰り道にスーパーに立ち寄ると、どんなに買い物リストをもって
最短を測っても、レジを通過するには、20分以上はかかります。

20、30分帰宅が遅くなるとその分夕食を作る時間が遅くなるので
もったいない。

なので、食材を昼休みに買って、会社の冷蔵庫に少しだけ、冷蔵物を保管させてもらっています。

こんなこと、どこの職場でも働くママはしていることでしょう?
と、思いがちですが、いえいえ、世の中そんなに甘いことありません。

うちの事情をよく知っている社内の同僚の理解の上で成り立つ工夫なので、
どの職場でも通用すると思ったら間違いですが、現在に至るまで、このようなことを続けて
はや6年でしょうか・・。
ありがたい職場環境に、感謝の気持ちは絶えません。


さて、先日も買い物を終えて職場に戻ると、
私のエコバックの中からはみ出した、白ネギを見付けて、シミズが

「クス」

と笑って

「めちゃ、今日、鍋じゃん。」

と、ひとこと。


なんでわかるの?今晩、鍋よ!

と思いましたが、それはそうです。
シミズにもう、何年この買い物帰りの姿を見せてきたことでしょう。


白ねぎ一本で、我が家の夕食が何かがわかるくらい
長いお付き合いになっていたのでした。


nabe_kaimono.jpg

2016年02月05日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

サザエさん2人が歩くとこうなる

店舗の責任者を任されているハーストーリィプラスのニシキ選手。

シミズに言わせると、私、fukuハラとニシキは性格的によく似ているそうで
うっかり者、サザエさん的な面が、共通なんだそうです。

そうかなー、ニシキってどちらかというとせっかちで、前へ前へといくタイプ。
私は、のんびり屋で、人任せ。

似てるかなぁ??って思っていましたが、先日、ニシキ&fukuハラが2人で某所を目指して
あるく機会があり、まさかのびっくり事件がありました。

オリエンタルホテルで、広甘藍の試食会というお披露目会に会社としてご招待を受け
2名が代表で参加させてもらうことになったときのこと。

車を100メートル道路のすぐ横の路上パーキングに置くことができたので
徒歩でホテルまで向かいますが・・・。

オリエンタルホテルって、どこだったっけ。
弟夫婦が結婚式を挙げたし、奥さんが確かオリエンタルホテルで仕事してるんよね・・・。

とニシキが教えてくれたので、
そう・・それならついていこう。
と、素直に従うのが広島のサザエさん1号。

ニシキは、こっちだと思う。。と平和公園方向に向かって歩き、
てくてくてく。

あれ?
あそこかな?
あのむこうかな?

見えてくる全日空ANAホテルの向こう側を指すサザエさん2号。

いよいよ二人はANA近くまでついて、これは違う感じ?

ということに気づき、スマホで調べる。
ここが、広島のサザエさん1号。
なんで、車を降りたところで、すぐ確認をしないのか。
また、広島生まれ、広島育ちのくせに、
100メートル沿いの大手ホテルの場所がすぐ浮かんでこないというのは
どういうこと?


Uターンして、オリエンタルホテルを余計に時間をかけて歩いた二人でした。

会社に戻っても、内緒にしておこう。


ana_orientaru.jpg



2016年01月18日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

おいしくて危険な香り ゆあみ煎餅

昨年12月に、お菓子をたくさんいただいたのを、置くスペース、そこを
通るとつい、手を伸ばしてしまう危険区域をおデブゾーンと名付けました。

そのテーブルに、やっとお菓子が減ってきたところ、
シミズが年始に福岡の実家に立ち寄ったときにお土産に買ってきたという
おせんべいが置かれていました。

これは!

yuami1.jpg
yuami2.jpg



鉱泉落花入り
ゆあみ煎餅と言って、元社員のヤスナガ部員にゆかりのある
お煎餅屋さんのものではないですか!

噂には聞いたことがある
お煎餅。

別府のいでゆ温泉の、温泉地にあるお煎餅屋さんだそうで、
ここに行かないと買えないものだそうです。


落花生のほんのりとした香りと味が、うすい歯ごたえのあるお煎餅にあっていて
「おいしい!」

ついつい、やめられない、止まらない!

二袋買ってきてくれた、ゆあみ煎餅は、あっというまに、残り薄状態です。
こんなに美味しいのに、びっくりするほどお手頃な値段だったとか。
社内では「もっと高く売ればいいのにー!」と代わりに言ってあげるくらい。(笑)

このヤスナガ選手から、私あてに、今年の年賀状をいただき、ひとことコメントが。

「フク笑い、ちゃんと見ていますよ! 求ム、、週1回更新!」

でした。
毎日更新できないでいたフク笑いすが、気づくと月に一回更新のこともあり
「フク笑い」のネーミング産みの親である、ヤスナガ部員が
少し気になっていたところなのでしょうか。

応援をいただいたという気持ちになって、素直に更新をしたいと決意した2016年、1月でした。


これからも、ハーストーリィプラスネタ、ハウス、マルシェ、リシュラ、とにかく
私と関わってくださった人の、おもしろいネタを、私目線でご紹介したいと思いますので
よろしくお願いいたします。

2016年 元旦 +6日


そして、気になる
ゆあみ煎餅情報はこちら!

湯あみ煎餅
豆乳おせん

ゆあみ堂本舗
別府市風呂本5組
TEL:0977-66-0877



2016年01月08日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

新設 「おデブゾーン」

最近、いただきもののお菓子や、お土産のお菓子、ちょっと買い物のついでに
買ってきたというおまんじゅうやら、何かしら小腹がすいたときに満たすような
いえ、小腹がすいていなくても別腹で消化するようなお菓子類が、
たまたま集中的に置かれる場所が、できました。

オフィスの部屋の一部の三角の机の上です。

この机は、現在はモノ置きとしか使っていない、ちょっとしたスペースで
モノがないときは、書類を書いたり、作業をするスペースとして活用します。

しかし頂きものが増える時期は、ちょっと置くお菓子のスペースとして大活躍。

今日なんて、シミズがお昼ごはんから帰ってきて、
「お土産ー!」と持ってきたのは、おいしそうな和菓子。

皆で食べよー!

と言ってくれるのはいいのですが、シミズは決して太らない。
年がら年中、細い人。

私なんて、Xmasからお正月にかけてのこの時期
もっともダイエットに力をいれたいシーズンです。

「これは、シミズさんが、みんなを太らせようとする罠ですよー」とムツラ。

そう、その罠がしかけられたところが、お菓子置き場。
今日から、そのスペースを「おデブゾーン」と名付けたそうです。(by ムツラ)

さて。
実際にその場所はどこかを視覚的にご確認ください。

私の席は、今月は窓側で、部屋の外に出ようとすると、
おデブゾーンを通り過ぎるか、避けて通るか、
2択の位置です。


odebuzone.jpg




赤のコースを通ると、おデブゾーンを通り過ぎることになり
右手でさっとお菓子を取ってしまうという恐怖のコース。

青のコースを通ると、おデブゾーンを避けることができるので
お菓子に手を伸ばすことができない代わりに、
赤コースを選択する誘惑に負けない勇気が必要。


いけない、いけない、赤のコースは!と避けていたら
なんと隣の席のカメコさん。

おデブゾーンの和菓子を持ってきてくれて
「どうぞ、年功序列です」
と、言って、差し出すのです。

やっていけない禁じ手を・・・・・。
それはいけない、カメコさん。


kameko1217.jpg


ちなみに、
カメコさんの左後方に見えるのが、
決して太らない女、シミズですよ。
おデブゾーンを背中にしても、まったく心配なし。
いいなぁ。



fuku

2015年12月17日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

ぴったりカンカン!せつこの場合

9月から10月にかけて、ハーストーリィプラスでは
社長決裁で行われていた「お食事研修」
一人予算を配分されて、好きなところで食事をしてレポートを提出。
その食事でいろいろな気付きを得て、お仕事に役立ててほしいという
日ごろの働きへのご褒美的な研修を取組みされました。

約30名の社員が、おのおの食事をしにでかけたり
高級なお弁当や日ごろなかなか食べられないお惣菜を取りよさたりして
楽しみにその予算を使って勉強をしました。

各自支払ったレシートとレポートを提出して、
月末に、経理担当から実費の返却をされる日。

経理担当のせっちゃんこと、ウエノは前日からソワソワ。
返金するお金をいれる封筒を、買いにいかなきゃ、とかいろいろ準備をしていました。

そして、本日の午後。

「当たり前のことなんですけど。。
返金するお金がぴったりでした。
すごく達成感がありますー」

「あたりまえのことなんですけどね。
でも、この達成感を、つい誰かに伝えたくて。」

と、光栄にも私に伝えてくれました。


夕方、業務が終わってくらしマルシェから走って受け取りに来た
サカエ&モリグチ。ボーダーペア。


達成感のあるせっちゃんとサカエ。

pittari1.jpg

お金をもらって、中身を確認するサカエと
その様子をのぞき見するモリグチ。

pittari2.jpg


いつも細かい作業でたいへんですが
ウエノのような、「きちんとさん」がいてこそ、のハーストーリィプラスです。

これからも楽しくきちんと、お仕事がんばりましょう!





2015年10月30日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

ムツラの窓

いま、また私の中では、ムツラのブームがやってきました。
彼女の何気に話していることや行動が、妙に私の心の笑いの琴線にひびいて
しかたありません。

先日、ムツラは求人広告の営業のお電話をとっていました。

社長に「求人広告の電話ですけど、どうしましょうか?」と
お話をきくか、今は間に合っているとお断りするか判断を聞いていました。


社長が「いいよ、聞いて。」と答えたので
機転を利かせたムツラ。

「それでは、今、何かお勧めの割引価格とかの企画はありますか?」

と、電話の相手先に答えたとか。
そりゃあ、少しでもお安い方がいいに違いありません。
それは、正しい。

すると、

しばらくして、電話を切ったムツラ。

「なんでしょう?
せっかく心を開いて、対応をしたのに、
『えーっと、私どもでは割引とかのサービスは特になく、通常の広告のご提案でしかありませんので・・・』だんだん声が小さくなって、弱気な姿勢で終わりました。」とのこと。

「なーんだ。心を開いたのに」

きっと、親切心でお話を聞こうとしたムツラの、目に吸い込まれそうになって
コワくなったんよ。とシミズ。



イラストで、再現してみました。


mado1.jpg

こわいですねー。心の窓に、ムツラのシルエットが!
mado2.jpg

出た!バーン!
mado3.jpg
尻尾をお尻にまく営業マン。心の窓を大開放のムツラ。

mado4.jpg


電話、やさしく出よう。


2015年06月11日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

手で「ググれ!」

今日は天気が最高によかったせいでしょうか?
フク笑いのネタが、満載でした。
たくさん書きたいことがあるのに、一度に何回も更新したら、引かれるよなー
と何気に読者の目線を意識したりして、いやらしい私は激選した今日のネタをしぼりました。

タイトルにも書いた

手で、「ググれ!」

です

さとう社長が、パソコンを買い替えることにし、古いマシンは、若手のムカイガワに譲ることに。
今までのマシンのスクリーンセーバーには、ロックの設定をしているので
それを解除して渡さなければ、ムカイガワは使えない。

「さて、ロックの設定はどうやってするのだったけな?フクちゃん。」

私に尋ねられたのですが、私もすっかり忘れて、どうだったっけなー。
画面を右クリックしてどこだったか見てみるうちに、だめだこりゃ、
ムツラに聞こう、と思った社長。

「ねぇ、ねぇ、むっちん!
スクリーンセーバーのロックを外すの、設定どこからだったっけ?」

ムツラ「え?なんですか? あぁそれは・・・。」

と、社長のパソコンを覗いていたら

「ムツラさーん、○○様からお電話でーす」

と電話がかかり、受話器をとった社長脇に立つ、ムツラ。



そして、電話でお客様とお話する一方、
さとう社長には、手のしぐさで、
指示を出したらしい。




「ヤフーでググれって、言うのよ、手で・・・。」とつぶやく社長。


なんか、社長が電話して、社員に手で指示を出すシーンは、ありがちだけど
こんな逆な景色、珍しいなー!!っと 思った次第です。


yahoo0519.jpg

この二人には、笑いました!

でも、まだ面白いネタがあった一日です。
続きは、しばらく連載なりそうです!







2015年05月19日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

朝礼で全力少年 かぶりまくり

先日、有線放送導入のお話を書かせていただきました
導入後、1年過ぎて毎日楽しくBGMで聞かせていただく放送は、
「東京FMではなくて、J-waveです!」っと、シミズに指摘されました。

そうです、正しくは、J-waveです。有線のおかげ様です。間違えてすみませんー。

さて。
わが社では毎朝、朝礼を行い、スタッフのその日の予定確認と、担当者の一言と、最後に社長の一言を聞く時間があります。

朝の掃除時間から有線放送をつけっぱなしにしているため、朝礼が始まっても、音をさげたり、切ったりしないのが、ゆるいわが社風と言いましょうか・・・。

今朝は、ものすごいことになりました。


社長の一言のときに、懐かしい、スキイマスイッチの、「全力少年」が、大きな音で流れ始め、
懐かしさに、つい耳がそちらの歌詞に反応をしてしまって、
なっかなか社長の言葉が聞こえない。

いつ音を下げに、動こうか、いや、このまま聞けるか?
と、迷いつつも、えい、このまま話を聞こう!と決心したところが、
サビの部分に、つい、心の中で歌ってしまう自分がいました!

つまりのところ、

スキマスイッチが、朝礼のスキマに入り込んで、大変だったというご報告です!


以上。


tyourei0512.jpg

2015年05月12日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

ファッションモンスターの襲撃

昨日、楽しいお花見を職場のみんなで
行ったものだから嬉しくって、私が撮影をした写真をつかって
今日のオヤとコと。の「fukuのオヤとコト。」の担当記事で紹介をしました。

自撮り棒を扱うムツラの写真の横に、ちょっと気を抜かした様子の社長の横顔が
映っていたのですが、気にせずアップをしたところ・・

その写真が
あまりに気が抜けた表情だったことが気に入らず
その日、夜に珍しく観劇のためにアステールプラザに行ってしまった間も
ずっと写真のことが気になり・・・

そして、どうやら夜に、問題の写真をトリミングして、ムツラだけの写真にして
更新した模様。

「あれは、ひどかった。問題よ!」とプリプリおこるファッションモンスター。

「もっとましな写真に写るはず・・・て、まだ勘違いしてると思われるけど、でも・・」と苦笑。

ああ、失敗!
オヤとコト。だけでなく、昨日の「フク笑い」にも同じ写真を使っていたので
あわてて、トリミングして修正しました。


あーこわい!


ところで、今日のファッションモンスターの衣装が、これまた
ものすごい切り返しの、いろんなテキスタイルの布地を切りつぎした
世の中に1点もののシャツでした。

絵に描いてスキャンしましたので、ご覧ください。
(お顔は似ていませんので、あしからず)


20150403sato.jpg


これを描いていたら
「また、あんた、絵を描いて!!その時間、給料引きするよ!」
とかなりのパワハラ度、高レベルの発言。

これはまずい。
今月は席替えで、ファッションモンスターの隣の席なので、
とっても絵を描きにくいです。





2015年04月03日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

お花見 ムツラの自撮り棒大活躍

4月2日 今年も近所の公園の桜が満開になりました。
お昼休みを利用して、会社のみんなとお花見をすることになりました。

今回は、ぜひ美味しいお弁当を勉強のためにみんなで食べてください!ということで
たん熊さんのお花見弁当各種を注文して食べました。

桜はもう満開。

hanami1.jpg

清水、社長、ムツラ。

hamami2.jpg
ハウスの難波さん、中田さんもやってきてくれました!

hamami3.jpg
マルシェのみんなも、やってきました!

色とりどりのお弁当をよく観察しながら
味わいながら。


hanami6.jpg
そして、自撮り棒を出してきて、スマホをセッティングするムツラ。

hamami7.jpg




いえーい!
自撮り棒は、おもしろいですね!
撮ってる本人が一番手前でものすごく中心的な位置に!!


hamami5.jpg

この写真を撮っているムツラを後ろからみた様子はこんな感じでした。


20150402hanami.jpg
絶対、おかしい。
おもしろい、自撮り棒!!

ちなみに、ムツラはカメラ学校を卒業されている腕前です。
「そんな私が、なぜ自撮り棒で遊んでいるのか?」と言ってましたが
それくらい、おもしろいのだそうです。

ちなみに棒につけたスマホをタイマーで撮影していました。
3秒タイマーで撮影したら、忙しいけど、かえって面白いです。

愉快なものが発明されましたねー。
これ、2015年のヒット商品間違いないですね。(*^_^*)






2015年04月02日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

かめこの選択

かめこさんこと、カメダは、2児の母。
毎朝、下の子を保育園に送ってから、息をきらして通勤。
お昼休憩もバタバタと用事をすませて、あわただしくお弁当やお昼ご飯をかきこみます。

夕方は、5時には退社しないといけないので、午後の時間も集中しています。


そんな彼女のひと時の安らぎは
かばんの中に、しのばている、おせんべいやチョコ。
しょっぱいの、甘いの両方ストックをおいてます。

「忙しい、忙しいと言いながら、ちょいちょい食べてるんですよねー。」とつぶやいています。

今日は、お昼にパンを買ってきたらしく
Sパークさんで好きなパンを3つくらい選んで、ビニール袋にちょいといれて
帰ってきました。

彼女が選んだのは
アンデルセンさんの「アーモンドプードル」(←これおいしいです!昔からある)
伝説のエクレア(←お菓子?)
その他の菓子パン。

「見てください。デブまっしぐらチョイス」と笑いながら見せてくれたパンは
確かに菓子パンでした。(笑)

お疲れが、こういう甘いものを欲するのです。
そして、
デスクワークが続くと、太ってしまいがちになるのが、うちの職場の特徴です。

お互い気を付けましょう!





201540317kamekochoice.jpg

2015年03月17日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

ファッションモンスターのスカートは謎&ステキでした

わが社のシャチョーは、さとうみどり。
経営者でもあり、アーティストでもあるので
ファッションには、こだわりが強くていらっしゃる。

これは、どうやって着こなすのだろう?と思われるような
作家ものの衣装や、どこの国のブランドなんだろう?と思われるような
靴を履いていたりしています。

またそれを、誰よりも上手に着こなすので、さすがはファッションリーダー。

逆に、こだわりが強い、また関心があるだけに
人のファッションにもつい目が行ってしまうのが、習性。

私にもっと明るい色を着たほうがいいと
以前、ピンクのニットをモンスターに上手に勧めてられて購入した一着があります。

その服を着ていたところ
おい、そこのピンク! 部屋が暑いからドアを開けといてもいい?」と
ピンク呼ばわりされてしまいました。

モンスターは、手下を色で呼びつけるのです。(笑)

そういうファッションモンスターのその日のファッションは、
黒のニットに、とびきりユニークなスカート。

それは、一日中、見る人、見る人が、「かわいい!」と評価した
大好評なスタイルでした。

スカートは切り返しで、黒をベースに、ドットやストライプを使った生地をつなげていて
ウエストはゴムになっているので、どこを前にもっていっても、
大丈夫という、リバーシブルならぬ、
前と裏がどこでもOK! 
得意そうにくるくるまわしておられました。

これ、まずどこで見つけるのか、そして
どう着こなせると、判断ができるのか?
さすがは、ファッションモンスターです。

イラストで再現しました。

このスカート、普通には売ってないでしょう?

20150305pink.jpg




2015年03月05日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

シミズ VS サザエさん連合

サザエさんのように、うっかりものの私は、よく失敗をしでかします。

昨日のこと、

シミズに、「ねえ、fukuハラさん、Wちゃんの名前って知ってる?」と聞かれました。

ハーストーリィ時代の新入社員だったWちゃんは、結婚して名字が変わっているので、

変わった姓を知りたかったらしい。


そのとき、サザエさん連合ならどうする?


「Wさん?そうだねー。なんていったっけー。

あ、そうだ、フェイスブックででてくるかも?

でないかー。

まてよ、Wちゃんの友達のDちゃんなら友達になってるから

えーと、Dちゃんは、結婚して・・・

え?あ、そう、Uさん。


Uさんは私の友達にいたけど・・・・。Uさんの友達にいるはずなんだけど・・・・。

あれ、いない。あ、Wちゃん、結婚して名字変わったんだっけ?

なんていうんだっけ、シミズさん!」


私は、シミズが、Wさんの下の名前を聞いていたのかと思っていたのです。


この一連の独り言を聞いていた、シミズやムツラが度肝を抜き、

さすが、fukuハラさんだと、ひきまくっていました。


まだある。


今日のこと。

シミズが(またシミズ発)、「ねぇ、ウエノさん、ゼムクリップある?たくさん?」と聞いていた。

経理のウエノさんが、「ゼムクリップですか?これですか?」と差し出したら

「ううん、違う。」


その会話を聞いていた、私が

「シミズさん、これなら、あるけど、足りる?」と引出の中から、わざわざあるもの全部あつめて手に取って差し出した。


「fukuハラさん

それ、ダブルクリップ・・・。」


上野さんが、それを見て、「私も、それをゼムクリップかと思ってたんです!」と。


ゼムクリップって、ダブルクリップと、紙をとめる仕事はいっしょやんかー!?


いう話です。


kurippu.jpg

 

2015年02月19日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

サザエさん連合とは

最近、私のようなうウッカリ者のことを、サザエさんだと喜んで紹介したりするシミズがいます。

でも、私からすると携帯を落とし、車で踏みつけて修理にだすなんていう、ハードボイルドなシミズも、そこそこサザエさんなんではないか?

そう思うわけです。

これから、私自身をふくめ、ついうっかり、いろんな失敗をしつつも、ケロッとしている人を、広島のサザエさんと呼び、サザエさん連合のメンバーに加えさせて頂こうと思います。

今日のサザエさん。
職場のニシキが太らなくて細いのは、やっぱりあれだけ動くからなんでしょうねーと、ムツラが言うので、

いいなー。と、つぶやいた私。

フクハラさんも、そこそこよく動きますよね。
と、いうシミズ

なんでかなー。

あ、ニシキさんは代謝がいいんですよ、きっと。

と、ムツラ。

動いても痩せない私にフォローをしてくれる二人。

でも、ちょっと待てよ。

今朝、10時前に、お腹が減ってセミナー中にグーと鳴ってはいけん、と思い、タリーズで、モーニングセットを。

そして、セミナーが終わり午後の仕事のために、再びタリーズで、今度はパスタセットを。

かたや、午後から合流したニシキは昼抜き。

こりゃ?、痩せないんじゃなくて、しっかり食べ過ぎじゃん!

ってことでした。
食べてる場合ではありません。
太らないくらいバリバリと仕事して、少しは痩せたいものです。


2015年01月08日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

あの人の名は・・・

一昨日、シミズと私は、某セミナーを 受講しに、中区袋町の会場に移動した。

シミズの車に乗せてもらい、道中何げない会話に。

車中でながれていたのは、サザンオールスターズの曲。

 

サザンといえば、5年ぶりに復活で話題だけれども、サザンの原由子は

全然昔と変わらない、むしろきれいになっている気がするねー!などという話になりました。

 

声もぜんぜん変わらないですよねー。

この前、行ったサザンのコンサートでもみんな楽しそうにしてましたよと教えてくれた。

 

そうそう、最近、あの人、えーっとなんだっけ?とシミズ。

 

あの人の歌を聴いたら、声量がさすがに昔の様な張りがなくて残念だったですけど

えーっと。。。

 

悲しみが止まらない、とか、キャッツアイとか歌ってた・・・

 

シミズも私も、顔や歌声が目に浮かんでいるものの、シンガー名が出てこない。

 

うーん、えっと・・と苦しんで、

 

あ!杏里だ!

とシミズが思い出した。

 

ほ。。

 

声量が変わらないといえば、あの人は?あの人も、昔と全然変わらないよねー。

と私。

えっと。不思議なピーチパイを歌ってた・・・

 

出た出た、まただ。あの人はダレ?

 

わかります、わかります。山下達郎の奥さん・・・

えーっと、なんていうんだっけ・・・とシミズ。(シミズも負けずに出てきません)

 

わかります。続けて下さい。とシミズに言われて、名前が出ないまま、

同じ人の話題を話し続けるという・・・。

最終的には

「大丈夫!こういうのって、10分後にふっと思い出すもんよ!」と開き直りました。

 

シミズは、そのまま運転中も、駐車場に入れる間も、会場について

受付を済ませる間も、席に着いた後も、

「さ行じゃないかと思うんですよね・・・さ・し・す・せ・・・・そ・・・・」

と、思い出す努力を続けていました。

 

drive_shimizu.jpg

 

いよいよ、セミナーが始まります!というその時、

シミズは私の肩をとんとんと突き、資料の片隅に

かかれた文字を、指差して教えてくれた。

 

 

 

     竹内まりや

 

 

スッキリした気持ちで、セミナーを受講できたのは想像していただけるでしょうか。

 

 

2013年08月30日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

猛暑につき、ドレスコード問題 浮上

昨日は、本当に本当に暑い一日でした。

今月は、私の目の前の席は、シンタくです。

いよいよ、昨日、暑さに負けて、ジャケットを脱ぎ

タンクトップ姿になってしまいました。

 

私が「明日、宇品神田2丁目に行って、ぎょうざやさんに食べに行かないといけない・・・

行けるかな、持ち帰りしようか、でも食べるだけじゃあねぇ・・・」と話していたら

 

「ただ、食べてるだけじゃダメ出し食らいますよ!」と、おいしいもんやグルメ研究ネタを

執筆してよくダメ出しもらうシンタク先輩の言葉。

 

「そのまえに、なに?それ!

水着じゃん!」

 

と、社長に怒られるも、「水着じゃないですよ。タンクトップです。」

とお返事。

 

世の職場で、タンクトップOKなのは

どこまでなんだろう。

 

暑がりシミズも、さすがにジャッジに困る瞬間のようでした。

私は、ダメだ。

タンクトップ姿になると、もはや、ぞうさんがパソコンをたたいている風情になります。

出せるだけ、いいわ、と、うらやましかったりする。

 

shina_natsu.jpg

2013年08月09日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

もしも、テレビ番組に出演することになったら・・・

先日、ひろしまジン大学の学長 平尾順平さんが、広島の情報番組「イマナマ」に

コメンテーターとして出演されている様子を、ちらっと見聞きした。

 

「ほー!」

私は、感心するばかりです。

 

平尾さんって、二枚目なのに性格は三枚目で、とても好青年。

たくさんの人に好かれやすいタイプなんだろうなぁ、あんなにひろしまジン大学の人の輪も広がっている

んだろうなぁと思っていました。

 

テレビに映っている姿も、やっぱり二枚目!

好青年です。

アロマ王子の宮部哲大(てつお)さんも、広島の満点ママや山口の情報番組に出演され

業界でも売れっ子と思われます。

 

今、30代のイケメンはとっても注目されています!

テレビに大変露出されていると思います。

 

いいなーー! 見てみてー! と隣の席のシミズに

平尾さんの写真を見せたりしていたら、急に

「fukuハラさんもテレビに出れますよ。」とふつーの顔をして、パソコンから目を離さずに言い出ました。

「足、きれいだし」

って、足だけテレビにでるっったら、足タレくらいしか用事はないのでは?

 

「そうよ、fukuちゃんも出たらいいのに。昔、パパタイムにも出たよね。」

と、相当昔の話を持ち出してきたさとう社長。

 

そういえば、10年くらい前、女性の会社ハーストーリィの社員代表として

  某番組の特集でなぜだか出演者として選ばれて

1回だけのコメンテーター3人の中の一人として

テレビに出たことがあったのです!

おお、その時の衣装は、ブティックで借りた服を着てたっけ。

 

「でもね、スタイリストはつけんといけんよ。

前足をださない服を着てね。

前足って、上手に言ったよね。

もともと自分がいいだしたんよ。

fukuちゃん、二の腕が太いねっていったら、『これ、前足なんですよ』ってね。

うふふ。よく言ったよね。

 

でも、fukuyちゃんは、滑舌が悪いから何を言ってるからわからないから、だめよねー。」

 

と、ぐさぐさと刺さることを言い切って、そのあと、

「あ、いけない。いけない。いいすぎちゃった。お口チャック。」

と、タオルハンカチで口元を抑えて

ちらっとこちらを見る社長。

 

私は、血だらけです。  

okuchi.jpg

2013年06月24日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

季節がら体調不良疑惑?

季節の変わり目には、体調を崩すものが多いものです。

今週末は走るオンナ倶楽部の「走るオンナ100人女子会」が開催を目の前に

一番楽しみに仕事していたシンタクが体調不良でお休み。

体調のことだから、仕方がないのですが、緊急事態に、バタバタしています。

 

ヤスナガも、昨日は珍しく体調不良でお休み。

今日は元気に、出社してきましたが、梅雨入りの中、

お腹を出して寝ていたんでしょうか?

お腹がいたかったそうです。(笑)

 

やっぱり健康管理が一番ですよね!

と、こういう時こそ、がぜん張り切ってアピールするのが、

オネーマンズです。

シミズと、私は、ほとんど体調を崩しません。

めったに風邪などで休んだりしません。

自分が体調を崩すと、家庭が崩壊しちゃうので、一番リスクが高いと

身体が覚えているからでしょうね。

 

ところが、今日、静かに仕事をしていたら、私の背中に位置するキャビネットで

探し物をしているヨシダが、ぽそっと、私に背中越しに語りかけてきました。

 

「fukuハラさん・・・。

今日、もしかして、体調悪いんですか・・・?」

 

taityou.jpg

 

驚きです!

こんなに元気な私が、もしかして体調が悪い?と思われるということは・・・?

 

どういう意味かと想像すると

今日は集中してメルマガ執筆したりの作業があるため

いつもより静かに仕事していただけであって、

普段はもっと仕事をしながらでも、元気はつらつ?ということでしょうか?

 

「ヨシダさん、それって、いつもはもっと元気だということ?」

と、表も裏もない質問をしてみましたが、

「はい、そーです」というヨシダも、表も裏もなかったようです。

 

やだな、みんなが体調悪いと、私までも、静かに集中して仕事してたら

体調が悪いと疑われちゃうじゃないですか。 

うかうか、真面目に仕事もできない??なんちゃって。

 

 

2013年06月20日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

お誕生日でございました。

今日は、朝まですっかり忘れていたのですが、今日は私のお誕生日でした。

お誕生日ということを思い出したのは、フェイスブックで知ったハウスのヤマさんから、早朝に私にメッセージを送ってくれたのを見たからです。

フェイスブックってありがたいです。本人も驚き。

「え?そうか私?お誕生日!?」という・・。

 

毎日行っている朝礼でも、ヨシダが最後に「今日はfukuハラさんのお誕生日ですよね!おめでとうございます!」とお知らせしてくれました。

 

おめでとうございます!ぱちぱちぱち!という拍手と共に

同世代のオネーマンズシミズから

「きびしい年代に突入しましたね。へへへ!」とコメントを。

 

そうです!

 

わたしは、今日はお誕生日ですが、何歳になったかは、まだ思い出せないのです。

これは、私の同級生の友達が、同じことを口々に言ってます。

はて、自分は何歳だったけ?

たぶん、シミズと同じ年になったんだと思いますが、ちがうかい?

(ボケとんと違いますよっ ((+_+)) )

 

午後、ハウスにて通りかかった私を見て、ヤマさんがニコニコ笑顔で、私に

「ジュンコちゃん、ジェラード食べますか?今日お誕生日だから」と声をかけてくれました。

ヤマさんだけが、私のことを、ジュンコちゃんとよんでくれます♪

いいでしょう?ますます何歳になったかわからなくなるでしょう?

 

ヤマさんが、ささっと作ってくれたおめでとうジェラードプレートです。

 

omedeto1.JPG

 

おお!バニラと苺のコラボレーションやーーー!

 

omedeto2.JPG

 

とか言いながら、食べる前に、写真撮っておこ。フク笑いのネタにしよ。

そう思っていたら、

隣りの席のシミズが、やっぱりやってた。

写真を撮って、ツィッターにつぶやいてました。

 

@hsp_hiroshima

○○回目のHappyBirthday☆fukuハラさん!(^^)! http://twitpic.com/cxnf3w 」

 

盗撮された写真は、いけんよ!

撮るなら、リップぐらい塗っておくんだったのに、シミズは断りをいれないし。

むしろ、私の後ろに見える、シンタクの顔がおもしろいですねー。

あれ?ヨシダもなーんか笑ってますねー。

 

 

 

年齢を重ねるたびに、フク笑い執筆の様なおもしろいことを年相応にできるようになり

ありがたく思います。

今年1年も、フク笑いを継続していけるよう、がんばりますので

どうぞ、よろしくお願いいたします。

 

 

  

 

2013年06月17日
フクネタ愉快な編集部員ネタコメント(0)

電話を前のめりで、受ける。

電話応対は、とても大事。

声しか聞こえないと思われますが、電話の相手先には、こちらの様子が

目に浮かぶように伝わるものです。

 

私の机の前にある、電話は、これ癖のためなんだと思いますが、 受話器と本体をつなぐ、ぐるぐるコードが、異様にぐるぐるになります。

そして、ぐるぐるがほどけないので、たまに、電話をとっている最中に コードが伸びず、とんでもない前傾姿勢で電話をとることになります。

 

そのたび、隣の席のシイズから、「fukuハラさん、またコードがぐるぐるになってますよ」と、 注意を受けます。

電話をとって、耳につけて、また受話器を戻す時に、くるっと回転させて置いてしまうらしい・・・。

 

癖を直して、まっすぐなコードで、余裕の姿勢で、電話応対したいものです。

短いコードの関係で、前のめりで電話応対する様子を、4コマ漫画にしてみました。

ご覧ください。

 

tel1.jpg

 

 

tel2.jpg

 

 

 

tel3.jpg

 

tel4.jpg

 

必死です。この状態でお話しするの。

 

 

2013年06月11日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

モンスターと仲間たちの提言に振り回される日々

今日、くらしマルシェの新商品、ハンバーガーを嬉しそうに持ってきて

お昼ごはんにして食べ始めたニシキさん。

私の目の前の席が空いていたので、ちょっとここいいですか?といって

ニコニコ食べ始めた。

 

そして、何を思ったのか、どうですか?fukuハラさん。

結局どこのブランドの服にするんですか?ヒステリックグラマー?

みたいなことを話しかけた。

(あら、フク笑いを読んでくれたみたいね!)

 

いやー。ブランド?って。

ブランドをよく知らないからねー。

と、答えていたらニシキったらムツラよりもすごい爆弾発言を。

 

「いいんですよ。

fukuハラさんは、fukuハラさんのままでいい。

いいですよ。(笑)」

 

0607nishiki.jpg

 

って、ジョンカビラか?みたいな、いーんです発言です。

これは、もう、完全な他人事状態! ムツラ<ニシキ

 

 

そこへ、ファッションモンスターご本人が席に戻られ、

ニシキが言わんでもいいのに、「fukuハラさんのファッションが・・・」と話を振りつけた。

 

振付けられたモンスターは

「そうよ!fukuちゃん。ヒステリックグラマーにした?

あんたは、ちょっと顔がめだつ服がいいから、黒なんかどう?黒来てみんちゃい。」

 

かわいいのがいいんなら、ピンクハウスはどう?

ハッカは、いいんじゃないんですか?

ナイスクラップとか。

いろんな懐かしいブランド名を、周りもあげてきます。

 

リネンの感じじゃないですよね、私?

と、今まで疑問に思っていたナチュラル系は自分にどう?という疑問をぶつけてみたら

 

fukuちゃんは、kaga エプロン に行ったとき、なんか、fukuちゃんはちがうなーて思ったんよね。

とモンスター社長。

確かに以前、一緒に連れて行ってもらったことがあり、リネンパンツを買ったものの

ほとんど着ておりません。

 

 

シミズがやり取りを聞いて

「社長はね、fukuハラさんのファッション改造計画は、優先順位高いって。

そして、かわいい服を着たらいいって」

と。

0607shimizu.jpg

すかさず、社長

「当たりまえよ!見た目は大事!ビジュアルは大事よ! 目がくるくるしてかわいい顔してるのに

もったいない。顔がめだつ服を着たらいいのに。今日のは参観日の服としてはまぁいいけど。」と。

 

私、かわいいなんて言われたこと、今までの人生で、「いま」しかありませんけど!

 

社長は、そして3回目のお叱りの言葉を発した。

「フク笑いの私の言葉、もう少し標準語にしてくれないかな?あたし、いつもあんな広島弁で

しゃべってる?」

 

0607sato.jpg

 

何度もすみません。確かにちょっとデフォルメして表現しています。

ごめんなさい。

 

そして、最後に・・。

あ、そうだ、fukuハラさん、これ。

とヨシダ。

 

この前話していた、私が着なくなった服でfukuハラさんに似合いそうなの、もってきました。

着てたの見たことありません?

緑の半そでの夏のカーディガンです。

 

0607yoshida.jpg

 

って、後輩に服もらったよー!!!(ToT)

私が男性だったら、こんなヨシダに、きっと「惚れてまうやんか!」と言ってることでしょう。

かわいい後輩でしょ?

 

私をとりまく人たちの、人柄を、今日は相当な長文で書きました。

 

金曜日だから、あぁ、よしとしてください!

 

(絵を描いている横を社長が通るたびに、なんだか、やばいことをしている気持ちに

なるのは、いけないコトをしているからでしょうか?)

 

 

 

 

2013年06月07日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

ファッションについて相談をする

ファッションモンスターのお話は、浜口さんやら、田中さんの出現で

途中流れが変わってしましましたが、

実はまだ続きがありました。

 

モンスターの攻撃に対して、いったいどのように反撃すべきか?

というか、私のファッションの方向性について

迷ってしまいまして、プラスなプレス編集部のみんなに、相談をしてみることにしました。

たまたま、席にいた

ヤスナガ、ヨシダが、私の悩み、いったいどこで服を買ったらいいのだろうかという

ちっぽけな相談ごとについて、聞き入ってくれた。

 

ヤスナガの場合

「私はある時期、気に入ったお店を決めて、その店員さんにお任せしてもらっていたことが

ありますよ。ある意味、楽でした。テイストもそろうし。」

という経験談を。

 

ヨシダの場合

「fukuハラさんは、そうですねー。ワールド系列がいいんじゃないんですか?

それとか、たとえば、『オペーク』とか。

福屋別館にあるお店です。」

と、具体的店名もあげてくれた。

 

ともに、そーですねー。うーん。

と確かにファッションに関心の高い世代?趣味?

しょぼい私の相談に、しばし時間をさいて、考えてくれた。

 

そこへ、お昼ご飯を買いにいって戻ってきたムツラに

ヨシダが、私の相談事を、ふった。

 

「ムツラさん、fukuハラさん、どこで服を買ったらいいと思う?」

 

「え?どこの服か、ですかー?

そもそもどういう路線を目指してるんですかー?」

 

突然質問をされたムツラは、人のお洋服選びより、目の前のお昼ごはんを片付けるほうが

先決のようだった。

 

「うーん、そういえば、ミゾさんは、ヒステリックグラマーを着てましたよねー。」

と、昔の同僚の好みをあげて、例にだした。

 

「ヒステリックグラマー!?」 意外な提案に驚くヨシダ、ヤスナガ。

 

「できるオンナ風を目指すんだったら、どうせならハリウッドセレブ的な、セクシー路線で

いくのは、どうですかねー。へへへ。」

 

と、笑って、アドバイスは、あら、終了?

 

私が、ヒステリックグラマーの服選びをしている姿は、どうも

浮かんでこないだけども、まぁ、いいか。

 

sankou1.jpg

 

ああ見えて、3分くらいは、私の相談事について

考えてくれていたに、違いない。ムツラも。

 

sankou2.jpg

 

 

2013年06月05日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

6月から親と子の応援セミナーをどんどんやってきます そこで・・・・

 ハーストーリィプラスでは、子育て支援活動として

おやとことプロジェクトを発足。

これまでと同様、子育て、親子の関係にかかわるセミナーや企画を

行っていくことになりました。

 

6月11日(火)さっそくですが、最近のスマートフォン普及の波に乗って

「子どもを守る♪ ママのためのセキュリティセミナー」を開催します。

告知が遅かったのでご存じない方も多く、

せっかくためになる内容なので、少しでも多くの方に知ってもらいたい。

ハウスとマルシェのお便りにも、ブログにも、フェイスブックにも掲載してみました。

他にできることはないかしら・・・。

関心のありそうな方には、声をかけて・・

中国新聞のイベント掲載にも依頼したり

いくちゃんサービスイベント情報にも掲載依頼をした。

 

他には・・・

 

そこで、思いついたのは、

CMです!

 

しかも4コマ漫画CM。

このフク笑いに、CMを掲載してはいかがでしょう?(これなら、無料だ)

 

ためしに作ってみました。

とあるF家をモデルにしました。

 

cm1.jpg  

 

cm2.jpg

 

 cm3.jpg

 

 

cm4.jpg

詳しくは、こちら!  http://ameblo.jp/herstoryhouse/entry-11541685177.html

 

 

とにかく!

ただ今、参加者募集中です。笑

 

 

 

 

 

2013年06月04日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

ファッションモンスターの子分が、またしても!?

連続で、モンスターのことを勝手に連載しているので

飽きた方もいらっしゃるとは思いますが、すみません。

 

ファッションモンスターの子分、リシュラ浜口社長が、

からんできたお話を昨日フク笑いに書いていまして

個人的フェイスブックにて、ちらっとご紹介をしておきました。

すると、数少ない私の友達の中に、リシュラの田中さんという方がおられ、

田中本部長か何かだそうですが、よくわかりませんけれども

その方が、コメントをしてきました。

 

スタイリストに投資して、ファッションを変えろという提案について、

田中さんは、

福ちゃん 私もおススメしま?ーす(p_-) 40代にやるべきだと思う!!

 

からんできた、きた!もう一匹!

この田中さんも、ファッションモンスターの一味だったとは。

 

「いやいやいや!ここにも、モンスター子分2号が出てきましたな〜!そういう田中さんは、依頼するんすか?!o(`ω´ )o」と

振ってみました。

 

すると

私は大丈夫!!いつも周りの人の幸せを願ってるから(ー_ー)!!」

 

何をおっしゃる田中さん。モンスターの話では、『リシュラの田中も、やってみようかと浜口に

話しよったよ。』とのことですよ!

話が違うじゃないすか?

 

「いやいやいやー!私も同じくですので、田中さん、どうぞ、どうぞ!(=´∀`)人(´∀`=)」

と、ダチョウ倶楽部のように、どうぞどうぞと言ってみた。

 

すると・・・・モンスターの子分は、新しい商売のヒントを得て、こんなコメントを!!

 

 

「いいこと考えた!!私が半額でやってあげる? どう?」

 

でたでたでた!

 

ここまで来ると、私の中では、最初から、スタイリストなんていなくて

リシュラの田中さんが値ごろ感満載にして、スタイリングの仕事を生み出そうと

浜口社長とつるんだ策ではないか?と妄想までしましたよ!

 

 

こんなことを、今朝、毎週金曜日に、ハウスの野菜のスィーツを作ってくださる

山崎しづかさんと、雑談話していましたら、

「案外、一般の人でも、服に悩む人多いから、ニーズはあるかもしれませんねー。」

というところに、着地しました!

 

悔しいけど、良心的なプライスで、親切かつ、素敵なファッション提案をしてくれる

人がいたら、一般ピーポーの間で、引っ張りだこだと思われます。

 

tanakaR.jpg

 

【補足】

リシュラ田中さんは、ファッションモンスターと同じデザイナー学校をご卒業され

先輩と後輩の間柄。

ゆえに、同じようにファッションには強い関心をお持ちの方です。

 

 

2013年05月31日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

ファッションモンスターに、子分がいた!

 プラスなプレス編集部のみんなに、私のファッションをどうするか

今後どこで服を買ったらいいのか相談をしていた話を書くつもりでいたら、

それより先に報告をしないといけないことがありました。

 

ファッションモンスターに子分がいたとです!

 

隣りの部屋で、社長とリシュラの浜口社長が、打ち合わせで長いこと話をされた後

帰りがけのところで、たまたま私と出会いました。

 

私が、壁にかかった鏡をみて、髪のボリュームを抑えたりしている隙をみた社長。

「fukuちゃん、何しよるん?」

「あ、髪が膨れてるの、直してました」

「あんたねー。あ、浜さん!あれ、8万だったっけ?大変身させてくれるスタイリストの人?」

モンスターは、浜口社長に声をかけた。

 

「え?そうです。」浜口社長。

 

「8万って、1回がですか?」私。

 

「そうそう。同行して買い物する時間も入ったら、もっと高くなるらしいけど。その人に

似合う服を選んで提案するのが1回8万」

 

「え!だったら、洋服代も含めたら、1回30万仕事ですかね?」

 

「30万も買うかね?でも、あんた、40年このファッションなんじゃけ、安いもんよ。」

モンスターが、また、ささやく。

 

「そうよー。この後、ずーっと驚くほどセンスが良くなって、人生残り20年変わってご覧!?

安いもんよー!」

と、モンスターの子分が叫ぶ。

 

「だって、リシュラのハヤシ店長が、そのスタイリストさんに見てもらったお客様が

すっごくきれいになって、驚いて後ろにひいたくらいなんよ!」

と、子分はさらに大げさに表現する。

 

「じゃ、浜口社長は、そのスタイリストさんに依頼するんですか?」

と、子分にストレートに聞いてみる。

 

「あたし? あたしは、どうしよーかなーって思ってる・・・。

あ、そうだ!だったら、fukuちゃんが試してみて、びっくりするほど変わったら

私も、依頼してみる、がんばって!」

 

「そうよ、あんた、目が大きいし、ああ見えて、かわいいんじゃし。」

「そうよ、スタイルもいいし。」

 

いよいよ、モンスターと、その子分は、新手の「褒め道」という手を使って

ココロをゆさぶり始めた。

 

「ありがとうございます!」と、笑ってお礼は言っておいたが、

ぜったいに、あのモンスター師弟のいうことは、聞かないでおこうと思う。

 

フク笑いのネタにしかしない。

 

 

deshi.jpg

 

2013年05月30日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

ファッションモンスターのささやき

昨日に続き、ファッションモンスターのお話です。

 

今月は隣の席だったのですが

今日、横に座るなり、おもしろそうな顔をして、ファッションモンスターが

ささやき始めました。

 

「fukuちゃん。スタイリストつけんちゃい。

がらっと変わりたいんなら、スタイリストがいいよ。

月8万だったか、いくらか予算くんで、その人に選んでもらったらいいよ。

いい人がいるんだって。」

 

えええ??

 

がらっと変わりたいというのは、私ではなくて、どっちかというとモンスターの希望では?

 

「いや、いいですよ!

8万っていったら、私、自分で服買いますよー。

それか、社長に選んでもらいますよー!

友達でもいい!」

 

モンスターは続けて言う。

「いや、あたしじゃ、ダメよ。あたしの趣味とは違うでしょ。

自分で選ぶとだめなんよ。

fukuちゃんのことをよく知っている人じゃだめなんよ。知らない人が、選ばんと」

 

そして、

じーっと私の今日の服をみて、

 

「どこで服かうん?」

 

とストレートに聞かれます。

悪気はなくて、おしゃれ好き、洋服好きだから、

ワクワクするんでしょうね、こういうこと。

 

 

どうにかしてください。モンスター。

 

fusshionM1.jpg

 

 

困った私は、プラスなプレス編集部内で、相談します。

続きがあるんだ、このお話は。

それは、後日また・・・。

 

 

2013年05月29日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

うちのファッションモンスター

私ごと、先日髪を切りました。

いつもは、ちょっと整えるだけにして、しばらく秋冬は長めのヘアスタイルをキープしていたのですが

それが、社長にはお気に召さなかったようです。

美容院に行くたびに、翌日、じーっと私のスタイルを見て

「・・・。どうしてかねー。もっと変えてもらいんさいや。」

と、必ずダメ出しでした。

「●●さんに、変えるように言っといたけね。」

と、担当の美容師さんにもダメ出しをしてくれるほど、気にかけてくださっています。

「●●さんに、fukuちゃんが寝ている好きに、ばさーっと切ったら?って言っといた。」

などとも、言われます。

 

先日は、初夏だし、久しぶりに短くしたので

変化が多少わかりやすかったのでしょう。

「ふんふん。まぁまぁじゃね。後はファッションじゃね。」と

少しご満足そう。

 

ヘアスタイルと共に、私の普段の服のセンスをがらっと変えたい。と思われている社長なのですが

その変えたいという路線がわかりません。

 

ちなみに、昨日の社長の服は、黒の麻のワンピースシャツにパンツスタイルだったか

そのワンピの袖が、気球みたいに膨れていて、

まさにアーティストならではのスタイルでした。

 

社長みたいな服を着たらいいんすか?と聞いたら

「これは、活版印刷の写植の人みたいな袖ですねー。」とシミズが補足をしていましたが

これくらいして、なんぼのもんだと社長のスタイルから学びました。

 

勇気がいるなぁ、ファッションセンスって。

 

sode.jpg

2013年05月28日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

運び屋ジョニーの悲劇

保育園のお迎えがあって、6時には会社を出ないといけない。(ヨシダ)

夕ご飯を何としてでも7時半までには作って食べさせないといけない。(わたし)

 

このような家庭事情がある私たちは、

時に家に仕事を持ち帰ってやっつけてしまいたいと思います。

ノートパソコンを、持ち帰ったり

資料を一緒に持参したり

時々だけども、このような荷物を持って帰ったりすることがあります。

(セキュリティ的には推奨できませんので、あくまでも最終手段です)

 

ところが

結局、家のことをやっていると

仕事をする時間もなくて、とうとう、昨日持ち帰った荷物を

翌朝、そのまま、また会社に持参して出社することがあります。

鞄から出すことさえないまま・・・ということも!

 

こんなむなしい、荷物のお運びを、

「運び屋ジョニー」という名前をつけて、私の個人的なFBの自虐ネタで話題にしていました。

 

それを読んでいたヨシダが・・。

 

「すみません。今日、家にパソコンを忘れて出社していましたので

今からちょっと取りに帰ってきます・・・。

運び屋ジョニーしてしまってたんですけど

忘れるなら、ジョニーしなければよかった・・・。」

 

そして悲しそうに、自宅へと戻っていきました。

 

運び屋ジョニーだけでも、朝むなしい気持ちがするのに

さらに、荷物を忘れて会社に来てしまったとは!

 

ジョニー×2回!!

 

これは、とてもかわいそうなお話。

涙なくして、きけないお話。

 

がんばれ!

 

  johnny.jpg

 

2013年05月27日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

ついに・・・・。その告白は、ツィッターでこっそりと。

今日も暑く、午後はうだっています。

さて、そんな中で、仕事がやってられますか!?

ということで、ついにオフィスの部屋にある、小さなエアコンのスイッチが

本日入れられました!

 

おや?

ちょっと涼しいな?と思って過ごしていたら

プラスなプレスのトップページの右横にある

一日いち広島というツィッターに、

告白が。

eakon.jpg

 

 

とうとう、エアコン入れてしまいました。

 

我慢大会に、早くも脱落しましたー。

 

全国の皆様、がんばっておられますか?

うちは、負けました。

(笑)

 

 

2013年05月24日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

今、必ず、みんながするリアクションは、なんでしょう?

今日も暑い一日でございました。

午後になると、本当に暑い私たちのオフィスですが

まだ5月なので常識的に考えても、エアコンのスイッチを誰も入れることができず

我慢大会続行中です。

 

おおむね全国の中小企業様オフィス、また一般家庭でのお部屋事情も

同様に我慢大会中と思います。

 

全国の皆様、もうしばらくエアコンをつけずに、我慢大会で参りましょう!

 

という状況で、私は今日、あることを発見しました。

外から、このオフィスの部屋に戻ってきた人は

必ず、同じリアクションで、入室するのです。

 

お利口な方は、もうすぐに、お分かりと思いますが、その現象は、

いったいなんでしょう?

 

朝一番から。

 

heyairi1.jpg

 

ムツラ、チャリ通のため、出社直後の入室にて↑

 

 

heyairi2.jpg

お昼休みに、買い物に行った後など、あつーございます。ヨシダ。

 

 

heyairi3.jpg

スモーカーのヤスナガは、午後の公園の一服に、なんと、うちわ持参で出かけたことが

今日判明。これからの季節は、扇子がいるんだそうです。

 

そして、外出先から戻った社長。

heyairi4.jpg

黒い幽霊かと思ったら、社長でした。

 

そして、同じリアクションというのは

 

部屋に入ったら、必ず 「あつー」

と言う

が正解でした!!

 

みんな、わかったかなー?(^O^)

 

 

 

2013年05月23日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

まだ5月なのに、暑いですねー

暑がりのシミズに限らず、ただいまプラスなプレス編集部、全員が暑い!っと

叫んでいます。

シミズの場合は、肩だしが、秒読みだと思います。

今日は、まだ肩は布で覆われていましたが。

 

昨日は、暑さでぐったりしたシンタクが、

「っもー、頭の半分が、あつい という言葉で占められていますよ・・。」とつぶやいていた。

 

また、今日は、ヨシダが、

「こう暑いと、あれですねー。視覚的効果を狙って

壁紙を涼しい色にかえちゃうとか!(笑)」

と、ポジティブ?シンキングをしていました。

 

西日があたって午後から、暑さマックスの中、

シンタクの頭半分あついが占める状況を、妄想して

イラストを描いてみました。

 

atsui5.jpg

 

 

私も暑くて、仕事が進まないす。

 

 

 

2013年05月22日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

5月というのに、暑くなりました!反省も込めたフク笑い

ハーストーリィプラスの社屋は、暑いです!

3階建の3階のオフィスは、すでに夏です。

 

毎年のことですが、元倉庫のこの社屋は、3階の天井であびる熱はもろに伝わりますし

オフィス側の部屋が西側ということもあって、暑い。

暑がりのシミズは、もう昨日から、「脱ぎたい。タンクトップ解禁にしたい」と

真夏のカーニバル風スタイルでないと、もはや仕事ができない状況になっています。

かわいそうに、毎年のことながら。

 

暑いから、ランチタイムになると、冷やしうどんが食べたい、そうめんが食べたい!と

ムツラやシンタクが言いますし

ヤスナガなんて、裸足になって、水に足をつけて仕事したい!と

言い始めました。

 

ashimizu.jpg

 

 

ほんとにしたら、どんな会社なん?ということなので、

「今したいこと」というくくりで勝手に言わせてあげましょう。

 

アイスが食べたい、

ビールが飲みたい、

ワインが飲みたい!

(昨日、シンタクは結婚祝いにクライアント様よりお祝いのワインを届けていただきました。

それを見て、ワインのみたい!という人)

 

言うなら、ただだよ。まだエアコンはつけないから、がんばれ!

 

 

話は変わりますが、昨日の社内会議で、プラスなプレスの更新について

もっと真剣に、もっと考えよう!という議題提起がありました。

 

「今日の美味しいもん」か、更新を忘れたり、ネタがなくて、なんでもいいからあげるっていう

風な人がいるけど、

自分がほんとにおいしいものを、紹介しよう、そのためのコンテンツ。

たくさんの人が見ているよ!」

とお叱りのご意見。

 

「いやいや、それでも実際ネタが尽きてきてあげるのが大変なんだと思います」という正直な

意見。

 

「fukuちゃんの手作りケーキは、どうしたらいいかいね!あれ、ずるいよね」と

私の「fuku_cafe おうちで作ろう!」シリーズに物議を醸すお人。

(本人が楽しんでいるから、コンセプトに揺らぎはないと思うだけど、だめらしい。)

 

結局、社長が

「これは仕事なんだから、取組方を考えようよ!」という一本筋が通ったご意見で

スタッフに指導された。

 

私は、フク笑いを、このところずっと更新が続けられなかったので、

深く反省しました。

誰も見ていないと思っていたけども、ご覧になっている方がいらっしゃるんだ・・・・。

ならば、描かねば。

 

ということで、今日の様な、ヤスナガの足水イラストを描いてアップしている次第です。

 

 

でも、こんな絵を描いて、文章を作成、更新する時間(約30分から)

なーんか心苦しくて、これ、仕事とみなしてよいの?

と、微妙ですが、いいことにしよう!

 

(^O^)

 

 

 

2013年05月15日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

菓子博に行かねばならぬ・・・

菓子博終了のカウントダウンが始まりました!

5月12日まで。今日が金曜日、明日からの土日で最後です。

 

菓子博が始まって、いろんな方がフェイスブックやブログでその様子を

紹介されたり、また実際に言ってこられた方のお話を聞くことができます。

 

まず、人の多さ!

撮影禁止エリア!

1時間以上まって入場、または購入するスポット!

 

聞けば聞くほど、相当な込み合いに、驚くばかりです。

 

プラスなプラス編集部では、菓子博の予約チケット先行申し込みの時、

これを取材対象として、全員で参加しよう!

と、相当早い時期から前売り券を購入していました。

みんなで一緒に行こうかぁ?なんて、遠足気分で盛り上がっていました。

チケットは経費で購入です。

 

ところが、状況は、一転。

菓子博開始と同時期に、三越8階のイベントもスタートし、みんながまとまって

一緒に並んで見学できる悠長な時間はなくなっていました。

 

シミズ、ヨシダ、社長は、第1弾で。

ムツラ、ヤスナガ、シンタクは、後発で、人ごみの中を

かきわけかきわけ、菓子博体験していました。

 

さて、残る、まだ行ってない人間は、私一人!

 

最終の土日は、絶対に嫌だ。絶対に人が多いに違いない。

 

そして、今日、朝からの雨模様。平日金曜日の午後。

 

これは、菓子博うってつけの天候ではありませんか?

 

仕事はやることいっぱいですが、

この雨の中、菓子博に行かずして、いつ行くのでしょう!?

 

いつ行くの?今でしょう? (←2013年度流行語大賞決定でしょうね)

 

さっさと、仕事を切り上げ、菓子博に行こうと思います。

 

(経費ですけん)

 

 

 

2013年05月10日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

シンタクの似顔絵は、熟達しました!

先日、4月22日に、私たちの会社の若手社員

シンタクが、無事、結婚いたしました!

 

無事というのは、以前、社内の飲み会にて、

結婚予定の発表をしたシンタクに対して、酔っ払った私もシンタクも

ともに、私のフェイスブックでそのことを実況中継報告してしまい、

後で冷静になると、大事やらかしたわけでして、

このことで、もしも何かあったらと、私はずーっと気になっていたのでした。

その時は、ごめんよーシンタク。

よかったー!無事式ができましたよーぃ!?(^o^)/

 

式の日に着付けやメイクをしてくださる方が、偶然にもヨシダの知り合いだったので

ヨシダから、何かサプライズをしたいということで

「みんなの寄せ書きを、着付け室に置きましょう! 似顔絵、真ん中にfukuハラさん描いて・・・。」

と提案してくれました。

 

いいよー!

って、気軽に依頼をうけたものの、

はて新婦はどう描いたらいいのかな?

 

「いつものシンタクさんでいいですよー。」とニコニコヨシダがいうので、

言うとおり、いつものシンタクを描いてみました。

それが、これ。

 

shintawed.jpg

 

 

シンタクのことを、ご存知の方は、このイラストが、そっくりなことが、お分かりではないでしょうか?

 

私が言うのもなんですが、

目と口しか描いてなくても、シンタクだとわかるくらい、

私の手は、もうシンタク似顔絵をマスターしてしまいました。

 

自分でちょっぴり恥ずかしいくらいです。

 

本物は、角隠しは着つけず、ボブのかつらで、大イメチェンしたそうですよ!

 

 

 

 

 

 

 

 

2013年04月26日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

名残桜のお花見ランチ会をしました

くらしにプラスなプロジェクトメンバー企画、第4回は、お花見!

4月10日(水)の11時から、近くの公園で。

早々から日程は決まっていましたが今年は桜の開花が早く、葉桜?と思っていましたが

なんとか桜は花びらを保ち・・

 

P1011926.JPG

 

メンバーは、TさんとSさん。そしてプラスなプレス編集部とマルシェのニシキさんwith小学1年生はるちゃん。

出張のシミズは残念でした。

hanami1.JPG

 

お花見と言えば、お弁当!

今回は、くらしマルシェ/365から、1000円お弁当をオーダーしました。

P1011922.JPG

 

何が、うれしかったかと言ったら、メンバーのTさん、Sさんの差し入れです!

Tさんは、多趣味な方なんですが、ホームベーカリーで長時間発酵した

ふわふわライ麦パンを。

そしてネットで購入したパン用のスライサーが登場!

目の前でカットしてくれました!

P1011917.JPG

 

これこれ!

P1011919.JPG

カッティングボードも持参されていて、パンを4分の1にさらにカット。

そして、クリームチーズも持参され、どうぞー!と。

アウトドアーの達人です。(^O^)

P1011920.JPG

Sさんからも、ビンに入った手づくりの調理みそ。ニンニク、はちみつ、みそ、などをブレンドされた

ペーストです。これもパンにつけていただきました!

なんておいしい♪

P1011929.JPG

 

さらに、さらに!

Tさん、おやつまで、さしいれ!焼きドーナツです。

はじめてビタントニオで焼いてみたんだけど・・・とのこと。

ビタントニオって何?!

あ、あれ?とすぐググる、シンタクとヨシダ。

 

(ビタントニオ:ワッフルベーカー)

http://www.vitantonio.jp/product/vwh4500p

 

米粉を使っているので、

もちもちして、ミスドのフォンデリングみたいな食感でした。素敵!!

 

 

P1011927.JPG

 

焼きドーナツ越しに、Tさん、Sさん、寒い中のお花見でしたが、来て下ってありがとう!

お二人の、手作り差し入れに、とっても心が豊かになりました!

 

こういう、さりげないおもてなしができる人って、素敵だなー。

P1011928.JPG

 

プラスなプレス編集部からは、いただきものの

長崎バターケーキ、ポカリスエットイオンウォーターを差し入れいたしました!ヽ(^o^)丿

 

次回は、くらしにプラスプロジェクト活動は、座談会を予定しています。

5月15日ですよ!

 

2013年04月11日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

ブラック&ストレートなシミズさん

ブラック&ストレートといえばシミズの新しいコピーです。

先日も素敵なブラック&ストレートぶりを発揮してくれました。

めんどくさいので、ブラック&ストレートを、以下、B&Sと呼びます。

 

先日、とあるプロポーザルに参加するため、事前説明会にシミズと二人で参加。

その日の私のヘアスタイルは、寝癖がひどかったのか

大きく膨らみ、ボアボアでした。

セット? 多少はしたんですが、自由すぎる私の髪は今朝も元気に自己主張。

 

しずかに席に座って説明会を待っていると

横のシミズが私を見て

「fukuハラさん、今日の髪・・・大きいよ。」

 

え?

ティ・・・

ティナ・ターナーみたい?

って照れくさしに答えてみたら

 

 

 

「ティナ・ターナーは若い子知らんよ。」

 

 

ね、ね、ね!

B&Sでしょいう??

 

でもね、シミズの言葉には、ぜんぜん裏がないので、

まったく腹が立たないんですよー。

 

また、面白いことを話したら、フク笑いでご紹介しますね♪

 

BandS.jpg

今日は絵が薄くて、見えづらいかな? 4コマ漫画だよ。

これをプロボーザルの説明会の場所で聞いてごらん?

緊張が解けて、なごむよー。

 

 

 

 

 

2013年03月27日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

ブラック&ストレート (←チョコじゃないです)

だんだんと暖かくなってきました!今年は桜の満開が早いと聞いてます。

お花見シーズンが楽しみなところ。

ところで、昨日、シミズの新しいキャッチコピーが誕生しました。

思い出せば、今までに生まれたシミズのコピーは

 

ロシアンセレブ・シミズ

男前シミズ

静電気人間シミズ

 

いろんなキャラの側面を持つ彼女は、さっとあげるだけでも3つのキャッチコピーを持っています。

 

そして新たに昨日生まれたのは、

「ブラック&ストレート」

 

 

きっかけは、さとうとの会話。

さとう社長が、なんだか、介護かなにかの話題で

話をしていて、やれやれ・・という風な感じでつぶやいていたところ

(仕事に集中をしていたので、どんな会話をしていたか、耳に入っていないので

あしからず・・・なんですが)

 

「だめですよ、すぐ世話される側になりますよ!」

と、ダメ出ししたシミズ。

 

横に座っていたムツラが、

ちょっとちょっと。それはブラックですよと、つっこみを。

 

ブラックな突っ込みをストレートに。

ということで、チョコレートみたいなコピーができました。

 

でも、ま、

歯に衣きせぬ突っ込みは、表も裏もないから

だれも何にも気にしませんので、

大丈夫なんですけどもね。。。。

 

 

 

2013年03月14日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

オフィスあるある 忙しくなると芋率が上がる

このところ、スタッフみんなが大忙しで働いているため

私語も減り、集中力も、ぐんぐん増しているところ。

(※:仕事中には、私語をしない、注意力散漫にならないことは、基本です。)

 

昨日の夕方、いよいよ、やることマックスになってきた。そんな、緊張感のあるオフィスの中で、

 

バリ!バリ!むしゃむしゃ。

 

といういい音が。

 

それは、ヨシダがスティックポテトを食べる音。

頭を使ってストレスもたまってくると、夕方に甘いものや、辛いものを食べたくなるでしょう。

あれです。

 

そして、普通は甘いものを食べない、油っぽいものも食べないシンタクが、

「私も、ポテトチップスが食べたいです!ヨシダさんのを見て食べたくなった!」

珍しく言い出して、コンビニまで行って買ってきていました。

 

これも、夕方ストレスマックスになったときの症状です。

 

ストレスがたまると、フライド芋が欲しくなる。

 

なんらかの因果関係が、あるようです。

 

 

 

2013年03月08日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

今日のオフィスの着席レイアウト

今日は、朝から、社長、ヤスナガ、シミズの3人が出張に出ております。

そうして、たまたまですが、

その3人は、オフィスの机の、東側に座っているので、残った4人は、西側に並んで座っています。

 

こういうことも、珍しいのですが、

4人がキャビネットに向かって並んでいるのが

なんか、変なきもちになり、つい写真を撮ってしまいました。

 

なんか、塾です。4人塾みたいな感じです。

前方に、講師の先生が、立っている感じに見えてきます。(妄想中)

 

2013_0218room.JPG

 

話しかけるとき、みんなが、横向きに顔を向け合って話しているのも、

なんとなくおもしろいものです。

「ねぇ、この問題、わかる?」

「全然、わからん。」

(妄想中。本当は仕事中。)

 

 

ちなみに、自分以外の全員が、外出や出張で、一人っきりという時間になることもあります。

 

その時は、いったいどういう気持ちになるか?

それは、過去のフク笑いをご覧ください。

「オフィスに一人。君ならどうする!?」

 

仕事しながら、もやは、ひとり妄想パラダイスです。

 

 

 

 

2013年02月18日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

プラスなプロジェクトメンバー第1回座談会が開かれました

今日は、先月たちあがった、プラスなプロジェクトメンバーの中から、

家電と車の二つのテーマで、意見を聴かせていただくための

第一回座談会を開きました!

 

今回は、4名の参加者でした。

この座談会は、勝手に研究会のレポートにも反映させていただくため

最初からアットホームな雰囲気。

 

テーブルの上には、くらしマルシェのおすすめポテトチップスと、紅茶をカップにいれて。

今日のおめざの紹介で、ムツラがチップスのご紹介をして

すぐみんなでぱりぱりいただいちゃいます。

 

花まるみたいですね。おめざがあるなんて。

 

そして、家電をテーマに座談会がスタート。

家電女子、ヨシダがしきって、質問をしていきますが、

この4人の参加者、おもしろーい!

話すわ、話すわ!情報のてんこもりです。

 

おすすめのホームベーカリーの話になると、

私も前のめりになって、超参考にさせてもらいました。

買うわ!今週末に、パナソニックさんのホームベーカリーを!!

 

zadankai.JPG

 

さて。

後半の車のテーマにうつり、咳を外したので、内容はわかりませんが、

とても楽しく、参考になる座談会となりました。

 

参加者もですが、同席した私たちも楽しかったです!

 

次回イベントは、花見を予定しています!

 

今日これなかったみなさんも、花見はいかがですか??

 

 

 

2013年02月13日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

その愛を、『家電愛』とよぼう

プラスなプレスの勝手に研究会というコンテンツで、テーマをもって研究する

シューイチマーケというのが始まっています。

テーマを決めて、ネットアンケートやヒアリングを行って、レポートを公開していきます。

 

今回、家電についてのお題を担当する、ムツラ、ヨシダ、fukuハラ。

今度、プラスなプロジェクトメンバーの皆さんと、家電について座談会を開いて

ご意見を伺うことにしました。

そして、どういう話題でご意見を聞くか絞っていき

「そう!私の一押し家電なんていうことを、聞いてみるのはどうかと思って!」とヨシダ。

 

ヨシダの中では、あたかも座談会の進め方も頭に入っているかのように

使って一押しだと思う家電を熱く語ってもらいたいと提案をしてきた。

 

ムツラが「じゃ、ちなみにヨシダさんの好きな家電は?」と聞いてみました。

 

すると

「私の好きな家電ですか・・・。」と、目をハートにして

遠くをみつめ、何かものすごい癒された表情をしていました。

 

ムツラ、それを見てびっくり!!

「ヨシダさんが、そんなに、うっとりする表情を見たことがない!

それはもう、家電愛ですねー。」

 

ということで、家電を愛する気持ちを、家電愛と呼びます。

 

今日から、そう呼びます!

 

その家電愛、満々のヨシダがレポートした勝手に研究会の「個人研究」はコチラ

これも、家電愛道まっしぐら!?

すばらしいレポートをぜひ、お時間のある方はご覧ください。

 

kadenjyoshi.jpg

 

2013年02月07日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

こんぶちゃんの帽子

プラスなプレスの「ただいまモノづくり中」のコンテンツで掲載されている「こんぶちゃん帽子」が

ひそかな話題となっています。

 

こんぶを、日本中に普及させる活動を行っているこんぶネット。

そのこんぶネットリアルイベントに

去年末開発された、こんぶちゃん帽子。

 

シミズが、リシュラ企画室うつみプロデューサーに制作依頼をし

できあがった、こんぶちゃん帽子は、機能も見た目もすばらしい!

 

それをかぶって、前から横から、後ろからご紹介をしているページはこちら!

http://www.hs-plus.jp/monotsukuri/2012/11/post-42.html

 

なんという帽子!

まさにイベント専用。

もしかしたら、大人も子供も欲しいかもしれない。

 

ただ、ひそかに話題になっているのは、

そこだけではありません。

 

プラスなプレスのトップページに、コンテンツ最新情報の画像がひっぱられているのですが

「ただいまモノづくり中」の画像に、

こんぶちゃん帽子をかぶってスマイルしている、担当イノウエさんが、

ここ当分、ずーっとトップページに位置していることです。

中央左をご覧ください。

 

konbu_i.jpg

 

美人だから、似合ってるから、問題はないですが、

こんぶちゃん帽子を被る立派な大人として、

十二分にお仕事をしている姿が、いつまでここに継続されるのか

ちょっと話題になっています。(私だけ?)

 

そのうち、モノづくりが更新されると、右にずれ、もう一回更新されると

いよいよお役が終わるということなんですが、

なかなか動かないようです。

 

それもおもしろいでしょ?

 

 

2013年01月30日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

今日はプラスなプレスのプラスメンバー(仮)交流会がありました

今朝、以前から準備されていた

何かしたい人集まれ!的な、それを、プラスメンバーと仮に呼んで

その何かしたい人が集まる交流会みたいなものを開催しました。

あつまったのは、23人の何かしたい人たち。

こどもさん7名も入れると、30人くらいになりました。

 

一言ずつスタッフも、自己紹介をして、(私たち社員は社長含めて7名)

全員自己紹介したら、30人。

 

すごく元気な方々が集まって、テンション高かったー。

 

その自己紹介をしている、全員を撮影している私。

いったい何がしたいのかわかりません。

 

記録として、撮影を頼まれたわけでもないのに、首からカメラを提げて

全員の写真を撮った私も

何かしたいでしょうね!!

 

一番何かしたい人は、こっそりながら、自分だったりして!!

 

2013年01月23日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

鮮度の高いご提案を・・・

その日のもみじは、その日に作る・・

たしか、もみじまんじゅうのCMのフレーズで、ヒロシマ人なら、聞きなれた言葉だと思います。

 

今、立て込んでいるヨシダは、こういっていました。

 

「その日の提案はその日に作る」

 

 

 

ひゃー、やっとできました!

2時からの打ち合わせの資料ーー!(現在1時20分)

 

と、ヨシダがバタバタしているので、「えらかったねー!」

と褒めてあげると

 

「もう最近そうなんですよ。翌日の資料を前日の夜から、その日に作ってる・・。

ある意味、鮮度の高い資料ですよ」

と、印刷機から取り出したばかりの資料を、とめながら言う。

 

確かに、できたて、ほやほや、アツアツな資料は、

鮮度の高い、企画提案だと思われます。

 

打ち合わせ外出が続いて、時間が厳しいヨシダですが、

今週末の土日、1月19・20日、広島市中区のグリーンアリーナで開かれる

島根ふるさとフェア2013」にて、リメンバーしまねの広報活動で、あの、

鷹の爪団吉田君に、扮するという仕事も控えている。(1月19日(土)のみのご出勤)

 

今、社内では、そのことを、

吉田君 in ヨシダ」と、呼んで島根を応援する吉田君をささえる、ヨシダを応援しているのです。

 

グリーンアリーナでも、鮮度の高い広報活動を!!

 

 

 

 

 

 

 

2013年01月18日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

よーやった、よーやった!ヨ・シ・ダ!

先日、ヨシダが担当するクライアントのお店にお荷物を運ぶ所要ができて

朝から車で県北のとある場所に行ったヨシダ。

途中、道の駅があって、地元の農家さんが野菜を直販している野菜市が

けっこうな品ぞろえであることを、知っていた。

 

そこでせっかく行くのだから、何か買ってきましょうか?と

声をかけてくれていた。

 

おりしも、昨今は、野菜高騰の折。

小松菜が1束、398円とか、白菜が、半分で200円代とか、びっくりするような

値段がついた野菜が平気でスーパーの棚に並んでいます。

 

「そうよ、葉物が400円!?ってびっくりして、買わなかったよー。

しばらくは根菜、根菜。」

と、さすがのシミズも、高値の野菜に参っているようだ。

 

そして、ヨシダが道の駅の野菜で買い付けてきた野菜は、

驚くべき破格値!

小松菜、ホウレンソウ、一束100円!

白菜の大きいのがまるごと1つ、160円!

 

わーい!わーい!安いよ、安いよ!

大喜びで、野菜を分け合う私たち。

 

これ、NHKのNディレクターが喜びそうなシーンですね。とヨシダ。

 

そうなのです。

あのNHKのおはよう日本で流れた、企業紹介での、社員昼休み買い物シーンは、

やらせではなくて、このように、まんま日常のシーンなのです。

 

今日の戦利品は、こちら。

 

yasai.jpg

 

パソコンの向こうの席で、恥ずかしそうに下を向いているのが、戦利品を持ち帰った

ヨシダです!

 

よーやった、よーやった!ヨ・シ・ダ!

(野球の応援風に、読んでください↑)

 

 

 

2013年01月15日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

会社の初詣に行ってきました

今日は1月7日

新年最初の全員そろっての出社日でしたので、

恒例になりました宮島初詣に出かけました。

シンタクは残念なことに風邪で熱が出たようでお休み。

その代り今年は、深井ママも一緒で出向きます!

 

無事、神殿でのお参りもすませて

お昼ごはんを食べに、行こうと歩いていたら

平清盛館の前を通り、清盛君に出会いました。

 

今週末で平清盛館は終了となりますので

記念撮影をしたりして。

そして、せっかくなので、清盛館に入ってみました。

 

すると、館内途中で騒がしいい動きが。

 

なんと、私たちのすぐ前に入館したペアが

20万人目の方だったらしく、

そのセレモニーが行われていました。

 

さらに、20万人目の次のペアが、神戸から来られた方らしいのですが

おしい!20万1人目ということで、表彰をされていました。

 

どうやら、私たちはその、おしい!人たちのすぐ後だったらしく、

清盛君たちと撮影している間に、20万人目の人たちが通過していたと

思われます。

 

どちらにしても、おしい!の、おしい!

で、なかなかめでたいスタートです。

 

この調子で、私たちは穴子飯のお店でお昼を食べ、

町屋通りを歩き、最後に

焼き牡蠣を食べたりして、初詣を満喫しました。

 

もちろん、そのあと午後は会社でお仕事ですよ!

 

今年も、がんばっていきましょう!

 

taira1.jpg

 

taira2.jpg

2013年01月07日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

いまさらですが、あけましておめでとうござます!

フク笑いの更新を、お楽しみになさっている皆様!

いつもありがとうございます。今年もご一緒に健康で、楽しく笑いのある1年にいたしましょう。

では、改めまして、あけましておめでとうござまーす!!

 

今年も無事新年を迎えることができました。ほっ。

というのも、私ごとですが

年末ぎりぎりまで、年賀状や大掃除(←適当)をして

元旦を迎えるやいやな、2日から3泊4日の、ケチケチ家族旅行、正月バージョン、

香港編を行ってきました。

 

我が家の家族旅行はいつもながら、テーマが決まっていて

いかに、4人家族で、安く、しかもあちこち歩き回れるかということに

絞られています。

そして、行先はいつも急に突然に決まります。

家族旅行は、突然に・・・・。

毎度のことなので、プラスなプレス編集部のみんなもよく知っていて、

「またかー。今度は、どこ?車?」っていう感じです。

 

笑いあり、ケンカありの、ドキュメント番組にしたら

けっこう行けるのでは? 「水曜どうでしょう」にならって

「fukuハラどうでしょう」とう番組ができそうなくらいの旅の内容です。

 

そして、本当に無事に広島に帰ってこれるのかなぁと思いつつも

何かあってはいけないので、私のフェイスブックには、いちいち見たこと、体験

したことをpostに投稿しておいたので、フェイスブック友達にとっては

えらいご迷惑な話でした。

 

散々、タイムリーに旅の道中のことは、公開したものの

ケチケチ旅行のため、お土産はほとんど買っていません。

だから、ごめんなさい。写真がお土産ということで、ご了承ください。(お友達の皆様へ)

 

そんな旅のお土産の写真つきで、香港で体験したことも、フク笑いに

書いてみようと思いますが、ダブってしまっても・・・・ま、いいですか。

 

ところで!

そんなことで、帰宅は1月5日の夜になりましたので

実は気にしていた、1月5日朝のNHKおはようちゅうごくでの

ハーストーリィプラスの企業紹介が、どうなったのか見ることはもちろんできず

録画したものの、まだ確認しておりません。

 

プラスなプレスのツィッター「広島生活【1日いちひろしま】に、こんなことが書いてあるのを発見!

 

       ↓

 

 

 

俄然、気になりますが、まだ真相を確認していません。

 

おでん・・?

 

私の買い物のおでんの具が、中国地方5県に、企業紹介のついでに放送されたのでしょうか?

 

 

気になるー!

 

 

 

2013年01月06日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

NHK広島 お好みワイドひろしま に10分間も登場!

昨日、12月19日の夕方の番組、

お好みワイドひろしま に、先日まる1日密着で弊社が取材を受けていた放送が

オンエアされました。

 

担当ディレクターNさんが、どこをどうやってかぎ分けたのか

ハーストーリィプラスという会社は女性、生活者の意見を形にする企画会社で

やってることが非常にユニークだ。

しかも、女性が働きやすい環境で、家事や育児と仕事を両立できるしくみづくりをしている!

と発見されたようです。

 

そこでいろいろと取材を受けて、

社長インタビューはもちろん、ディレクターのイソナガさんの仕事ぶりの紹介、

そして、社員の様子を紹介ということで

まぁ、本当に手を尽くして、特集を組んでいただきました。

 

その放送を、録画で見てびっくり!

 

主婦の社員が、昼休みを利用して買い物(スーパーへ)行っているということ。

それが全然負い目ではなく、まるっきり日常的になされていること。

 

その紹介をするために、私に実際に近所のマダムジョイに買い物に行き

帰ってきたところを、そのままインタビューするシーンが

特集の冒頭にいきなりつかみで使われていました!

 

取材前のやりとりで、すっかりディレクターNさんと気安くなった私。

普通の友達のように、Nさんに買い物したものを説明しているところを

カメラが撮影。(カメラマンさんが、買ったものを見せてくださいという指示をだされたんですけどね)

 

テレビでスーパーの買い物を広げて見せる人なんて、

探偵ナイトスクープくらしか見たことないぞ。

 

その日は、おでんの具になるものを買っていたので、エコバックから取り出し

「餅巾着が2割引きで、よかったー♪」 とコメントしたり

「肉、冷蔵庫に入れさせてね、」とムツラとヨシダに話しかけたら

「どーぞ、どーぞ。でも忘れて帰らないようにしてくださいね。」

と言われまして

 

「そうそう!冷蔵庫に入れたの忘れて家に帰って、また会社に取りに戻ったりするから

なんの時間短縮なんかという話!(笑)」と

それこそ、主婦話をしている風が、ぜーんぶ流れていました。

広島県内にですよ!

 

それに対して、ディレクターイソナガさんの自宅やイベントでの仕事っぷり、活躍ぶり、

社長のクールなインタビュー。

 

ボンクラ社員に対して

優秀なスタッフを外部に抱える社長の心の広さを強調するような対比でしたねー。

 

この放送は10分間もあって、超長い特集でした。

なんと、

1月5日(土)朝7:30からのNHKおはよう中国 ニュース番組内で5分編集バージョンで

再放送に!!見逃した方は、ぜひ、録画をしてご覧ください、

 

短くなったら、さすがに冒頭の主婦つっこみシーンはカットでしょうか。

 

ディレクターNさんの編集センスにすべてお任せです。

 

 

2012年12月20日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

静電気人間は、いなくなった

寒くなってくると、エアコンの暖房のため、室内の乾燥が激しい私たちのオフィスでは、
加湿器を付けて湿度をあげてみたりしています。

それでも、毎年、静電気をパチ!パチ!と発しては
「痛い!」と痛みに耐えているのが、シミズでした。

シミズのことを、静電気人間とフク笑いで紹介してきたのは
何件あっただろうか・・・。

そのシミズ、今年はそういえば
静電気で苦しんでいる姿を見たことがありません。

秋ごろに行われた走るオンナ倶楽部のミーティングで
テーマがハンドクリームでお手入れという内容が
あったと思います。

そのミーティングで、こまめなハンドクリームでの手当て、マッサージが
美への近道!ということを学んだシミズやシンタク。

その後、オフィスの机の上には、常にハンドクリームを常備し
何かあるごとに、クリームを塗る習慣ができました。

口コミでその効果をほかの部員にも伝え、私たちは、かなりの率で今年ハンドクリームを

まめに塗るようになったのです。

 

そのおかげだと思いますが、
今年は、ビシ!パシっ!という静電気の音と、悶え声を聞くことがありません。

今や、一人1クリーム。

机の上に、置かれています。

そして、

シミズはこの冬、ついに静電気人間を卒業し、人間に戻れたのでした。

おめでとう!

simizu_sotugyo.jpg
ハーストーリィプラス 
プラスなプレス編集部内 ハンドクリーム調査!!

みんなが今使っているハンドクリームを聞いてみた!

 

シンタク:キスミー薬用ハンドクリーム(無臭でお手軽、でも効果あり)
シミズ:ロクシタン(香りがすごい!シミズがクリームをつけていると、オフィス中に心地よい香りが漂います)
ムツラ:フェルナンダ フレグランスハンドクリーム マイアリゲル(会社にあったサンプル?)
    または 手作りアロマハンドクリーム(三越イベントで作成)
ヤスナガ:フェイス用オイルをハンドクリームに兼用(あまり塗らないんだそうです)
フクハラ:近江兄弟メンターム薬用クリーム(乾燥肌、肌荒れがひどい方におススメ)

ヨシダ、さとう社長は、席あきで聞けなかったのでまた後日。

2012年12月17日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

イラストレーターは、茶たくに、うるさい

ねぇねぇ、fukuちゃん。

お茶を出すときの湯呑とか、茶たくを、ちょっといいのにしようやー。

 

と、さとう社長が言い始めた。

 

だめよ、あの、河童の手のようなやつ。

あれ、使っちゃーいけんよ。

 

と、両手を広げて、目の前に出して、

河童の手を表現された。

 

なんですか?それ?

 

河童の手?

 

あー・・。あ!あれですか?

花びらのような形の茶たく!?

 

そうよ。

あれがあるから、時々お茶を出す人が、出してしまうんよね。

あれ、おさめてしまおうや。

それで、藤原703さんの、ハウスで売ってる湯呑、あれを買ってきてや。

 

と、指示された。

 

はぁ。

 

イラストレーターは、センスが大事。

打ち合わせや来客時に気に入らない茶たくと湯呑で、お茶を出されたら恥ずかしんだそうです。

 

確かずいぶん昔に、いただきもので社内にあったものと思われますが、

なんとか入れ替えをしないといけないようです。

 

tyataku.jpg

 

2012年12月13日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

あまりにも食べる時間が長いオンナ

この人が、わが社で一番、「食べるのが遅いオンナ」です!

名前は、ヤスナガ。

どんなに遅いか、お話しましょう!

 

osoi.jpg  

 

わたし、今日はお弁当を持参しなかったので、ハウスのランチをお昼ごはんにしよう。と

決めました。

同じように先にランチを頼んでいたヤスナガ、シンタクが、ハウスのランチを頼んで3階にもって上がってきたので

私も内線をかけて、「ランチ私も一つ」とオーダーしました。

この時、ヤスナガは、食べ始めていました。パソコンを見ながら、ランチを。

 

しばらくして、できましたと連絡があったので、

ハウスに降りますと今日は店内がゆったりめ。

 

「そうだ、今日はお店も、すいてるし、ハウスで食べよう。フェイスブックにでも

ランチの写真をあげてみよう。」

と、3階に携帯を取りにあがりました。(運動、運動!)

 

その時、私の隣りの席のヤスナガは、もちろんランチを食べていました。

 

私は携帯を持って、1階に降りて(さらに運動、運動!階段を上がり降り中)

ハウスでお食事。

 

ふふふーん。と、フェイスブックに、オサレなお昼ご飯の様子を投稿して、

お食事終了。

 

アフター珈琲は、3階で飲みますので。とカップをもって3階に上がったところ・・・。

えいこら、えいこら。今日は3階を何往復したかしらーっと。

 

え?

 

 

なーんと!

ヤスナガは、まだ、お箸をもって、お茶碗のご飯を口元によそっておりました!!

 

えー!信じられない、おそっ!

 

箸を持ったまま、マウスを動かして、パソコンを見ながらもぐもぐ。

 

 

思わず証拠写真を撮ろうとしたら、片付けはじめたところでしたが

そのお皿の中には、小皿に入った副菜がまだ残っており、

それに気づいたヤスナガは、またお箸をもって副菜を食べ始め・・・

 

私は、1階に降りたり、あがったりの移動までしているというのに!

 

遅い!!

 

食べるの遅すぎ!!!

 

 

ムツラは、「それは、ヤスナガさんが遅いというより、fukuハラさんが、早すぎると思います・・・。」

と言ったけど。

その点は、無視。

 

 

 

 

 

 

2012年12月05日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

AGT祭のスタッフに初参加しました。

先日の12月1・2日の土日は、寒くてとちゅう雨も降り、

天候は最高!ではありませんでしたが

第8回AGT祭りは、にぎにぎしく開催をされました。

 

今回スタッフのシンタクが、準備はできるものの、イベント当日

やむを得ない事情があり、お休み。

誰かヘルプに入らなければならないということになり、

白羽の矢が、私、fukuハラに、びよよーん!と当たりました。

 

今まで、AGT祭が、毎年忙しそうに開催されているけれども、

一度も、手伝ってと言われたことがなく、

土日のうち、一日だけでもでれるんだがなと思いながら

お客さんとして、祭を観に行ってお買い物するくらいでした。

 

あの、白い、卸センターのビニール製スタッフジャンバーが着れるのね!

 

なんだか、ウキウキして当日を迎えました。

なーに

仕事と言っても、アジト広場の中で、新聞紙で作るスリッパのワークショップを仕切ったり

もしもの時の緊急カードを配って、説明をしたり、

もしもの時の非常時料理教室のお手伝いをしてみたり、

みなさんが寒い中外で働かれているのに、室内で暖かい環境。

ちょっと申し訳なかったですが、楽しんでお手伝いしました!

 

おかげで新聞紙で作る安全スリッパのつくりかたは、覚えてしまって

どこでも、レクチャー、ワークショップできる技を覚えましたよ!

 

こんなアジト祭の様子は、

AGT公式ブログでご覧くださーい。

 

さて、

お料理教室の様子を、なんとなんと!

NHKのお好みワイド 番組ディレクターさんが取材されていました。

もしかして、もしかして!?

みなさん、うつっちゃっているかもですよー。

 

 

 

2012年12月04日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

競艇に行ったのか、行かなかったのか?

先日、勝手に研究会の取材をするという目的で

宮島口にある「宮島競艇」に行くことになった私たち。

午前中アポない

シミズ、ヨシダ、シンタク、そして私の4人が、広電に乗って、行きました。

 

その様子は、後日、勝手に研究会で4人が分担して執筆、公開していきます。

 

4人とも、競艇の場所は初めてです。

ついたら何がどうなって、何をどうするのか

まったくわからないまま。

 

でも、競艇関係者の方に、進んで質問をしていくシミズ。

だいたい周りを見て理解して、さっさとことを進めるシンタク。

ナンバーズが得意で、どっちかというと賭け事好きかも、のヨシダ。

知っている選手を発見して、興奮するfukuハラ。

 

そして、これは、仕事なんだ!

ということで、躊躇もしません、

 

オネーマンズ二人の真面目な表情をご覧ください。目が違う。いつもと。

(ヨシダにきれいに撮影してもらったから、載せた。ヽ(^o^)丿)

 

kyoutei1.jpg

 

 

 

この後、どうなっていくのか、すべては

勝手に研究会にて、明らかにされます!

 

公開をお楽しみに!!

 

 

2012年11月30日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

競艇に行かねばならぬ

「そういえば、競艇!?」

と、シミズが叫んだ。

 

11月29日は、宮島口の競艇に行く日ですよ。

みんな、大丈夫?

 

と、各自のスケジュールを確認しはじめた。

 

そういえば、編集会議で、勝手に研究会のお散歩研究で、宮島口エリアの競艇に

ぜひ、行ってみて競艇も体験しようではないか!という意見が出ていた。

レースがある日は一番近くで、11月29日。

 

あら、しまった、打ち合わせを入れている 

というと、

 

ダメですよ、スケジュール帳に「競艇」って書いておかないと。

 

と、シミズデスクに叱られてしまいました。

あぁぁ

 

仕事で行かなくてはならないというのも、変だけど

行かねばならぬ。

 

スケジュール調整です。

 

 

2012年11月27日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

11月15日は昆布の日。こんぶネットの人たちの活動

今日は、11月15日。

何の日かご存知ですか?

そう!

昆布の日なんだそうです。

なんで、11月15日が昆布の日なのか?

疑問に思う方は、ぜひ、こんぶネットでルーツをご確認くださいね。

さて、昆布協会から、業務委託を受けて、日々こんぶネットを普及して

かつ、昆布を日本中にもっともっと普及するために日夜活動をしている

こんぶネットの事務局が、います。

 

今日、その事務局が何やら作業をしていましたので、こっそり写真を撮ってみました。

konb.JPG

 

何かの発送作業のようです。

なんでしょうか?

 

疑問に思われた方は、再度、こんぶネットを検索してみてくださいね!!!

 

 

以上!

 

いつもフク笑いは、文章が長いと、シミズが忠告するので、今日は短めにしてみました。

 

2012年11月15日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

デスク 言ったら罰金BOX

11月になってから、さとうデスクを改め、さとう社長と呼ぶことに決めた私たち。

ところが、なかなか慣れないもので、つい「デスク!」と呼んでしまう。

 

きりがないから、デスクと呼んだら、10円罰金にすることにしよう!と

誰からとなく提案して、即、

罰金BOXを、シンタクがつくって用意した。

紙コップに、ガムテープで蓋をして、

側面に「デスクと言ったら、10円!!」

 

と、書かれています。

IMG_0641.JPG

 

これが、できたので、

「デスク、」と間違えたら、みんなが、

「いえーい!じゅうーえん!じゅうーえん! 」と大合唱。

言った人は、悔しがりながら、10円を入れています。

 

私も、昨日、30円入れました。

今朝、シミズも10円入れるところが、小銭がなくて、100円入れてお釣りを取ってました。

ムツラは、先に50円入れておいて、

「デスク!あ!言ってしまった! 大丈夫、私、50円入れてるから、あと3回いえる。」

と、何が大丈夫なのか、罰金システムをよく理解していないようで、前払いしている。

 

ちょっと覗いてみましょう。罰金BOX。

 

 

IMG_0640.JPG

 

 

入ってる、入ってる。

 

今数えたら、280円入ってました。

28回、間違えていったんだー。

 

こういうことをしていると、いまデスクと言ったかどうかが、ゲームのようになります。

 

「デス・・・、っと危ない、セーフ」

 

または、映画のデスノートのように不吉な呼び方もつい・・・。

 

「デス・・・・社長」

 

そのうち、間違えて言いたくないので、

「あのー、」とか「ねぇねぇ、」とか

社会人らしからぬ口調で、さとう社長のことを呼び始めるのではないかと

または、「1000円たまるまで、時間かかるねー。」と、たまったお金の使い道のことを

考えて発言している人を見ていると、

この罰金システムの有効性を少し疑いはじめたところです。

 

 

 

 

2012年11月14日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

目が「おにぎり」の人たち

明日は、11月9日。

オリエンタルホテルにて、午後開催される

美味お披露目試食会 という名の、通称バイヤー試食会。

 

経済産業省中国経済産業局さんからの事業を請け負って、私たちハーストーリィプラスは

企画、運営をお手伝いしています。

 

津山、庄原、宇部、大田地区の美味しい食材を販売するメーカーさんが

集って、オリジナル料理を提供してご試食いただきながら、アピールする試食会イベントです。

 

事前打ち合わせで、先日、ヤスナガ、ヨシダが、会場のオリエンタルホテルさんに

出向いた日のこと。

 

帰り道に、お昼ごはんは、むさしのから揚げ弁当を買って帰ろう!という話になったらしく

土橋店によるも、定休日!!

 

残念!

あ、でも西広島駅の近くに、お弁当販売のむさし店ができている!ということから

どうしても、何があっても、むさしの若鳥から揚げ弁当が食べたくなっている二人は、

西広島駅に向かって走り、そして弁当を手に入れたそうだ。

 

その時

二人は、「目をおにぎりにしてたんですよー」と、ヨシダが教えてくれたので、

想像して、絵にかいてみました。

 

 

目がおにぎりのヨシダとヤスナガ。

 

doc20121108150531_001.jpg

 

現場には立ち会っていないので、まったくの想像だけれども、

絶対に、二人はこんな感じ。

目に浮かぶ、目がおにぎりの人。

 

 

2012年11月08日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

11月からデスクは、社長に襲名?!

プラスなプレス編集部が設立して、3年が立ちましたが、

その当時から、さとうみどり氏は、自分のことを社員(編集部員)にどう呼ばせるか

思案していました。

考えあぐねて、結局「デスク」という名に。

編集部だから、編集長のデスク。

 

私たちも、え?本当にデスクって呼んでいいの?と思いつつも

しょうがなにから、デスク、デスクと呼んでいました。

 

ところが11月11日設立記念日を迎えるに当たり4年目という節目に対して

デスクを社長に、呼び方を変えることに決定しました!!

 

「11月からそうするから。」

 

という、一言で、みんなも「そうだよね、やっぱり社長は、社長よね。」と同意し

変更を素直に受け入れましたが、

本日、11月2日。

 

誰も、社長と普通に呼ばず、

デスク、デスク、と無意識に話すか、

デスク・・・あ、社長!

と言い直すかという状態です。

 

デスクを、社長に。

それは、「机」を「人間」に、くらいの大飛躍。

みんなからそう呼ばせることで、さとう社長は、腹をくくって

この会社を、また一つステージアップする決意表明だと

私は受け取りました。

 

それでもって、元のデスクのポジションには

取締役のシミズが任命されたのですが、

一同、シミズのことを、シミズデスクとは言いにくく、

「シミズさんはシミズさんでいい!」とのことでした。

 

 

 

 

2012年11月02日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

なんか、変な電話

私の隣の席のシミズと、二人で共有している電話について。

 

私の癖なんだとシミズはいうのですが、すぐ受話器のくるくるしたひもが

くるくるに巻き込まれて、いつも伸びなくなるほど、くるくるになります。(意味わかりますか?)

 

もー、fukuハラさん。

と、シミズはいつも巻き込まれたひもを、なんとか直して受話器を置きます。

 

右手でとって、くるっと回転させて、置くからですよ、と叱られるのですが

覚えがなく。

なんで、こうなるのかな?

 

さて、今朝も、シミズが「もーっ」と思いながら、受話器のひもの回転を直していました

そして、

電話が鳴って、取ろうとしたシミズ。

 

 

「わ!!見てみて!」

 

 

そこには、逆転する受話器が!!

 

 

denwa.JPG

 

おかしくなくない?

2012年10月31日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

将軍は、どこでも、やってくる

 

 先日、サマンサさんの年に一度のパフォーマンス大会に

感慨深い、初同行、初参加をさせていただいたことをつづりましたが、

実は、その会場で、私はお手上げ状態になっていたのです。

 

以前から、フク笑いをご覧になっている方には、ご存じ。

私のお腹の中には、腹ペコ将軍が住んでいます。

10時から11時の時間帯に、急に目が覚めたように、「グー!!」と、おたけびをあげるんですが

会議、打ち合わせ、来客、訪問時、みさかいなく、叫びます。

 

先日の、大会の会場にて。

社長のご挨拶というシーンと静まり返ったあのとき、

まさか、こんな時に、ないだろう?!と、頭をたたきたくなるようなタイミングで

「グー! グー!」

 

 えええ???

 

しばらくして、パフォーマンスが始まったときも、

シーンとした静まり返ったその時に、演者ではなくて、私の将軍が

「グーーー!」

 

黙ってー!

 

お茶でも飲んで、静かにしてー!

 

といっても、聞かず。

 

恥ずかしい限りでした。

 

どうしたら、将軍は、TPOをわきまえた行動ができるように

なるのでしょうか?

 

 tpo.jpg

 

2012年10月22日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

サマンサジャパン 19th パフォーマンスコンテストに参加

今日は私にとって、とても貴重な体験をさせていただきました。

あれは、ハー・ストーリィに入社した10数年前の昔むかしのことです。

 

ひの社長の同行、運転手ということで、入社して1週間後に、周南市にある

サマンサジャパン株式会社さんのところに伺いました。

そして、何もわからないのに、会議に同席し、お昼ご飯を、

蔵澄マネージャー、小野会長と、ご一緒させていただき、(当時、どれだけえらい方なのかのさえ

まったく存じ上げないまま。。。)

そして、車を運転して広島に戻ったという、今思えば、ありえない経験をしておりました。

私の入社まもないころの、思い出です。

 

そのサマンサジャパンさんが毎年行われているパフォーマンス大会というものに

このたび、さとうデスクの同行で、初めて参加させていただきました。

たぶん、来年はご辞退しないと

こんなにお客様がいらっしゃるなら、申し訳ないとデスクが

話していたので、最後のチャンスだったのかも。

 

このパフォーマンス大会というのは、全国の各部署から現場第一線で働いておられる

スタッフ、マネージャーさんたちが、テーマを設けて日頃の業務の様子を

劇化されたり、プレゼンされたりするのを、招待されたお客様ふくめてみなさんが

投票して優秀賞を表彰するというものです。

 

参加している招待客のリストを見ると、すごかった。

全員が、なんらかの役をお持ちの、取締役、部長、などの肩書をお持ちの方ばかりで

約60名のうち、肩書の箇所が、真っ白なのは、なんと私一人でした。

逆に、こんな私が参加させていただくということに、ある意味、運命を感じました。

(さとうデスク、ありがとうございます。10数年前の私へ、その後、未来はこうなったよ!)

 

この写真はすべてのパフォーマンスが終わり、

サマンサクラブのスタッフのユニフォーム新作10点のご紹介のステージ。

samansa.JPG

 

会社の理念と、感謝の気持ちが、現場のスタッフ、一人ひとりまで行き渡るような

組織作りに、感心しました。

貴重な場に、同席をさせていただき、ありがたいとともに、

私自身が、10数年たって、このような場にまさか座らせていただくなんて、思ってもみなかったので

仕事を続けてきて、よかったな。と思いました。

 

さて、

たい焼きを買って、オフィスに戻ると、シミズが

「だめですよ、fukuハラさん、私だけ写真を出して!」と昨日のシンタクのメガネをかけた

シミズの写真のフク笑いネタについて、ダメ出しがありました。

 

だって、本当にひどい顔なんだもん。

チャーリーとチョコレート工場の、ちっさいおじさんなんだもの!というと、

「だめですよ、私、fukuハラさんの写真持ってます。これ、フェイスブックにあげましょうか!?」

と、爆弾発言。

 

いやいや!そんなのいやー!

フェイスブックにあげられるくらいなら、自分でフク笑いにあげるわ。

ということで、

最少サイズに縮小した、ちっさいおじさん似のメガネ姿を

しょうがない、あげちゃいます。

 

 

やだなー。サマンサさんで感動した後に、これだもの。

 

fuku_1.jpg

 

人のフェイスブックにあげらるのと、WEBで世界中にアップするのと

どっちが自爆?どっちがまし?

 

あたしは、自分で世界中にアップを選ぶわ。

 

 

2012年10月19日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

お誕生日おめでとう!シンタク!!

今日は、プラス部員で一番若い、20代を代表するシンタクの

お誕生日でした!!

朝、出社して知ったもので、何もサプライズプレゼントができず、

申し訳ないっ!ごめんね。シンタク君。

 

その本人は自分へのプレゼントとして

ネットで、光るメガネを注文していました。

 

届いたメガネは、電池が入っていて、ピカピカひかる

これからのイルミネーションシーズンに向けて、とても目立って素敵な

メガネです。

 

そういうのを、見たら、すぐに欲しがって身につけたがるのが、バブル時代に

青春を謳歌した、シミズ。

 

ほら、すぐに、つけたがる。

 

shimizu_1.JPG

 

 

似合うじゃーん!(周りが明るいため、発光が見えにくくて、ごめんなさい)

 

 

そして、同じバブル時代に青春を謳歌していたはずなのに、なぜか

ちょーっと時代がずれてる感なのが、私。

 

ためしに同じメガネをつけさせてもらうも、

シンタクが、大爆笑。

 

あれ?レイチャールズ?

もしくは、ミスターマリック?

チャーリーとチョコレート工場に出てくる、ちびっこのおじさん?

 

 

 

 

載せようと思ったけど、

やーめた。

 

 

とにかく、お誕生日おめでとう!シンタク♪

 

 

 

2012年10月18日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

音も、戻ってきましたー!

先週のTsumugu市の時。

水の広場にBGMがないのは、さびしいと、オフィスにあった

オーディオデッキを持ち出して、音だしをしていたら、途中で壊れて音が出なくなったという

アクシデントが発生しました。

 

そのデッキは、さとうデスクの私物であって、

長いこと、私物を会社仕様で使わせていただいたものでした。

 

修理に出してしまい、ほかに音を流すものがなくなった

私たちのオフィスは、いつもと違ってシーンとした

BGMのない部屋になっていました。

 

さとうデスクも、研修旅行に出ていないし、出張の社員が増えると

残された数名は、シーンとした中でさびしく仕事をするので

ま、それは普通の会社のスタイルなんですが

普通に慣れない私たちは、音なしに不便を感じていたところ。

 

さとうデスクより、1万円以内で買ってもよいという

許可を受けたシンタクが、いろいろネットで探して

見つけてくれたのが先日。

昨日、新デッキが到着しました!!

 

sound.JPG

 

ipodも、ipadもつけることができて、

CD、ラジオもついているという掘り出し物。

1万円以上で送料無料なので、シンタクがプライベートで

1個買おうかなと、マジ、考えたくらいだそうです。

そんなに広い部屋でもないので、このサイズでも十分。「

 

やー。これで

音が鳴る部屋に戻りました。

 

すごくうれしい!

 

デスク、ありがとうございます。

みんな、ますます仕事しようねー!!

 

 

 

2012年10月17日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

忘れん坊

菓子博が近づいてきました。

私たちも、前売りチケットを購入。

しかも、これは取材の一環だということで、会社の費用でチケットを買わせていただいた。

 

シミズが、「すみません、デスク。菓子博のチケット、会社費用で購入させていただきました。」

と、デスクが

「しみっちゃん、買ったこと、忘れんとってよ」

 

そう!

忘れたりするんです!

「そうですね!fukuハラさん

菓子博のチケット、買った!?なんて、聞いたりするんですよね。」

 

で、私が

「そうそう! 私も『あ!まだ買ってない。買わなくちゃ!』なんて、言ったりするんですよ」

と、受け答えしていたら、

向こうの島の席に座っている20代のシンタクが

「受けるー!」と大笑いしていました。

 

笑うんじゃない。

お年頃になったら、3歩、歩くと、すぐ忘れるもんなんだよ。

 

そして、チケットは、金庫の中に保管されていった。

あぶないなー。金庫に入れたこと、みんな忘れないでね。

 

 

 

 

2012年10月10日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

JJ清水のマネージャーの話

シミズの旦那は、私の中ではもはや、芸能人。

立派なアーティスト。加えていうと、モノマネ王者決定戦にも出場しそうな芸達者な人。

そういう分類に入っている。

 

このたびのライブ復活は、今後2か月に一度の割合で、行うその最初の活動になるため

ライブハウスの関係者もかなり力を入れているらしい。

 

「旦那がいうには、机を全部とっぱらうらしいです。」

「遅く来たら、席はひょっとしたらないかも。。。だって」

 

そ、そんなに?

 

そして、しばらくして携帯からのメールを確認したシミズは

 

「旦那から、よろしかったら席をとっておきましょうか?って

fukuハラさん、来ます?」

もちろん、いく!いく!

 

「じゃ、席を取っておくように言っておきますね。

それにしても、なんで私が、マネージャーみたいなことしてるんだろ。

ご近所のみなさんにも、席とっておくかどうか、聞いてって、旦那から。」

 

夫が半分芸能人になると、

妻も半分マネージャーみたいなことになるんだなーっと、

思ったしだい。

 

 

2012年09月27日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

JJ清水  ライブ復活の話

スキャンの設定が遅れて、自由に取り込めないため

不便を感じているのは、イラストだけではない。

JJ清水のアップルジャム ライブ活動の再開のお知らせ そのチラシを取り込めないことも

少しイラッとしている。

 

先週、隣の席のシミズが、小声でそっと一枚の紙を渡してくれて

「これ、旦那がfukuハラさんにって」

 

それは、茅ケ崎の海岸のモニュメントを映した、

ライブのお知らせ

というフライヤーだった。

 

「え!? JJ清水はいよいよライブ再開ですね!!」

「そうなんですよ。」

「今度は、エタシー(江田島シーパラダイス)ではなく、チガサキサウンドマシーン?」

「まだ、仮名らしいですけど」

「チャージ1500円、ドリンク別? すごいね。大きく出たね!

もう、芸能人だね!」

「いや、興味ないし」

 

夫の芸能活動再開が恥ずかしいのか、やたら関心薄げなシミズに対して

久々に、桑田トリビュートバンドの歌と演奏が聴けると知って

ライブというより、少し「芸能人そっくりモノマネ大会」を観に行く感じの

ワクワクを感じる、私。

 

そう。JJ清水というのは、うちのシミズの旦那だけれども

堅気のお仕事をする一方、夜は桑田そっくりさんとして

ライブ活動をするマルチな男なのだった。

 

JJ清水のライブの詳細は・・

 

・・・・続く。

 

2012年09月26日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

スキャンの話

パソコンを入れ替えるに当たり、少しずつ作業をしては

データの移行ができて、とりあえず新マシーンの利用を開始している

私たちだが、

私は、まだ完全に終わっていない。

 

めんどーくさいと思っている、スキャンの設定が後回しになっているからだ。

 

ずっと以前、さとうデスクが先にパソコンを買い替えた時、スキャンの設定を

プラス編集部いち、家電に詳しいヨシダが、代行してあげていた。

 

その際、とーっても時間がかかって、何度もやりなおしたんですよー!

と、話していたこと。

 

それから、先に移行作業をしていたヤスナガが、

私の目の前の席にいて

「あー、これ、めんどくさい。

すっごい時間かかりますね」

 

と、誰にいうこともなく、わいわい言っていたこと。

 

この様子を見て、スキャンは後回しに・・・・。

 

と、決めてしまった。

 

そのため、とても困ることがあって、

フク笑いにイラストを載せて更新しようと思っても、

スキャンがないので、取り込めない。

そのために、わざわざ古いパソコンを取り出して読み込むのも、どうだろう?

そこまでして???

 

そうして、ついついフク笑いの更新さえも、めんどーっくさいものとかんじられるようになってしまった。

 

いけない!

私の唯一の生きがいだった、フク笑いを、そんな気持ちで抱えていては!

 

スキャンができないことで、さらにもどかしく思うのが、

もう一つある。

 

最近の仕事外で、ぜひ告知をしたい、

JJ清水のライブ活動のご紹介が、チラシスキャンができずに、とどまっていることだ。

JJ清水って?

 

続く・・・・

 

 

2012年09月25日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

パソコンの話

こんにちは。久しぶりのフク笑い更新です。

あまりに久々なので、だーれも更新したことを気づかないかもしれません。

なので、こっそりと、お話をつづっていきたいと思います。

 

こっそり。

 

先月、実は社長のさとうみどり氏は、「清水の舞台から飛び降りる」と言いながら、社員のパソコンを

5台も購入しました。

と、言いますのは、設立当初、購入したノートパソコンは、価格優先をしたために

発注して届いてびっくり、これは据え置き型か?と思われるような

超重くて大きい、ノートパソコンだったのです。

 

そのため、出張で持ち歩けない、うっかり気を許して、持ち運ぶと

肩を負傷する社員が続出。

 

さらに、4年目に入ると、容量いっぱいになり、

メールを受信すると作業中の画面がフリーズするため、メーラーは閉じて

携帯に転送したメールを確認して重要なメールがあると、パソコンで接続して読むという

いったい何をしてんの?この時代に?というような社員も続出。

 

これ以上は仕事に支障が来るという判断で

経費節減の折ではありますが、舞台から飛び込んだというわけです。

 

 

新しく届いたパソコンは、すこぶる軽くていい感じ。

これで出張にも持ち運べるし、サクサクと動く!とヤスナガ、ヨシダ、シンタクは、ほくほくがお。

 

パソコンを購入したということは、データを移して環境を整えないといけません。

ちょっとした作業時間がとられてしまいますが、

これをしない限りは、新マシンでのお仕事は無理。

 

次つぎ、移動作業を行って新しい環境を整えているのですが

私にとって,

ひとつ、めんどうくさーいことを後回しにしていました。

 

スキャンの設定です。

 

続く

2012年09月24日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

歩くオンナ倶楽部 活動報告

8月28日に、広島ホームテレビさんのJステーションという番組の中で、

走るオンナ倶楽部(マツダ商品企画部さんとハーストーリィプラスのコラボ企画)の活動紹介が

約5分という長い長いシャクで、放送されました!

取材の日は、いつもは出張、外出で、人気が少ないオフィスなのに、

この日に限って、全員集合。

えらい、今日は人が多いな。という状況でしたので、たいだいの編集部員の姿は撮影の中に入っていました。

 

マツダさんの打合せ室でのミーティング風景も放送されましたが、

こんなにスタッフさんが関わっているのか!?と衝撃なほど

大所帯風でした。

マツダさんの中でも、この倶楽部の企画に関わりたい!倶楽部部員になりたい!という人も

増えていて、注目度が、社内外で急上昇中です。

 

こんな、注目度満載の、走るオンナ倶楽部ですが、いっぽう、シャレで私が作った

「歩くオンナ倶楽部」の活動は、どうでしょうか?

 

地味に活動を継続し、あっという間に6月から3ヶ月経ちました。

え?部員?

まだ、部員は一人ですが、これからですよ。

そして、3ヶ月間30分ウォーキング×2回の成果と言いますと・・・

 

体重はマイナス2キロです!見た目はあまり変わりませんが、タニタの体重計がそう言っているから、本当です。

夏に歩いていたので、相当汗をかきました。

はっきりいって、家を出る前のメイクは、すべて落ちます。ほぼすっぴんで出社している気がします。

かろうじて、眉が残っている程度かもしれません。

紫外線は、怖いですが、日傘でカバーしてがんばりました。

 

それでも、歩くことに慣れてくると、だんだんと楽しくなってきまして

苦痛はまったくありません。むしろ、楽しーい!

 

この調子で、次の3ヶ月後に、さらにマイナス2キロをめざし、がんばりたいと思います。

 

arukuonna0903.jpg

 

2012年09月03日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

夏風邪症候群 最前線!

残暑が厳しいこの頃ですが、皆様お元気ですか??

暑いからって、一晩中エアコンをつけて寝たりしていませんか?

あれ、身体によくないとわかっていても、だめですよね。。。

エアコンのタイマー切れた瞬間に、暑くて目が覚めてしまって、眠れないんですよ!

寝不足で、もうダメっす!

と、夏のさなかにシンタクが熱心に主張してました。

 

そのような輩がたくさんいるのでしょうか?

わが編集部の部屋は、ただいま、前も横も、夏風邪をひいて、くしゃみや咳を出しっぱなしの人達が並んでいます!

 

先週から、ヤスナガは鼻声になり、今週は咳を連発。

シンタクも、鼻声から、今日は、くしゃみを連発。タオルで顔をふさいでいます。

ヨシダも、「うううーん!」と時々喉の痰を切ってます。子どもの発熱に付きあわされて、いつの間にか自分もうつったり、治したり。。。

ムツラは今日は通院で4時から早退。

デスクも、土日に外出で暑い中、日に当たってしまって、熱射病のように身体の不調を感じ、早退。自宅で作業。

 

夏って、冬より体調を崩しやすいのですね。

 

元気なのは、シミズとワタシだけのようですが、この最前線を目の前に対峙して、

いつまで我々も、元気でおれますかね!?

 

 

natukaze.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

2012年08月27日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

フリーデスク オフィスによくある風景

8月9日。今日は、ハウスで2回目のまなつの子どもカフェというイベントを開催。

その直前に、フク笑いを更新している私は、余裕というより、緊張の時間をふっきるためとしかいいえません。

さて、ご存じの方も多い、弊社の席はフリーデスク。

毎月1回、席替えを行うのですが、今月8月は、見事に縦ラインに、オネーマンズ3人が並ぶという状態になりました。

※注 オネーマンズとは・・・さとうデスク、シミズ、fukuハラの3人を現在はひっくるめて呼ぶ呼称です。

 

seki1.jpg

 

先月は、最近重要な会話を取り交わししている、さとうデスク(社長)と、シミズ取締役は隣同士の席だったので、不自由がなく会話を行っていたが、ご覧のように、今月は、間に私、fukuハラが位置しています。

 

すると、私を飛び越えて、重要な会話をすることが増え。。。。

そのため、このようなオフィスによくみられる現象が、たびたび起こるのです。

 

イラストがちょっと縦長なので、下にずーっと続くことを、先にご了承いただきたい。

 

seki2.jpg

 

seki3.jpg

 

seki4.jpg

 

seki5.jpg

 

 

ね、ね! よくある現象でしょう?

 

どうしてこうなるかというと、集中して周りの会話が聞こえない私と

何度も頭が視線にかぶっても、自分たちの顔位置を前後に修正して

会話を続けようとしてくれる、二人がやさしいからなんですよ!

 

え?改めて、席替えしろ、という話ですか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2012年08月09日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

オフィスに一人。君ならどうする!?

今日は、久々に、プラスなプレス編集部のメンバーはほぼほぼ全員外出。

外出予定がないのは、私だけだった。

 

シンタク&ムツラ シャレオ地下街の広場にてらーらぱどさんのイベントに出店。

ヤスナガ&ヨシダ 出張 レンタカーを借りて長距離移動してます。

さとうデスク&シミズ 打合せと視察と訪問など シミズは3時くらいには帰社するが、デスクは遅くなる予定。

経理のタムラさんも今日はお休み。

 

それぞれ、午前中には出発し、12時から完全に私一人状態になりました!

 

私は、午後2時から、まなつの子どもカフェのスタッフ説明会をプラスルームで行うために

午後1時半過ぎからはバタバタしますが、それまでは・・・

繰り返します、完全に一人です!!

 

さー!

 

こんなとき、働く社員はどうする!?

仕事をするのは当たり前ですが、緊張感があるかなしかの差は多少生じるもの。

 

もしかしたら、こんなことしているかも・・・。

と、想像してください。

 

突然ですが、フク笑いクイズ!

fukuハラさん、オフィスで一人の状態で、いったいどうしているクイズ-!

 

次のシチュエーションから、もっとも当てはまる動向を想像してみましょう。

 

fuku1.jpg

 

 

 

 

fuku2.jpg

 

fuku3.jpg

fuku4.jpg

 

 

fuku5.jpg

 

 

さー、5つのシチュエーションで、もっともfukuハラさんらしかったのは

どれでしょうか!?

よろしかったら、遠慮なくコメントしてくださいね!

 

そして、その答えは?!

 

 

・・・・

 

 

次回に続く!

 

 

 

2012年08月02日
愉快な編集部員ネタコメント(6)

本日のミッション 中国新聞朝刊 9面を見よ!

こんにちは。

今朝、中国新聞の朝刊をご覧になった方はいらっしゃいますか?

私も、新聞を読んで出社したわけではありませんでしたので

不覚にも、今朝の中国新聞9面にハーストーリィプラスの「タブレットイベント」紹介記事を

見ておりませんでした。

 

今朝の新聞で、ハウスを舞台に

「家事支援タブレット お試しを」

というタイトルで「ハーストーリィプラス 広島で体験会」

 

という記事が写真つきで掲載されています。

 

テーブルでタブレットを囲むご家族のそばで、スタッフシンタクが使い方を説明している様子です。

 

シンタクは、自分が載っていることが不本意で、広報担当なのに

会社のフェイスブックにも、プラスなプレスサイトのお知らせにも、記事掲載のニュースを公開しようとしていません。

 

先にフク笑いで、リリースしちゃいました。

 

明日は、似顔絵つきで、再リリースしようかな。

 

 

2012年07月24日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

モノづくりに載らない「モノづくり」 ポストカード編 パート2

今年も暑中お見舞いの季節になりました。

毎年、季節のご挨拶には、オリジナルポストカードを制作し

郵送をしようというのが、プラスなプレス編集部の方針。

 

今年も、ヨシダ、シンタクが中心になって、できあがったところが

先日もご紹介したように、

「あら?これ、どこにも暑中お見舞いって書いてない。

去年は、SUMMER かなんか、イラストに字が入っていたよね・・・。」

 

と、大きな落とし穴に気がついたのでした。

 

 

 

 

 

 

hagaki_2012.JPGヨシダが恐る恐る、デスクやシミズに「どうしましょう?」と、聞いたら、

「まぁ、わかるんじゃない?」

ということで、わざわざ、暑中お見舞いを示すハンコを作って押さなくても大丈夫。

という判断がなされたのですが。

 

 

やっぱり、ポストカードに一言ずづ書いていると、

「暑中お見舞い申し上げます」の文字数は多く、枚数が多いと苦痛になってくる感じがしたので、やっぱり作ることにしました。

 

小一時間ほど、机で消しゴムハンコを削り、できた!

Happy Summer time!

 

  hanko_2012.JPG

これで、もう何百枚も、「暑中お見舞い申し上げます」と書かなくても

わかるぞぅ!

 

ところで、昨年の夏の暑中お見舞いはどうしていたかというと、

調べてみたら、こちら。

http://www.hs-plus.jp/fukuwarai/2011/08/post-335.html

 

 

一番大事な「POST CARD」が入っていなかったという大ピンチを、

やっぱり手作りハンコで、切り抜けていたのでした。

 

来年のデザイン時には

1.POSTCARD

2.暑中お見舞い

の2点が落ちていないか、校正を気を付けることです。

(昨年から、1つ、項目増えたじゃん!)

 

 

 

2012年07月23日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

昼食は、ざるそばで・・・

最近、外出、出張が多いせいか、社員の在席率が低く、気がつくと

私の前の席のヨシダ、右隣のシンタクの姿しか見えない時間帯があると

昨日のフク笑いで少し触れました。

 

そのせいで、おのずとネタに取り上げられやすい状況にある

若手2人の動向に、私は始終注目しています。

 

昨日の昼。

美と健康と節約のために、お弁当を持参することが多くなったシンタクの

新しいお弁当レパートリーを発見しました!

 

それは、なんと、「そば」です!

 

お家でそばをゆがいて、タッパーに入れて、もみのりをふりかけて持参。

「めんつゆを冷蔵庫に入れておけば、いつでもざるそばが、食べられるってことに気が付いたんです。」

そして、セブンで買った納豆巻きを追加して、立派な和昼食のできあがりです。

 

 

そのうち、

「グラタンを・・」

とか

「焼肉が・・・」

とか

新しい、昼食レパートリーを考案するのでしょうか?

 

非常に楽しみなところです。

 

 

 

2012年07月20日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

アドバイス どうせコンタクトをするならば・・・

最近、フク笑いの波に乗ることができずに、とんと止まってしまったので

昨日から改心。 最近のオフィスの様子を赤裸々に語ろうと思います!

 

今日の午後、外出、席あきが多くて、私たちの島、ヨシダ、シンタク、fukuハラの3名しか

在席していない時間がありました。

 

気分をリフレッシュするために、アイスバーを出して食べてみたり

若い人はいいですな!

 

仕事合間に、雑談が続きました。

 

ヨシダのまつ毛は、えらく上に上がっているが、それはつけまつげなのか、地なのか?

という私の質問に対して

それは、mocomocoルームの桃子先生のまつげカールの技だと教えてくれたヨシダ。

 

それは、先生、すごいな。という話から、fukuハラさんもしてみては?

ということになり、

いや、私は以前先生にしてもらったけども、あまりのまつ毛の直毛の頑固さに、

パーマ中に、元に戻ると言うアクシデントを告白したり、

私はコンタクトをしているので、アイメイクをたくさんすると、目にゴミがはいって

痛くなるから、なかなかまつげパーマもできないから、もう、いいや!と

投げ越しになっていたところ。

 

 

「それなら、ディファインしたらいいですよ!」

と、シンタクのアドバイス。

 

黒目の部分が大きくなるような、コンタクトで、最近の若い芸能人はみんなしているとか(ヨシダ談)

私の友達も、目が悪くないのに、わざわざしてますよ!(シンタク談)

コンタクトが落ちた時も、うっすら色がついているから見つけやすいそうです(シンタク談)

 

など、さまざまなディファインアドバイスをしてもらった。

 

私はコンタクトがないと生きていけないハードユーザー。

どうせ、するものなら、黒目が大きくなったアイドル顔になりたいもの。

 

けっこうな大人のお年頃ではあるけれども、ちょっと試してガッテン!してみたい

黒目拡張コンタクト、ディファイン。

 

さっそく妄想をして、イラストを描いてみました。

 

contact.jpg

 

あれ?林真理子さんの似顔絵みたい・・・。

 

 

 

2012年07月19日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

暑中お見舞いはがき やらかした事情

こんにちは。

大変ながらくフク笑いを更新していませんが、「それは、仕事をさぼっているだろう?」という

編集部員の視線を感じ始めたので、

やおら、昼休みに執筆中。

 

ところで、事件は突然に起きるもの。

 

今年の会社公式暑中お見舞いはがきの社内プロジェクトは

予定どおり着々と進行していました。

 

送付先リストの作成。

デザインの作成。

印刷開始。

納品。

送付ラベルの貼りつけ作業。

 

若手シンタク、ヨシダを中心に、粛々とプロジェクトは進んでいました。

ラベルもほぼ貼り終えて、一言メッセージを書こうかな・・・という仕上げの段階にて、

 

「あれ?そういえば、この葉書、どこにも暑中お見舞いって書いてないですね・・・・。」

 

ある事実に気がついたのはヨシダ。

 

そういえば、現在の会社の様子や実績について、葉書の両面に

せつせつに訴えているものの、この葉書は、暑中お見舞いですよとは、一言も

書いてなかったのです!

 

えええー!?

 

数年前、年賀状の時は、葉書に「POSTCARD」という文字が印刷し忘れており

郵便局にて、この文字がないと、郵便には出せないと断られたため

消しゴムハンコで、「POSTCARD」と作って、何百枚もハンコ押しをした

事件があった。

それ以来、葉書を作るときは、「POSTCARDは、あるか?」

「POSTCARDは、あるか?」

と、しつこく確認をしています。

 

今回は、まさかの「暑中お見舞い」の欠落!!!

 

これはまた、消しゴムハンコで、

「enjoy!summer!」を作るしかないということに落ち着いたが。

あぁ、まさかの欠落!

 

ま、いま気がついて、ギリギリセーフ。

アウトではないというポジティブシンキングで終わったが、

終わってはいない。

 

これから、ハンコを作るのだ・・・。 誰が?

 

くー。

 

 

2012年07月18日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

社内イラスト発注が、発生しました!

昨日、シンタクが、走るオンナ倶楽部の次の企画のチラシを制作していました。

走子さんが、大きく出ていて、私たちがほしい車のデザインを集めよう!といった

企画だったか・・・。

 

そのチラシの中の小さなスペースに、例として、こんな車がほしいと描いているものを入れたいと

思ったシンタク。

 

「fukuハラさーん、なんか、車の絵、書いてもらえないですか?

手書きで描いた感じがいいんですよねぇ。。」

 

困っていたので、「あ、いいよ! 自分の乗りたい車を見て描いていい?」と返事をしたら、

いいです!いいです!

と、喜んでいました。

 

「それって、いつまでですか?(納期を聞く)」

「なるべく早くでお願いします。」

「なるはやですね!」

 

さっそく、ミニをググって、その写真を見ながら、絵を描いて納品しましたとも。

 

お金は発生していませんが、社内発注、原価ゼロ!ということで、

いいのではないでしょうか。

 

 

hashiruonna.jpg

 

 

受け取ったシンタク、喜びつつも、

「fukuハラさーん。これ、フク笑いで宣伝してくださいよー。」

 

ぬかりないな!

 

 

 

 

2012年07月04日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

席替えの神様

昨日は、毎月はじめに行われる、席替えの日でした。

いつものようにあみだくじを引くと、入ってすぐの3人は、席替えが全くなし。

移動がなし!!

 

窓側の奥の4人島は、時計回りに1つずつ移動するだけという

変化のない席がえあみだくじの結果でした。

 

これ、移動する方がめんどくさい・・そう思ったシンタクは

席がえしないで、今月はこのまま行きましょうという提案をしてきた。

 

私もどちらでも構わないので、いいよ。といったものの

シミズは変化がないことが面白くないようで

「こっちの島、席替えしないの?」とおもしろくないようだった。

 

ただ、シミズのいまの席は、エアコンの真下に位置していて

冷房がかかったら直撃する、寒い席だ。

でも、暑がりのシミズだから、その席でも我慢できると言うのに

もしも、シミズが窓側の席に移動をしたら、

「部屋が暑い!」と服を脱ぎ始め、それでも暑いので、冷房をガンガン下げて、

皆を凍らせることになるのは、想像がすぐつくというもの。

 

「席替えの神様が、察知してくれているんでしょうね。」とヨシダ。

 

トイレの神様は、ブレイクした楽曲だが

「席替えの神様」も、曲にしてみては、どうだろうか?

 

 

席替えにはー、席替えのー、神様がいるんだよー♪

 

2012年07月03日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

今日のヨシダ スタミナうどんに挑戦の巻

今日のお昼時間。

ヨシダはアルパークのうどん屋さん、讃岐屋さんに行って、うどんをテイクアウトしてきた。

 

「今日はうどんにしてみました!」と、ニコニコ顔のヨシダ。

うどん!?あ、テイクアウトできるよね。

「そうなんですよ。

この暑いのに、うどんに挑戦するという、どSさ・・・。」

と、あえて、熱さに挑戦するヨシダでした。

 

ふーん。おいしそー。

私は、ハーストーリィハウスのランチにしようと、内線をかけて、ランチをオーダー。

しばらくすると、できたので、取りに1階へ降りました。

 

まかないランチを3階に持って上がり、

パクパク食べ始め、対面に座っているヨシダは

「ふー。ふー。」と言いながら、うどんを食べています。

 

 

あ!という間に私のランチは食べ終わってしまい、

対面を覗くと、「ふー。ふー。」

「熱いんですよ・・。」

と、熱さと戦い中。

 

ランチのお皿を、下げに行って、アフタードリンクのアイスコーヒーを持って3階にあがり、

席に座って、飲んでいると、ヨシダは

「ふー。ふー。」

熱いと、量が多いので、なかなか食べられないらしく、えっらい時間がかかってました。

この様子があまりおもしろいので、ツイッター「一日いち広島」にて進捗をアップしました。

 

 

しばらくして、やっと食べ終わったヨシダが言った言葉が印象的。

 

udon.jpg

 

 

戦い終わって、うどんも終わりということでした!

お疲れ様!

 

 

 

 

2012年06月29日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

流し目

プラスなプラス編集部は、建物の2階にお手洗いがあります。

そこで、手を洗った後、エアジェットクリーナーという名称でしたっけ?

空気で水分を飛ばすという設備があります。

タオルは置かれていないので、そのエアジェットを利用するのですが

音がすごい。

ブオー!!ゴーーー!

と、飛行機が飛んでいくみたいな音がします。

 

それは、外を歩いている歩行者にも聞こえるくらいの大きさです。

 

2階のリシュマムのお店の前に位置するお手洗いなので、

お客様も時々びっくりされていることでしょう。

 

さて、ゴー!と音をさせて、トイレから出てくると、

3階から2階、そして、1階へと降りていく、さとうデスクが通りかかっていたところでした。

 

 

ちらっと後ろを振り返り

小さな声で

「ハンカチーフでふきんちゃいや。 

ま、(エアジェット)置いているのにいうことでもないけど。」

と、つぶやいて、いたずらっぽい流し目で、階段を下りていかれました。

 

 

よく、あんな表情をするのですが、せっかくなので、フク笑いの読者にも見ていただこうと

本日、肉眼スキャンした絵を添えておきます。

 

 

 

 

nagasime.jpg

 

 

ほんと、よくしています。いたずら流し目。

 

で、ゴーの設備はあるのですが、ハンカチを持っていかなければならない

ということ。

一応了解しました。

 

 

2012年06月26日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

巨匠の手仕事

くらしマルシェ/365 は、西日があたるガラス窓の面に、ロールカーテンを設置したようです。

そのロールカーテンに、晴れた日の午前中、さとうデスクがイラストを描く予定だとか。

最近雨模様が続いていたので、描くタイミングがずれたようですが

今日みたいな晴天の日は、チャンスですね。

でも、朝から外出していますけど・・・。

 

忙しい合間を縫って、昨日はさとうデスク、プラスルームの部屋で

一人、ずっと絵を描いていました。

くらしマルシェ/365 の店内入り口に飾る絵なんだそうです。

 

画材屋さんから油絵でも描けそうな画材を購入していて

それにアクリル絵の具でどうやら描くようです。

 

gaku1.jpg

 

さすがですねー。

昔は看板を描く仕事もしていたというから、なれたもんです。

 

くらしマルシェの外で看板を手書きしていると、大家さんがやってきて

「あんた、すごいねー」と感心されるんよ。

でも、自分でやってコストをかけないだけなんだけどね。

 

と、話していましたが、こんな画材に絵を描けるなんて、さすが商業イラストレーターです!!

 

 

そして、昨日1日、一人こもって描いた絵はこちら!

 

gaku2.jpg

 

くらしマルシェ/365 はこんなお店ですよ。

と、イラストを見てわかってもらえるように描いているんですね。

 

手書きのイラストっていいですねー。

味があっていい。

 

さすが、イラストレーターさとうみどり、ですね。

 

ぜひ、くらしマルシェにいらしたら、この手書き看板をご覧くださいね。

店内入り口付近に飾られることでしょう。

 

 

2012年06月22日
プラスなプレス近辺ネタ愉快な編集部員ネタコメント(0)

Sの悲劇

前回のフク笑い、「白だし宣言」については

社内外の反響が大きくありがたい限りです。

 

まず、ヨシダが心配して、

「白だしなんですが、会社的に朝ごはんっていうのは、ありですか?」

と言ってくれた。

朝ごはんは、お家で朝、食べるもの、というのは、幼稚園、小学生から社会人まで共通した常識なので普段はみんな出社前にお家で食べてくるよ。

でも時々、朝ごはんをぬかしたり、食べたけど足りなかったりして、お昼ご飯用に持参したおにぎりをついつい食べちゃう事ってあるよね。

その程度なので、大丈夫だよ。

安心していいよ。ハーストーリィプラスはきちんとした会社だよ!

 

次に、シンタクママが、フク笑いの「白だし宣言」を読んで下さっていて、ママへの呼びかけに対して、「どうやってコメントしたらいいかわからなかったので、よろしくお伝えください」と娘に託されたそうです。

 

恐縮です、こちらが勝手に無断で呼びかけていることですので、こちらこそ、お嬢さんをネタにして申し訳ございません。

このまま隣の席なので、ネタを続けてもよろしいでしょうか・・・?

 

といことで、シンタクママのお返事は、いただいておりませんが

今日のフク笑いは、先日起こった出来事、シンタクネタ!

 

題して「Sの悲劇」です!

Sって、誰か?それはもちろん、シンタクでーす!

 

それでは、4コマ漫画で行ってみましょう!

今回のシチュエーションは、ハーストーリィプラスのオフィスで、ランチタイムに、くらしマルシェ/365のランチボックスを食べている私と、隣の席で黙々と仕事をしているS(シンタク)。

 

ここで、何かが起きる!

 

 

 

 

higeki1.jpg

 

higeki2.jpg

higeki3.jpg higeki4.jpg

 

シンタクの立場になってみて下さい。

私のような大きな大人からいきなり、「人参を食べてみて」と差し出され、しかも、勢いで、断る間もなく口に入れられてしまったら・・・

 

それは悲劇でしょう。

 

人参が嫌いとは全く知らなかったので、ごめんなさいー、なのですが、

よく耐えてくれました。

(シンタクママ、パワハラにも負けずにお嬢さんは頑張っています!)

 

次から、嫌いなものは、断わっていいからね。

 

ところで、 

今回は4枚もフク笑いの絵を描いたので、お絵描きに40分も時間をかけてしまった。

40分の私の給与は、支払われるのか?

 

こっちの方が、会社的にありなのか、ドキドキしています。

(これも、プロモーション活動の一環で、なにをプロモーションしているかというと

くらしマルシェ/365のランチボックス・・・ バシ!

 

 

 

 

 

 

2012年06月21日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

白だし宣言

今月は、私の席の横には、シンタクが座っているので、

彼女の仕事ぶりがよくわかります。(シンタクママ、以下、ご覧ください。)

 

粛々と仕事をしています。集中しています。

走るオンナ倶楽部第2回ミーティングのアンケート結果をまとめたりしている風です。

ほとんど、おしゃべりしません。

(あ、それ、私の横だからでしょうか?)

シンタクママ、ご安心ください。仕事が早いと上司シミズの評価もこっそり得ています。

 

 

そんな彼女が、先日の朝はやく、朝掃除を終えて着席し、自宅からもってきた

おにぎりを出して、パソコンが立ち上がるのを待ちながら、食べ始めていました。

 

「あれ?朝ごはん?」

と聞いたら

「はい。家から持ってきました。」

と、ラップにくるんだ、炊き込みご飯のおにぎり風をもぐもぐ。

「あ、うまい。」とか、独り言。

 

しばらくしたら、思いだしたように、私に、

「あ!私、めんつゆ卒業しました!」

と、急に断言しました。

 

めんつゆを卒業?

 

「はい!いまは、白だしです。 白だしを使うと味がしっかりして

料理の幅が広がります。

これ(手に持っている、炊き込みご飯おにぎり)も、夕べご飯を炊くときに、白だしを入れて、お酒、お醤油を少し入れて、後は揚げとか具材を煮たのを入れて一緒に、かまどさんで炊き込みました。」

 

ううう。おいしそう・・・。

 

いいじゃないですか。さりげなく料理している感じ、素敵です。

彼女の「白だし宣言、めんつゆ卒業宣言」を聞いてからというもの

スーパーの棚で、白だしを眺めては、

「ふーん。」と気になって仕方がありません。

 

 

sirodashi.jpg

 

 

ちょっと宮崎駿アニメ風になってしまいましたが、きっぱり「白だし」宣言をしている

シンタクの様子は、上の絵のような感じでした。

 

 

2012年06月19日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

4コマ漫画家 原永幸子 誕生!

ヤスナガとシミズが隣の島の席で、ずっと話している。

話題は、あるプロジェクトで、キャラクターを作らなければならないとか

4コマ漫画を描かなくてはならない、とか

何か制作の話のようだった。

 

あまり関係のなさげな話だったので、私は耳に入れないように自分の仕事に集中していた。

 

ところが、時々、

「それはfukuハラさんに描いてもらえばいいですよ。」

「タダだし。」

「いよいよ、fukuハラさんですかね。」

 

などと、ちらちら私の名前が出てきたようで、

「?」とそっちの方を見た。

 

ヤスナガが得意そうに、私が4コマ漫画を考えて、fukuハラさんが描くのはどう?

藤子不二雄みたいに、合作するんですよ。

 

作:ヤスナガユキエ  絵:フクハラジュンコ

 

みたいな。

 

藤子不二雄みたいに、ペンネームを・・・・。

 

 

あ!そうだ!

 

原永泰子っていうのは、どう?

 

と、勝手に話続けていた。

 

 

 

どうって。

 

私はよく、カツゼツが悪いせいか、フクハラです、と言っても

「ねぇ、フクナガさん」と呼ばれることはしょっちゅうあって、面倒なので

もう、訂正はしないことにしていますわ。

 

でも、原永って、新しい・・・・。なかなか聞いたことない名前ですね。

 

 

福永泰子というのもいいけど、原永の方が珍しいでしょ!?

 

というヤスナガの意見で、新ユニット、ペンネーム「原永幸子」が誕生してました。

 

 

 

haranaga.jpgまだ、一作品も作ってないけど、我々は、4コマ漫画家らしい。

 

これから、がんばっていきますので、ご期待ください。

 

あ、ゆきん(ヤスナガのこと)さん、字画はチェックしておこうか。念のため。

 

 

 

 

 

 

 

2012年06月12日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

ほどほどにしないといけません!

今月も席替えがあり、私は移動しなかったので先月に引き続き、窓側の席。

対面は、ヨシダになりました。

 

昨日の昼下がり。

静かに私は、自分の席で作業をしていると、

ヨシダが不思議そうに、じっとみて、つぶやいた。

 

「fukuハラさん、なにを描いてるんですか?さっきから真剣に・・・。」

 

 

0608_1.jpg

 

 

 

0608_2.jpg

 

 

 

0608_3.jpg

 

 

 

0608_4.jpg

 

 

と、まぁ、こういうわけです。

 

ヨシダから見てみれば、

えらく真剣に絵を描いているから、クライアント依頼案件かと思ったら、

なんだ、フク笑いの挿絵だったのか!?

という、まさかの結果。

 

私に依頼がある方が、まさかの驚きなのですが、お互い、驚きあったということで

よしとしましょう。

 

ヨシダの驚いた顔と、その後、うっかりつぶやいた一言が印象的だったのですが、

それくらい、一生懸命フク笑いの挿絵を描いていたように見えたのでしょうか。

凝りだすと30分はかかっているので、それは、なに、

30分遊んでいるように見えるかも知れない。

 

いやー、ほどほどにしておかなければ、いけませんね!

フク笑いも。(今週は頑張って毎日更新 ^^)

 

2012年06月08日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

青虫に対して自由すぎたチンゲン菜の行方・・・

大量の山のような虫食いチンゲン菜を目にして、途方に暮れ、

とりあえず、半分はよく洗ってキッチンに並べておき、出社してシミズとヨシダには、チンゲン菜をプレゼントしたのは昨日。

仕事が終わって帰宅後、キッチンに並んだチンゲン菜の山をみて、ため息をつき、そして残った山を水洗いはじめたら、不安になった。

こんなに葉が虫食いになっているのを、人にあげてもいいのだろうか?

ちょっと気になって、実家の母に電話をかけてみた。

 

「そうよ!じーちゃんが持ってくって言ったから、そんなに虫が食ってるのをあげたら、

大変だからやめときなさいと言ったよー。

大変なんじゃけ、小松菜なんかは、食べれるのだけ残して、キレイに水洗いして熱湯でゆでて、そうしてやっと人にあげられるんじゃけ。夜の1時までかかったよ。」

 

yasai1.jpg人に配るのやめようかな・・・。

それでも、チンゲン菜の山をこのまま放置してもおけず、やっぱり、小分けに袋に入れて、誰か欲しい人がいたら配ろうと考えて、今朝は4袋持参して出勤した。

 

プラスなプレス編集部の皆は、こんなお野菜、気持ち悪がって食べてくれないだろうな。

迷惑だよな。

そう思うと、昨日計画していたように、他のメンバーにもチンゲン菜、渡せなかった。

 

ハウスのキッチンで仕事をする時間が毎朝ある。

今朝のキッチンの早出の二人、モリグチ、ナカモトさんのオープン前仕込みの作業を見ていたら、さすが料理をお仕事にされているだけあって、手際良い。

 

もしかして、この料理人たちに依頼すれば、虫食いチンゲン菜も家庭での食材として使ってもらえないかな?

「青虫がたべてるけど無農薬のチンゲン菜、いります?」

 

と聞いて見る。すると、二人は、え?いいんですか?いります、いります!もらいますー!

と喜んでくれた。

 

何度も念を押して、「虫が食ってるから。すごいから。」と牽制もしてみたが、

 

「私、人生で断ったことありませんー!」とモリグチ。

「ほんとにいいんですか?」と繰り返していうナカモト。

 

いいんですよ!こちらこそ、ありがとうございます!

でも、家で包をあけて びっくりしないでね!!

 

 

yasai2.jpg 

 さて。明日は、小松菜だ。どうしよう。(ほうれん草ではなくて、小松菜の束もありんす)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2012年06月06日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

じーちゃん、無農薬野菜すぎ! の巻

私の父だから、孫のいる立派なおじーちゃんなのですが、いなかの畑が遊んでいるのはいけないということで、素人ながらも野菜作りに精をだし、月に何度か車でいなかの畑に通って草取りをしたり、野菜のお世話をしています。

 

先日、物を届けに来てくれたついでに

「そういや、チンゲン菜やほうれん草、食べるか?昨日たくさんとってのー。

無農薬じゃけ、虫がいっぱいくっとるけど。 食べる?

たくさんあるんよー。」

と話してきました。

 

「いいよー。たくさんあるなら、近所の人や、会社の人に配ってあげるし。もってきんさいー。」

というと、

「じゃ、簡単に水で泥をあらった程度じゃけの。よー洗うんで。」

そう言ってじーちゃんは帰っていきました。

 

 

昨日、家に帰ると、玄関に、どーん!と野菜が入った白い大きなビニール袋と、野菜が包まれた新聞紙のかたまりが置いてありました。

開けると、ビニール袋には、チンゲン菜が、山ほど入っていて、

手に取ると、

「なんじゃ、こりゃー?!」

 

虫がくっとる、というか、虫が食べていない葉はないチンゲン菜の方が多い、驚きのチンゲン菜袋!

ほうれん草も同じく、新聞紙を開いて見ると、ほぼほぼ葉を食いつくされ、茎の部分に多少葉の残りがひっついている程度かと思われました。

 

「じーちゃん!無農薬って、いうけど、青虫に対して、自由すぎ!」

 

山ほどあるチンゲン菜、これ、さすがにご近所には配れない。

そうかと言って、捨てるにはもったいない。朝食にベーコンと一緒に炒めて食べたら新鮮でおいしい。

ほんとに無農薬なので、安心と言えば安心野菜。

 

そこで、今朝がた、丁寧にチンゲン菜を洗い、新聞紙に包んで、

本日は、朝早く出勤仲間の、シミズとヨシダに、まずは、プレゼント。

 

「無農薬のね、小松菜いる?」と言ったら、シミズが

「小松菜? 好き好き!食べるよ」と言ってもらってくれました!

 

間違えた!小松菜でなくて、チンゲン菜だった!と気づいたのは午後だけど、ま、あの葉っぱの虫食い状態では、チンゲン菜か小松菜か、あまり違いはないように思われまする。

 

明日は、一人暮らしチームの、ムツラ、シンタクと、料理をしないヤスナガ、食材にうるさい、さとうデスクに、青虫に対して自由すぎた野菜をプレゼントしてみようと思います。

 

munouyaku1.jpg

munouyaku2.jpg

munouyaku3.jpg

munouyaku4.jpg

 

 

2012年06月05日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

祝!シミズ日経デビュー!!

あれ? 

走るオンナ倶楽部に、「日経新聞を見て・・」という人が登録している・・・。

もしかしたら、この前取材されたシミズさんが、日経に出たのかな?

ちょっと買ってきます!!

 

と、昨日の午前中、シンタクが気づいた。

そして、シンタクは日経を買いに走った。

 

そして、オフィスに戻ってきて、

「見て下さい! おっきく載ってますよー!シミズさん!」

と、紙面を広げて見せてくれた。

 

日経広島版で、大きく、

走るオンナ倶楽部で、仕掛けるオンナ風に、ハーストーリィプラス取締役 シミズマユミ と

写真付きで、インタビュー記事として掲載されていました!!

 

 

 

0531nikkei.jpg

 

 

すごい!すごいですーー!!

シミズはね、忘年会だか新年会だったかに、今年の目標は、「新聞に載ること!」

と、新聞に取り上げ有られるようなことをして、本当に新聞に載りたい!と掲げていたのです。

本当にこんなに早く実現しました。5月31日ですよ!!

 

新聞記事を駆け寄って見つめる私たち部員。

 

 

 

nikkei.jpg

 

自分が購読している新聞に、自分が掲載されるって、どんな気持ちなんでしょうねー。

当の本人は、福岡に出張して、リメイクファッションショーしてましたよ。

すごいですね、全国をあちこちしてますね。

ついでに言うと、3月末は、イタリアをあちこちしていましたよ。

グローバルですね!

 

一方、独立して新聞によく掲載される、さとうデスクの最近の悩みは、写真写りが悪いことだとか。

「この写真、後で自分で送ったんだって・・。いいねー。自分で送るという手があったかー。」と

別のところでも、感心していました。

 

デスク、次回は、その手で!

 

とにかく、日経広島版、5月31日紙面に、シミズあり!!ですよー。

 

 

 

 

2012年06月01日
愉快な編集部員ネタコメント(2)

どんなピンチも切り抜ける。プラスなプレス部員の活躍

ハーストーリィハウスで開催中の、ごぼうdeごほう美フェアですが、

関係者、お客様、皆様のおかげ様で、毎日たくさんの方がいらっしゃっています。

そのため、なんだかんだとハウスのお手伝いに入っていたため

フク笑いを更新する間もなく、ネタを拾う間もなく、あっという間に1週間以上が経ちました。

 

今日もヘルプに入ろうかな―、なんて思っていた朝。

キッチンのスタッフが「今日、食器洗い機がうごかないんですよ。しょうがないから手で洗います。

メンテナンスはランチが終わって落ち着いたころでないと場所的に無理だから・・・。」と

困った風。

 

それは大変!キッチンスタッフが料理を作って同時に洗う?

それで、お皿が回らなくてお客様を待たせてはいけない!

 

このような緊急イマージェンシーの場合、プラスなプレス編集部はヘルプ部隊として

活躍します。

 

交代でハウスに出て、とりあえず食器洗いはプラス部員で担当。

おかげさまでランチの込み合う時間帯には、お皿をとめることなく、

いや、逆にチームプレーでいつもよりお皿がすばやく準備できて

大活躍?!

 

1人がずっとどっぷりは席を外せないけれども、30分や1時間ずつの交代なら

ヘルプに入ることができます!

こんなアクシデントは初めてだけど、なんとかなりましたー。

 

ヨシダから

「私、昔、居酒屋でバイトしてた時は、そのお店、食洗機がなかったんですよ。

皆で空いたときに洗ってました。」という話を聞いて

「え?なら、いま私たち、やれるじゃん!」と、急にパワーがこみ上げてきました。

 

もちろん、夕方にはメンテナンスが来て下さり、食洗機は復旧。

ピンチを切り抜けたのでした。

 

saraarai.jpg

2012年05月29日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

【続】突然ですが、われわれ、パルコ前にて宣伝します!

続編です!

一昨日のフク笑いの「突然ですが、われわれ、パルコ前にて宣伝します!」の続編です!

 

前回のフク笑いでは、ハーストーリィハウス×ごぼうのひみつプロジェクト

ごぼうdeごほう美フェアが5月21日(月)から6月3日(日)まで開催するにあたり

広島テレビの旬感テレビ派の5時40分ごろにある「まちかど伝言版」にて

45秒のお時間を頂戴して、フェアの宣伝、告知をすることになったことをお伝えしました。

 

今日はその当日です!

昨日、リハーサルを簡単にでもしようか、と、あじかんNカノさんと、ヤスナガ、私で予定していたのですが、ヤスナガが急に腹痛で倒れ、お休みをすることに!

ヤスナガが宣伝トークをする担当なのですが、

ピーンチ!

 

結果、Nカノさんと私は電話打合せ、そのまま台本の練習をこちらでやっといてくださいね。ということでリハは流れ、今日の本番を迎えました。

 

ヤスナガは出社するのか?? 

 

イエス! 今朝、真っ青な顔をして、それでも出社してきました!

どうやら、食あたりと言われたようですが、本人、まだ絶不調のようです。

それでも、もちろん連れて行きます。

今日の宣伝のトークは、ヤスナガなのですからっ!!

 

さて、私の方はといいますと・・・。

 

 

テレビの録画です!!

録画問題を解決しておかなければ、前回の録画削除の二の舞です。

 

 

まず、今朝、子ども達に言いました。

 

「母さんはね、今日広テレのまちかど伝言版で、パルコ前に集合して、テレビに出るからね!

5時40分ごろらしいから。生放送よ!

見てね!!」

 

と、しっかり言いました。

 

中1の長男は、入学後初めての定期テスト2日目なのですが、普通お母さんは、

「定期テスト、がんばってね!」と言うべきことなのでしょうが、

息子の定期テスト<自分の会社のテレビ出演 の割合で比重が右に高い母親。

迷惑そうな長男。

 

ま、ええわ。

 

おバカな二男は、「なんでー!?なんでかーさん、テレビに出るん?」

それはね、仕事だからだよー。と、自分、女優か?ぐらいなノリで答える母親。

 

ほんとは、1秒も映らないかもしれないんだけどねっ。 

 

 

次、録画です。よーし。証拠写真だ。

 

hirotv1.JPG

 

出演は、45秒だが、一応、2時間録画しておいたぞ。よしよし。

 

 

そして、大事なことをしておかねば。テレビにメモを貼りつけるのだ。

 

hirotv2.JPG

 

子ども達には、局名と、チャンネルの番号と、時間と、見てねー!というメッセージを。

 

hirotv3.JPG

 

そして、カス夫は、今晩のみだから、私たちの方が帰宅が早いのだけれども、

それでも念のため。

私たちが寝静まったころに飲みから帰宅したカス夫が、テレビを見ながら

録画を消すかもしれぬ。

hirotv4.JPG

 

 

さーて。これだけの段取りをしたのは、今朝の話。

 

そして、これから、パルコ前の近所で仕事している私の母親に電話をして

見に来てね!と伝え

さらに、これからフェイスブック、プラスなプレスの「一日いち広島」のツイッターにも一応、ご報告をして

お時間がある人には、ご覧になって頂かなければならない。

 

45秒、一切私が映らないかもしれないのだが、(だって、ブースカじゃないですか・・・)

ヤスナガと、顔が小さい族カワムラ、あじかんNカノさんのために、

フェアの宣伝の、これまたPRのために、直前まで努めようと思う。

 

 

2012年05月18日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

突然ですが、われわれ、パルコ前にて宣伝します!

ただいまハーストーリィハウスでは、5月21日(月)から始まる

ごぼうdeごほう美フェアの告知準備中です。

今日は、ハーストーリィハウス店内にポスターを貼りました。

トイレの中にも貼りました。

レジ横にはチラシも設置しました。

明日のハーストーリィハウスブログにも、告知記事がアップされるよう

セット完了です。

これがチラシです。

 

gohoubi_tirashi.jpg

 

 

ごぼう茶を開発販売しているあじかんさんと一緒になって

ごぼうづくしのランチメニュー、スィーツ、ごぼう茶のサービス、

広島では通販でしか購入できない「ごぼうのひみつ」シリーズの

ごぼう茶、ごぼうスープ(ポタージュ)を販売!など

ごぼうを食べて、アンチエイジング!腸キレイ!

というイベントを2週間やってみまーす。

 

あじかんのご担当のNカノさんの、

「私、広テレのまちかど伝言版、出演交渉します。」という声が

実現となって、(やり手だなー)

気がつくと私たちも一緒にパルコ前にて、ごぼうdeごほう美フェアの

告知をすることになりました!

 

Nカノさん、ヤスナガ、そして、私?え?私も?

ちょっといいのかな?

もう少し若手も入れておきたい!と無理やりハウスのキチンスタッフの若者

カワムラをひっぱって、4人で仲良くカメラに映ることになりました。

 

しかし・・。

 

 

カワムラは、よい。顔が超小さくて、いま好評上映中の映画、「テルマエ・ロマエ」風にいうと

「顔が小さい族」。

 

ヤスナガは、デビルヤスナガだから、どこでカメラに映ってもデビルヤスナガ。

 

私は、母でブースカだからなぁ。

なるべく黙ってパネル持っておこう。

顔は隠しておこう。

こんな感じになるのかなー?想像。(ハウススタッフに化けてエプロンなどしちゃいます)

紹介は、台本によるとヤスナガがしゃべります。お楽しみに!

 

matikado.jpg

生放送のこの番組コーナーは、5月18日(金)17時40分ごろ 広島テレビで!

MCは松本裕美子さん。

仕事中の方は、もちろん録画で。

テレビには「録画を勝手に消すな!」の張り紙も忘れずに!!

 

 

 

 

 

 

2012年05月16日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

もう一人の悪魔

飲み会のときは、楽しい話題がてんこ盛りで、大いに笑い、大笑いし、涙を流すまで

笑ったりする。

そして、これは、フク笑いのネタだ!!

と、盛り上がりに盛り上がる。

 

しかし、さて、飲み会が終わった後、振り返ってみれば

あれ?

何が面白かったんだっけ?

ということがよくある。

 

飲んでいるときは、箸が転がってもおもしろい少女時代なのだが、

翌日、しらふの素に戻ると、そんなに泣くほど、おもしろかったかなー?

というふうに急に大人になるのだった。大人時代にもどるのだ。

 

前にあった、大爆笑した飲み会のコト。

その場で、フク笑いのネタの備忘録のためにと、ヤスナガが携帯メールに箇条書きをして(酔っぱらっているのに)送ってくれた。

翌日そのメモの箇条書きを眺めるも、確かにそんなキーワードで大爆笑したけども

さーて、おもしろかったかなぁ???

せっかくのヤスナガのネタ書きおこしメールを、さらーっとしか活用せずにいたところ

ヤスナガが根に持ってしまった。

 

「あれは、ひどかった。fukuハラさん。せっかくメールしたのに。

そんなら、こんど、フク笑いをジャックしちゃおう。

私がフク笑いを乗っ取ります!!」

と言い始めた。

 

「そうだ!そうだ!フク笑いをジャックだ!」

彼女の中では、フク笑いのっとり作戦ができあがり、「裏フク笑い」とか、なんだったか

他にもジャック用タイトルを考えては、叫んでいた。(酔ってるので、覚えていないのですが)

 

意地悪そうな目つきをしたヤスナガは、

ムツラに続き、飲み会中、私には悪魔と差し向かいで飲んでいるようにしか

見えませんでした。

 

むむぅ。 

絶対、ジャックは許さん!

 

 

 

 

中2病、目前の、うちの長男のコトを、

「子どもってのはね、上から押さえつけたら

横にびょ―んと出ちゃうんですよ!!

びょ―んですよ!」と、怖がらせる悪魔、ヤスナガの様子を記憶を掘り起こして

描いてみた。

 

 

 

debiru_yasu.jpg

 

2012年05月15日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

目が数字の3のアニメキャラって・・・

先週末の金曜の夜、プラスなプレス編集部では、公式飲み会を開かれた。

ヨシダ君、お帰りなさい&くらしマルシェ/365オープンおめでとう会というテーマを一応持っていた会だった。

仕事を終えて、お店に移動する道中、ムツラは、

「今日はやばそう。もしかすると寝るかもしれない・・。」と漏らした。

そう、彼女は疲れ切っていた。

 

やむをえませんよ。それは。

だって新しいお店がオープンしたばかり。しかも、前日はオープニングのおひろめ会もお店でやったばかり。

疲れがとれず、アルコールが入ると眠ってしまうかもしれないと言うのはいたしかたない。

 

そしてお酒がすすむにつれて、予想通り、眠気に負けた彼女は座ったまま目を閉じて

眠り始めてしまった。

 

それを見て、シンタクは

「先輩、やばいっすよ。あの姿勢のままで眠ってますよ。

ほら、もう目が数字の3ですよ。

3!」

と、空中で数字の3を何度も書いている。

 

「キテレツ大百科ですよ。キテレツのじんべい!」

と、目が数字の3の状態になっている人をアニメのキャラに例えると

キテレツ大百科のじんべいだと言い始めた。

 

キテレツってわかります?

と言い、こちらに確認してくるも、私はその頃はテレビのアニメに卒業をしてしまった頃

だったので、全く興味がなくて、ドラえもんによくにた丸いキャラが主人公だなくらいな

イメージで、全然わからない。

 

数字の3?

キテレツ・・・?

 

きょとんとしていると

「キテレツを知らない?ダメですよー!じんべいでググって下さい。

目が3になっていますから。」

 

と、アドバイスをくれた。

その後は、キテレツをコロコロで読んだ世代のシミズと、テレビアニメで観た世代のヤスナガが、

作者は藤子不二雄だ、いや、藤子・F・不二雄だ、と意見を戦わせて

スマホで調べていたなぁ。

 

こんな調子で、最初のお帰りなさい&新店舖おめでとうというテーマについて

いっさい触れることなく、飲み会が続いたものだ。

ま、こんなものだ。私たち。

 

 

jinbei.jpgさて、

いま、その時のことを想い出し、先ほどから仕事の合間の数分で、

キテレツ大百科のじんべいといういう男を探して検索をするのだが

いっこうにそれらしいキャラが出てこない。

 

もしかしたらじんべいでも、キテレツでもないのかな?

聞いている方も、聞いている方だ。

 

 

※補足

キテレツの「じんべい」ではなく、「べんぞう」が正しい。

シンタクが「べんぞう(勉三)を検索してください!」と言うのを脳内変換し

「じんべい」と記憶したと思われる。

このような事象を、飲み会時脳内変換現象と言う。

ぺんぞう、でも、じんべい、でも、どっちでもいいわ、くらいな気持ちで

アドバイスを聞いていると変換されやすい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2012年05月14日
愉快な編集部員ネタコメント(2)

母でもヨシダ

今日の朝礼の司会は、ヨシダだった。

ヨシダは、いつものように今日の社員の予定を発表させて、確認をした。

そして、最後に、今日の一言をコメントするのだったが、

デスクもムツラも席をはずしていなかったことだし

という雰囲気になって、何気に割愛(※注)の方向にもっていこうとした。

 

 

※注 割愛とは

 

これは、朝礼の後に、来客や打合せがすぐにあって、予定が立て込んでいる場合

一言を話していると長くなるので、割愛する場合がある。

やむを得ずする場合もあるし、時々、発表者がネタがない時に、

用事もないのに、なんらか用をかぶせて、割愛することもある。

用・・・それは、朝礼に参加している人数が少ない時がその場合にあたるケースが多い傾向あり。

 

「今日はあれですよね。10時には来客ですよね。」(現在9時50分)」(ヨシダ)

 

「いや、来客は、10時半よ。」(シミズ)

 

「え・・・。そうですか。はぁ。」(ヨシダ)

 

「私も、昨日、何気に割愛した。」(助け舟 シンタク)

 

「今晩の『ヨシダ君、お帰りなさい会(※注)』で、発表したら!?」(助け舟2 ヤスナガ)

 

ということで、今晩のプラスなプレス編集部公式飲み会『ヨシダ君お帰りなさい会』にて

ヨシダの今日の一言は、発表されることになった。

 

※注 ヨシダ君お帰りなさい会とは

 

第一子出産の産休、育休を終えて、4月に復帰したヨシダのお帰りなさい会という名の

公式の飲み会。(女子会ではない。)

また、私たちは今晩飲むのです。昨日、くらしマルシェ/365のおひろめ会を行ったにも関わらず元気なものである。

 

「お帰りなさい会で、一言まってるよ!  『母でもヨシダ』で。」とヤスナガ。

 

またまた意味のわからない、キャッチフレーズ

『母でもヨシダ』

 

母になっても今までのヨシダのままだったという意味なのか、

どういうことなのか??

 

母になって、出産して復帰したら、保育園の送り迎えで本当に忙しくなるのだが

ペースをつかんでがんばってほしいところだ。

出産後もスタイルが変わらないのが、とてもうらやましい。↓

 

hahayoshida.jpg

 

一方、この度、5月からチャリ通勤に変えたエコライフを実行中の私の今朝の通勤風景。

今日は、風が半端なかったっ! スカート抑えながらこぐのに必死!

どうしたらいいのかな、スカートはけなくなるのかな!?

 

hahabu.jpg

 

え?ブースカなら、スカートはかなくてもいいって?

 

逆ですよ、はかなかったら、まんまブースカでしょう?

 

 

 

2012年05月11日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

後輩が悪魔に見えた瞬間

 

5月、GWも終わり、落ち着きましたので、恒例の席替えが行われました。

今回は窓際の席になり、対面はムツラでした。

右隣は、ヤスナガ。斜め前はシミズ。

以上4人島です。 あちらの3人島には、デスク、シンタクが並び、デスクの対面がヨシダです!

 

さて、対面のムツラが、昨日、めっちゃくちゃ意味のわからないふり方をしてきたので、

「後輩が悪魔に見えた瞬間」として、フク笑いにご紹介しまーす!

 

「あ!そうだ、fukuハラさん。」

何か思い出したように、私の名を呼び、さきほどゴミ箱に投げ捨てたくっしゃくしゃの紙を手に、続けて話しかけた。

「あのですねー。例の変更方法がわかったんですよー。

マニュアルがあってね・・・。

これ、要ります?」

手にしたくっしゃくしゃの紙には、ある業務上必要な作業の変更方法がメモされているらしい。

それを、欲しいかい?欲しいならくれてやるぞ?というような意地悪そうな目をして、 手で、ほれほれ、と私にむけてゆすった。

 

その変更方法については、以前から知りたかったのだけど、わからないため必要な場面が積み重なって山ほどになったらどこかに相談しないといけないという代物だった。

だから、ちょっとやそっとのことでは、対応ができず、いつまでも、放置したまま、作業をしている ところもあった。

 

それは、知りたいに決まっている。

 

「え?ほしいけど、そんなくしゃくしゃの紙で読めるの?」とまず、聞いた。

 

すると、

「これはね、ちゃんとこのノートに書き写したんですよ。」

 

ムツラは、自分のスケジュールノートを手でばんばんたたきながら、ここにその秘密の方法をキレイに清書しているのだとうっかり説明した。

 

 

!?

 

だったら、そのくしゃくしゃの紙を私にくれるのではなくて、そのノートをコピーしてくれたらいいんじゃないのか?

 

私は、そう言った。

 

悪魔は、へへへー!ばれたか―!

といった顔つきで、そのくっしゃくしゃの紙を再び、ゴミ箱にほおり投げた。

そして、そのまま決してコピーを私にくれようとはしなかった。

 

 

悪魔だ、悪魔がきた。

いつから、あいつは悪魔になったんだ?

 

 

 

 

 

 

 

kami.jpg

2012年05月09日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

くらしマルシェ/365 の通称について

 

0marushimaLOGO320.jpg

いよいよ、4月29日(日)に、プレオープンとなりました、

ハウス2号店と言うべき、「くらしマルシェ/356

お惣菜いやテイクアウト、マルシマさんの健康的なこだわり食品、目利きが選ぶ雑貨が並ぶお店となります。

スタッフの私たちもウキウキ、オープンを楽しみにしています。

 

ところで、店名ですが

「くらしマルシェ/365(サンロクゴー)」と読みますが、ハーストーリィハウスを、ハウスと略して呼ぶのと同じように、こちらも通称が自然にできあがることでしょう。

 

何も知らない目で見ると、くらしマルシェ1356 と、スラッシュ/ が、1 に見えてしまうようだという話も小耳にはさみましたが。

 

そこで、いくつか、通称の案を書きだしてみました。

 

くらし、  マルシェ、  365、  くらしマルシェ、  くらマル、  新店舖(名前がよくわからなかったときは、新店舖とか、以前の店名を呼んでましたっ)

 

さ、どうでしょうか?

 

こんなとき、深井ママに聞いてみて、ママが呼ぶ名称が一番よいのかも・・・。

そんな気がしています。

 

ママが、「向こうのお店、えーっと、『くらし』ね、そっちに置こうと思うんよ。」

と、言っていたら、『くらし』だと思います。

 

 

kuramaru.jpg

 

2012年04月26日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

プラスの不思議な人達「そもそも、これは仕事なのか?編」

昨日、シンタクの「会社的にありかなー?は『なし』基準」のお話をフク笑いでご紹介しましたが、

なかなか読者の関心が高かったようで、何よりです。

え?こんなスタイルで仕事をできるの?

そういう想いもよぎられたかと思います。

そもそも、こんなことしていますが、それは仕事なの?

服装だけでなく、していることが、そもそもそれは、仕事なのか?

今日は、そんなテーマでフク笑いをお届けします。

 

★研究会の取材に、「そもそもそれは、仕事なのか?」バージョン。

 廿日市の公園で、棒にぶらさがる、シンタク。

それ、仕事?

 

sigoto1.jpg

 

はい。これは、お散歩研究というカテゴリに属します。

先輩、ヤスナガの命により、そのぶら下がり棒にぶら下がれ!ということで、

素直に若手社員は従うのです。

 

 

★研究会の取材バージョン、それそもそも、仕事?

 逆ナンと、違うの?

 

sigoto2.jpg

 

西区の福島町にある消防署に取材中のシミズ。

カメラを首にかけて、取材風だが、お兄ちゃんに声をかけているようにも見えます?

 

はい。仕事です。

消防署の職員に、インタビューです。

 

 

★研究会の取材バージョン、それそもそも、仕事?

横川の高架下、恭子の店のママと?

 

sigoto3.jpg

 

どこのテレビ局さん?と取材中に話しかけられ、勝手に研究会の説明をしているシミズ。

ママが45歳だと言う言葉に、言葉を飲み込みつつ。。。

 

はい。仕事です。時には高架下の店にも潜入、しかも費用は自腹です。

 

 

★研究会の取材バージョン、それそもそも、仕事?

 納豆 200回混ぜるって・・・?

 

sigoto4.jpg

 

はい。仕事です。

納豆の食材を研究すると言うテーマで、納豆を100回、200回、300回、500回・・・と

混ぜる回数を増やしていくと食感や味がどのように変わるのか、まじめに研究。

それは、ムツラの仕事でした。

 

 

★フク笑いの執筆と更新、それ、そもそも仕事? 

 

sigoto5.jpg 

はい。

何度も言いますが、これは、仕事です。

朝一番で絵を描いたり、昼休みに更新をしていますが

社員の様子を公開し、世界中の人に、プラスなプレスの社員の人柄を、

幅広く知って頂こうという目的の元、地道に更新をしています。

お絵かきをしているのではありません。

 

 

 

 

2012年04月24日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

通勤スタイルの、「あり」基準

通勤スタイル。

制服のないOLさんは、毎朝悩むところでしょう。

会社で制服はなくとも、紺とか黒とかお色の統一があったり、

スカートオンリー、パンツNGなど、職場によって基準があるかと思います。

 

私たちハーストーリィプラスは、そこの基準がたいへん難しいです。

まず、社長の通勤スタイルが、アーティストなもので。

靴は、ぜったいに外国製の形がかわった皮靴や、かかとのない平べったい靴。

コットンパンツあり、ギンガムチェックのシャツあり、長ーいスカートあり、巻き物あり。

これが社長なのです。

後に続く社員は、なにを基本として、通勤スタイルを定めるべきなのでしょう?

 

そんな通勤スタイル基準に、20代の社員、シンタクも悩むところです。

韓国弾丸ツアーを友達としてから、韓国で激安の衣装を買いこむ楽しさをしった

彼女は、時に、その仕入れた服で通勤したりします。

冬の頃は、500円しなかった激ミニスカートを履いて来てました。

 

先日、黒字に白のドットのパンツを履いてきました。

ちょっと目立つし、友達からは、ミニーマウスみたいと言われたパンツらしく、

でもこれも、480円位で買った、いいお買物らしかった。

 

「ちょっと会社的に、ありかなー?って思ったんすけどね」と恥ずかしそうに話したところ、

すばやい上司シミズの突っ込みが。

 

pants.jpgまず、シンタクの通勤スタイルの基準は、こういうことだそうです!

この日のスタイルは、勝手に研究会の廿日市研究でご覧いただけます!

こちらです!↓

http://www.hs-plus.jp/kenkyu/2012/04/post-359.html

 

 

 

と、書いている私はどうかというと、春の服も買物に行けず、

今日もまた、参観日スタイルで通勤しています。

先日は入学式で、今日は参観日でーす!

 

 

 

2012年04月23日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

録画削除問題、改善提案

昨日のフク笑いで、我が家のはずかしい夫婦喧嘩をご紹介しましたが、

全国の奥様方に、こんなときどうします!?と呼びかけたものの、

誰からも、ご意見をいただくコメント、及び、メールをいただくことがなく、

寂しく思っております。

 

しかし!!

 

楽しみにしていた、しかもハーストーリィハウスのけっこう長い時間、放送をしてもらったであろう

番組が録画セットを削除されていたことについて、振り返り、今後同じような失敗を

繰り返してはいけないと、夫婦間で前向きに、改善を検討しました。

 

まず、初歩的な改善案。

消す前に聞く。

 

rokuga1.jpg

 

人として、当たり前のことだと思いますが、なぜ、消す前に聞かない?

「だって、前の履歴が残っていて、変な番組が録画されていることがあるし・・。」

 

んだから、聞けっていってるでしょーが!?

 

 

 

 

次に、夫からの、カス提案が。

 

 

 

 

rokuga2.jpg

 

 

いちいち、私は紙に書いて、テレビに貼りつけておくのでしょうか?

ありえません。

こんなデジタルな時代に、アナログすぎませんか?

 

 

そう思って、思案していたら、もともと家族間のコミュニケーションツールがないから

こんなことになったのだ!とひらめき、うちの会社にいいものがあるよ!と思いました。

 

ただいま、発売中のタブレット端末「A touch Ru*Run」です!

 

るるん、には、家族のスケジュールがありました。

ここには、いま、「おねぇちゃん」の予定が入っていますが、その左に「おかあさん」がありますね。

 

rurun1.JPG

 

 

ここに、録画予定をいれちゃいましょう。録画のカテゴリがないので、映画のマークを代用します。

 

rurun2.JPG

 

そうすると、おかあさんの週間スケジュールにも、家族全体スケジュールにも、マークが出てきて、

「あれ?おかあさん、なにか録画してるぞ?」と気づけばよいわけです!!

 

 

rurun3.JPG  

 

 

わははー!

どーだ、カス夫め、これで、録画削除問題は、解決しただろうよー!

わっはっはっー!!

 

すると、カス夫が、あることに気づきました。

 

 

rokuga3.jpg

2012年04月19日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

しょっちゅうやります、夫婦喧嘩。

最近、ハーストーリィハウスは、取材を受けてテレビ番組にご紹介される機会が多いのです。

雁木組さんの雁木タクシー、さくらクルーズの「さくらごちそう弁当」は、お弁当がメインだけど、テレビに映りました!

また、昨日は、毎週火曜日はスイーツディ、水曜日はパンの日!と、継続していた曜日限定サービス。

この曜日限定サービスをしているお店として、RCCさんの「イマなま3チャンネル」の取材も受け、

桑原しほりさんとか、いらっしゃって、けっこう2時間くらい取材をしてもらったので、放送日はとても楽しみだった。

 

それが、昨日だったので、朝から録画をセットして出社。

 

 

家に帰って、家事がひと段落し、テレビの録画を見てゆっくりしている夫に

「今日、録画してるから、今から見るからね!」というと

 

「あ、変なのが録画されてたから、消したよ。さっき。」

 

えええー!

 

そこからは、夫婦喧嘩の勃発です。

というか、私が一方的に腹が立ち、怒鳴りまくったのですが

敵は涼しい顔。

 

これは、仕事のがらみの録画であって、今朝、せっかく録画をしたに、なんということをするのか。

と、言っても

「そんなに言っても、消したものは、もうありません。」

と、繰り返すばかり。

 

 

kesita.jpgぬおーーー!

こういうとき、どうしますか?全国の奥様方!!

 

 

 

 

2012年04月18日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

走るオンナ倶楽部は、盛大だったけれども。。。

走るオンナ倶楽部のパーティが先日、Suzu Cafe さんで盛大に開かれました。

100人を超える女性たちが集まり、テーブルに分かれて、食事をしながら

テーマについていろいろお話をするという。

たくさんの好奇心旺盛な女性たちが集まったので、それはそれは楽しいイベントでした。

 

しかし、私は会場に一歩足を踏み入れて、失敗をしたことを実感しました。

 

このイベント、何か粗相をしてはいけない・・と

思って、服装に気を付けていたら、

できあがったスタイルは、あら?どっかで見たな、あ、入学式!

 

違和感を感じつつも、家を出る時間になったので、やむを得ずそのまま出発!

そして、Cafeについて、みんなの服装を見て、顎が外れました。

 

が―ん!

 

あー!

 

みんな、かふぇーなスタイルで、TPOをわきまえているのに対し、

こちらは、「いま、入学式を終えてきましたから!」風。

ゆーたら、このイベントのあと、家族写真を撮影しに、写真館へ?

ぐらいな風。

 

仕方がなくそのままイベント進行されるまま、会場に居続けた私だけれども

こんな時の、気持ちは、

 

 

 

 

 

kuutyu.jpg

 

 

完全に、浮いてます。

 

 

 

 

 

 

 

2012年04月17日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

聞き捨てならない言葉を拾ってみた。

今朝、朝礼中に、いくつか私にとって聞き捨てならない言葉があったので、

拾ってみることにします。

 

まず、かねてから活動をしていたプラスなプレスの「勝手に広島レモン研究」を、広島テレビの旬感テレビ派のディレクターさんがたまたまググっていたら、たどり着き、

広島レモンを「おしい!広島」が賑わう以前から盛り上げているところを取材するというテーマにマッチングした。

 

そして、本日の午後、取材がいらっしゃるということに!

パチパチパチ!888!

 

そこで、レモンを研究している様子が絵として撮れたらいいね、という話になり

昨日シミズ達が取材した大崎上島でいただいたレモンもあるし、「絞ってレモネードなんか作っているところを撮影してもらったらいいですね!」と話したりしていたら、

さとうデスク「引きにして撮ってもらっってね。」

 

・・・え?あたし?  引き?

 

次の話題!

 

明日は、いよいよ走るオンナ倶楽部のオープニングパーティ。

注意事項として、スタッフは、ランチの間、ファシリテーターなので、あまり食べられない。

ということで、遅めの朝食を取ってきて下さいということを伝えるシミズ。

 

「遅めの朝食を、ぜひ!」と。

 

・・・え?あ、あたし? あぁ、将軍ね。

 

 

ということで、撮影にも絵的にNG、イベントにもお腹の将軍を暴れさせないようにという配慮が必要な私は、何者なのか?

そんなこと言って、聞き捨てならねー!

 

 

busuka1.jpg

 

busuka2.jpg

 

busuka3.jpg  

 

busuka4.jpg

 

 

に・・・似てるーー。

 

 

2012年04月13日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

走るオンナ倶楽部 パーティイベント打合せ中に、将軍登場!

4月14日は、走るオンナ倶楽部のオープニングパーティ!

ハーストーリィプラスは、そのパーティ直前に、スタッフ打合せを昨日行いました。

資料をもとに、役割分担、進行について、打合せです。

シンタクが、説明をしてくれている中、

まさかの、まさかの!

将軍が登場です。

 

将軍、それは、私のお腹の中に住む腹ペコ将軍です。

だいたい、いつも11時ごろに、「くー。」

「くー!」

「ぐるぐるグー!」

と、勝手にしゃべります。

しゃべるというより、吠えてきます。

 

昨日も、シンタクが

「・・・(説明)ということになります。」

 

と、話をし、その相槌を、まさかの、まさかの将軍が

 

「くーーーー!?」

 

はっきり言って、私は打合せ内容にまったく疑問も持っておりませんし、

何も意見する気もなく、静かに聞いていたのですよ。

なのに、将軍が、

「ということになります、っとは、どういうことやーーー!?」

ぐらいな疑問形で

「くーーー!?」

ですって。

 

そして、その叫びは、部屋中に響き渡り、部屋の対面に座っている

経理デスクのタムラさんまで、聞こえるという。

繰り返して言いますが、つまり、部屋中に響いたと言うことです。

 

それからというもの、シンタクは、スタッフの人数プラス、

もう一人、意見する将軍も頭数に入れて

打合せを進行しなければいけなくなったとか。

 

 

頼むよ・・・将軍。

 

syogun.jpg

2012年04月12日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

今年のプラスなプレス編集部のお花見は・・・

春らんまん! 今週はやっと桜が満開になり、風も日差しも春らしく、暖かになりました。

シミズが、「花見をしよう! 今日しよう!」と、思い立って声をかけてくれたおかげで

今年も、近所の公園で、お花見をすることにしました。

 

珍しくお弁当を持参した部員が多くて、ムツラがMJでお花見弁当を買ってました。

ついでに、花見と言ったら、おつまみとドリンク。

おつまみは、忘年会の抽選で大当たりした選べるギフトから、

平田牧場の生ハムを入手していましたので、買物部隊がチーズとクラッカーと、泡を1本買ってきてくれました。

 

仕事中ではありますが、年に1度のお花見のため、私たちの中では、泡ものは、公式です。

パブリックです。

ちょっとだけ乾杯して、お花見をにぎにぎしく開催です。

 

桜。満開。

 

 

hanami1.JPG

 

ちびっこしまねっこを手に、写真撮影を怠らないヤスナガ。

hanami_yasu.JPG

 

 

カンパーイ!

 

hanami_kanpai.JPG

 

 

今回はさとうデスクが間に合わず欠席となりましたが、こちらのメンバーと(含む、私)で

楽しみました。

 

 

 

hanami_minna.JPG

 

さて、何もなかったように、嬉しそうに食べたり飲んだりしていますが、

さすやヤスナガ。

 

乾杯をする前に、ワインの蓋をあけようとするも、

栓は、すっぽ―ん!と飛んでいき、

ものすごい勢いで弧を描いてとんでいったとな。

 

 

忘れずに掲載しておきましょう。

 

hanami.jpg

 

周りの花見中の人たちが、「ポン?」という目で、みーんな、こちらを見ていたぞ。

 

2012年04月10日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

イタリア土産 これ、なーんだ?

シミズが1週間お休みをとって、海外旅行に行ってきました。

ムスコのフブ君との二人旅です。

行き先は、イタリア!

美味しいものを食べに行くツアーで、イタリアの有名な街をあちこち回ったらしいです。

美しい建物、風景、美味しいものたちは、きっとこれから

シミズ担当の「今日の美味しいもん」に連載されるに違いない・・・・。

 

今朝、シミズが部員それぞれに、お土産をプレゼントしてくれました。

私には、このようなものが。

omiyage.jpg

靴?

いや、プラスティック製で、手の上に乗るくらいのサイズです。

4色、4つそろって、同じ形。

キッチン道具?

 

シミズからお土産の説明を受ける間もなく出掛けてしまった。

そこで、朝から、ヨシダと私はこのお土産を見て、なんだろう、なんだろうと。

 

 

 

「この底に、穴があいている。なんでしょう」とヨシダ。

「あ!わかった!これ、この中に茶葉を入れて、お茶をこす・・・。

でも、茶葉が出てしまいますね。この大きさの穴では・・。」

 

二人がずっと考えて、もしかしたら、エッグスタンド?

ということで落ち着きました。

 

 

戻ってきたシミズに、「これ、エッグスタンド?」と聞いたら

「エッグスタンド!」と、たぶんそう、みたいな顔つきで答えてくれました。

 

我が家にはもったいないオシャレなエッグスタンド。

我が家の家族が4人なので、そろえて買ってくれたのかな―!?

ちなみに、こんなオシャレなエッグスタンドを使った日には、

子ども達が大興奮して、エッグスタンドで、戦いが始まることでしょう。(なんでも剣にするんですよ)

あるいは、ゴルフごっこ。

 

 

 

 

 

 

2012年04月03日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

昨日の続き 戦い終わって日が暮れて

こんにちは!

今日もシンタクは朝から集中して仕事しています!

ところで、昨日の超集中モードで、仕事していた彼女ですが

夕方、ポキっと折れたように集中力が切れてました。

 

くくっていた髪をほどいて、

スマホを覗いていました。

 

よく見ると、パソコンの両脇に貼りついていた

蟹の足のような付箋の数も少なくなって。

 

張りつめた空気から、

暖かなそよ風が流れているようでした。

お疲れさま。

また、明日もがんばろう!

 

 

shintaku_yugata.jpg

 

2012年03月29日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

ものすごく集中しているシンタクの横で私は・・・

今月の席替えで、私はシンタクの横に座っているのだけれども

そのおかげで、シンタクの様子は朝からお昼ご飯中、そして夕方まで

よく見える。

そして、ここ最近、そう、この2,3日のシンタクの様子がちょっと違うのに気がついた。

 

何か話しかけてはいけないような・・・・

ものすごい集中力で、一心不乱に仕事をしているのだ。

 

特に、今朝外出しての打合せの後は、それは、4月14日の走るオンナ倶楽部のオープニングパーティについての打合せだと想像するのだけれども・・・

その会議からもどってきたら、しばらくすると、

パソコンの両端にピンクの付箋がずらーっと並んで貼ってあった。

猫のひげのようというか、蟹の足と言うか・・・。

 

 

syutyu.jpg

 

 

「付箋、すごいいね。」

っと、少し話しかけたら、

「いや、すぐ忘れるんですよ。だから。。。いや、そんなにすごいことないすけどね。」

と、言って、また仕事モードに切り替わったシンタク君。

 

その様子をちらっと見ながら、肉眼スキャンして、

こうやってイラストを描いている私は、なにしている人?

 

これでも、お仕事してる人!

 

 

2012年03月28日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

水屋の裏にダースベーダーが!

今日、プラスなプレス編集部の給湯室とも呼べない、

水屋というべきスペースで、マイカップを洗っていたら、

ついたての向こう側から、誰かが歩いてくる。

その歩みは、重く、そして、太い息が

「スー ハー スー ハー」

と続く。

 

私は驚き、マイカップを落としそうになった。

 

だ、ダースベーダー!!?

 

その息は、廊下の端から続き、水屋の後ろを通って、階段の下に降りて行った。

 

でも、よいこの皆、心配しないで大丈夫。

編集部には、ダースベーダーなんて、いやしないよ!

あれは、ムツラなんだ。

 

 dasubeda.jpg

 

 

なんで、あんなに、ディープな呼吸をして、廊下を歩くんだろうね!?

 

なぞだね!

 

 

2012年03月23日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

だいぶんお菓子が整理されてきました

ホワイトデーにお返しを、たくさんいただいて、

お菓子屋さんのようになったフリーデスクの上ですが、賞味期限の短いものから優先的に食べている編集部メンバー。

このあたりは、几帳面だと関心します。

 

毎日、これ、ぜったい太るよねー。。。とつぶやきつつ

お菓子に手を出している私たちは、いや、反面、このフリーデスクをキレイに片づけなくてはならないと言う使命感も感じつつ、いや、単にお腹がすいたら食べると言う動物的感覚で、手を出し続けています。

 

だいぶん整理されて、デスクの上はすっきりしてきました。

 

 

 

DSC_0552.JPG

 

ふと、今朝、デスクを整理していたついでに

気が付きました。

 

「からだにいいこと」という雑誌、5月号が立てかけられていて

特集テーマは

 

ダイエット不要!「太らない身体の作り方」

 

こういうテーマを気にしながら、お菓子をいただく私。

 

今日から、3階への階段は、駆け足であがろう・・。

 

 

 

2012年03月22日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

シンタクの新しい靴

シンタクが、いつだったか、新しい靴を買っていました!

彼女のお気に入りの黒いブーツは、すり減って穴があいて、それでも愛して捨てることが出来ず、

穴が空いたまま履き続けていたところ。

皆が、心配したせいか、最近新しい靴を購入していたのです。

 

それは、黒と茶色の混じった色で、つやがあり、紐はフレンジのようなふりふりしたアレンジのあるショートブーツです。控えめですが存在感を主張するブーツ!

 

そのブーツを履いたままのデスクワークは、ちょっと足が疲れると言うか、蒸れると言うか。

そのために、椅子に座っている間、ブーツを脱いでいるようです。

 

 

今日、訪問客があって、入口のピンポーン!がなったとき、

あわてて、ブーツを履いて飛び出すシンタクの姿が目に入りました。

 

半分、右足が出たまま歩いておりました。

 

sinkutu.jpg

 

 

この素敵な靴は、10数万円するらしいです!

そんな高価なブーツに片足つっこんで・・・。

すごいわ。

 

2012年03月21日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

雁木タクシー下見絶好調!シンタクも大満足。

昨日は、プラスなプレス編集部、4名で、雁木タクシーのクルーズに初参加してきました!

平和公園の原爆ドーム対岸、折りヅルの像の雁木から、出発して

のりこみます。

出発ー!

船長はベテラン、名物船長のジゲンさん。

 

DSC_0539.JPG

ヤスナガ、よけてくれたけど、写真にはいっちゃいました。

原爆ドームを川から眺めるのは、初体験!

 

DSC_0540.JPG

 

右手が基町でしょうか。

DSC_0541.JPG

サギの中州はジャングルみたい。

DSC_0542.JPG

工兵橋をくぐって、京橋川に流れ、あ!白石学習院の牛田教室を発見!中央の建物なのです。

ここにハウスの応援弁当をお届けしています。

DSC_0544.JPG

 

雁木組さんは、毎年桜のシーズンには、「さくらクルーズ」を運航され、

大好評なのですが、そのさくらクルーズにお弁当をつけて

今年は、「さくらごちそう弁当」を発売!

ハウスのオリジナルお弁当を召し上がって頂きます。こちら、チラシです。

 

sakura_gotisoubento.jpg

 

昨日のクルーズは、初体験な私たち。

広島生まれなのに、乗ったことなくて、

もったいなかった。

「昨日楽しかった―。あたし、知らなくて損してたと思いました。」とシンタク。

あのまま京橋でおりずに、吉島に戻る便でのせて帰ってもらったら

よかったかもといい、

「タクシーの代わりに、船で広島駅から帰るのもありかなっておもっちゃいました。」とのこと。

500円ならありだけど、1500円はなしかな。

でも、こんな風に川を下るシンタクを想像してみました。

 

gangi2.jpg  

この初体験の様子は、近日、「勝手に研究会」でご紹介されまーす!

 

2012年03月16日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

さくらクルーズの下見に、雁木タクシーに乗ってきます!

今日はまだ薄曇りの朝でしたが

午後には、プラスなプレスの美女軍団は、平和公園に出向きます。

 

雁木組さんが運航している、雁木タクシーにのって

さくらクルーズの下見に行くのです!

 

この春、4月のお花見シーズンは、雁木タクシーさんが運航するボートで川めぐりをしながら

お花見と、そして、陸に戻って桜の木の下で、ハーストーリィハウスが作る「さくらごちそう弁当」で

お花見弁当を楽しむと言う企画が、雁木組とハーストーリィプラスのコラボで

誕生しました。プラスのお知らせにも、掲載しています↓。

http://www.hs-plus.jp/news/2012/03/post-39.html

 

それで、今日はお試しにクルーズ体験をしてくることに。

シミズ、ムツラは出張のため、さとう、ヤスナガ、シンタク、fukuハラの4人で行ってきます。

 

gangi.jpg

まだ、3月は寒いですよ、体感温度は気温のマイナス2度くらい、と聞いたので

今朝は厚着してきたのですが、

日中は春っぽい日差しが・・・。

あら。ちょっと厚着が恥ずかしい。

 

雁木タクシーは、青、緑、オレンジの3色が目印のボートです。

このボートにのった美女軍団を見かけたら

手を振って下さいねー!

 

 

2012年03月15日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

注目すべきメッセージを発見

今日はホワイトデーでした。

2月に手作りのスイーツをいつもお世話になっている方へ

ご挨拶がてらお送りさせていただいた編集部。

そのお返しが、朝からどんどんと届きました!

昨年以上の反響です。

編集部のみんなもびっくりです。

「あれ?どうした?」

「なんで今年はこんなにいただくの?」

「申し訳ないね。。。」

 

感謝の気持ちで、FBやブログで、まるでスイーツコレクションができそうだと

ご紹介していますが・・・。

 

贈り物の中に、なにやら素敵な、実に真実味におびた、手書きのカードを発見した。

 

wd1.JPG

 

ナイス!

 

 

wd2.JPG

 

私も美女軍団の中に入れてもらっているかどうかは、分かりませんが、

軍団を代表しまして・・・、

嬉しいメッセージをありがとうございます。

 

 

 

2012年03月14日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

3人ゾーン

編集部の部屋には、大きな机が2個。

今は、3人ずつ一つの机に座っている。

そのため、2対1に分かれて対面に座っているのだが、

毎月の席替えで、1になる方が、よいにきまってます。

 

だって、その方が、面積が広く使えるから―!

 

今月の、私が座っている机のレイアウトは、これ。

 

 

desk.jpg

 

さとうデスクは、ちょっと使いすぎではないでしょうか?面積を!

シンタクに至っては、経理担当のエリアにまで飛び火してエリア拡大しています!

 

 

この人たちに一緒になった月は、私は、小さく小さくスペースを利用しています!!

 

 

 

2012年03月13日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

福山雅治似の訪問者がやってきた!

昨日の日曜日、ハーストーリィハウスに見慣れない方がいらっしゃった。

その方は男性で、黒いレザージャケットを着こなし、黒のサングラスをかけて

ハーストーリィハウスのハートのアイアンのドアノブを押して、

入ってこられた。

 

こんにちは。

これを、さとう社長にお渡しくださいますか。

○○○のOツカと申します。

 

そう名乗る男性は、どこか福山雅治似。

まちゃはるオーラを放ちながら、手に持ったオレンジ色の紙バックを、ホールのスタッフの

桃ちゃんに渡して、すっとハウスを去って行かれた。

 

まちゃはる風の残り香を残して・・・・。(まちゃはるフェロモンともいう)

 

すると、その様子を見ていた深井ママは、すぐにさとうデスクの携帯に電話をして

「オーナー!!

いまね、すっごい皮ジャンをきてサングラスかけた男性が、オーナー宛に

いらっしゃいましたよ!

あれ、誰ー?!!」

 

ものすごく興奮して、さとうデスクに話すも

デスクは、「Oツカさん!?それはわざわざいらしたの!?」とびっくり。

いつもお世話になっているお客様なのに、「あれ、誰!?」とは何ぞや。

 

こんなやりとりを、「fukuちゃんに、フク笑いで描いてもらおう!」

と今朝、デスクに朝いちで依頼されたから、

見てもいないシーンを、想像スキャンすることになりました。

 

O1.jpg

 

O2.jpg

 

O3.jpg

 

O4.jpg

 

 

 

 

 

 

2012年03月12日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

走るオンナ倶楽部 活動開始!

シンタク、シミズ達が中心となって、進めていたプロジェクト

走るオンナ倶楽部」が正式にリリース開始をはじめました。

 

昨日から発売するWINK3月号の裏表紙には、

走るオンナ倶楽部 オープニングPARTY開催告知広告が前面に。

中国新聞Queにも記事掲載をされて、公式ブログも更新スタート。

すでに、チラシや紙面をご覧になった方から

今朝からお問い合わせの電話が入るようになってきました。

 

今日も福岡から参加できますか?とのお問い合わせ。

または、母親と一緒に参加してもいいですか?とのお問い合わせ。

 

パーティお申込も初日から10名を超えてきて、幸先好調の見通し!

 

シミズが検索キーワードで「走るオンナ倶楽部」と入力したら、走るオンナ倶楽部のブログが上位に上がってくるかな?と思っていたら、今朝の朝一番の段階では、まだ。

 

「あら?シンタク。まだ1位になってこないね。」

「そうなんですよ。昨日から地道にやってるんですけど・・。

ホノルルが強いです。」

 

とホノルルマラソン2011につい押されてしまっていたらしいのです。

 

ところが、今日の午後位になると、さすがに露出が増えてきたので

堂々の1位です!!

といっても、パーティの応募フォームが・・・。(^^ゞ

 

大丈夫!今から、記事数が増えると上位にあがってくるよ、がんばれ!シンタク!

 

これからどんな方が集まってくるか、ワクワクですが、

広島県外からも注目されるイベントになりそうです。

 

 

hashiruo.jpg

 

2012年02月24日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

お昼時に繰り広げられたお金のやりとり

私は今日のお昼時間。

非常に生々しい現場を見てしまいました!社内で!

 

今日のお昼ごはんは、

いつもはお弁当やハウスのランチを食べているみんなだが、さすがに続くと飽きてしまう。

 

今日はお好みにする?

じゃ、あたし買いにいきますよ!

ありがとう、シンタク。

 

と、私以外は全員お好み焼きのテイクアウトになった。

 

では、一人ずつお金を集めさせて下さい。

とシンタクは回収に回った。

 

シンタクは、今日、あと1日の家計が苦しく、実家にお世話になると言う状況なので、今日のおさいふ事情では、5名分のお好み代をまとめて払うたちまちのお金が財布にないのだ。

 

みんなに声をかけると、ムツラが自分の財布を覗いて、

「あー、ごめん。1万円しかない。あとでもいい?」

と言っていた。

 

あとでもいいと言えないお財布状況のシンタクは、

「たちまち払うお金がないんです。。」

と、言う。

 

しょうがなく、1万円を差し出し

「絶対、返してもらいます。

死んでも返してまもらいます。」

と言いながら、渡していた。

 

命をかけて、お好み焼き代を貸し借りする、わが社員をご覧ください。

 

ohiru.jpg

 

「ムツラのお好み焼き代、立て替えてあげるよー」と、いつもなら

シミズファイナンスが言うのですが、今日は、言わなかったな・・・。

 

 

 

2012年02月23日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

ごぼうガールズを知ってるかい?

ごぼう、ごぼう、ごぼう、ごぼう♪ (ドドド、ソソソ、ラララ、ファファファ♪)

ごぼうガールズ、知ってるかい?(ラシドシラソファ、ミ、ミレド♪)

 

ブログに音が入らないのが、残念です。

即興で、ごぼうガールズ知ってるかい?の歌を作ったのに・・・・。

 

今、なんとなーく気になっている企業さんのブログがあります。

話題のごぼう茶を商品開発している「あじかん」さんの

開発部署でまじめに商品開発のお仕事をしていらっしゃる女性社員3人のブログ。

 

担当している「ごぼうのひみつ」というごぼうを使った

女子的スイーツ、スープ、ドリンクを開発し訴求することを使命としている3人。

 

最近立ち上げた「ごぼうのひみつ」というサイトのコンテンツ

ごぼうガールズブログ」で、彼女たちの日常を綴り始めました。

 

会社がご近所なのと、パッケージはうちのヤスナガが担当でご協力しているということで、

プラスなプレスのトップページにも、「ごぼんのひみつ」のバナーはリンクさせていただいて

おります。

 

これから「ごぼうのひみつ」シリーズは本格販売されるため

まだ商品自体は公開されていないのですが、

水面下で、(ごぼうガールズのブログで)すでに

ごぼうのひみつ訴求を図るべく、忙しいのに、週に1,2度の頻度で更新されています。

 

その視点と言うのが、なんともうしますか、研究員という特殊なお仕事がらのせいか

なーんか面白いです。

今日なんか、「デジカメとの別れ」というタイトルで、デジカメとの秋葉原での出会いから

別れの瞬間まで思うままに綴られています。

 

おもしろいので、ついつい私もコメントなんかしちゃったりして・・・。笑

 

これからごぼうガールズもプレスに取り上げられて、中国地方はもちろん、全国メディアに

登場するかも知れません!

 

私がお打合せでお会いした時の3人のお顔を思い出し、フク笑い読者に特別に

ごぼうガールズの正体を明かします!

 

 

 

goboug.jpg

 

さすがガールズ、会社から駅まで移動は基本、チャリです!

外出時は、きちんと黒のスーツで決めてます!

 

ごぼうガールズが有名になる前に、サイン、もらっておきたいなー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2012年02月20日
愉快な編集部員ネタコメント(2)

20代のポロリと言ってしまった発言集

 シンタクはご存じの通りプラスなプレス、唯一20代の若き部員。

若さゆえの発言ポロリ事件を、この度発言集としてご紹介します。

 

ポロリと言ってしまった発言その1

 

先日のさとうデスクとの会話。

「あんた、さっさとやりんさい。まだしてないの?」

「え・・。やる事ないから、ゆっくりめにしてるんです。」

・・・ポロリ。

 

この一言で、仕事は自分で売り込んで生み出していくもの!と

先日の講演で話したばっかりのさとうデスクは大憤慨。

「それ、フク笑いに書かれたらどうするんね!」

「あ、案外、シンタクさん仕事ないのね・・ってお客さんが仕事出してくれるかもしれない。」

・・・ポロリ。

 

ヽ(^。^)ノ・・・・<(`^´)>・・・(@_@)・・・(^^ゞ

 

ポロリと言ってしまった発言その2

 

昨日の夕方。就業時間が終わり、さとうデスクが来週の記者会見用の服をシンタクと一緒に

見に行くことになった。

シンタクおススメのギャルソン。

「シンタク、そろそろ行こうか。」

「あ、ちょっと待って下さい。明日のやることリストを書いてますから。」

「お?あんた、えらいじゃん。明日のやることリスト、書いたの?」

「・・・・。ってゆーか、今日のことを明日に回しているっていうことでもあるんすけどね。」

・・・ポロリ。

 

ヽ(^。^)ノ・・・・<(`^´)>・・・(@_@)・・・(^^ゞ

 

ポロリと言ってしまった発言その3

シンタクの一言は、おもしろいねー!それ、フク笑いに書いちゃおう。

「メモメモ。」

と、シンタクは、ミスコピーの裏紙かなんか1枚に、することリストを書いていたようだが、

えへん!

私は、仕事用ToDoリストノート(A4判。日々の仕事のメモ、予定、記録、備忘録用。

上段の余白スペースによくフク笑いのネタをメモしている)に、書いていたら・・・。

 

「すごい!ネタがびっしりですねー!」

・・・・ポロリ。

 

ヽ(^。^)ノ・・・<(`^´)>・・・(@_@)・・・(^^ゞ

 

shin1.jpg

shin2.jpg

 

shin3.jpg

 

shin4.jpg

 

 

いかがでしたでしょうか?

仰天びっくり、発言集!

シー ユー ネクスト タイム!!

 

 

 

2012年02月17日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

風邪気味のover30 OLのお昼ご飯

昨日は、風邪引き度マックスのムツラが、体調不良をおして出社し

ヤスナガと風邪ひき自慢大会をしていた様子をフク笑いに書いてみました。

今日は昨日よりだいぶん回復して、

喉は相変わらずガラガラだけど少し出るようになったと言うムツラの

回復ぶりをご紹介したいと思います。

 

まだ本調子ではないので、

お昼ご飯はご飯ものではなく、パンを。

 そしてのど越しよくカップスープなど。

パンの後には、コロッケみたいなのを、取り出して食べていました。

 

無言でいい子して、パソコンを見つめながらのお昼ご飯タイムです。

 

mutsurahiru.jpg

 

こんなムツラに、一言。

 

「ね、ムツラ!

あんた、フラワ―クイーンに応募したら?!」

 

今朝から某テレビ局へ、イベントの打合せで伺ったシミズ、シンタク。

今年のフラワーフェスティバルのフラワークイーンの応募用紙を警備員さんから勧められたとか。

 

「え?オーバー30でもいいんですか?」(パンをかじりつつムツラ)

 

「18以上ならだれでもいいんですよ!」とシンタク。(自分ひとりでは、恥ずかしくて申し込まない)

 

「だったら、シミズさんも、応募したらいいじゃないですか!」(それは書類選考でひっかってこの会社はフラワーをバカにしていると実行委員会で話題になりそうだと思うover40組)

 

小学生みたいにパンかじってるムツラですが

こう見えて、脱いだらすごいんです。きっと。(風邪引きで、寒くて今は脱げません)

 

 

 

 

 

 

 

2012年02月16日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

風邪に気をつけましょう!

先週末から今週にかけて、めずらしく風邪気味だったヤスナガ。

目をうるうるさせて、咳と喉が痛いらしく。

今週月曜日は、体調不良で出社できず、やむなく自宅作業しますとの連絡が。

 

今月、ちょうど席を隣にしているムツラも

月曜日から鼻がくしゅくしゅ言いだして、

あぁ、例の雨探知機か・・・ぐらいに思っていたら

本格的に喉をやられたらしく

昨日は、声をつぶしていた。

 

どしたん!?その声?

 

いやー。どうやらヤスナガさんの風邪をもらったみたいです。

熱はないみたいなんですが、喉がやられて声が出ない・・。

とムツラ。

 

今日水曜日に、久しぶりに席を隣にした二人が、

「これはヤスナガ菌だ」「いや、あたしじゃない!」

とやり合っていました。

 

 

二人とも、目がうるうるして熱っぽいのにご注目ください。↓

kaze.jpg

 

 

どっちがどっちでもよいですが、睡眠をしっかりとって

この時期風邪には気をつけたいですね。

去年はインフルエンザも2月から本格的に猛威をふるっていましたっけ。

皆様、気をつけましょう!

 

 

 

2012年02月15日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

バレンタイン るるくの歌。

今日はバレンタインデーです。

お世話になっている方に、ハーストーリィプラスでは、ハーストーリィハウスの桜井が作る手作りスイーツをプレゼントすることになり、ずいぶん前から準備していました。

その様子を、NHK 子ども向け番組「シャキーン」の「るるるの歌」になぞって

歌ってみました。

るるるの歌、ご存じない?

であれば、コチラをご覧になってね。→→ るるるの歌(YouTubeから)

 

 

るるるるるー♪

くくくくー♪

 

(サクライが)

まぜる

こねる

 

 

 

mazeru1.jpg

 

焼く。

 

yaku.jpg

 

 

(サクライが)

切る

つめる

 

kiru_tsumeru.jpg

(fuku・ムツラが)

箱詰めするー

 

 

 

tsumeru.jpg

 

るるるー

 

くくくー

 

 

(さとうデスクが)

描く

 

 

kaku.jpg(fukuが)

切る

 

kiru2.jpg

 

(みんなが宅急便の)

宛名書くーーー。

 

 

 

kaku_atena.jpg

 

 

くくくー

 

るるるー♪

 

 

こうやって、オ―ル手作りでお送りさせていただきました。

 

 

 

 

 

2012年02月14日
愉快な編集部員ネタコメント(2)

日本のことば 「たがが外れる」について勉強しよう

こんにちは。

今日はフク笑い的 日本のことば 講座のお時間です。

今日の学習したい日本の言葉は、

 

たがが外れる

 

たがが外れるってどういう意味でしょう?

大人の皆さんは、よく知っているかと思いますが、小学生には、どうかなー?

 

 

そこの、出っ歯で大きい目をくりくりしている男の子!

 

あ、Mサヤか。

君はどう?知ってますか?どういう意味の言葉か。

 

 

輪ゴムを手に持つ?

そして、くるっと回して、ピストルにする?

それから、バチン!と打つ?

狙った母さんが、どっかに行って外れる?

 

 

それ、「的が外れる」 ですよ!Mサヤ君!

 

え?おうちに帰ったら、おやつがあるだろうと楽しみにしていた?

家に帰ると、おやつがなかった、どうやらお兄ちゃんが先に食べちゃった。

 

それも、「あてが外れる」ですよ! Mサヤ君(`´)!

 

 

今日の 日本のことば 「たがが外れる」をプラスなプレスの編集部の日常で

勉強しましょう。

 

ダイエットにストイックな若者、シンタク。

スタイルはばっちりなのに

「今ダイエット中なんですよ。」

 

「この前、デスクに、『あんた、背中がむちむちしとるねー』って言われたから・・。」

 

「運動もしますけど、最近、前より効果がすぐ出ない・・。

運動してもやせないっていうことになったら、もう、終了ー。」

 

終了の私が言うのもなんですが、どうしたらいいのでしょう?

 

「要は、食べなきゃいいんですよ。特に米。

あたしは昨夜は夕食はワインにキャベツをむしゃむしゃでしたよ。

ダイエットだけにはストイックなんです。」

と師匠、シンタク。

 

横からムツラも

「そうよねー。あたしも昨日、帰りにジムで5キロ走って帰りましたけど

運動して食べなきゃいいんですよねー。」

 

二人のストイック女性ダイエッターの実践に共感し

お腹をぐーぐー言わせながらも、会社でおやつを我慢していたが

先日いただきものの超おいしそうなバームクーヘンが届いた。

 

もはやだれも我慢できない。

 

師匠シンタクも

「今日は出社する前からバスの中でバームクーヘンを食べることだけ考えてきました!」

と、朝礼前からバームクーヘンをカットする勢い。

 

そして、何かが切れたように、むっしゃむっしゃ

食べる私たち。

 

 

これが

「たがが外れた」状態と言います。

 

taga.jpg

 

わかったかな?そこの小学生!

 

え?

 

母さんは、いつも「たがが外れて」いる・・・?

 

 

ばかもーん!

外しては戻し、外しては戻し、やってるじゃないか。すべてにおいて。

 

 

 

2012年02月13日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

「今日の美味しいもん」の日本酒 水疑惑 を払しょくする! 

プラスなプレスの大人気コンテンツ「今日の美味しいもん」は、ハーストーリィハウスのレシピ紹介に加えて、編集部のみんなが見つけた、食べた美味しいものをご紹介している毎日更新。

読者の皆様もそろそろお気づきかと思われますが、編集部のみんなが何かしら見つけてきてアップはしているが、そろそろネタもつきたんじゃないの?

 

そう!

 

その通りなんです。

 

もうどこに行って何を食べても、必ずネタ用に写真を撮らなければ、ストックを持っておかなければ、1週間で回ってくるこのお当番が大変なんですから!

 

1月末にご招待をいただいたリーガロイヤルでの饗宴でいただいた品々。

私はもちろんほぼすべて写真を撮りましたとも!

 

そして、本日の「今日の美味しいもん」は、お料理に限らず、日本酒も美味しいもんとしてご紹介をさせていただきました!

 

すると、それを見た、饗宴に同席したさとうデスク。

 

「fukuちゃんが、またリーガの料理をあげて、あんた、それ、しばらく続けるつもりじゃろ?」

 

そ、そうです。

 

「どっかで、あたしもリーガの料理をあげて、ネタとっちゃろうと思ったよ!

しかも、今日なんか、お酒をあげとるけーねー。」

 

そ、そうです!中国醸造さんのお酒も、もったいないから上げました。

 

「でも、あれって、ボトルも何もないから、水かと思いますよ!」

と、シミズが割り込み。

 

え?そういえば、グラスに入ったお酒だけだった・・・。

 

「水って言っても分かりませんよ」と水疑惑。

 

「そうよ!プロジェクターの写真を撮影してはっつけてあれば、納得するけど

あれはどうなん!」

と、さとうデスクも、私の「グラスに入ったお酒」をネタにしていることについて、

つめが甘いと言いきってきた。

 

しょうがないと思って、画像データを確認するも、藍弥山 大吟醸のボトルの影さえ映ってない・・。

 

しかがたないので、記憶をたどって、テーブルでお酒に強いと自他ともに認められていた

M氏が、

「これはうまい!」とぐいぐい飲んでおられたことを思い出して、あのグラスは水ではない!ということを証明したいと思います。

 

sakegiwaku.jpg

 

あぁ、また、隣の席の人につぎもしない、と熟女達の声が聞こえてきそうだけども・・・。

 

 

2012年02月08日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

リーガロイヤルでの熟女の教え ダメダシ編

タクシーでその日の宴の楽しさと、2次会に誘われなかった一抹の寂しさを共有していた

熟女たち。さとう、浜口、田中の面々。(2月3日のフク笑いをご参照

 

寂しそうな口ぶりに、励ましのつもりで言った

「え? でもM氏が、『これをご縁に交流会でもしましょう!』と何回も言ってましたよー。」

という言葉に、

 

だめじゃねー!! (`´)

 

と全員が、特に浜口、田中の二人の熟女が大きな声でダメダシしてきた。

 

え?

 

これじゃけー、だめなんよー。

そういうのはね、

 

社交辞令に決まってるじゃん!

 

そういう時はねー。

 

すぐに

 

「交流会? はい。では、いつ?」

って、聞くんよー!

 

そうよ! いつ?どこで?

 

fukuちゃん、ちゃんと聞いた?

 

 

・・・・いや、聞いてないっすけど。

 

 

だから、だ・め・なんよー!!(`´)

 

いつ?って聞いて、向こうが、「うっ」と黙ったら、社交辞令よ。

そうやって社交辞令かどうか、見抜かんと―。

 

仮に社交辞令じゃなかったらよ、

次は、手帳とペンを出して、いつか日程を決めて、メモ

それから、復唱するんよ。

 

そう!

ペンを耳にかけてね!! (笑)

 

 

思いっきりタクシーの中で、熟女軍団に教えてもらったが、それを実行したら

こんなふうになる・・・。

 

 

oshie.jpg

 

 

ひぇー。

あたしゃ、やだよー。

 

 

2012年02月06日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

リーガロイヤルでの熟女の教え

今週は、寒さ厳しい日が続きましたが、皆様はお変わりございませんか?

私はインフルエンザの予防接種を家族全員受けていたにも関わらず、二男坊主Mサヤが発熱し、検査を受けるとインフルエンザA型と判明し、火曜日からずっと自宅で看病、やむなく自宅勤務でした。

ところが、予防接種のおかげでしょうか?火曜日のうちに平熱に戻り、あとはピンピン元気のMサヤ。

それでも治癒証明をいただくまでは学校にも行けず、外出禁止です。

結局火曜日から金曜日まで在宅で仕事をせざるをえませんでした。

 

元気な小学2年生と、1日中家に一緒にいながら在宅勤務!?

それは予想を超えるほど親子ともども過酷なことでした。。

 

そんなこんなで、フク笑いで書き綴りたいネタは、ずっとお蔵入りのまま。

 

 

そう。私が書きたかったのは、こんなインフルエンザのグチではありませなんだ!

 

1月の終わりに、リーガロイヤルで行われた

シェフと日本酒の餐宴 という、お酒とお料理をぜいたくにいただく会にご招待をされ、

会社の代表として、さとうデスク、そして、リシュラ浜口社長に田中本部長という人たちとご一緒し、ご招待してくださった某社の4名の男性とともに宴に参加したのでした。

 

日頃お仕事で関わっているメンバーは、他にいたのですが都合がつかず、私などご一緒してもよいもの?と心配でしたが、同様に初めてお会いするリシュラの浜口さん、田中さんもいるし、まぁいいか。

と思って臨んだところ、さすが亀の甲より年の功!

浜口さんも田中さんも、空気を読んでしゃべるしゃべる。

すっかり同席した面々と仲良くなっていました。

 

料理も美味しかったし、お酒もうまかったー!

お話も楽しかったし、なにしろ、お楽しみ抽選会で、見事、一発目に日本酒をゲットしたK氏、そして、最後に特別賞をゲットしたのは、なんと同席のHB氏!ということで、盛り上がる盛り上がる。

 

いやいや、本当に楽しかったです。

と言って、宴が終わると、挨拶をして、私たちはタクシーに乗りこんで・・・。

 

そこから、熟女達は話し出しました。

 

● ○ ● ○ ● 

 

田:いやー、おもしろかった。本当に楽しかった。

浜:ほんとよ、ありがとうございます、さとう社長。こさせてもらって本当に良かった。

さ:いえいえ、いいんよ。

 

浜:・・・でもあれよね。

最後に、それではまたー。とキレイに帰って行かれたけど、もしあたしらが、10歳若かったらねー。

2次会なんか、誘われただろうねー。

田:そうよねー。(一同、苦笑い。)

 

何か、寂しそうな熟女達。

 

「え?でもあれですよ。私の隣だったM氏が、何回も、『これをご縁に、弊社とまた交流会をしましょう!』って

言ってましたよ。」

 

私は元気づけるように言った。

 

すると・・

 

だめじゃねー!!(熟女全員声をそろえて)

 

・・・え?(わたし)

 

 

続く。

 

 

2012年02月03日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

プリンターの故障を、ヘアピンでなんとかしてくれたヤスナガ★キャッツアイ

昨日はあわや大変なことがありました。

プリンターで、ラベルシールに印刷をしようとして、手差し印刷で給紙をしていたら

「キュー」といやな音。

プリンターの中に、ラベルシールの用紙が詰まってしまったのでした。

 

エラーメッセージに従って、蓋をあけたり、ひねったりしたのですが

詰まった用紙の姿がない。

どうやら給紙をした最初のところで蛇腹状に詰まってしまているのです。

 

私が回復させようと、用紙を引っ張り出すも、ロールに貼りついて切れ端が見えるのに

引っ張り出せない部分がありました。

 

そんなとき

「詰まりましたか?」とヤスナガが心配して覗いてくれた。

そして、

「あー、ここをはずすと取り出しやすくなるかも。」

と、中央の引き出しを引っ張り出し、

「ははーん、あの中にありますねー。何かで引っ張り出せないかな―?

あ!こういうときは、ヘアピンです!

スパイ大作戦で、見てたら言ってた。ヘアピンを使うんですよって。」

 

ヤスナガはもっていた自分のヘアピンを、ぐいと棒状にひん伸ばし、

先っぽで、詰まった用紙をつつきながら、細かい作業を続けてくれた。

 

途中、シンタクのピンセット(毛抜き)を借りたり、裁縫道具の針を出して、つついたり。

 

最終的には、リコーメンテナンスさんを呼ばなくても、なんとか復旧することができました!

 

私の目には、ヤスナガが、ヘアピンで金庫を開けようとする、ヤスナガ★キャッツ・アイにしか

見えなかったのは、言うまでもないでしょう。

 

感謝をこめて、ヤスナガを、キャッツ・アイの格好にして、その時の様子を模写してみました。

 

yasunagacatsai.jpg

ありがとう!ヤスナガ★キャッツ・アイ!

注;ヤスナガが参考にしてたのは、彼女が最近はまっている、アメリカのドラマ

バーン・ノーティス

元スパイの主人公マイケルが、ヘアピンを使えとアドバイスしたことを覚えていたのでした。

スパイ大作戦では、ありませんでしたので、謹んで訂正させていただきます。

 

2012年01月25日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

姉妹の会話かと思ったら・・・

今月は、席替えにより、シミズの横に、シンタクが並んでいる。

シンタクにしては、新人で入社した時に、直属の上司としてシミズの指導のもとに

成長してきたので、師弟の中。

シミズは、シンタクの一挙手一同に対して、気づけば、あれこれと昔から

指導をしてきた。

 

少しやんちゃなところがあるので、シンタクも指導のしどころ満載というか

ツボがたくさんあるというか、指導しがいのある若手なのだ。

 

今日も何か二人が話していると思ったら、おもしろかった。

 

シミズ 「シンタク!あんた、そろそろ(引き出しの名刺)を、なんとかしんちゃいや!」

シンタク 「・・・・・。あ・・。そうすね。あれを買わなくちゃですね。(注:あれ=名刺整理用ケース)

シミズ 「せめてね、輪ゴムでくくるとかね。 あ行、か行ってね!」

シンタク 「・・・・。はい・・・。」 くくる。

シミズ 「・・・・一つにくくってる・・・。」

 

もう、漫画かと思いましたが、これでも名刺が乱れていることに対して、

整理しろ!というシミズ姉。

いちおう歯向かわず、とりあえずの輪ゴムひとくくりでその場を従おうと言うシンタク妹。

 

でも、この絵を描いていたら、覗きこんださとうデスク。

「ふふ。

あれ?姉と妹?

叔母と姪じゃない? 

だって、14,5歳離れてるでしょ?」

 

「あ、そうだ、そんなもんですかね。」

 

「あたしとだったら、どうせ、母と子よ!

なのに、あっち(叔母のシミズ)に対する方が、従順なんよねー。

歯向かい度は、こっちに対する方が強いからねー。」

 

「それは、生まれた時に最初に指導者だった人にずっとついくという

アヒルの親子の関係のような刷り込みじゃないですか?」

 

と、話はシンタクの中で、

さとうデスク<シミズ

という順番があるということまで発展しました。

あれ?そんなつもりで、絵を描いていたのではないのですが・・。

 

 

 

2012年01月24日
愉快な編集部員ネタコメント(3)

節分の恵方巻きの食べ方について

そろそろスーパーのチラシに、節分の恵方巻きの予約が入ったものが、

配られ始めましたね。

昨年だったかハーストーリィハウスでは、江波巻きというシンプルな巻きずしを

ご紹介したことがあり、今年の節分は、ハウスらしい恵方巻きを売り出したら

いいのに・・・!と編集部では話が盛りあがっている。

 

アボガドが入ったのがいい・・とか

雑穀米を酢飯にして・・・など

アイディアも出てくる。

 

そして、食べ方について

その年の決まった方角に向かって、丸かじりするんですよね・・・。

黙って一言もしゃべらず。

 

と、シンタクとシミズが話していたのを耳にはさんで、

え!?

恵方に向かって、笑いながら食べるのじゃないの!?と

耳を疑った。

 

違いますよ!黙って食べるんですよ。

私も、何年か前ムツラさんと食べた時に、黙って食べるんだけど、どうかして相手を笑わせようとして楽しかった。

とシンタクが話してくれた。

 

えええーー!

私がまだ子どもの頃、節分の時に、母が巻き寿司を恵方に向かって食べるのだ、笑って食べるんだって。と教えてくれて、

私たちの家族4人は、その方角に向かって、

「ワッハハ!ワハハ!」と大笑いをしながら、むしゃりと、巻き寿司をまるかぶりをしていたのだった。

 

思いだしても、確かにそうしていた。

インターネットはもちろんない時代だから、グーグル先生などもいらっしゃらないご時世。

笑って食べることが正しいかどうかなど、確かめる方法はすぐに思いつかない。 

 

setubun.jpg

 

それ、母の勘ちがいだったのか?

 

現在、母となった私は、家族で大笑いしながら、毎年食べてたんですけど―。

 

 

 

2012年01月19日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

「餅の美味しい食べ方」に身体をはるムツラ

先日の土日は、編集部では、それぞれ「餅」をテーマに1品作るとか、食べるとか、何かしら宿題を持ち帰っていた私たち。

そう。グルメ研究会が今週連載し、テーマが「お餅」だから。

そこで、1記事担当するムツラは、

トップバッターで、冷凍餅を美味しく食べる方法を、調べて実践してみます!と、元気よく週末に課題を持ち帰った。

 

持ち帰るついでに、シミズ宅冷凍庫にあった昨年の切り餅10個も、一緒に持ち帰った。

そして、いろいろと調べて、冷凍餅をどうやったら美味しく食べられるのか、いろいろと試みた。

 

その結果、昨日の月曜日、ムツラが調べた「冷凍餅を美味しく食べる方法」について、

見事なレポートが公開されたのだ!

パチパチパチ!

 

ところが、公開した本人は、昨日の月曜日

「昨日、お餅を食べすぎましたー。。。

あー、気持ち悪・・・。」

 

と何度もため息をつき、気分を悪そうにしていた。

 

 

 

mochi.jpg「もし、これが妊婦だったら、つわりの時くらいの気持ち悪さですよ・・・。

おっと、私の周りに妊婦があまりに多すぎて、知識だけはすでに身についていますがね・・。」

と、つい耳年増ぶりを垣間見せてしまった。

 

おいしいハウスのランチを食べても、

「今日のランチのサンマが、ムツっこいですよね?」

と、ちょっとでも油っけがあると、餅と食べ合わせが悪いように指摘し始め、

最後に

「妊婦は、餅と生クリームは、いけません。気持ちが悪くなる。」

と決め台詞。

 

いや、あんた、妊婦じゃないって!!!

 

 

 

 

2012年01月17日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

新年早々、「やっちまった」事例のご紹介

今朝、いつものように、フク笑いの挿絵でも書きましょうと、

オフィスの裏紙置き場に行きました。

そこで、私は「新年早々の、やっちまった」を発見したのです!

 

ことは、この場所で発見されました。

 

われわれの保有する裏紙(ミスコピー)の数はおびただしい。

今や、こんな山になってしまっています。

A4,B5,B4,A3、各種サイズ取り揃えています。

 

DSC00717.JPG

 

挿絵なんで、B5のでいいやー。と思って、紙を一枚、何気に取ったところ、

 

yatta.jpg  

 

その裏紙の裏には、シンタクの名刺がコピーされていました。

それだけなら、そのままスルーしていたところ、

名刺のミスコピーは一枚だけではなく、2枚、3枚、4枚・・・・

 

こんなにありました!

 

DSC00716.JPG

 

トランプかい?!

 

これを、やっちまった事件としてカウントしなくて、どうしましょう!

 

今日はまだシンタクは朝から外出のため会っていないので

やっちまったことを、フク笑いをみて知るのかもしれませんね。

 

だから今日の挿絵の左側に、うすーく名刺のデザインが映っているのは

その紙を使ったからです。

 

 

ついでに言うと、

挿絵の手書き「新年早々」の「年」の字が、間違っていますが

これも、私の「やっちまった」なので、私も1カウント、お願いします

 

 

 

2012年01月12日
愉快な編集部員ネタコメント(2)

あけましておめでとうございます!2012年のフク笑いもスタートします!

今日は、編集部員が初詣に宮島に出掛けました!

朝、9時30分に桟橋集合予定でしたが、JRが交通事情で遅延して30分遅れとなりました。

寒い桟橋の横で、さとうデスクが一人、みんなを待っておりましたです!

 

また、その宮島初詣の様子は、勝手に研究会お散歩研究シリーズでご紹介されるでしょう。

 

今日は新年最初のフク笑いなので、フク笑い的今年の1年の抱負を公開しようと思います。

 

まず・・・

昨年に続き、フク笑いになるべくビジュアル化を図り、絵で見てわかるフク笑い、と言われるように

イラストを入れていくように頑張りたいと思いますぅ!

 

なんで、そう思ったかと言うと、書店で今、平積みになっている

はげまして、はげまされてー93歳正造じいちゃん56年間のまんが絵日記ー」を年末、ふと手にとってしまったからなのです!

 

現在93歳の正造じいちゃんが、ずっと56年間続けられている絵日記が評判になり、1冊の本にまとめて書籍化されているのです。

 

その本の中に描かれている絵と備忘録には、正造じいちゃんの家族愛、家族の歴史が、伝わってくる、とても名著なのです。

 

思わず、立ち読みしていて目頭が熱くなり、涙があふれてきそうになりました。

 

フク笑いも、そんな正造じいちゃんのような、同僚への愛をいっぱいに表現した、コンテンツでありたい!

ときどき、愛が深まりすぎて、いたずらにいじっている時もありますが、

それも、愛!

ゆるしてください!

 

今日、宮島初詣から会社に戻り、会議が行われたわけですが、その最後に、ひとり一人、今年の抱負、夢を語ると言うお題がありまして、私は、そのような抱負を掲げて、会議の場にコメントしておきました。

 

ちなみに

他の部員の抱負はというと

 

シンタク:

漫画研究を夏までに立ち上げ、オタクを深めてみたい。

そして、できればボーナス(○万円)欲しい!

 

ムツラ:

30代2年目に入りまして、お坊さんから前厄のうちに動いておけと言われたので、今年のうちに新しいことをやってみたい。

集中力をたかめてがんばります!

 

ヤスナガ:

今年は落ち着きたい。安定収入を得たい!そう、版権収入!そのためにはキャラ作り、歌、ダンス、フォントなど、いろんなことで版権収入を得られるようになりたい!

 

シミズ:

今年は、仕事で関わったことで、大きく新聞に載りたい!某かんきつ系素材、某車系などの方面で、どーんと掲載されたい。

そして、ボーナスは2カ月分欲しい!

 

さとう:

私はいつも夢を語っているのですが、豊富としては、店をもう1店、2店と展開して、8年前に描いた、夢のハーストーリィタウンを実現していきたい。

そして、その時同時に夢として描いた、イラストレーターとして世界に飛び出したい!ということも挑戦したい。

 

 

などと、抱負を表明していましたよ!

 

という、2012年最初のフク笑いで決意表明しておきながら、今日はイラストなしで、すみません。

最初から無理して飛ばしてはいけません。

 

今年は、やるけーねー!みとってよー!

 

ぐらいの、気持ちから、まずはスタート。

 

 

 

 

2012年01月05日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

2011年フク笑い的プラスなプレス流行語大賞 結果発表です!

そろそろ、上位に来たので、おもしろいネタになってくるんじゃないの?

半信半疑で、ついつい年末なのに、フク笑いを開いてご覧になっている貴方!

あぁ、いけません、だめです、だめです。

さらーっと目を泳がす程度。その肩の力を抜いた感じでご覧になるのが、具合よいです。

年賀状の印刷待ちの間とか、年末大掃除のあとのお茶タイムとか・・・。

 

今日が実は年末最後のフク笑いになります。

粛々と準備を発表していきます。

第5位の発表からです。

 

第5位は、

どんなに難しい文章や、提案書、図面、契約書面などなど、堅苦しい文章であっても

さとうデスクの手にかかれば、一瞬にして、ソフトに表現を変えてしまう効果があります。

そのことを、

 

瞬時に

 

という一言で、表現できたのです!

 

どういう状況で使う言葉かと言うと、過去のフク笑いから。コチラ

 

瞬時の実例をご紹介しようと実績を探していたのですが

それは、それ、企画書だったりするものですから、守秘義務がございます。

まじめ人間サイボーグv2のfukuハラさん、守秘義務を固く守ります。

 

 

 

続きまして、第4位!

 

ここで、若手シンタクの言葉がランクインされました!

 

めんつゆ、まじ、神!

 

こう見えて一人暮らしは基本自炊。

料理もしっかり実はできるシンタクが、あらゆるお料理の隠し味に使える麺つゆは、すばらしいと。

この調味料は、もはや神だと。

オタクの人たちが使う、「神」という表現を、麺つゆに使って評価をしているところが、何にでも活用できて、●●もはや、神!などと言い回します。

 

mentuyu.jpg

 

 

第3位に選ばれましたのは、ヤスナガ流の武士語。

 

○○ござりまする

○○そうしまする

 

これは、武士の真似をしているのでは、ありませんよ。

普通にお仕事の電話をかけている最中に、相手先との会話で聞こえてきた言葉。

「はい。はい。

そうです。そうなりまする。」

 

あんた、誰?と言われそうなところだが、そのまま電話で話し続けるのだから、もしや、先方も武士なのでは?

 

ヤスナガ、タイムスリップ疑惑。

 

 

第2位 にまいります。

 

亜細亜大学の亜

 

これは、ドイケさんの名前の「あ」の字は、漢字でなんて書くの?

とい酒宴の席で、ムツラが質問し、答えてあげると

「あぁ、亜細亜大学の亜ですね。」

と、そのままじゃん的な回答を繰り返した結果、見事2位に選ばれました!

おめでとうございます。

 

ajia.jpg

 

このため、私たちの間では、「亜」という感じを、電話などでせつめいする時、

「えーっと、亜細亜大学の亜の字です。」と普通に使ってしまうので、流行語を通り越して辞書登録されているともいえないでしょうか。 

 

さー。

年の瀬も近づいた、大晦日の前日。

やはり1位を発表しちゃいたい。

 

2011年さようなら!そして

2011年のフク笑い的プラスなプレス流行語大賞、第1位は・・・・

 

違うんです!

 

ワー!

ワー!

ワ―!

 

これは、ムツラがもはや、無意識に使う言葉で、

あのね、とか、えーっと、とかと同じくらいの意味合いで、

「違うんです!」と否定している大流行語です。

 

 

どういう風に使っているかと言うと、

 

「違うんです!今日は雨です。」

とか

「違うんです!ちょっと眠ってきます。5分仮眠。」

とか、このように使っています。

どんな会話の前につけてもまったく違和感を感じさせない。

 

否定という世界観を、逆に強調という世界観に変えてしまったムツラさん!

おめでとうございます!!

 

 

tigau.jpg  

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

第2回となると、言葉も控えめ、ノミネートも8語と、やや縮小感が漂ってきましたが、

そんなことでは、立派な編集部員にはなれません。

来年もしっかり働きつつ、面白い言葉を見つけては生み出してほしい!と

思います。

 

今年もフク笑いをご覧になっていただいた、コアユーザー(毎日およそ25人)の皆様。

ありがとうございました。

 

 

プラスなプレス、トップページも斬新なイメージチェンジを図りましたが、フク笑いコンテンツは、おかげさまで継続が決定されました。

削除なし、継続!よかったです。

 

 

来年も、どうぞよろしくお願いいたします。

お正月の間に、もっと絵がうまく描けるように、練習をしておきます!

 

 

2011年12月30日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

2011年フク笑い的プラスなプレス流行語大賞 順位発表です!

今年はノミネート作品が、8つと上がってきました。

いずれの流行語も、一度、フク笑いにてご紹介した言葉ではありますが、

そこは年の瀬。

一年を振り返る意味でも、フク笑いバックナンバーをリンクして戻りつつの、発表とさせていただきたいと思います。

 

 

では、今年2011年。

 

第8位になりましたのは、シミズの格言。

ビール以外はショートでいい!

 

おめでとうございます!

この格言には、甘いものは、もう、少しだけいただけば、充分!という大人のお年ごろと、

かつ、

ビールだけは、ぐいぐい飲めますけぃ!という、これまた大人のお年頃事情をよーく表した格言です。

 

大人の女性に対して、おっきなマグカップで甘いジュースを入れてお持ちしたり、

ちっちゃなグラスに、ビールをそそと注いでお渡ししたりしたら、シミズねーさんに

殴られますぞ!

 

 

short.jpg

 

 

 

 

時々、イラストをつけて、ランキングアップをしてみることにしました。

 

 

さーて、お次は、第7位

 

これまたシミズさんの一言。

 

そんなんじゃ、世界に勝てない!

 

続けて7位入賞、おめでとうございます!

何に対して勝負をしていたか、酒宴の席だったので、よく覚えていないのですが

とにかく、シミズは世界を舞台に戦っていると言うことが理解できた言葉でした。

時にサッカー、時にビジネスなのかもしれませんが

プラスなプレスが、どこまで世界に近づけるのか?

私はそっと見守っていたいと思います。

 

 

 

グローバルな格言が流行語として入賞した7位ですが、次の6位の発表をお聞きして、皆さん、ほっと安堵するかもしれない。

 

まったく意味が不明かと思いますが、酒宴の席で、ヤスナガのことを「カチューシャ刑事」と呼んだことから

 

第6位

カチューシャ刑事(デカ)

 

この言葉の意味は、文章でたらたら書くより、イラストをご覧になってご理解ください。

 

deka.jpg

 

 

はい!ヤスナガさん、おめでとう!

カチューシャ刑事が、2011年の流行語第6位にランクインしましたよ!

 

いつもそう呼んでいるわけではありませんが、なぜか、飲みの席ではこういう言葉が受けるーのでした。

 

 

さぁ、どっと肩の力が抜けたところで、続く5位から上位の発表は、また、明日!!

 

お楽しみに。

 

 

asu.jpg 

 

 

 

 

 

 

 

2011年12月29日
愉快な編集部員ネタコメント(2)

2011年を振り返る 恒例のフク笑い的プラスなプレス流行語大賞は?!

またまたこの時期になりました。

1年間のことを走馬灯のように振り返りながら、今年編集部の中で流行った言葉、

仕事した実績とかではなくて、日常生活の中で、流行したと思われる言葉について

独断と偏見で、選んでみたいと思います。

 

ある人が発した一つの言葉が、他の人たちの心をわしづかみし・・・

そして、いつの間にか、その一つの言葉を、他の人たちも、口ずさみ、日常の言葉として

使い始める。

それが、流行語の誕生なのです。

 

昨年は、いったいどんな流行語が、このプラスなプレス編集部で誕生したのか・・。

昨年の発表については、過去のコチラのフク笑いからご覧ください。

 

2010年12月28日 フク笑い的プラスなプレス 流行語大賞の・・・・発表です!!

2010年12月29日 フク笑い的プラスなプレス 流行語大賞 7位から5位の発表です!!

2010年12月30日 フク笑い的プラスなプレス 流行語大賞 4位から1位の発表です!!

 

な!

なんと!

私は昨年、仕事収めの後、毎日、12月30日まで、フク笑いを更新していた・・・!

そっちの方に、正直、今驚いています!!

 

イエス!

とか

喜びます!

とか、

リョーカイです!

とか、そういう語彙が流行ったのか!という驚きでなないのです。

 

あー、びっくりした。

ということは、今年も年末まで、フク笑い書くのかな?(ところで、誰が読むのかな?)

 

 

しかも昨年は、10位からスタートして、1位まで。

10語もノミネート作品があったのですね。

 

今年、振り返ってみますと、そこまでノミネート作品がなく

 

8位まで拾って、いっぱい、いっぱいでした。

 

さー。

今年の流行語対象のノミネートは、8ワードということで発表は・・・!

 

 

明日!お楽しみに!

 

 

asu.jpg 

意味なく絵を入れて、読者の目を覚まさせることが狙いです。

起きてますか?

 

2011年12月28日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

デスクへのお誕生日プレゼントは!?

昨日、26日月曜日の夕方、遅くなりましたが、プラスなプレスの部員より、さとうデスクのお誕生日プレゼントを贈らせていただきました!!

今年は24日が、連休のど真ん中だったので、プレゼントを贈る日がずれました・・・。

 

毎年悩むのですが、こだわり派のさとうデスクのお眼鏡にあうモノって、何なのでしょう?

 

ちょっと趣味に合わなかったりしたら、もうアウトです。

 

なので、今年も間違いがない、ワイン好きには、ワインだ!と、シミズ、ムツラに外出先から戻りがけに、デパートに行ってもらって、ワインを用意してもらいました。

 

desk2.JPG

 

 このワインの1本に、QRコードがあって、読みとると、驚きの仕掛けが!

 

それを見せたくて、ムツラがさとうデスクに説明します。

 

desk1.JPG

 

 

 

説明だけでなく、自らQRコードを読み込んで、メッセージを表示させてます!

 

 

わたしは・・・

 

 

 

  desk3.JPG

 

 

あなたのことが大好きです

 

 

と、続いてメッセージが出てきます!

 

 

 

この後、ハウスのみんなからいただいたプレゼントを開いたデスク。

 

これ、夫婦ばし・・。

けっこう、立派な夫婦ばしが桐箱に入っているのですが、

いったいこれは? 

と不思議そうな顔。

 

しばらくしてみんなが

「またいつか夫婦ばしを使う日が来るってことじゃないですか!?」と盛り上げると

「そう?」といたずらそうな顔つきに。

 

 

desk4.JPG

 

よく覚えておいてください、この表情、よくされます。

 

 

来年はお誕生日のクリスマスイブが、連休ど真ん中ってことはないよね。。

 

デスク、来年、さらに、いい年にしていきましょうね!

 

 

 

 

2011年12月27日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

赤ちゃんがオフィスにやってきた

先日、ただいま育児休暇中のヨシダが、赤ちゃんと一緒にオフィスにやってきました。

コハちゃんは、もうしっかり首が座って、いつもかわいいロンパースにピンク色の洋服で決めてます。

丸い!

白い!

小さい!

女の子だから、おとなしい!

 

 

baby2.jpg

 

 

抱かせてもらうと、しばらく勝手に話しかけてしまいます。

 

どう?

元気?

 

あ、お母さんはあそこよ。

大丈夫。

 

あ、これね?

資料よ。

クリアファイルに資料がいろいろ入っているんよ。

すごいでしょー。

 

と、だまって膝の上に座っているコハちゃんに話しかける。

 

かわいいなー。

 

 

でも、お母さんの姿が見えなくなると不安な顔をして、「うえーん!」と泣き出すコハちゃん。

 

お母さんに抱っこしてもらって、帰り支度をすると、安心したように、じーっとお母さんの顔を見つめています。

 

かわいいー!

こんな瞬間、瞬間は、あっという間に過ぎてしまうんですよねー。

子どもにとって大切な存在は、母親! と、証明するかのような直視。

なんとなく涙が出てきそうなシーンです。

 

 

baby.jpg

 

また、来てね! 

 

 

2011年12月22日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

クリスマス・カウントダウン! 今日の職場の風景は

クリスマスも、近しくなってきました!

今日は、21日なので、あと3日です。

今年は、クリスマスまでを愉しむために、アドベントカレンダー(カレンダーの引き出しや、窓を開けてクリスマスをカウントダウンするもの)を使ったり、手作りのオーナメントや飾りもので雰囲気を盛り上げたりする人たちが多いと、日経新聞にも書いてあったそうですが・・・。

 

そこで、昨日からシミズを筆頭に、クリスマスカチューシャやクリスマスの帽子をかぶって仕事をしてみることにしましたよ。

 

クリスマスカチューシャは、元同僚のナカムラさんに頂いたもの。

自宅の帽子も持ってきて、シミズ装着。

今日から、私も装着。

 

ついでに、今日会社にいたみんなにも装着。

並んでみました。

 

ちょっと服装が、黒っぽくて色が全然合っていなかったので、明日は、服装も意識しようと反省。

 

kyou1.JPG

 

 

このまま仕事をしている風景を撮影してみました!

 

シミズさん、そろそろ、仕事をしよう!

kyou4.JPG

 

何気なく仕事をしているところを、撮影しようとしたら、「なんで勝手に撮影するの?」とシミズ。

そして、トナカイ・やすじん・ヤスナガ。

kyou2.JPG

 

ブラックスワンのような状態になっています、本当は恥ずかしいシンタク。

ごめんねー。付き合わせて。

kyou3.JPG  

 

さすがに出張にでかけたシミズは、帽子を置いて行きましたが、それにつられて、みんなカチューシャを取ってしまいました。

 

もう少し、オフィスの中もクリスマスの装飾をしないと、催事前のスタッフみたい・・・とシミズの一言。

 

これから百均に行って、何かしら装飾を調達しなければならない・・・です。

 

ハウスのスタッフにも、クリスマスっぽい何かを付けてもらったらどうかなー。

 

 

 

2011年12月21日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

大改造!! 劇的ビフォーアフター 「幼稚だが勢いのある龍の絵」

先日、さとうデスクが、来年の干支、龍の絵について、なかなかイメージがすぐわかず、考えあぐねていたところ、さとうデスクに絵を描いてくださいと依頼したシンタク本人が試しに描いた作品

 

一本線で、すらすらと描かれたこの龍の絵は、

なんというか、へたうまと言うか、独特の勢いと元気があった。

 

tatsu2.jpg

 

 

「惜しい・・・。惜しいわ・・。」

 

じっと見つめる匠、さとうみどりイラストレーター。

その瞳に、一瞬、キラリ!と光が見えたかと思うと・・・。

 

ジャラジャラジャーン、ジャージャ、ジャーン・・ジャジャジャジャ-ン、ジャジャジャージャン♪(テレビでよく聴くビフォーアフターの曲を頭に思い浮かべて)

 

匠の手にかかると、一本線の幼稚に見えるかもしれないイラストが、こんな風に芸術的作品に生まれ変わるのです!!

 

tatsusan2.jpg  

 

なんということでしょう。

角は茶色に、顔は緑に彩られ、長いひげの先は、匠オリジナルのデザイン、くるくる巻きに。

こんなところに、心憎い匠の技が・・・。

 

 

しかも、ご覧ください。

龍の下には、「賀正ーン」 の文字が。

 

これは、今は亡きコメディアン谷啓さんのギャグ「ガチョーン」になぞられているのです。

こんなところにも、ユニークな心配りを置いて、今、シンタクのイラストは、一枚の年賀状用のダウンロード用画像として、世界中の方にプレゼントされるということに!!

 

なんということでしょう!! 読者年末感謝プレゼントです!

↓ ↓

【勝手に研究会】2011年12月19日 年賀状研究最後はオリジナル画像ダウンロード

http://www.hs-plus.jp/kenkyu/2011/12/post-316.html

 

 

ぜひ、この龍さんイラストを使って、年賀状からぽち袋デザインなどなど、ご活用ください!

 

 

そして、読者の皆さんの中で、「自分、絵が下手だから・・。」と思ってお悩みの方!

「フク笑い的 大改造!! 劇的ビフォーアフター イラスト大改造」では、ただいま、そんな絵でお困りの方の作品を大募集!

実際に描かれたイラストを、元に、シンタクの作品のように、さとう匠が劇的に芸術作品に変えて見せます!

ご希望の方は、以下の住所、宛先に、郵送にて作品をお送りください。

 ↓    ↓    ↓

733-0842

広島市西区草津新町2丁目15-17 3F

株式会社ハーストーリィプラス

「フク笑い的 大改造!! 劇的ビフォーアフター イラスト大改造」係 まで!

 

お名前、性別、年齢、ご住所をお忘れなく!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2011年12月20日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

忘年会では、今年の一文字とプレゼント交換するも、終始たかじん風仕切り

先週の金曜日に、はやばやとプラスなプレス編集部の忘年会を開きました。

会場はまたまた検索隊長のシンタクによって吟選された的場電停近くの「きまじめ」という居酒屋さんでした!

小さな入口をくぐると、店内はお客さんでいっぱい!このご時世こんなに賑わっているお店とは、さすがです。

 

今回の忘年会は、ちょっとやり方を変えて、だらだら飲むのではなく、きちんと司会をおいた緩急つけて進行することに。

司会は、ヤスナガ。

ヤスナガになった時点で、毎週日曜日のたかじんのトーク番組の影響で、自分がたかじんさんになりきって、しかも私たち出席者は、雛壇のコメンテーターになぞられると言う、やりたい放題の進行となりました。

 

さて、乾杯、そして、歓談のあと、

今年一年を降り返り、漢字一文字で表してみよう!と順番にコメントするタイムになりました。

 

トップバッターのシミズは

今年、ジムのエイブルさんに会員登録し、週に2回は通っているということで、身体を鍛え、今、「お尻」を作っている!ということで、「鍛」の文字を男らしく、いや、男前らしく、あげました!

 

育休中のヨシダは、なんといっても出産の一年だったので、「産」。

4月になったら、また仕事に復帰したいと、現在保育園申込待機中。

 

シンタクは、そろそろ彼氏と結婚を考えたいという時期になり、あえて「愛」と持ってきました。

でも結婚は、つきあって10周年にしたいねということで、あと2年くらい先らしい。

 

ムツラは、自分の周りが出産ブームだったらしく、ぜひ、「育」てたいと、来年の抱負は、出産と育児という大きなチャレンジを掲げておりました。

この際、順番はどうでも、ぜひわが子を「育」してほしいものです。

 

私、fukuハラは、振り返ると、先日の排水溝に落ちたことが一番ショッキングだったというと、みんなが、それはついこのあいだのことだ。。。と別の話がないかという空気。でも急に言われても何だろうなぁと思い突かないので、たかじんヤスナガが、はい!それでは、fukuハラさんは、「排」で!とまとめてしまった。

 

そんな排水溝の字が、一年の振り返りの大事な文字になるのは、ちょっと・・・なので、今、よく考えると、フク笑いに、自分の書いた似顔絵や、イラストをまるで絵日記のように利用し始めて順調な一年でした。 なので、「描」にしよっと。

 

ドイケは、半年間の研修でプラスなプレスに仲間入りをしたのですが、12月末を持って研修を終え、アパレル関係の就職が決定して、1月からはそちらに勤務することになりました。

ハウスのホールスタッフ、物販の仕入れ管理、メニューやブログの更新、イベントなどたくさんのことを経験した半年間。

思えば、すべて驚きの連続だったらしく、ヤスナガはそれを「!」というびっくりマークで、まとめてしまいました。

 

ヤスナガの番になり、「私は今年、とても間違っていました。厄年かと思っていたのに、実はもうすぎていたことが、つい最近分かって、いろいろ気を付けていたのに、なんだーっと思ったのです。

なので、今年の一文字は、『誤』で。」

 

今年一年自分は厄年だと色々気を使って自粛しているようには、まわりからするとそう見受けられなかったが、自分の思いこみで間違えていたということはショックらしかった。

「誤」もネガティブな漢字なので、「陳謝の謝」に変えてもいいですよ。

と、先ほどコメントしていました。

 

最後に大とりの、さとうデスク。

ぜひ、来年のことを漢字で表したいと、「躍」を掲げて。

個性を生かして、ますます飛躍していく年にしたい!とさすがに経営者です!

でも風邪のため今日もお酒を控えて、かなり消化不足の顔つきでした。(御気の毒に・・・)

 

その後、歓談がまたあって、お楽しみ、プレゼント交換が始まりました。

前日、急に忘年会のイベントとして、何かしたい!と言いだしたヤスナガ。

ビンゴをしたかったらしいのですが、人数が少ないのと、ビンゴの進行役が参加できないということで、プレゼント交換しようか!1000円以内の家にある普段使わないでももったいないもの、

「お宝あるある」にしよう!と盛り上がり、おのおの前日の夜に何かしら準備したプレゼントを交換します。

 

季節がら、「真っ赤なお鼻のー♪」とクリスマスソングを歌いながら、時計回りにプレゼントを回すのかと思いきや、たかじん進行役は、

「ハッピーバースディ、ツーユー♪ ハッピーバースディ、ツーユー!」と、さとうみどり氏が、24日に誕生日を迎えるのを意識して、誕生日ソングで回しました。

 

え?これ?

あたしの誕生日?

 

と、なんかおかしい選曲でプレゼントがぐるぐる回っている環境に、たじろぐ、さとうデスクが、超ゆかいでした。

申し訳ありませんが、大笑いしてお腹が痛くてプレゼントがうまく回せませんでした。

 

 

来年もちょっと工夫して、楽しい企画を実践する、プラスなプレスとなりますように!

と、忘年会を終えて思いました。

 

present.jpg

 

 

2011年12月19日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

どん兵衛は、うどんなのか?うどんじゃなのか?社長と社員の会話を覗く

私たちの会社は、少人数ということもありますが、社長のさとうデスクが、とても控えめな性格なせいで、社長と社員の距離感が、あまりない、そう、フランクな関係に近いような気がします。

と言っても、もちろん皆、立場をわきまえていますし、ここぞというときは、社長さとうみどりが、ぐいぐいと引っ張っていくという力技、百も承知。

ですが、さとうみどり氏が、自ら、

「あたしは、社長と呼ばれるのは、ちょっと・・・。」と言うから、

仕方なく、私たちは、編集部だから「デスク」と呼びましょう。

ハーストーリィハウスのスタッフは、Cafeなので、「オーナー」と呼びましょう。

と、呼び方を決めた。

そりゃ、最初は恥ずかしかったですよ、「デスク!」とお呼びするのも。

日本人だもの、「机!」と呼んでる感覚があるじゃないですか。

 

それはさておき、そういう性格なので、いつも日常的にとてもフランクにお話する私たち。

その方が自由な発想、スピーディーな仕事の進め方ができるというメリットもあるのですが。

 

昨日のお昼。

そういえば年末も近づくし、物入りだか緊縮財政中のムツラが、日清のインスタントうどんの「どん兵衛」と「いなりずし」をコンビニで買ってきて、スルスルと食べていました。

 

その横で、お腹をすかせたデスクが、

「アーお腹すいた。でもねー。うどんは食べたくないんよねー。最近うどんばっかりだし・・・。」

と、ムツラの方を向いて、話していた。

 

この後、普通の会社の社長と社員の会話はどういうものですかね?

 

我々、いや、ムツラの場合はこうです。

 

 

udon.jpg 

結果、どん兵衛は、うどんと言ってよいのか、うどんではないのか?

そういうことになっていました。

 

それを見ていた、私が、どん兵衛を食べたくなりました。

 

 

 

 

 

2011年12月16日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

加湿器が、オフィスにやってきました!

加湿器が欲しい、

加湿器が欲しい!

まるでシュプレヒコールのように、声があちこちから聞こえてきた念願の

加湿器が、ついに、プラスなプレス編集部、&、ハーストーリィプラスのオフィスに

やってきました!

 

というか、ムツラ、ヤスナガが、待ちきれなくなって、自ら無印良品のショップにて購入してきました。

自腹じゃありません!社費です!!

さとうみどり氏も、さすがに、乾燥はお肌によくないという問題に対しては

迅速に対応してくださいます!

会社から出してくれました!

 

あ、これで、フク笑いでの、加湿器募集!企画はなくなったのね・・。と

思っていたら、

「フク笑いでも続けて募集しましょう!

どうする、新しい加湿器をもらったら?!」

と、なんということでしょう。

まだ、もらおうと考えています。

 

そうしたら、

2個あってもいいね、と言うと、

 

「いえいえ、忘年会の景品ですよ!

ビンゴゲームの景品にしましょう」とヤスナガ。

 

 

ぜったい誰もくれんと思う・・・・。

 

 

 

2011年12月13日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

体調には気をつけたいこのごろです。

先週から、熱っぽく、喉が痛くてマスクをしていた、さとうデスクですが、今朝、まだ微熱もあるので、検査してくると珍しく病院立ち寄りの連絡がありました。

 

そういえば、12月3.4日の土日は、A・G・T祭があって気も張っていたせいでしょうか。

先週半ばから体調が悪そうでした・・・。

 

今朝は、そのさとうデスクの隣の席に座っている、シンタクが、ひどくくしゃみと鼻をすすらせている。

 

「これ、デスクからもらいました!」と宣言。

今朝は熱はもうないようだが、昨日は熱があり、今日は鼻水が止まらないそうだ。

 

 

先ほど、病院からメールがあって、さとうデスク、ついに点滴を打ってもらっているそうです!

あららららー。

12月年の瀬も近づいてきましたので、寒くなってきますし、体調管理はくれぐれも気をつけたいですね!

 

でも、シンタクの次は、座席の位置の関係上、次に風邪をひくのは、私になるのかな!?

 

気をつけよう!

 

 

kaze.jpg

 

 

 

2011年12月12日
愉快な編集部員ネタコメント(2)

来年の干支「龍」を、なにも見ないで、すぐ描けるかどうか実践!

シンタクが、突然、イラストレーターさとうみどり氏に、

「デスク、ちょっと龍の絵を描いて下さいよー。

会社の来年の年賀状の挿絵に使いたいんです。」

と、ただいま年賀状製作ディレクションを担当しているため、ちょっとお願いをしていた。

 

龍?

龍ねー。

 

こうかなー。

 

「デスク! これ、犬ですよ!犬にひげが生えていますよ!」

 

そう?難しいなぁー、龍って。

ちょっと待ってよー。

そうだ、シンタク、ちょっとあんた、描いてみんさい。

 

「えー!?あたし?描けないっすよー。

どうだったかなー。

あ、fukuハラさんも、描いて見てくださいよ、龍。」

 

急に龍の絵を描こうと思うと、デスクではありませんが、ちょっと描けないものですね。

まったく何も見ずに、頭の中でイメージする龍を、描いて見たら、超おもしろいことになりました。

 

fukuハラ作  龍

 

tatsu1.jpg

 

 

皆さん。

見てください。描けないものですねー。

私の作品は、牛と、山椒魚と、ワニが、ミックスした怪獣です。

違う!違う!

こんなんじゃないはず!!

 

そして、シンタク画伯の絵を見たら、こっちの方が、リアルに龍でした。

 

期待してください!

 

シンタク作  龍

 

tatsu2.jpg

 

私のより、にーてーるー!!

しかも、へたうまで、味があるじゃないですか!

でも、なーんか、壁にかけている鹿のはく製にも、若干似てるー!

目がなんで、左側をにらんでるんだろう???

 

 

で、さとうデスクの龍の絵なのですが、

フク笑いで、公開したらいけないんだそうです。

イラストレーター生命にかかわるとのこと。

 

了解です!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2011年12月08日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

今、プラス部員が欲しているモノ。

さすがに寒くなってきたので、暖房をつけて、オフィスで過ごす毎日となった。

そうすると、冷房の時と同様に、エアコンの風がでるところのすぐ真下にある席の人は、もろに熱風を浴びるため、ぼーっと暑くなる。

暑いだけでなく、ひどく乾燥もするので、肌がカサカサ。

最近は、あったかいのはいいが、乾燥がいやだ!と

部員達の声が大きくなってきた。

 

いよいよ、本日、キャビネットに、掛けられた1枚の濡れタオルを発見した。

これ見よがしだ。

 

私たちですぐできること・・・。

乾燥を防ぐこと・・。

kashitu.JPG

 

これ1枚で、部屋全体の加湿は無理にしても、気分の違い!?

ついでにムツラんちの洗濯物も乾かしては?なんて思いながら、写真を撮影していたら

 

「加湿器が欲しいですねー。あ、フク笑いのネタですか?

フク笑いなら、直接、『加湿器欲しい!』っていうのも、ありですねー。」

と、言う人。

 

 

「ほんとですよー。加湿器ほしいー!」

と、人たち。

 

「え?だったら、フク笑いに、いらなくなった加湿器下さい!って呼びかけてみようか?」

と、言ってみたら

 

「いらなくなったのは、だめ。

新しい加湿器です。

新品が欲しいです。」

 

え?新品?

誰からもらうの?って聞くと

 

「え?メーカーさんとか・・・。」

「そうですよ。私たち、こう見えてもブロガ―集団ですからね。

いただいたら、ブログで紹介しまくりますよ。」

「そうですよ、そこんとこ、大事ですよ。」

 

 

だから、直接的に言ってみてくださいよー。

だって、フク笑いだから・・・・。

ということらしい。(どういう立ち位置なんでしょうか?このフク笑いって)

 

 

まじめ人間サイボーグV2の私は、ここでみんなの要望をまじめに受けて

「どなたか、新品の加湿器をください!

お礼に、使用感をみんなでブログで紹介します!」

 

と、声を発するのか、

「誰かにもらうって、タダより高いものないじゃろー!」と

家から洗濯物を持ってきて、オフィスの部屋中に干し始めるのか?

どうするのか?

 

最初は、タオル一枚で加湿対策をするけなげな様子で、お涙をそそろうかと思って写真を撮影していたが、けなげどころか、新品をもらえ!と主張する人たちである。

 

困ったものである。

 

でも、カサカサ乾燥は本当に困っているので、ちょっと控えめにストレートに言ってみよう。

 

どなたか、ちょっと新品の使わない加湿器をお持ちでしたら、上手に使いますので

いただけませんでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

2011年12月07日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

ムツラ近況速報!ヘアースタイルが変わっています!

「今日のフク笑い」について、アクセスを見ていると、だいだい毎日25人位の人が、訪問、ご覧になっているようなのです。

少ないのか、多いのか?

ちょっとよく分からない人数ではありますが、その方がたが何を求めているか?

それは、

編集部の中で日々繰り広げられている出来事や、編集部の人間たちの様子であって、

そこに一番関心が高いようです。

なぜなら、私個人の感想や出来事をご紹介する記事よりも、イラスト付きの部員の様子の記事の方が、俄然アクセスが高いからなのです。

 

そうなると、もう方針は固まっていて、本人たちがどう思おうが、読者が喜ばれるために、

そういう内容を綴るしかありません。

 

本日は、「ムツラのヘアースタイルが変わった!速報!」です。

名古屋の皆さん、ご覧になっていますかー?いきますよー!

 

 

今まで、パーマ当てたりして、髪を長めにキープしてきたムツラですが、

ここにきて、だいたんにまた、短く切ってきました!

 

今日は斜め向かいに座って、集中して仕事をしているムツラを、肉眼スキャンしましたよ。

 

mucut.jpg

 

あらら。

まるで、蓮舫さんのようなりりしいお姿になって・・・

 

どういう心境の変化でしょうか?

詳しくは聞いていないので、分かりません。

もしかして、失恋?

なこと、ないと思います。

が、明日は、先日の名古屋、みのりの市の代休でお休みだそうです。

 

以上!

ムツラ近況速報でした!

 

 

 

 

 

 

2011年11月24日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

寒さがましてきました。寒さが増すと・・・

この社屋に引っ越して、もう5年以上にはなるので、寒さ暑さが厳しい建物だと言うことは、充分体感している私たちだが、はやり、季節の節目節目で、環境変化が厳しいがために、改めて、冬が来るたびに、また夏が来るたびに、「どうにかならんの?」と思うわけであります。

 

もともと、このビルは、倉庫用に作られた建物だったらしく、寒くなれば隙間風も入り、しんしんと寒い。

そして、暑くなれば鉄板を焼くがごとく熱をあびて暑苦しい。

まるで、ムツラの今住んでる家みたいだと評価する社員もいるほどだ。

 

最近は朝の掃除が終わって、朝礼をする時間に、必ずといっていいほど、

デスクが、鼻をしゅんしゅんと言わせている。

あったかい部屋に入ったからか?いやいや、違います。

外気と変わらない室内温度で、朝から身体が冷え切っているからです。

 

それでも、まだ本格的な冬到来までは時間も少しあるので、

朝一番で暖房をつけるという気持ちには、この節電のご時勢、気持ちがはばかれる。

 

だもので、毎朝、だれかということもなく鼻をしゅんしゅんとすすっている人数が多いのだ。

 

今までは、雨探知機のムツラくらいだったものだが・・・。

 

昼は昼間で、「今、外に出てきたんですけど、この中と部屋の温度が同じでした。」

「むしろ、外の方が暖かい!」

と、室内が外気より寒いとまで主張する、若者たち。

 

わかった。 

明日からは、勇気を持って、朝の掃除が終わるや否や、しかたない、暖房をつけようと思う。

風邪ひいちゃいけないものね!

 

samui.jpg

 

 

 

 

 

2011年11月22日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

「今日の美味しいもん」に載らない「美味しいもん」

 先週末は、広島の名物お祭り、「胡子講」が中央通りいったいで、開催されました。

商売の神様、胡子神社にお参りして、こまざらえを買ったりお札をかったりして、翌年も商売繁盛しますようにと願います。

さとうデスクと、シミズもお参りしてきて、今年もくまざらえを入手。

お土産に、縁起ものよ、と、「商売繁盛饅頭」を買ってきてくれました。

 

いただきものは写真にとって、美味しいもんにアップする習慣が出来ている私は、

「これ、写真摂りました?」とみんなに聞くと、

みんな以外にクール。

 

「それ、美味しいもんじゃないです。」

「普通のお饅頭です。」

「どっちかっていううとフク笑い向き!」

と、美味しいもんへの掲載は、ジャッジにより却下された。

 

そうなれば、なんでもネタを拾う、ハーストーリィプラス編集部の、リベロ・fukuハラとしましては、

受けねばなりません。

 

これが、今朝話題になった、繁盛饅頭です。

 

hanjyo1.JPG

 

縁起よさげなパッケージ。

中には、えべっさんの饅頭が入っています。

蓋をあけると・・。

 

並んでいます。

 

おい、おい。俺達、確か箱に入った時、16人いたよな。

そうそう。

縦に4人ずつ、4列並んで座ってたね。

 

おい、見ろよ!

端の列の連中の姿が見えないじゃないか?!

 

hanjyo2.JPG

 

そ、そうだな。

いつの間にやら、どこかに雲隠れ?

 

と、思ったら、俺、連れて行かれちゃうう―!

7番目なんだな、おれ―!

hanjyo3.JPG

 

そして、次は、ひょっとこ饅頭、ひよこ饅頭、ハトサブレにも通ずる、

どこから食べる問題が、次の展開です。

 

頭から食べる、足から食べる、いろいろと好みがありますが、

こんな風にしっかり擬人化された饅頭は、どうも、食べる時に

心にひッかるモノがあるのですが、皆さんはいかが?

とりあえず、烏帽子から食べてみるわけです。

だって、目が・・・。

 

hanjyo4.JPG  

 

そして、頭の次は、どこっていうと、しょうがない、フェイスになるじゃないですか。

 

いててて・・・。

hanjyo5.JPG

 

そして、もはや、モノも言えない状況。

hanjyo6.JPG

 

ご馳走様でした!

あー、美味しかった!というより、
なーんか、朝から、胡子饅頭、残酷事件を綴ったような錯覚が。

 

いやいや、縁起ものです。

楽しくいただきましょう!!

 

という塩梅で、今日のおいしいもんに載る事を許されなかった、繁盛饅頭を見事レシーブしました!

 

本日の、リベロfukuハラ、いかがでしたでしょうか!

 

 

 

 

 

 

 

 

2011年11月21日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

お誕生日会に出掛ける前の一こま

昨日の、プラスなプレスは、今日のイチメンで、前日のシンタク誕生日会in焼肉処 の様子が紹介され、satomido日記にも、これまた、報告され、最後に、フク笑いでも詳しく紹介、重ねて、本日の今日のおいしいもんにも、焼肉屋でいただいた、ホルモンうどんをアップされる・・・などなど

予想以上に露出が多く、まるで社をあげて、シンタクの誕生日を祝い、報告した形になってしまった。

 

昨日、

デスクが、「あんまり、誕生日会のこと、書き過ぎ。」

シミズが、「そうですよ、会社が暇なんかと思われる。」

デスク「ほんと。あたし、satomidoブログから、おろしとこ。(記事削除)」

という会話がなされていたほどだった。

 

フク笑いでは、面白い!と思ったことを、私の目線でご紹介するコンテンツなので、読者が、暇なんだなぁとご想像されても、ま、いいか・・・というくらいのこと。

 

今日は、その誕生日会に行く前の出来事。

 

JR新井口駅から、横川駅まで電車で移動するため、ホームで電車待ちをしていた私たち。

 

シンタクが、さとうデスクの様子をみて、

 

「なんか、絵描きみたいっすね。」

と、その日のコーディネートについて、一言。

 

すると、まったくさとうデスクは、当然のごとく

「え?絵描きなんですけど。」

と、切り返し。

 

一同、あ!そうか、デスクは、イラストレーターだった!と

納得してうなづいたわけです。

 

ほんの、電車待ちのホームでの出来事。

 

私は、その当然の切り返しが、妙jにフク笑いの琴線に触れました。

 

 

ekaki.jpg

2011年11月18日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

肉食女子シンタクの誕生日会は、もちろん焼肉屋さーん!

昨日の夜は、平日水曜日ではありますが、横川に繰り出して

シンタク部員のお誕生日会ということで、焼肉屋さんに行きました!

今日のイチメンでもフューチャーされていますが、

焼肉屋さんって、なんだかエンターテイメントですね。

焼いてるだけで楽しくなりますね!

 

モノより思い出・・・・。

ということで楽しかったひと時を、フク笑いで記録しておくべく、シンタク誕生日会日記を

綴ってみますよ。

 

 

横川駅から、横川商店街を歩いて、「集い」というお店に到着。

お客さんはまだ誰もいなくて、貸切状態。

遠慮なくてよいですねー。

生ビールをオーダーし、まずは乾杯してお肉を待ちます。

そして、ほらほら!肉が来た!

気づくと、私の対面に座っているヤスナガは、こちらのテーブルのプレート奉行をかって出てくれて、

まだ早い、もうそろそろ、と焼き加減を見てくれました!

あ、ヤスナガの右にいるのは、桜井翔クンに似ている風な、ムツラですね。

プレート奉行の塩梅にお任せです。

sinta1.JPG

 

こんな厚切りタンを、焼いて、おー!と喝さいをかけたり、

ホルモンがうまい!うまい!と

ホルモンヌを自称する人たちが、あちこちで、現れました。

私は初めてです。最近の若い女子は、焼肉屋で、私はホルモンヌ(ホルモン好き)だとカミングアウトするものなんですね。へー。

 

sinta2.JPG

 

あら?ホルモンヌは、合間に菜っ葉も食べるのですね。

急に草食系をアピールする、桜井翔クン。

sinta3.JPG

 

おっと、桜井翔クンの横の席には、今回の主役、お誕生日を祝ってもらうシンタクが。

ビールを飲みながら、焼肉を食べ始めると

「すみません、白米頼んでいいっすか?ごはん食べたい。

小盛りでお願いします!」とオーダー。

私、初めて見たんですが、焼肉屋では、肉食女子は、ビールと肉と、ご飯がすすむ君、なんですね。

へー。

sinta4.JPG

写真を撮ろうとしたら、上手にかわして、ブレまくったので、表情がわかりませんが、

主役のシンタクですよ。↑

 

あちらのテーブルでは、おやおや。

ビールを早くも飲み干したシミズが、次のお代りを心待ちにしています。

この後、すぐ、飲み放題にオーダーチェンジしたのは、言うまでもありません。

 

sinta9.JPG

 

そうこうしていると、「ビビンバ食べてもいいっすか!?」と、ここでもご飯ものをオーダーする人たちが。

石窯が熱くない、ジュージュー言わない!とクレームです。

手を当てて、熱量を測ったりしています。

それでも、「いっか。混ぜとこ。」と、混ぜ始めていました。

最近の女子は、ビビンバの石窯を素手で熱さ確認するんですね。

へー。

sinta5.JPG

 

そして、ビビンバに加えて、

「ホルモンうどんが食べたい!食べていいですか!」とヤスナガが発した。

ホルモンヌの心を魅了させた、ホルモンうどんは、こちら。

グロテスクですが、ホルモンヌ達は、

「ホルモン、うまい!」「ホルモン、うまい!」と何回も口走っていました・・・。

これ、美味しいもんに、いつかアップされますよ、きっと。↓

sinta6.JPG

 

焼肉屋さんで、お腹一杯になったのに、シンタク誕生日会の一行は、2次会は、ワインで!と

横川商店街の、「つれづれ食堂」に入り、ワインと、おいしいおつまみを、食べながら、肉食系の話題で盛り上がりました。

主人公シンタクの周りは結婚出産ラッシュらしく、結婚はいつするべきか?子どもは育てていけるのか?など、質問をオネーマンズにぶつけてきてます。

また、中2病という病についても教えてくれて、シミズや私の息子たちが、中学に上がったらかかるであろうと、予言し、心配してくれました。

心配だけしてくれて、対応策については、「誰でもかかる病」ということで、あまり教えてくれなかったけど、ちょっと、お母さんはどうしたらいいんかね?

 

sinta7.JPG

 

この、チーズがすごーく美味しい!と絶賛していました。

さっきまで、ホルモンヌだと言ってた人たちが、急にワインとチーズでトレビアーン!

になるのですね。

へー。

 

sinta8.JPG

 

 

こうして、2次会も横川商店街で過ごした一行は解散。

主役自らがチョイスしてくれた、焼肉ですが、楽しかったですねー。

みんな、今朝は顔がむくんだり、胃が悪いようですが、

またエンターテイメント焼肉の機会を愉しみにしておきたいと思います。

 

今日のフク笑いは、勝手に研究会並みの画像数だったなぁ。。

珍しくがんばっちゃいました。ヽ(^o^)丿

 

焼肉中に、「fukuハラさん、そんなに写真撮って、何に使うんですか?」って、

聞かれましたが、それはもう、フク笑いですよ。

こんな話、勝手に研究会でも、美味しもんでも、賑わいづくり活動でも、モノづくり中でもないじゃありませんか。

フク笑い、フク笑い。

 

 

 

2011年11月17日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

昨年の勝手に研究会記事「年賀状」に、報道関係者が注目し、俄然もりあがる編集部

勝手に研究会のテーマ決め、ロケハン、取材、レポートと、適宜、編集会議をしながら、スケジュールを組む私たち。

ただいま熱心に、お散歩研究を続けているところ。

五日市電停を超えて、楽々園電停までスケジュールを組んで、さて、次は?

というところで、「お散歩に追いかけられている気がする」

「少し休憩がほしい」と、私たちの中の、一種、限定された業界風な会話が、交錯され始めていた。

とはいえ、年末を迎える12月に掲載する記事として、何のテーマがふさわしいか・・・・。

アイディアだしで、この前の会議は終わってしまった。

 

そんなころ、昨日の午後。

1本の電話がかかった。

それは、取材先、テーマを探している、私たちと同じような業界の方、そう、テレビ報道関係者の女性の方だった。

 

その方は、民法ではないとあるテレビ局の制作関係者だったのだが、「年賀状づくり」をテーマに、ネットでいろいろ調べていた所、昨年、私たちが「勝手に研究会」で研究しレポートした「年賀状づくり」について、関心を持たれたらしい。

 

そこで、弊社に問い合わせの電話を、わざわざかけてこれらたという経緯だった。

 

 

まずは、今年も年賀状をテーマに、取材や調査をされているのか?という質問。

 

正直テーマ決めの中に年賀状は上がっていたが、なんとなく「またやるの?」というムードだったので、消えかけていた案だった。

が、今、私たちは昨年データに、報道関係から質問を受けているのである!

 

「はい!今年はこれからなのですが、考えています」と、あいまいだが、前向きな返事をした。

 

次に、昨年の年賀状の中で、いろいろやられているのですが、特に年賀状の保管方法など、へーっと思ったのですが、どうやって調べたのですか?

という質問。

 

「はい、これは、アンケートや周りの聞き取りで集まった保管方法のアイディアなのです。」と、お伝え。アンケートしてて、よかったー!

 

これはおススメ!という年賀状の作り方はありますか?

とのご質問には・・

 

「書店で売られている、パソコンで作る年賀状のデザインを利用される方で、デザインをそのまま使ってもよいですが、素材を使って、オリジナルなものを作られるのも、よいですね!

また、アナログですが、芋判というのもあって、芋を彫刻刀を使ってハンコを作るのですが、この作り方を教室で教えていらっしゃる先生もいて、なかなかセンスがよく、年賀状だけでなく、布におすハンコとして、いろんなデザインをオシャレに楽しんでいらっしゃる方もいました。」

 

と、昨年調査したが、時間の関係で取材できなかった、ある芋判の先生の連絡先も教えてあげた。

 

 

お電話先の方は、特に、年賀状保存方法、(担当ヤスナガ)のネタに、食いつかれ、こんな「へー」と思うアイディアは他にありませんか?と質問をされたが、これ以上フィットするアイディアは、当時はなくて、これからの調査に期待したいところ。

 

 

などなど。

 

こんな電話対応をした後、私たちへのテレビ取材には至らなかったものの、

 

 

「私たちの記事に、問い合わせが!」

「すごいね!問い合わせが入るくらいの内容だなんて!」

「やっていることに意義がある!」

「私たちの時代だねっ 大器晩成型だから、これからどんどん注目されるよ!」

 

などと、主にさとうデスクが大喜びになり、喜びの感想を発言された。

 

 

ヤスナガは、「どうして、この人は、ネットで私たちのところに来たんだろう?」といぶかしがり、

「あ!出た! グーグルで、『年賀状』『広島』のキーワードで検索したら、2番目に来ましたよ!」

と、すぐ調べてみた。

「でも、こんなキーワードで検索する人、いないと思うけど」という正直な一言も忘れずに。

 

電話の後に、勝手に研究会の次回テーマは、やっぱり年賀状だ!!と、盛り上がる盛り上がる!

 

ムツラが、「ちょっと、ヤマダ電機と、マダムジョイに行ってきまーす。」と出掛けて、戻ってきたころに、

「まだ、年賀状の話をしてるんですか!?」

と、びっくりするくらい、ずっと、年賀状の話をしていたのだった。

 

12月の勝手に研究会も、お楽しみに!

 

 

 

 

 

2011年11月16日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

超マイぺな、まかないランチの頼み方

昼時になると待ちに待った、ランチタイム!

皆さんは、お弁当派?外出ランチ派?コンビニ派?

 

プラスなプラス編集部では、それに加えて、「まかないランチ」という選択もあります。

1階のハーストーリィハウスのランチを、社食のようにいただいているのです。

電話の内線で、「すみません、ヤスナガですが、ランチ1つお願いします」

とお願いして、できあがったら、1階に取りに行って、3階のオフィスで食べたりしてます。

 

先日、ヤスナガが、まかないランチをお願いしようと電話をとってみた時、

対面に座っているムツラの様子を見た。

何か、一生懸命どなたかと仕事の電話をかけていた。

 

ヤスナガが、『あたし、ランチ頼むけど、どうする?』というような意味合いの、目配せをしてみたが、ムツラは気がつかず、大きな声で電話をしている。

 

で、「一つ、お願いします」と頼んだヤスナガのランチがしばらくしてできたという連絡が入った。

 

「えー? どうしてそんなことするんですー?

なんで、1つなんですー?私もランチ頼みたかった―!」

と、ヤスナガにいうムツラ。

 

「だって、あたし、いらない?って目配せしたもん!」

と抵抗するヤスナガ。

 

「そんなん言ったって、気が付きませんよー。

どうして、そんな頼み方するんですかー!」

と、はぶてるムツラ。

 

そう言っている間に、内線かけて、ランチ頼めばいいじゃん?

と思ってしまうが、そこは超マイぺなムツラ君なのだ。

 

 

一通り、文句を吐き出して

「すみませんー。ランチ1つお願いします―」と内線をかけていたそうな。

 

まず、文句を言ってみる。

主張してみる。

これは、以前もご紹介した、「まず否定からはいる」という否定を主張するムツラ会話法に準じている。

 

こんなマイぺなムツラですが、明日から名古屋入りだよ!

「みのりの市」というイベントを開催するためだよ!

名古屋のみなさん、待っててねー!

 

 

 

 

2011年11月10日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

今日もレギュラーが、レギュラーぶりを発揮しています!

こんにちは!

少しうす曇りの天気の広島です。

今日のフク笑いでは、お久しぶりに、フク笑いレギュラー陣の様子をご紹介することにしましょう。

フク笑いレギュラーといったら、そう、体操のお兄さん、雨探知機、などと数々のニックネームを持つ、「ムツラ」さんですよ!

 

昨日の夕方、もう外は真っ暗な時刻に、私はいつものように、帰宅前てんぱり時間を迎えて仕事をしていました。

そのとき、

何か分かりませんが、レギュラームツラが、ものすごい暴君ぶりで、なかなか聞いたことのない様な暴言を発していたようです。

私は残念ながら、超集中モードだったため、どんな会話をしているのかは聞いていなかったのですが

 

「あ!fukuハラさん! あ、ダメだ、集中してる。」と、シミズが私に、ムツラのムチャぶりを聞いてネタにしろというサインを発していた声だけは、かろうじて聴こえたました。

 

きっと、何かすごいことを言ってるんだろうな・・・。

集中モードの私の頭の片隅に残ったのです。

 

 

しばらくすると、さとうデスクが、どなたかと電話をかけていた。

すると、話が終わって受話器を置いて、ムツラの方を見て、

「いまねー・・。おかしかったよー。電話の先の裏の方で、『ヘーックショーン!』って、おじさんがくしゃみしているのが、聞えてきてねー。

ムツラみたいに、何回もくしゃみをするんよー。

あれ、なんであんなに、くしゃみするんかねー。」

と話しかけた。

 

ムツラは、

「何を言ってるんですか?くしゃみくらい誰でもしますよ。

きっと雨が降るんじゃないですか?」と、同類相哀れみの令のごとく、電話先のくしゃみのおじさんを憐れんだ。

 

「くしゃみってのはねー、出るもんは仕方ないんです。

いい加減にしてください。

私だって、くしゃみしたくて、出してるんじゃないんですよ!」

 

と、さとうデスクに反発をしていた。

 

電話の向こうの、見ず知らずのおじさんと、雨探知機の性質を共有したり

さとうデスクに歯向かってみたり・・・

レギュラーは忙しいのである。

 

明日は、そのレギュラーの、まかないランチの頼み方について、超マイペースな、みじかく言って、

「超マイぺ」な、物言いについて、ご紹介しましょう!

 

お楽しみに♪

 

 

2011年11月08日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

誰か、BGMをなんとかしてください。

プラスなプレス編集部、3階のオフィスには音響設備がないのである。

そのため、仕事中は無音は寂しいので、さとうデスクが自宅からもちだしたミニコンポのようなもので、音楽を流して、BGMとしている。

2年前の最初は、そのコンポのSDの中に、みんなが持参してきたお気に入りのCDの曲をコピーしていた。

ただ、コピーの限界があり、これ以上コピーができないところまで来てしまったので、そのままSDの中に入った曲をシャッフルして聞いていた。

 

ところが、2年もたつと、さすがにシャッフルしても、次にどの曲が来るか覚えてしまったり、毎度毎度の曲に聴きあきて、こともあろうに、2年前の出来事を思い出したりして・・と回想の時間さえ出てきて仕事にならない。

 

もう、ええわ!ラジオだ、ラジオ!と、FMを付けると、今コンポを置いている場所が悪いのか、周波数をうまく拾えず雑音ばかりでラジオ放送がききとれない。

少しは音を拾うAMも聴けば楽しいんだけど、ついついMCの語りに聞き入ってしまいがち。

考えごとをする職場のBGMには、AM放送はちょっと似合わない。

 

ラジオもだめか・・・。

 

そんな状態で、新しいCDを入れて聴き始めるも、めんどうくさいことが。。。

CDの曲がすべて流れ終わったところで、無音に。

だれが、また次のCDを入れ替えるのか・・・。

30分やそこらで、CDを交換するまめな社員は、ここにはいないぞ!

 

このようなBGMに飢えた我々に、ある時、救世主が!

 

そう。

ipodを持った若者、シンタクとムツラだった!

 

ピッカ―ン!

 

ipodは、満パンになったSDと違ってかなりの曲数が保存できるため、いったんセットしてくれたら、ずっと放置しても大丈夫。

イカした音楽につつまれて、仕事は順調に!

 

 

ラブリー!ipod! ラブリー!シンタクムツラ!

 

喜んでいたのもつかの間、

 

「私、ipod、最近新しい曲を同期してなくて・・・。」

 

まさかの、ipod、マンネリリターン! ipod、お前もか!?

 

小さなことかもしれないけども、BGMがイケてるか、イケてないかは、流行っている美容院か、ブランドショップか、品定めになるほどの指針。

 

有線を入れてください、とまでは思わないけども、なんとかならないものかなぁ・・。

人のipodに頼るまでもなく、昔の曲をSDから削除して、いったんリニューアルしてみようか・・。

 

秋はそんなことさえ、考えさせてくれる。

誰かなんとかしてください、とい前に、自分でなんとかしよう・・。

 

 

 

 

 

 

 

2011年11月07日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

席替えの結果

11月に入りましたので、恒例のフリーデスク、席替えくじが実施されました。

毎月席替えくじを引くも、なぜかほとんど位置が変わらない人、ただ右に移動しただけの人、など、毎回予想だにできない結果が出てくるものですが、気分転換にとてもよろしい。

 

入り口に近い席に、さとう、シンタクが隣の席に位置した結果、その結果を知ったシンタクが、頭を抱えて

「あー!デスクのとなり!」

と、叫んだのは、印象的。

 

「私が入社した初めての席の位置ですよ。デスクが隣だった・・。」

と、何か迷惑そう。

 

「なかよく、しようや!」と、ポン、とシンタクの肩をたたくデスク。

デスクがついついからみやすくて、シンタクに、あれしろ、これしろ!と命令するので、シンタクはちょっと迷惑気味なのだろう。

 

そして、私は!

 

初めての窓側の一番奥の席を、見事ひき当てました!

ここは、かつてシンタクが、「居心地がいい場所」だと高く評価した席です。

 

やっと、新しい席に位置できて、嬉しいです!

 

というふうに、なんということもないのですが、毎月の席替えは、なんとなく新鮮で楽しい。

皆様のオフィスにも、ぜひ取り入れられたら、いかがかしら。

おススメします。

 

 

2011年11月04日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

haraドーナツさんのお土産をいただきました

この前、Tsumugu市の反省会ランチで、話題になった、今後のイベントノベルティについて。

D'sさんやsakusakusakuさんと、haraドーナツさんみたいな、かわいいバックができなかという話は、あの時はもりあがった。

何かしたい、何か作ってみたい。

そういう想いは膨らむばかり。

 

そんなことを思っていると、想いは通じるのでしょうか?

私がしたいと思っていることを、イメージさせてくれるモノを持ってきてくれた人が!

 

それは、Tsumugu市の出店者さんが集まる、打ち上げ兼、つながり会。

 

D'sのOカダさんと、Uダさんが、

「fukuハラさん、これ、お土産ですー!」と、何かを持ってきてくれた。

 

え?嬉しい、なんでしょう?

と思ったら、

あ!haraドーナツさんのバック!

でも、何か、シールが貼ってある。

 

fukud2.JPG

 

あら?福?

fukud1.JPG

 

 

でました!fukuハラドーナツ!?

 

こちらは、西ハラドーナツ!(西木さん用)

 

fukud4.JPG

 

こういうのを作りたい!とあの日の話題を、実際に洒落っけたっぷりに実行してくれました、Oカダさん、Uダさん、ありがとー!!

 

このパクリ仕様は、本家のharaドーナツさんに叱られますので、洒落として受け流していただいて・・・。

 

でも、こんなバックができたらいいなぁ。

haraドーナツさんは、上手ですね。。。。

 

 

Tsumugu市バージョン、HerstoryHouseバージョン・・・。

 

 

(^O^)

 

 

 

 

 

2011年11月01日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

20代の気づき メルマガにて発信!

ハーストーリィプラスから、プラスなプレス編集部よりお届けする「プラスなプレスmeil便」を、月に2回程度お届けをしている。

もう2年目に入ったメルマガになったけど、どちらかというと、編集部員がお付き合いしている方が多くて、意外に30代、40代男性なども、読者に含まれているような気がする。

 

ということで、先月、ちょっと目玉コラムとして、あえて20代の女子部員、シンタクに、1本、簡単なコラムを書いてもらうことにした。

 

うちにも、20代の女子は、おるぜよー!

ということも、伝えたいし、実際、今の20代の人が興味を持っていることに関心がある方も多いのではないかという推測の素、ちょっと自由に書いてもらうことにした。

 

シンタクもけっこう乗り気になってくれて、ドイケもいいですよ、と20代二人は協力的だ。

 

第1回は、「ひろコンについての気づき」

第2回は、「ロールキャベツ男子」

 

このタイトルだけ見ても、なんか、おもしろそうでしょう?

 

 

さて、3回目の原稿は、間に合わなかったので、掲載せず。

 

なにも言わなかったけど、シンタクも気がついて、次回は準備しようとしてくれている。

 

「ねぇ、ドイケさん、20代の気づき、一緒にかきましょうよー。」

「え、いいですよー。」

 

「今ねー、ちょっと気になるテーマがあって。

それはね、20代の女子が、今、40代の男性にはまる」っていうテーマ。

なぜか、40代の男が20代にもててるってことなんですけどねー。」

 

「ふむふむ。40代ね・・・。」

 

ドイケは、編集部きってのマクロビ派。

今、40代の男よりも、マクロビ熱がヒートアップ中なのだが、そういう彼女が40代の男性をテーマになにを語るのだろう?

 

かたや、シンタクは、肉食女子代表選手といってもよいのでは?

もってくるテーマも、シンタクならでは。

さすが、旬というか、時流をくみ取っていると言うか・・・。

 

相反する性格の彼女たちが、次回持ってくる、「20代のきづき」原稿は、どんなものでしょう?

 

メルマガ配信は、11月10日頃を予定。

 

プラスなプレスのメルマガご登録は、こちら からどうぞ♪♪

 

 

 

 

2011年10月31日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

新しい流行語 「瞬時に」

10月ももう月末・・・。

11月もすぐやってきて、今年はもう師走を迎えていくのですね。

今回も、フク笑いをずっと掘り返してみると、プラス部員の中に、あらたな流行語が次々と誕生をしていることが分かる。

気になる方は、フク笑いバックナンバーから、探してみよう!

 

さて、最近、オフィスで聞き始めた言葉

「瞬時に」

これが、時々オフィスの中で活用をされているので、気になる言葉です。

 

どういう風に使うかというと、こんな風。

 

何かの販促物をデザインしているムツラ。

 

「ちょっと固いですよねー。どうしたらいいかなー。」

 

「そういう場合はね、デスクの手書き文字をちょっといれたらいいよ。

それで、瞬時にベタっぽくなるよ。」とヤスナガ。

「あ、そうか!瞬時に変わりますね!」

 

瞬時に!?

 

また、何かのポスターを製作している人がいて、

「何か文字が多いなぁ・・・。」

 

「そんなときは、デスクのイラストをひょいっと入れてごらん。

ほら、瞬時にレイアウトが変わるよ!」

「あ!ほんとだ!瞬時に!」

 

 

こういうふうに、今まで固い表現だったものを、一瞬にソフトに、やわらかく、庶民的に雰囲気を変えてしまうのが、デスクの手書き文字やイラストだ。

そういう、あ!という間のイメージ変化させてしまう不思議な効果を、私たちオフィスでは、

「瞬時に!」という言葉で今日も片づけています。

 

 

え?

 

やだな、褒め言葉ですよ!

 

 

 

 

 

 

 

2011年10月28日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

武士登場?

昨日から名古屋出張組がいないので、オフィスは静かだ。

どうやら、さとう、むつらがいないと、私語をする人が減って、静かだということが分かった。

といっても、午前は、シンタクが外出、ドイケと私は、ハウスで行われたイベント、「清水サーヤ先生の親子で英会話」の進行ヘルプ、シミズは午後から取材で外出と、ひと気も少なかったからもあるが・・。

 

そんな静かなオフィスでは、電話での会話がよーく聞こえてくる。

響くのだ。

 

すると、こんな声が聞こえてくる。

 

「はい。そうです。

えぇ。なになになのですが・・・。」

えぇ。そうしまする

今の段階では、なになにが、なんとかなんとかでござりまするのですが・・。」

 

え?

武士?

 

声のする方を見ると、やはり、武士はヤスナガだった。

 

この前も、ある新商品のパッケージのために、撮影現場に同行させてもらった時も、クライアントに対して、

「こんな感じでいこうと思いまする・・・。」

 

え?

武士?

 

クライアントの方も、この武士語に対して、

「拙者も、そう思いまする」と答えられなかったので、ほっとしたが、

どうして、ヤスナガは、「まする。ござる。」と武士語を使うのだろうか?

 

今年の流行語大賞の選考作品に、一つ、ノミネートしておいても、よかろうかと思いまする。

 

あ、もうひとつ、流行語があった!

「瞬時に」

これは、また明日、ご紹介しようっと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2011年10月27日
愉快な編集部員ネタコメント(2)

名古屋出張前の二人は、賑やか

今日、午前から名古屋に移動して、お泊り出張の二人、

さとうデスク、ムツラは、朝、いつも通り、いったん会社に出てきた。

 

大きな荷物を整理して、昨日送っているので、その他必要なものをまとめている。

 

デスク、カメラは持ってきてますか?

あ、充電してなかった・・。

えー?

 

あー、荷物が多い。

このパソコンが重いんですよねー。

 

あんた、名古屋に行くたび、パソコンが重いって。

もう30回位、言ってるよ。

そのたび、あたしが、ごめんなさいっていわないといけない。

 

デスクだって、毎回、荷物のカバンが3つくらいになってるじゃないですか。

 

なんだかんだと、荷物に関する話題で、お互いの避難?をしたあと、いつものように、

行ってきま―す!と出ていくのだった。

 

名古屋に二人が出て行ったあとのオフィスは、気のせいか、とっても静か。

 

 

 

2011年10月26日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

カツゼツ悪さで、社名大変身!

すでにご存じの方も多いと思いますが、私、fuku部員は、編集部きっての「カツゼツ悪い社員」。

オンリーワンどころか、ナンバーワンの地位も余裕でとる自信がある。

取り柄にも何にもならないこの、特性。

こういうのが、何かに役立たないいのか・・?

 

なにも役に立たないのです。

 

いつか、文化センターの話し方教室などに申込し、元アナウンサーの講師の方に指導をうけて、はっきりと話す勉強をした方がいいような気がしている。

 

ところが、今朝、さとうデスクが、お話をしていた電話のやり取りは、すごかった。

 

お電話したところご担当が席空きのため、折り返しご連絡をいただくことになった。

そこで、自分が何者かを伝えたデスク。

 

「ハーストーリープラスのさとうと申します。」

 

電話口の方が、はっきりとした口調で

 

「では、念のためにご確認させていただきます。

服部プラス さとう様でございますね。」

 

いつもは聞き流すこともあるけれど、はっきりと確認されたので

「いいえ。ハーストーリープラスのさとうです。」

 

と、訂正をしたそうだ。

 

 

笑いを抑えて、電話を切ったさとうデスク。

いきなりの社名変換で、笑いがこらえきれなかったそうだ。

 

私がこのような状況になった場合は、訂正した言葉も聞き取れず、何度も服部さんを繰り返されるので、最後は、服部プレスを受け入れてしまう。

 

 

服部プレス。

何の会社?

 

ググってみたら、練馬区にも千葉にも、岐阜にも、服部プレスという会社がありましたぞ!

だめだめ、受け入れたらいけません。

訂正、訂正!

 

 

 

 

 

 

 

2011年10月25日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

五日市駅エリア、夜のお散歩2軒め 焼鳥通は厳しい

1軒目の鉄板屋で横丁のお店を体験した私たちは、次は居酒屋へ梯子をすることにした。

6時半スタートの7時過ぎに2軒めなので、早いスピードだと思うが、時間制限のあるオネーマんズは気にしない。

 

線路を越えた先の2軒目の居酒屋は、焼鳥が食べられると知って、テンションあがる。

 

なにしろ、シミズやさとうは、焼鳥が大好き。

前回の焼鳥「そったく」の取材も大喜びで行っていた。

 

食通、そして焼鳥通の二人は、これから向かう、地元客が通う気軽な焼鳥居酒屋に、どれだけの評価をするのか、興味があった。

 

入って、座敷に座るように進められた私たち。

「あ、集会所のようなにおいがする。」

と、いきなりさとうデスクジャッジ。

 

建物の仕様が、集会所っぽいのは、否めない。でもここは、地元の焼鳥屋さんだ・・。

 

メミューを見ると、

「これは何本入ってますか?いくら?え?1本で200円?。ふーん。」

「・・・そったくは、190円だった・・・。」

と、スペック比較。

 

注文した焼鳥が届いた。キャベツもお皿に大もり!ニンニクも好みでつけてねー。

 

yakitori.JPG 

するt、

「・・・最初からたれにつけている。」と、塩が好きな人の立場をかんがみて意見する。

 

「たれは何かね?ポン酢?」と、たれの銘柄当て。

 

 

さすがに焼鳥通。普通の焼鳥では、なかなか満足しないらしい。

 

 

yakitori2.JPG 

庶民が愛する庶民価格の気軽なお店が、横丁と駅近辺の居酒屋だと思うのだが、手厳しい。

 

手厳しいがそれは、焼き鳥を愛するがためのこと。焼鳥ラバーズ、はいピース!

 

yakitori3.JPG 

「あ!8時です!帰りましょう!」

と、時間になると、さっさと終了。

シミズはこれから帰って遅い夕食を家族のために作るのだとか、えらいなー!!

 

 

この日のレポートは、勝手に研究会にてちかぢかさとうデスクが公開しますので、お楽しみに!

 

 

2011年10月24日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

五日市駅エリア、夜のお散歩研究に同行してきました

ただいま、五日市駅周辺のお散歩研究中の私たち。

夜のお店レポートは、大人の女、さとうデスクの担当だった。

そこで、大人の女、シミズと、私も同行して、一緒に研究するために夜のお散歩を始めたのだが・・・。

 

その日は午後から雨模様。夜になるにつれて、ひどく降りはじめた。

でも、プライベートでなかなか飲みにいけない世代、シミズや私はうきうき。

研究を口実に、家族にちょっと失礼して、飲みにいけるぞー!とわくわく。

 

今回は、五日市駅の近くにある、「横丁」に行ってみよう!というお題だ。

3人とも、見かけたことはあるが入ったことはない、長屋式に3,4軒鉄板屋やラーメン屋が並んだ横丁。

 

軽く飲みたいということで、お好みと鉄板のお店に入る。

 

お好みをいきなり頼んだら、それで今日は終わってしまうね、

と、大人の女たちは、口々に言いながら、単品の鉄板メニューを頼むことにする。

 

そして、カンパーイ!

 

生は水だというさとうデスクの声により、写真をとりながら、乾杯しながら、いそがしい。

 

ところが、ここから、大人の女たちの食通ぶりが、発揮されるのだ。

 

お通しに出てきた、ジャガイモの煮もの風と、ごぼうサラダ。

「うーん、芋は、私ちょっと。お腹がいっぱいになっちゃう、これだけで。」とシミズは遠慮。

 

「ごぼうサラダのマヨネーズは、シミズにはだめだから、fukuちゃん、あんた食べんちゃい。」

 

ホルモンの野菜やきが、出てくると、

「あ、やっぱりここにもマヨネーズ! やっぱ、B級グルメには、マヨネーズは必須じゃね。」

と、またしてもさとうデスク。

 

明太子のオムレツ、というのを頼んで出てきたら

「あ、この明太子、着色料が入った明太子だ。あたし、だめ。fukuちゃん、あんた頼んだんじゃけ、食べんちゃい。」

 

いやいや。

横丁の鉄板やきメニューは、庶民のものです。

赤かったり、マヨネーズだったり、安くてなんぼの庶民メニューを、つまみながらの一杯というので、どれだけ、庶民おやじを満足させてくれるか・・・なので、うまい、まずいというのは、かわいそうという気がしますが・・。

 

この店ひとつだけでは、もったいないと、2件目は、歩いて1分の、居酒屋へと移っていく大人の女たち。

 

そこでも、まだまだ食通ぶりは続くのである・・・。

 

 

 

 

2011年10月22日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

がんばれ!さとうデスク の巻

今週、なんだかさとうデスクが元気がない。

身体がとてもだるそう。

3階のオフィスに上がってくるだけで、はぁはぁと荷物を重たそうに持ちながら歩いてこられる。

 

一昨日は熱があったといって、「風邪かと思ったんだけど、どうも違うんよねぇ。」

 

身体が暑い、特に首から上が暑いといって、汗をかいている。

  

頭が特に暑い・・といって、近くにあった扇風機を付けるも、周りが寒がってはいけないと、自分だけにピンポイントで風が当たるようにスイッチオン!

 

でも、机の書類が、紙吹雪のように飛んで行ってしまっては、仕事もできぬ。

 

sato2.jpgがんばれ!さとうデスク!

 

 

2011年10月13日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

イケメンのゲストを迎えて、fuku技「瞬間スキャン」に、挑戦!

昨日は、さとうデスク、シミズあてに、某大手企業のお客様がご来社。

何やらお打合せのようだったが・・・・。

 

シミズが、「fukuハラさん、○○部長にご挨拶されます?」

と親切に声をかけてくれた。

 

○○部長とは、以前、フク笑いで、後ろ姿だけ想像で描かせていただいた方で、噂によると、めずらしいほどイケメンな部長さんらしい。

 

訪問先から戻ってきた、さとう、シミズ、シンタクが口々に、○○部長さんはイケメンだった。イケメンだったとしつこいくらい言うので、そんなイケメン部長さんがいらっしゃるとは、本当にすごいことだ・・と、感心していた。

ただ、お顔は拝見したことがないため、「噂を信じちゃいけないよ!」という山本リンダの歌詞が頭をぐるぐるしていた。

 

ところが、そのイケメン部長さんが、満を持して今回、弊社にご訪問!

そのお顔を拝見できるチャンスが来たと言うことを、シミズが教えてくれたのだった。

 

しかし!

いつもながら、こういったお客様と、お仕事的にはなんの接点も持たない私としては、挨拶といっても

「なんのために?」とか、

「で、あなた、誰?」

という結果になるのだ。(今までもよくそういう場面があった)

 

でも、それを気にしていたら、いつまでたっても、フク笑いのネタが生まれない。

 

ということで、シミズの言葉に甘えて、そっと打合せの場所に顔を出し、ご挨拶をさせていただいた。

 

fuku「いつもお世話になります!あ、こちらが有名な○○部長さんですか!」

○○部長「あー、こちらこそ、お世話になります!」

 

これで、終わっては、意味がない。なんとか御顔を拝見せねば。

とっさに、

 

「すみません、用もございませんが、名刺交換だけでも!」

 

と、部長さん、そして同席されている●●さん、◎◎さんの女性社員の方とも名刺を交換させていただいた。

(本当に名刺交換をしても、先方にしては、何の意味もないことは、繰り返しておく。

それなのに、お付き合い下さるお客様。

それは、さとう、シミズとの間にできた信頼関係に基づく。)

 

そして、名刺交換の隙間に、イケメン部長さんのお顔を拝見!

 

なーんと!

お顔がちっさーい!

髪がふさふさ! いうたら、ジュリーみたい!(古い?)

顔は、福山雅治、くりそつです!

女の子みたいに、可愛いのです!

 

思わず、「なんと、可愛らしい!福山雅治に似ていると言われるでしょう!」

とおお声を発してしまった。

 

今、冷静に考えると、某大手企業の部長というお偉い方に、「可愛い!」だなんて、100年早い。

1000km遠い。

なんという失礼なことを申し上げたのでしょうか・・・。

 

しかしせっかくなので、その瞬間的にスキャンした似顔絵を公開させていただきましょう。

 

butyo.jpg

 

○○部長さんには、申し訳ないのですが、一瞬だったので、これが限界です。

でも、可愛らしいお顔に、大変びっくり。

 

 

いやー、この風情で広島の本通りを歩かれたら、通り過ぎる人たちが、振り返ったりしませんか?

と、心配になる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2011年10月08日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

今日の美味しいもん 生活習慣

世の中のスマートフォン、ブログ、ツイッター、フェイスブックと様々なツールが普及したこともあってネタとして、美味しいお店の美味しい料理というのは、ついつい写真にとって、アップしてしまう習慣があるという人も多いと思います。

 

私たち、プラスなプレス編集部も、プラスなプレスのコンテンツの中に「今日の美味しいもん」があり、ローテーションで記事が回ってくる仕事のルールがあります。

なので、いつでもどこでも、何か美味しいものがあると、それ!と写真を撮っておく習慣が出来てしまいました。

 

ただいま、今日の美味しいもんの人気ライター、ルーキーシンタクは、20代、かつ、中区の中心地に住居を構える関係上、けっこう人気店や、隠れ家的なお店に足を運んで、レポートをアップしています。

 

先日こんなことがあったと、シンタクが話していたのですが・・・。

 

平日に、ホルモンが食べたくなり、彼氏を誘って食べに行く。

すると、あまりの美味しさに、大事な習慣である、食べる前の撮影をうっかり忘れてしまう。

すっかり食べ始めていると、彼氏が、

「それ、写真摂らんでいいん?」

と教えてくれる。

「あ!忘れてた!」

すると彼氏がまだ手をつけていない料理を前に写真を撮ってくれた。

 

 

 

sinta.jpg

 

「こういうことが、最近あるんですよねー。よくできるようになってきた。」

と、満足げ。

 

 

そうそう!

そういえば、うちでも、二男のMサヤが、最近よく言う。

 

「どーせ、母さん、また食べる前に写真撮るんでしょ!」

 

とか。

 

「母さん、このケンタッキー、写真、撮らんでいいん?」

 

 

ケンタッキー・・・・。

 

美味しいってば、美味しいけど。。。。今日の美味しいもんの、コメンテーター、真紀さん怒るわ。

 

 

 

 

 

 

 

2011年10月07日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

Tsumugu市 裏方事件簿 台車とともに倒れるの巻

Tsumugu市のイベントが無事終わりました。

今回もたくさんの方がたのご参加により、大変な賑わい。

その様子は、勝手に研究会、satomido日記、賑わいづくり活動などの、コンテンツにてご紹介されているので、私は裏方事件簿として、裏方でおきた出来事を綴ってみましょう。

 

まずは、「ドイケ、台車とともに、倒れる事件」

イベントのスタッフは初経験のドイケは、何がなんだか全くわからないまま、身体一つ、マニュアル一冊で、早朝6時20分に集合場所に立っていた。

 

そして、入管手続きをすませ、一番にやることとして指示されたのは、

大きな荷物を積み上げて運ぶ、台車、(カゴのような大きな台車)を、トラックヤードと呼ばれる、搬入口まで、移動させることだった。

 

人生で、台車を運んだことのなかったドイケ。

どのように運んだらよいか、身体が覚える間もなく、運び始めて・・・。

 

 

キャー!

 

 

tsumugu_doike.jpg

 

 

台車とともに、前方に、倒れてしまったらしい。

 

 

いやー、中の人に、「初めて見ましたよ」と、言われましたよ。

私でさえも、倒れたことないよ。

と、大笑いして話してくれた、ディレクターのニシキさん。

 

 

大きな怪我や事故にはならなくて、無事だったのですが、

倒れたのは事実。

 

一つ、Tsumugu市事件簿として、カウントしました。

 

「台車には、コロがあっても、油断するな。」

 

 

2011年10月04日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

ムツラ流儀 まずは否定から入る!で言ったのに・・・。

昨日、社内会議をしていたときに、プラスなプレスのサイト構築についての話の中。

いろいろなコンテンツの見せ方、出し方を話し合っていたとき、デスクが言った。

 

「毎日更新する、satomido日記とか、フク笑いは、ここの場所におきたいんよね。」

 

すると、ムツラが、ふふん!と鼻で笑って

 

「フク笑いは(毎日更新は)無理でしょう!」

 

と言った。

 

それは、いま、Tsumugu市イベント前で大わらわで、更新が滞っているフク笑いの状態を見ていて、素直にそう発言したのに過ぎなかったのかもしれない。

 

ところが、私は、その言葉に対して

 

「何を言ってますか!? 毎日書いてますよ!」

 

と、大きな声で切り返したのだ。

 

一同、目を大きく開け広げて、「んぐ?」

 

 

何を言っているのか、この人は?

という視線で、こちらを見た。

 

 

kaiteru.jpg 

 

「何を言ってるのですかではありません。

毎日、更新しているでしょう?!」

 

もはや、完全にウソつきである。

 

が、私は、ムツラ流儀で、何でも会話は、

「違うんです!」という否定から入るという話術にのっとってみただけだ。

 

で、改めて自分のフク笑いのカレンダーを見たら、

 

あ、最近止まってる。

 

でも、あえて、ムツラの「違うんです!」

を使わせてもらうとしたら、

 

「違うんです! 毎日毎日、更新しようと思っているんですけど、朝は応援弁当、昼はTsumugu市、そして、夕方はメルマガって、今日もただ、書く時間がなかっただけなんです!

明日、書こうと思ってました―!」

 

となるわけです。

 

 

2011年09月30日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

髪がはねている? 

今朝は、朝一番に、丸徳海苔さんの会社に訪問し、Tsumugu市のイベントで協賛いただいたので、協賛企業からのプレゼントで配付する「出来る子になあれ」という海苔を1000個分受け取りに行った。

 

会社に行く途中に伺って、それから会社に到着。

箱を3階に持って上がるのは大変だったけど、シミズが手伝ってくれた。

 

朝の掃除も終わり、一息ついて、仕事を始めようとした早出組の、シミズと私。

 

おもむろにシミズが

 

「私もねー。今朝、髪がはねてたんですよー。」

と、言った。

「え?そう?ぜんぜんはねてないよー。」

と答えたら

 

「でもね、fukuハラさんも、激しく髪がはねてたー。」

と笑う。

 

え?そう?

どこがはねてるかな?

 

「あのね、ここ。」

と、私の後ろに回って、

「ここがアヒルのお尻みたいにはねてるの。」

 

 

そんなこと、ないよ。

はねてるー?

 

っと、手鏡を出してみたけど、全然、見えないんですけど―!

 

 

自分は見えないけど、ドナルドダックのお尻のようなヘアスタイルで、今朝は元気よく、丸徳海苔さんに訪問していたわけですね。

 

おっかしいなー。

 

 

fuku.jpg 

 

 

2011年09月29日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

オレンジキャンペーン 来広 その夜の打ち上げ

先週の金曜日に、懐かしい人が広島にやってくる!ということで、プラスなプレス編集部の4人が袋町のお店に集合した。

そのことは、翌日の今日のイチメンに早々にご紹介されていたので、フク笑いにその様子を綴らなくては!と思っていたが、なんと、もう1週間がたとうとしています。

 

カネツキさん、オオイちゃん。

昔、ハーストーリィ時代で東京で活躍した元同僚の仲間。

二人は、偶然、オレンジの服をきて、またまた偶然、オレンジの服を着て、お迎えにいったムツラと合流して、街中に電車でやってきたらしい。

 

「そうそう、オレンジキャンペーンをしてたのよ!」と、最後に飲み会にやってきたカネツキさんが言う。

その3人は、こんな感じ。

 

orenji0.JPG

 

一番最後に、席についたシミズがお約束の「イエーイ!」

 

揚げものについている、塩を物色中のヤスナガ。

orenji2.JPG

 

飲み始めてくつろいだら、椅子に胡坐の人。

写真を取ろうとしたら、「やめてください!やめてください!」 と、フライデーポーズ。

orenji3.JPG

 

この懐かしい人たちとの、まるで同窓会のような飲み会は、とってもとっても楽しくって、話題がつきない。

しかも、ばかばかしいお話オンパレードだ。

「fukuハラさん!今日はフク笑いのネタの宝庫ですね!!」とヤスナガも大喜び。

 

そうそう。

フク笑いに・・・と思ったけど、予想通り、飲んでいるから、おもしろい話はすっかり忘れてしまっている。

あんなに面白かったのに、楽しかったのに、悔しいなーと思っていたけど・・と

考えていたら、私の携帯メールに、ヤスナガから親切なメールが。

「今日のネタ」

 

そういえば、思い出した!

ヤスナガが、酔って忘れそうなわたしのためにフク笑いネタ備忘録を、そのときわざわざメールしていたのだった!

 

わざわざメールをしている現場。ヤスナガ。

orenji4.JPG

 

ワクワクして、メールを開く。

そして、読む。

 

あら?

あの時は大爆笑だったのに、あれ?なんで、面白かったっけ?

 

さぁ、私が首をかしげた、備忘録。

読者の皆さんと共有しよう。

 

メール1本目。

今日のキーワード
(1)オレンジ族
(2)東京で地方人ごっこ  島根弁の活用
(3)パワーポイントテュセヨ (4)三十代イケメン産婦人科 (5)永遠の28歳から58歳へ
(6)カネツキさんの自己紹介 結婚しても離婚しても変わりません
(7)クィーンズでHンダさんと中央線でHノさんと遭遇

 

さーて。なあんだ?これ?

でも、まだ終わらない。

 

メール2本目。

 

 六浦は結婚して三浦さんに!なります。

 

なーんだったっけ?このキーワード。なんで、三浦さんになるんだったっけー。

 

メール3本目。

 

 日産トヨタの本田です、マツダはないの?

 

これに至っては、まったく覚えておりません。

なぜ、日本車メーカーの名前が羅列しているのでしょうか?

 

さてさて。

キーワードをもとに、何が面白かったか、しばらく考えることにして、オレンジ族の人たちは、プラスなプレス編集部の再会を喜んで、広島の並木通りで別れたのでした。

 

 

orenji5.JPG

 

また、オレンジキャンペーンしに、広島に来たら、声かけてくださいね!

 





 

 

 

 

2011年09月22日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

腹筋に溝を作ろうとする日本人

さぁ、皆さん、最近は、会話の初めに

「違うんです!」とノ―からスタートして自己主張されていますか?

遠慮してはダメダメ。

元気よく、否定してみてください。

 

さて、シミズとfukuハラが、昔、一瞬の迷いで、「コアリズム」のDVDを購入してみたのはいつだったか・・・。

 

ちょっとDVDをプレイして、2人のお姉さんと一緒に腰を振ってみたら、ものすごく疲れて、二度とプレイできなかったまま、箱入り状態になっていた。

 

そのことを知った、シンタクは、

「シミズさん、あれ、貸して下さい! 腰まわすやつ」

 

え?あ、いいよ。とシミズは、家から持ってくるよと約束していた。

 

翌日

「シミズさん、あれ、貸して下さい!なんていうんでしたっけ、コアリズム?」

 

え?あ、コアリズム? いいよ。

 

 

さらに翌日

「シミズさん! あれ、貸して下さい! 私、昨日も言いました。」

 

え?あたしねー。どうしても忘れるんよ。

手に書いてもねー、見ても忘れるし・・。

 

というが、再度、左手の甲に、「コアリズム」とペンで書かせて、ついに翌日、DVDを持ってこさせた。

 

シンタクはこれから、ウエストを絞るだけでなく、腹筋に縦に溝をつくる!ということを目標に、がんばるのだそうだ。

 

で、何のために?

と、聞くと、「水着を着たときに、かっこいいじゃないですか。鍛えてるーって感じで。ま、年にワンシーズンのことですけどね。」

 

 

年に1度の季節のために、来年の夏のために、すでに腹筋に溝を作ろうと運動を開始したシンタク。

来年の夏の甲子園を目指して、大会で負けた翌日から、猛練習に励む高校野球児と同じではない?!

 

いよいよ、その熱意に、感化されて、私も、禁断の箱入りコアリズムに手をかけることにした。

 

まずは、明日、箱から出そう!

 

 

 

2011年09月15日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

発言の前に、タメを入れる日本人

昨日は、NOが言える日本人として、「違うんです!」と、まずは会話を否定してスタートしてみようという提案を、フク笑い的にしてみた。

 

本日は、発言の前に、ちょっと間を持たせる日本人の「タメ」を提案してみましょう。

 

会話の前に、唐突に

「あれですよ!」と言ってみよう!

 

読者も私も、え?あれって?・・・・・と、

次の言葉を待っているに違いない。

 

 

充分に待たせたあとに、「あれですよ、あれ!」

 

と重ねて、さらに間を持たせることも場合によってあり。

 

普通の何気ない会話も、このタメを持たせる魔法の言葉の力で、

なんだろう、この人、次に続く言葉は、いったい何だろう?

あれって何だろう?

 

と、言うふうにドキドキしてくるに違いない。

 

 

 

今日の、会話の一工夫については、誰の口癖か、ここで書いてご紹介しようと思ったのだけども、本人が、

 

「ダメですよ!

こんなこと書いたら、中高年の言葉が、あれそれの人みたいに思われるでしょう!?」

と、否定してこられたので、自粛しました。

 

 

 

誰だと思う!?

 

 

あれですよ! 

 

あの人!

 

 

 

 

2011年09月14日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

NOの言える日本人

今年のハーストーリィプラス流行語大賞のノミネートにカウントされるような、新しい流行語を、昨今発見した。

 

それは、

「違うんです!」

 

という言葉。

 

もしもし、と呼ばれて、はい?と返事するくらいの勢いで、

「違うんです!」

こう言いきって、自分の発言を続けてみてください。

 

それで、立派なNOを言える日本人、ムツラになりきることができます。

 

毎月はじめ、席替えの日。

早く出勤する組の、シミズが一番出社だったので、お掃除前に、7名の席移動をやってくれていた。

各自の引き出しキャスターを移動して、机上に残された私物を、移動させる。

一人でやるとばかにならない時間と労力がかかるのだが・・。

私が2番目に出社したときには、もう一人で済ませていた。

 

引越し作業に

「ムツラの席が一番荷物が多かった・・・。」

と、一言漏らしたシミズ。

 

それを聞いたムツラが

「違うんです!」

 

 

ここで読者の皆さんも、何が違うのか?と意味がわからない気持ちになりやしないかと、私も心配になる。

 

え?何が?違うって何が?

とシミズも私も目をぱちくりして聞くと、そこからノ―と否定した理由を話し始める。

 

「いやね、実は昨日、引き出しや足元の荷物を整理しようと思ったんです!

思ったんだけど、荷物をいれるキャビネットの中がいっぱいだったから入らなかったんです!

だから、また明日、整理しようと思ってたら・・・席がえの日だった・・・。」

 

と、弱ったような顔をしておりました。

 

ムツラの荷物が一番重かったという事実に対して

 

A:違うんです!

荷物は決して重くはありません、それは気のせいです!

 

なのか、

B:違うんです!

確かに重かったかもしれませんが、昨日、荷物の整理をしようという気持はあったんです。

ただ、それが気持ちだけで、間に合わなかっただけなんです!

 

どっちを言いたいか、というと、そりゃ、Bだと思うけど、

そんなに自信をもって、Bの結果を出してもいいのか?

結局は、荷物は重いのだろう?

そう、問いかけたくなるのだけど、そこが面白いですねー。

 

 

違うんです!

 

 

よいですか。

はい、とこたえるのではなく、まずは、否定してみる。

 

今年、下半期は、意外に、これかもしれない。

 

 

2011年09月13日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

ベビーがいっぱい!

本日、さとうデスクの長女Mさんの出産のニュースが、報じられました。

satomido日記と、プラスなプレスのイチメンで。

 

よかったですねー!

陣痛が始まって、まだかまだかとずっと待っていたようです。

前の日は久しぶりに徹夜だったとか。

大事なお客様のアポもあったようですが、昨日はさすがに調整し、立ち会いに出向いていました。

 

でも、今日はさっそく出張です。

朝7時35分の新幹線で出掛けていたようです・・。

タフだなー。

 

 

さとうデスクが立ち会いで不在の中、1ヶ月前に出産して、現在産休中のヨシダが、1ヶ月検診の帰りに立ち寄ってくれました!

 

赤ちゃんは、すくすく大きくなって4.4kg位とか。

「重ーい!」と言ってました。

 

ずーっと静かに眠っていて、時々、むにゃーと声を出していましたが、かわいいですね。

 

 

 

yoshidababy.jpg

 

赤ちゃんが一気に周りに増えました。

プラスなプレス編集部は、赤ちゃんに完全に癒されています。

 

2011年09月09日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

小学生もうらやましがる クワガタスタイル

夏の小学生の憧れというと、カブトムシとかクワガタといった昆虫類を捕まえてみたい!

飼ってみたい!触れてみたい!

というところではないでしょうか?

 

私たち編集部の中には、よこ分けしていた前髪が、思いのほかのびて、耳にかけていたら癖がついてて、クワガタの角みたいに、前ににょにょーんと突き出した、クワガタスタイルの人がいました。

 

メスクワガタみたく、自分でもびっくりした!

とのこと。

 

 

kuwagata.jpg

 

誰って?

 

ムツラですよ。

 

 

 

2011年09月08日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

プラスなプレスのオフィスは、ある意味感動を呼ぶ場所?

昨日、さとうデスクと打合せがあって、久しぶりに3階まで上がってこられた、リシュラ浜口社長。

3階の奥の部屋が、オフィススペースなので、その入り口に立った浜口社長は、

 

「あー、ここが、フク笑いで読ませてもらっている、いろいろな事件が起こる場所なんじゃねーっと、思うと、感動するねー!」

 

と、じろじろとおもしろそうに、オフィス内を覗かれていた。

 

忙しい毎日を過ごしている浜口社長ですが、勉強熱心で、この「フク笑い」も、勉強の気分転換によく覗きに来られているようです。

 

 

 

hamaguchi.jpg

 

普通のオフィスですが、読者の方から見ると、フク笑いの現場ということで、なんだか、一度は必見!的なスポットになっている?

かもしれないという感じがしてきました。

 

必見のスポット?

フク笑いの聖地?

物語のステージ?

 

そうなると、もっともっと社員は、自分たちが女優なのだ!くらいな気持ちで、いつでもフク笑いに登場してもよいように、日々意識していただきたいものだ!と構成作家的に思うわけです。

 

 

 

 

2011年09月01日
愉快な編集部員ネタコメント(2)

歩けばわかるさー! むにゅ。

昨日、小栗旬と対面で話をした、夢をみたことを語ったシンタクは、周知のことだが、オフィス内で、ビーサンを履いている。

 

われわれの会社は、この猛暑の続く夏、クールビスを最大限に採用して、素足の勤務は、ドレスコード範疇に、「あり」で、許容されている。

 

シミズも、ヤスナガも、ムツラも、シンタクも、みーんな素足でサンダル勤務だ。

最近はいった、みんなに見習って、ドイケも素足だ。

 

さとうデスクは、かろうじて、ソックスをはいて、靴履き。

ストッキングを履いているのは、私だけ。 これはもう、ファッションとして認められず、ストッキングを履いて通勤するのは、シーラカンスか化石か?というくらいの分類にされている。

 

素足が許されるなら、ビーサンはどうなのか?

 

シンタクは、あまりの暑さに、ビーサンをこっそり履き始めて、オフィスの中だけ、お客さまに目に触れない部屋だけでは、ビーサンはOKだろうと勝手に判断をした。

そして、最初はこっそり。

だんだんと、標準化されてくるように、履き始めた。

 

さとうデスクも、これは、ありなのか?という顔をしていたが、最近はスルーになってしまった。

 

そのビーサン履きのシンタクだが、さすが100均でお求めのビーサン。

最近、歩くと、「むにゅ、むにゅ」と音がするようになった。

 

ピータイルのオフィスと廊下を歩くたびに、「むにゅ」、「むにゅ」

 

どんなに静かにして歩いても、「むにゅ」、「むにゅ」

 

気になるシンタク本人は、音がしないように、つま先立ちで歩いて見た。

でも、「むにゅ」、「むにゅ」

 

今度は、かかとで歩いて見た。

でも、「むにゅ」、「むにゅ」

 

 

2階のリシュ・マムに上がるまでの足場板でおおわれた階段だけは、音なしで歩けるのだが、2階から3階に上がってセキュリティゾーンが高まるにつれ、

「むにゅ」、「むにゅ」

「むにゅ」、「むにゅ」

 

 

すました顔をして、必死に音がしないように静かに歩こうとするシンタクと、反して、周りに響く

「むにゅ」、「むにゅ」

 

向こうの方から、シンタクが来たことが、音でわかると言う。

bisan.jpg 

けっこう笑えます。

 

 

 

 

 

 

 

2011年08月31日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

夢の話

シミズ邸でのお好みパーティで、まぁ、聞いて下さいとシンタクの夢の話が語られた。

どういう話かわからないけど、一応聞くことになった。

 

「あたしね、彼がちょっと小栗旬に似てるからか、よく小栗旬が夢に出てくるんです。」

 

え?小栗旬似の彼?

 

「なぜかみんなで小栗旬と一緒にいたんです。

それで、みんながどこかに行って、あたしと、小栗旬の二人っきりになったんですよ。

 

最近、山田優のことでいろいろと言われているから、あたし言ったんです。

 

『いろいろ、みんな言うけど、まじ、どーなん?(山田優と)』って。」

 

なんか身体をゆすぶって、外国人のような振付で会話しているような気がするんだけど、気のせいか?

ラッパーのように身体をゆすぶりながら、「マジ、ドーナン?」と質問するのが正しい小栗旬との話し方なのだろうか?

 

すると、しばらく「うーん」と考えて、

「言ったんです! 『二人でいると、居心地がいいんだよね』って!!」

 

へー。

このとき、私たちは、へーというしかなかったような・・・。だって、夢なんだもん、シンタクの。

 

 

 

oguri1.jpg

 

oguri2.jpg

 

「あたしがちょうど、彼ともめてた時期で、『あたしといると、居心地悪いんじゃね。』って言ったら、

『今はね』って彼が言った時だったんです!!

だから、あたし、『やっぱ、居心地よくしなきゃ』って思ってたんでしょうね!」

 

と、結果、彼が小栗旬にニアリーイコールだという自慢をさりげなくした夢の話かと、聞いている我々は、思ったのだけれども、

そこまでして話を聞かせたシンタク、実は、本当はミスチルの桜井クンの方が好きだとか。

 

今後は、ミスチル桜井クンが夢に出てきたら、それは大変。

お昼休みに、お弁当を食べながら、

「あたし、見たんです!」と始まることでしょう。

 

とにかく、飲んだ時は自分の話は、いっぱいいっぱいするけれども、人の話はほぼほぼスルーだと言うシンタク。

彼の話も、聞いてあげてね!

 

 

 

 

2011年08月30日
愉快な編集部員ネタコメント(2)

マーロウのガラス瓶 

以前、シミズがいただきもので、マーロウのプリンを美味しいもんに紹介した際、その空き瓶がかわいい!と評判になり、あまった空き瓶を2つ持ってきてくれた。

さとうデスクは、優先的に1個譲り受け、残す1個を、欲しい!というプラス部員でじゃんけん大会を行った。

勝者は、ヤスナガ。

残念だった私、ムツラ、シンタク。

 

ネットで注文すればいいじゃん!と開き直ったけど、ただいま注文が殺到していて通販を中止。

残念だったとフク笑いにご紹介したことがある。

 

それをご覧になった、フク笑い読者七色男さんから、横浜に帰省されたときに行列に並んで家族で食べたというマーロウのガラス瓶を、広島に戻られた時にお持ち下さると言う連絡が。

 

今や、中身のプリンは我慢するにしても、ガラス瓶が欲しくて欲しくてたまらなくなってしまった我々は、ご面倒をおかけすることは百も承知で、「いただけるものなら、いただきます!」と両手をひろげた状態。

 

昨日、七色男さんがハーストーリィハウスにいらっしゃって、そのお土産をお持ち下さいました!

 

読者の皆さん、これが、ビンですよ。

参考までにお持ち帰り用のケースや、チラシ、ビニール袋などもそのまま頂きました。

mr1.JPG

 

4つのうち、1個は、限定2011年版らしくデザインが違っていました。

mr2.JPG

 

七色男さん、ありがとうございます。

シンタク、ムツラ、も喜びました!!

 

へへへー。

これで、お料理する時、計量カップとして使ったら可愛いだろなぁとニヤニヤして見入っていたところ・・・。

 

目の前の、さとうデスクが、

 

「今日、ヘアスタイルが、さかなクンみたいじゃね。」

 

え?さかなくん? あの人、帽子かぶってなかった? ヘアスタイル?

 

「あれ、帽子じゃないですか? ・・・そういわれたら、どっちかというと、もう中学生?」

 

「そうそう、もう中学生」

 

せっかくマーロウのガラス瓶をいただいてよい気分になっていたところを、

どうして、さとうデスクは、さかなクン、もう中で、落としていかれるのだろうか?

困ってしまった。

 

 

sakana.jpg 

 

 

 

 

2011年08月26日
愉快な編集部員ネタコメント(4)

モノづくりに載らない「モノづくり」 商品開発ミーティング

昨日、かねがね開発したいと思っていた、ある商品の自社開発を目指して、ユーザーの意見をヒアリングしよう!と、小学生の子どもを持つ母親たちがあつまった、ミニ座談会を開いた。

 

それは、のちのち「ただいまモノづくり中」にて、進捗報告が上がってくるのだけれども、フク笑いでは、その報告までには上がらないけれども、ぜひ、ご紹介したい隙間ネタを公開したい。

 

商品は、子どもがお手伝いをしたくなる、子どもエプロン。

なのだが・・・。

 

途中から入ってきた、さとうデスクが、エプロンだというのに、カバンから自分のお気に入りのエコバックを出してきて、

「これこれ。これがいいんよねー。」

と、見せびらかし始めた。

 

薄めの生地だがナイロンもはいっているのか丈夫で軽い。

 

「これ、子どもが持ってみてごらん!

振り回すよー。なんで、子どもって、カバンを振り回して歩くんかねー。」

 

そのうち、

「このエコバックを頭からかぶってみるってのはどう?」

 

え?

 

そして、

「このエコバック、これを小さくして、頭に帽子風にのせるってのは?」

 

ティアラみたいに?

 

理解不能ですが、このさとうデスクの発想の転換で、その後の座談会のアイディアはいろいろと膨らんできました。

 

こういう座談会では、

価格が・・・とか、ニーズが・・とか、できるできない・・・とか、そういうのは

まず置いておいて、

何があったら楽しいか、使いたいか、持たせたいか、こんなのあり?

など意見を、ノ―はなしで、吐き出すってのが楽しいですね。

 

こういう話をしている度に、さすがにクリエイティブなさとうデスクの頭って、やわらかーい!と感心してしまいます。

 

 

kaihatu.jpg 

 

 

 

フク笑いも、こうじゃなくっちゃ、いけないなー。

 

 

 

2011年08月25日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

フク笑いジャックに、驚き!!しまった、うかうかしてられない。

昨日は、午前の子ども職場参観日、そして、午後のまなつの子どもカフェのために、デスクワークがまったくできず、当然フク笑いの更新は、優先度が落ちてしまうので、放置。

その間、知らぬ顔をして、写真を勝手に撮影し、管理画面からフク笑いに入って勝手に更新した、さとうデスク。

昨日のフク笑いジャックには、驚きました!!

しかし、1日の様子を、いち早く公開してくれのは、ありがたいが、私はあまり嬉しくない。

 

最近、髪を切ったのですっきりしたけれども、写真に写っている私のヘアースタイルは、まるで大木凡人。

あーあ、こんな髪型になってたんだ、とがっくり。

 

みんなはいいと思いますよ。

ネタにして書かれても、まぁ、ゆうたら似顔絵でしょう?

たまに写真が上がっても、特に気にすることないじゃん?

 

私はまずいなぁ。

 

 

明日からは、また夏期休暇のため、フク笑いが更新できにくい環境に入ります。

ということで、代わりにツイッターの方で、短編フク笑いを綴ってみようと思います。

 

短編「フク笑い」 入り口は、こちらのアカウントから。 hsplus_fuku

 

夏期休暇中も、プラスなプレスの「今日のイチメン」「今日の美味しいもん」

ツイッターの「広島生活【一日いち広島】」は、毎日更新!!

 

では、皆様、よいお休みを!!

 

 

 

 

2011年08月12日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

暑中お見舞い葉書をいただいても、「冷え冷え」!

暑中お見舞いはがきを、大量にお出しするも、逆にいただくこともぼつぼつあるような、ないようなプラスなプレス編集部。

 

今日、いただいたお葉書を見ながら、シミズが

「ね、fukuハラさん、これ。」

 

と、ハガキを見せてくれた。

 

それは、某企業の某氏より、さとう、シミズあてに送られた暑中お見舞い。

 

季節のご挨拶の内容が、書きつづられており、最後に

 

PS 『プラスなプレス』楽しく拝見させていいただいています。

 

と、書かれていた。

 

一瞬、目がその1行に吸いつけられる。

 

む?

この含みは?

シミズの笑みの意味は?

 

ほら、『プラスなプレス』全体を拝見してもらっていますよ、っと教えてくれているのか、

そーじゃねーよ、「フク笑い」を見られてるんだぞ、ちょっとは暴露加減を控えろーと言うことを伝えてくれているのか?

 

 

とにかく、そんなに自社ブログを見てもらうことについて、ドキドキしてしまうのは、どうしてだろうか?

もはや、トップページから「プラスなプレス」に入った方は、ほぼほぼ「フク笑い」を通じて、社内見学をされている感覚?

 

いやいや、それは自意識過剰 満タンではないか。

 

とにかく、暑中お見舞いにも、冷え冷えを感じるフク笑い・・・。

 

絶賛更新中!

 

 

2011年08月09日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

「人類を3分の1に分類したら、確実にモリちゃん似に属する」by レギュラー

新人ドイケが研修入りして1ヶ月が過ぎた。

毎日ハウスのホールにも出て、ブログも更新し、今は、8月11日のまなつの子どもカフェの準備で忙しくしている彼女。

 

ドイケが、「ハウスに降りてきまーす。」と、3階のオフィスを出て行ったあと、ムツラが面白い発言をしていた。

 

「ドイケさんってさー、モリちゃんに似気がする・・。」

「あ!私も、そう思った!」とシンタク。

 

モリちゃんとは、昔の同僚で、いまは結婚されて姓も変わってしまっている。

背の高いすらっとしたモリちゃんは、手先が器用な子だった。

 ム「そうなんよねー。なーんか、だんだん似てる気がしてきて。

そう、人類を3分の1に分類するとしたら、確実にモリちゃんに似てるグループに入ってる!」

 

 

ここで、私は、心の中で、うーんと、うなった。

 

さすが、フク笑いレギュラー。

 

人類を3分の1に分けるとすると、こうなるか?

A:モリちゃんに似ている

B:モリちゃんに似ていない

C:どちらでもない

 

そうすると、かなりの確率でちょっと似てたらAに属するのではないだろうか?

 

1億人以上の日本人を男女含めて3分の1!

 

こんな大胆な分類でもって、説明し、話を聞いているみんなを、「ほんとだねー」とうなずかせる和術。

 

フク笑いのレギュラーは、さすがにこういう和術を持ってして、ネタにされる頻度がほかの人より高くなるわけだ。

 

これだからこそ、今後も レギュラームツラ、シミズの言動は、つぶさに観察をしておきたい。

 

 

doikemori.jpg 

 

 

2011年08月08日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

やっぱり、フク笑いはこの夏、冷え冷え!

フク笑いに自由自在にネタにされる、フク笑いレギュラー陣(シミズ・ムツラ)からのクレームが、けっこう耳につくようになってきた昨今。

先日、フク笑いが仕事上、営業上、なにかしら影響があって、困っているとの声を聞くということで、そのことをネタにした8月2日のフク笑い

 

ところが、今日、レギュラーの気持ちを共有するような場面に、筆者自らが遭遇したから、驚きだ。

 

某企業での打合せの会議室内でのコト。

ヤスナガ、fukuハラで訪問していた。

話題はサイト構築のことになった。

参考までに、プラスなプレスのサイトをご覧になろうとしたご担当者。

「えーっと、プラスなプレス・・・・と。」と検索をしてくださったのはよかったが、出てきた結果の2番目か、3番目のプラスなプレス(フク笑い)のリンクをなぜだかクリックされ・・。

 

hiehie1.jpg

 

hiehie2.jpg

 

会議室のプロジェクターにて、スクリーンに投影されて、出てきてしまったのは、

 

ドン!

 

plus3.jpg

 

hiehie3.jpg

 

あ、違いますか?(で、フク笑いって、これ、何ですか?) by ご担当

 

再度、リンクひろって、プラスなプレスっと。

 

ドン!

plus4.jpg

 

hiehie4.jpg  

 

 

なんとなんと!

こんな風に、会社の恥ずかしいところをみられた感を、リアルに感じて、チョー冷え冷えしました。

いやーん、シミズやデスク、シンタクの気持ちが、わっかるぅー。 

 

あなたも、私も、フク笑いでこの夏、冷え冷えで!

 

 

 

 

2011年08月05日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

あいづちにも、特徴あり

昨日、何かの話題でもりあがったとき、シンタクが、

「へへっ」と笑った。

それを、シミズが、「あ、シンタク笑いがでた」と指摘した。

 

何それ?

と聞くと

「へへって、2回しか笑わないんですよ。ってよく言われます。」

「なんだか、興味があるかどうかわからないけど、一応笑っておこうか、みたいな、そういうヤツよね。」

と、シミズがいう。

「ええ、よく言われます。」とシンタク。

 

またその後。

シンタクが、暑中お見舞いカードのコメントを書いていると、疲れたり、飽きてくるときに、発見した裏技。

ペンを別のものに持ち変える。

これで、気分も変わり、手の疲れも飛んで、続けて書けるんですよ!

あたし、かなりこれで書き続けました!!

と、自信満々、ものすごい技だと言わんばかりに、裏技をみんなに教えてくれたとき。

 

「ほんとにー」

 

とムツラが、仕事中のパソコンから視線を外さず一言。

 

あれは、本当に、ほんとにーと思っているのか?

 

周囲が疑いはじめた。

 

そんな相槌があるのか?と言ってみたが、あら?

「それって、私が『へー』とあいづちをうってるのと同じ?」

と確かめた私。

 

以前から、私が「へー。」と言っているが、感情がない、まるで話を聞いていないようだ、いや、よく話を聞いていないということがあるとみんながいう。

 

へー。

 

話を聞いていないのに、へー、って言ってるんだ、自分。

 

ということで、社員のあいづちについて、傾向をイラストにまとめてみた。

 

まとめて何か役にたつというわけではないので、そこは一つよろしくどうぞ。

 

aiduti.jpg

 

 

 

2011年08月04日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

モノづくりに載らない「モノづくり」 ポストカード編

暑中うーうーお見舞い、申し上げーますーーー♪

という季節になりました。

 

今年もプラスなプレス編集部では、オリジナル暑中お見舞いはがきを作成しました!

表面に、最近の活動を案内する、<HerstoryPlusの活動案内>、裏面は、2011年8月から10月のカレンダーと、商業イラストレーターさとうみどり氏による、ハウスマーケットにあるおススメ商品のイラストを、散らしたオリジナルポストカードです!

少し大版で横長のハガキサイズです。

hagaki.JPG製作ディレクション ヤスナガ

イラスト さとうみどり

デザイン Kネダさん

 

ところが!

「あら?これ、POST CARD の印字がないじゃん。」と気づいたシミズ。

 

表面の中央上部に、POST CARD という文字がないと、郵送できないことを、ご存知でしたか!?

えぇ、えぇ、ご存じですとも。

以前、この文字がなかったため、郵便局で、印をかりて、郵便局の人も手づだってもらいながら、ペタペタおした経験があると、ヤスナガは話していた。

 

どうする?

手書き?郵便局? 

と困っていた所、そういえば、私、勝手に研究会で「手作り年賀状」に挑戦したときの、消しゴムハンコキットがあることを思い出し、「じゃ、作ってみますか。」ということになりました。

 

ここから、手作り作業が始まりますよ!

 

イラストレーターさとうみどり氏に、オーダーして、POSTCARD の文字を書いてもらいます。

それを、トレーシングペーパーで一度書き写して、消しゴムに鉛筆でうつした文字を、こすりつけます。

消しゴムに文字が反転されて、こすりつけられた状態。(パソコンの手前15センチのスペースで、やっつけ仕事だ、このやろー!)

DSC_0220.JPG

 

文字の部分を残して、まわりを削っていきます。

消しゴムは木版とかと違ってやわらかいので、ずいぶん削りやすいです。

そして、できた!

DSC_0221.JPG

 

ハガキに、ペタペタとハンコを押していきます。

DSC_0222.JPG

 

「なかなか、クオリティーが高い!」と、シンタク、ムツラに褒めてもらいました♪

かえってオシャレに、見えるのだそうです。

さすが、イラストレーターさとうみどり氏の手書き文字です!

 

 

しかし、押さねばならぬハガキは、こんな束になって、500枚×2本あるとです!

                    ↓

DSC_0223.JPG

 

なんぼなんでも、ペタペタ作業は飽きるとです!

途中で、ドイケが交代して1時間かけて600枚くらい押してくれたけど、あと500枚、残っているとです!

 

かわいいから、このハンコ、残して次回使いましょうよー!とシンタクは言ってくれたけど、誰が1000枚ハンコ押すんかな?

それは、万が一の時にして、やっぱり、校正の時、なにはなんでも、「POST CARD」が落ちてないか、そこは、確認しようよ、みんな。

 

今日のフク笑い 「ただいまモノづくり中」に載らない、「モノづくり」、その他のシリーズは、こちら。

●2010年01月22日 モノづくりする人たち

http://www.hs-plus.jp/fukuwarai/2010/01/post-28.html

●2011年06月16日 モノづくりに載らない「モノづくり」 ホワイトボード編

http://www.hs-plus.jp/fukuwarai/2011/06/post-313.html

●2011年06月17日 モノづくりに載らない「モノづくり」 ホワイトボード 続編

http://www.hs-plus.jp/fukuwarai/2011/06/post-314.html

●2011年06月18日 モノづくりに載らない「モノづくり」 元看板屋の執念 編

http://www.hs-plus.jp/fukuwarai/2011/06/post-315.html

●2011年06月25日 モノづくりに載らない「モノづくり」 JJ団扇 すべては、JJのために・・・

http://www.hs-plus.jp/fukuwarai/2011/06/jjjj.html

 

 

 

 

 

 

2011年08月03日
愉快な編集部員ネタコメント(4)

あなたもフク笑いで、冷え冷えの夏を愉しみませんか!

暑い暑いと言っても、営業や打合せで外出をすることが多い編集部のみんなと比較して、私はどっちかというと、仕事の上でも出不精で。

外での打合せというものは、どちらかというと珍しいかな。

それだから、フク笑いのネタは、外出先から戻ってきたみんなの会話から得ることが多い。

だもんで、もう、妄想、想像の嵐です。

きっとこんなことがあったんだろうなー、なんて、好き勝手に膨らまし、その結果、針小棒大であまりの表現に、ネタにされた部員にとっては、大変なことらしい。

 

しかし、案外、この夏、フク笑いのネタになっていることで、意外に涼しい清涼感を得ることができるということも、最近判明した。

 

先日、某企業のかっこいいイケメンの●●部長さんのところに訪問していた、さとうデスク、シミズ、シンタクの話。

もー、ひやひやしたよー。そうですよ、きっとフク笑い見られてますよー。あの含みは・・・。

デスク、シミズが話している。

聞くと、部長さんは、事前にHPをご覧になったとか。

え!?やばい!と思った3人。

でも、「六本木にもハーストーリィがあるんですねー。」ということで、あぁ、東京のハーストーリィのHPをご覧になったんだと、ほっとした3人。

でも、その後、プラスなプレスも拝見しましたよ、と言われて、ひぇよえー!!になったとか。

 

一部始終を想像しながら、描いてみました。

繰り返しますが、私はほぼほぼ外出せず、だいたいオフィスにおる人間です。

 

hp1.jpg

 

hp2.jpg

 

hp3.jpg

 

hp4.jpg

 

お客様や外部の方に、自社のHPやブログをご覧になっていただいているということは、大変ありがたいことで、大喜びすることがあっても、ひやひやしたり、やばいと思うと言うことがあるとは、いったいどういう含みなのでしょうか?

 

しかしながら、大変不本意なことではありますが、暑い夏に、ひやひや感も味わえて、プラスなプレスの部員にとっては、身体にもよいことではないでしょうか?

 

身体にいい、フク笑い。

皆さまも、ネタになってみたいと、おもいませんか?

 

 

 

2011年08月02日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

今年流行の兆し!亜細亜大学の亜

今日、シンタクが、電話で、誰かのお名前を説明している会話が、聞くとはなしに、もれ聞こえてきた。

 

「お名前の字は、亜細亜大学の亜に・・・」

 

誰のお名前かは聴こえなかったけど、亜の字を伝えるのに、先月開かれたナチポックサミットでの、各首脳のコミットメントの中にあることばを早速使われていたのは、驚きだ。

 

確か、ムツラが発言した「亜細亜大学の亜」だ。

 

シンタクはそのフレーズを記憶しており、日常の会話として、もう取り入れているのだった。

 

その説明を電話でしている最中、ナチポックサミットに参加していたみんなは、クスクス、クスクスっと笑っている。

シンタクも、笑いをこらえて電話を継続している。

 

電話が終わり

「あたし、笑いをこらえるのに必死でした」というシンタクに対して

「亜の字を説明する時に、あじあの亜 っていうと、アジアというふうにカタカナかと思われるけど、亜細亜大学の亜なら、感じだと想像されるじゃないですか。

そういうことって、よくあると思うんですぅー。」

 

そう説明されたら、納得の亜細亜大学だ。

これからは、もう、うちら編集部では、亜の字は、亜細亜大学の亜に、決まり!

 

 

よくあるとおもうんですぅー

という、語尾が上に上がり気味の口調も、流行りそうな予感。

そして、亜細亜の亜は、もう2011年の流行語大賞の上位に上がるのは間違いない。

 

 

 

 

2011年08月01日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

早食い王者 誕生!

昨日、お昼ご飯がお弁当ではなかった、シンタク、ムツラ、私は、久しぶりにお好み焼きを食べよう!ということになった。

近くの弁慶丸さんのお好み焼き、久しぶりー!

ほくほくしながら、食べていたら、ほぼほぼ同時に食べ始めていたシンタクが、私より先に食べ終わっていた。

そして、それに気づいたシミズが、あら?fukuハラさんより、シンタクの方が早い!とびっくり。

 

「そうですよ。私、気づいていました。

fukuハラさんより、ぜったい食べるの自分の方が早いって。

今まで何度か同時に食べ始めていたけど、いつも自分の方が早かったんです。」

 

と、早食いの王者は自分だと言わんばかりの勝利宣言だった。

 

そうか!

 

私は、今まで自分の早食いに、あまりにアッと言う間に食べ物がなくなる寂しさを感じて、マイナスなイメージを持っていたが、シンタクの登場で、早食いは、自慢すべき価値のあるものだということが分かった!

 

当分、早食い王者はシンタクに譲り、私は二番手の位置に甘んじおうではないか。

 

今日の、早食い勝者のお昼ごはんは、手作りチヂミ。

今日の美味しいもんで紹介されていたハーストーリィハウスの「チヂミ」レシピを参考に夕べ作ってみたら、めっちゃ、うまかったそうです。

 

sintakulunch.jpg

 

この絵を描いていたら、

「fukuハラさん、今、私、めっちゃ、スキャンされていた気がしたんですけど、それって、自意識過剰ですかね?」

ってシンタク。

 

え?その通り、スキャンしてましたけど。

 

「さっき、ムツラさんが、fukuハラさんがなにを描いていたか、覗いて見てたけど、なーんにも言わなかったですよね。

自分のコトでないと、何にも言わないんだから。

みんな、自分本位ですよね。

あたしは、別にいいんですけど、みんなは自分のコトかかれたら、なんか言うのって、どうなんですかね。」

 

と、フク笑いに書かれることによって、自分本位か否かの性格判断ができるという、そこまで分析してくれたシンタク。

 

君は、占い師?

 

 

2011年07月28日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

私は見た!ヤスナガのテーブルの下 くつろぎ編

私たちのオフィスの机は大きなテーブルをフリーデスク形式で利用している。

そのため、テーブルの下に、引き出しキャビネットを一つずつ割り当てて利用し、それ以外の荷物は、キャビネットの棚をロッカー替わりに利用しているので、そこに置くか、または足元に置くしかない。

 

私の場合は、足元にカバンを置くための篭を一つおいて、小さなカバンはそこにおいて利用している。

 

今月の席は、(フリーデスクなので、毎月席替え)ヤスナガの対面だ。

ヤスナガというと、以前、テーブル下のスペースを、侵略行為により対面相手のムツラを脅かしているというネタでご紹介したことがある。

 http://www.hs-plus.jp/fukuwarai/2011/03/4-1.html

 

今、私はそのヤスナガと対面だ。

先日、私の足もとのカバンを取り上げようと、テーブル下に潜り込んでいたとき。

 

私は、見た!

見ようとしたわけではないけれども、見えてしまった!

ヤスナガの足が、今度は、くつろいでいる様子を!!

 

 

yasu_ashi.jpg

 

 ここにも、素足で仕事をする人がおります!!

 

暑さきびしくなるにつれ、いよいよ素足人口が増えてきております!

 

皆さまのオフィスでは、いかがですか?

 

 

 

2011年07月27日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

フク笑い 筆者は鈍感なのか、否か。

フク笑いの更新を、楽しみにしていらっしゃる方の多くは、どうやら、直接社員と関わりのある方が多いらしい。

たとえば、三ツ星カレッジのサポーターの皆さん。

ムツラと直接会ったり、やりとりをされている方々は、ムツラの社内の様子が気になって、どこからかフク笑いにムツラの様子が描写されていることを、聞き知ってか、調べてか?

いつからか、フク笑いを通して、ムツラについて観察をされている方が多いようだ。

 

また、某大手企業のご担当者。

仕事のお打合せでお会いする度に

「ブログ、楽しいですねー。」と、フク笑いのことを評価してくださるとか。

 

 

そのたびに、仕事のときはいくらまじめにキャリアウーマン的にふるまっても、社内の様子が、本人確認ないままに、自由自在に、しかも、ちっぽけな事を、ものすごく膨らませて、そういうの、針小棒大っていうだけど、ご存じかしら?

そんな調子で描きまくられているから、困って困って仕方ない、シミズ、さとうデスク。

 

あ、今日はシミズさん、半袖着てる!とか、あぁ、やっぱり素足にヒールの高いサンダル履いてんだ―、とか、おもわれているに違いない・・、と、冷や汗をかく気持ちになるらしい。

 

また、また。

広島に戻ってきた娘の職場の仕事ぶりが気になって仕方がない母が、娘の

「めんつゆ、マジ、神!」とか

「●●っす!」という語尾とか

あんた、ことばづかいなんとかしんさい・・・ということを注意するために、フク笑いを閲覧されるシンタクのママ。

 

そういう人たちのために、フク笑いは、自由自在に書き綴るのですが、誰もそんな私のわがままを、注意したり文句を言う人がいないから不思議だった。

なんというやさしい人たちなんだろうと。

 

ところが、先日のナチポックサミットで、シミズが

「どんなに文句を言っても、スルーなんだから。」とつぶやいていたのが、ふと耳に残った。

 

あら?

私、フク笑いに書き過ぎって、文句を言われていたのかしら?

 

そんなこと、一度もないんだけど、それは、私が鈍感だったということ?

 

周りの人たちが、心が広いと思っていたのに、まさか、自分が気がつかない鈍感な人間だったということが真実だとすると・・。

 

いや、そんなことはない。

シミズも、ムツラも、みーんな心が広く、フク笑いの意味を理解しているからこそ、しょーがないなと思いながらも、見逃してくれているばかりだと信じたい。

 

 

そう思うのだが、本当は、どうなんだろうか?

 

 

2011年07月25日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

節電の夏

私は、現在の社屋に会社が引っ越してから、ずっと長いこと、このオフィスで生活をさえていただいているが、今までこんなことがあっただろうか?

 

先日のお昼時のコト。

 

ビン!

 

と、急にパソコンの画面が暗くなり、コピー機が止まり、蛍光灯が消えた。

どうやら、コピー機と、電子ケトルと、電子レンジを同時に使ったら、まずいということが分かった。

 

分かったのだけど、今日もお昼に、誰かがお弁当を電子レンジで温めていたら、

ビン!

 

そして、やはりブレーカーが下がってしまった。

 

何度も夏を過ごしてきて、今までこんなことは、なかったのに、不思議。

建物全体の電機の消費量が越えたら、切れるんだろうと思うのだけど、大丈夫だろうか?

 

ということを気にして、おちおち、電子ケトルで湯も沸かせず、お茶も飲めずにのどがカラカラ。

 

当面は、

コピーと電子レンジと電機ケトルと、扇風機を同時に使わないこと!

 

ということを気にしながら、節電の夏を過ごしたいと思います。

 

ただ、電子レンジを使うとき、ブレーカーが落ちるか、落ちないか、ちょっとロシアンルーレットをしている感じでドキドキして、楽しい。

 

 

 

 

2011年07月22日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

ナチポック サミット開催

ツイッター「広島生活【一日いち広島】」でも、ちょっとツイートしたけれども、昨夜は、ドイケさんウェルカム、ヤスナガさんお誕生日おめでとう会を開催した。

何かしら理由を付けてこういう会を開催しているけれども、実は仕事が立て込んできたシミズが、定期的にストレス発散のために、飲み会をしたくなるらしい。

強いリーダーシップのもと、なんらかしらの理由づけにより、飲み会が開かれているような気がする。

それに加えて、帰ってきたシンタクのすばらしい幹事力により、その時々にふさわしいお店をチョイス。

私のような出不精なモノにとっては、とてもありがたい飲み会だ。

しかも、飲めばなにやかしらと、つまらない話に笑いの沸点が下がって、なんでもかんでも面白く聞こえる。

いつも以上にフク笑いのネタの宝庫となるのだ。

 

今回は、暑さが厳しくなってきたので、辛いものもいいね!という声から、韓国料理のお店をチョイス。

橋本町の韓国料理店「ナチポック」の2階でお座敷テーブル2卓を占領して7名。

 

そこで、生まれた2011年流行語大賞に選考にエントリーされるような、おもしろいことばが次々と生まれた。

各首脳がマイオピニオンを発言するかのごとく、さまざまなおもろい意見が出てきたので、これを、私はナチポックサミットと呼ぶ。

 

「ビール以外はショートでいい」

今日の昼にお客様の所に外出していった、デスク、シミズ、シンタク。

帰りにスタバかタリーズでドリンクを飲む際、50円くらいしか変わらないから、「グランデ」のサイズにしましょうよ!と若いシンタクの声かけに、デスクはグランデをチョイス。

しかし、シミズは、「ビール以外は、ショートでいい!」という格言を残し、かたくなにグランデを拒否。

結果、ナチポックサミットの場で、おいしいビールが飲めたのは、シミズだ。

 

 

「夏は自分の顔さえも暑苦しい。」

ムツラの顔のパーツは、一つ一つが大きいので、遠くから見ても、あ!ムツラだ!と分かるくらいの顔をしている。

自分でも、夏のじりじりと暑苦しい朝、鏡をみると、自分の顔までも暑苦しく感じられる。

そういう気分になるというカミングアウト。

 

「あぁ、亜細亜大学の、亜細亜の、亜ですね」

ドイケさんの下の名前は、どうかくのか?という質問に対して、ドイケさんが、あきこです。

あは、アジアの亜で・・・。」

と、説明していた。

すると、ムツラが、

「え?アジアの『あ』って、どういう字ですか?」と聞く。さすが酔っ払い。

するおと、シミズが

「横書いて、縦に2本書いて、こうかいて、こうかいて、横。」

と、手でもじもじ君のように、空気に書いて説明する。さすが、こちらも酔っ払い。

 

そこで、ムツラの格言

「あ、亜細亜大学の、亜ですね、」

なんじゃ、そりゃ、わかっとるんと違うん!?

 

「そんなんじゃ、世界に勝てんよ!」

最近、牛肉を食べなくなったと言うシンタク、ムツラ、そして、日ごろからローフード派のドイケ。

まじ、うし、食ってないっすよねー。肉食べたら身体が重いっつーか・・・

と、話し合っているのを聞いたシミズ。

「え!?肉食べない?そんなんじゃ、世界に勝てんよ!」

 

誰と戦っているのか、分からないシミズだが、今日はランチに、ジャジャ麺が食べたいと、ハウスのキッチンにお願いしてわざわざ作ってもらい

「ご飯がたべれないですよ、麺じゃなきゃ、夏は・・。」と

ご飯が食べられないカミングアウト。で、肉は食っても白米は食べずに世界に勝とうと考えていることが判明。

 

「カチューシャ刑事(デカ)」

昨日は、カチューシャをしていたヤスナガ。

そんなヤスナガをみて、カチューシャは、数年前から流行っているが、しかし、オフィス仕様はありなのか?と思ったとムツラ達。

いやいや数年前から私はカチューシャをしていると、言いきるヤスナガのコトを、いつの間にか

「あいつは、カチューシャ刑事(デカ)だ!」とキャラ設定を作るさとうデスク。

 

「めんつゆ、まじ、神!」

めんつゆは、料理の万能薬。これさえあれば、なんでも美味しくなる!と主張するシンタクの、めんつゆ賛美の言葉。

ついに、めんつゆは、神となった。

 

 

natipokku.jpg

これらの、格言は、すべて、会場で私の携帯のメモされた言葉。

かろうじて書きとどめたメモから、昨夜のことを思い出してみたが、本当はもっとおもしろい言葉をいろいろ発していたもの、酔ってるもんだから、指が携帯にうまくタッチできず、記録しきれず。

さすが、酔っ払い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2011年07月21日
愉快な編集部員ネタコメント(2)

刺激的な昼下がり 私はマーロウ みんなはブレーカー

お昼のランチタイムに、シミズが、

「マーロウのビーカーいる人―!」

と声をかけてくれた。

 

これは、先日シミズが美味しいもんにて紹介した「マーロウのカスタードプリン」の器。

3ついただいていたので、一つはさとうデスクに。一つは自宅用に。もうひとつは欲しい人にと持ってきてくれた。

 

横浜に住む人のお家には、かならず1個はあると噂される容だと、ムツラ。

 

欲しい人―!の声に、手を挙げたのは、ヤスナガ、ムツラ、シンタク、私。

 

潔くジャンケンで勝者を決めること。

 

ジャンケン大会に、うぉー!と力が入るのは主婦の私だけで、大人な3人は、静かにジャンケン。

 

 

結果、マーロウのビーカーは、ヤスナガのものになり、私は涙を流しそうになりながら、悔しがった。

 

悔しそうな様子を見て、こりゃ、やれんな。と思ったシンタクは、

「ドロちゃんに、送って!って、メールしましょう!頼みましょ!」と慰めてくれた。

 

おお!

ドロちゃんは、フク笑いのコアユーザーなので、きっとこの事件の顛末をみてくれるに違いない。

 

ドロちゃんから、マーロウのプリンが届くといいなぁと思いながら、ヤスナガが勝ち取った器をちょっと借りてイラストを描いていた。

 

すると、ヤスナガがしばらくして、と給湯室から戻ってきた。

「fukuハラさん、ティファールの湯沸かし器、って壊れてます?」

 

え?いいえ?

 

「あ!コピーの電源が落ちてる!」

「あ!ネットもつながらない!」

 

どっかのブレーカーが落ちたんじゃない?!

 

という騒動になった。

 

3階のフロアーの一部だけ、ブレーカーが落ちたらしく、すぐに元に戻したけれど・・。

 

ヤスナガが、お弁当をあっためるのに、電子レンジとティファールの電子ケトルを同時に使ったからではないのか?

と、疑惑が浮上したが、ちょっとまて。

 

それくらいでブレーカーが落ちる会社って、そもそも、どんなん?

 

そんな騒ぎの中、静かに描き終えたマーロウの器。

 

 

 

 

marlo.jpg欲しかったなー。

 

 

 

 

2011年07月15日
愉快な編集部員ネタコメント(6)

オフィスのはてな?を大公開! 椅子に普通に座らない人たち

今朝のトップに表示される「イチメン」の記事には、驚いた!

更新記事のネタがないという気持はわかる・・が、オフィスの日常の一こまを、あんなにクローズアップして良いのだろうか?

 

編集部のイラストレーター、新旧交代か?

みたいな、商業イラストレーター、さとうみどり氏が読んだら怒るぞ、というようなタイトルを、しらっとつけて、今日のイチメン担当のシミズったら。

 

イラストレーターさとうみどり氏は、「おもしろければ、ええ。」と、一言。

さすがですね。

これが、イラストがお金に換えることができる人がいえる一言です。

 

それでは、私は、シミズに対抗して、オフィスの日常を、フク笑いにアップしないと!

 

今日は、最近シリーズ化しつつある、「オフィスのはてな?を大公開」ネタです。

 

あなたのオフィスでは、またはお宅では、椅子に座って両足を床に着地できない人っていませんか?

不思議に、われわれの編集部では、普通に椅子に座らない人が、なんと、22%もいます!

基本、暑くて、足が蒸れるのがいやだと言うのがその理由ですが、靴をまずはきません。

靴は通勤のためにあるもので、デスクワーク時には不要なんです。

 

そして、足は、折りたたむ、曲げる、等の変形で、上手に椅子の上にあげたまま仕事をしています。

 

22%のはてな?な人は、たいてい、シミズ、または、シンタクです。

小さな文字で読みにくくて、大変申し訳ございません。

 

isu.jpg

 

 

ははーん。

こういう人、うちの会社にも、いるなぁって・・・

 

いますかね??

 

 

 

 

 

2011年07月14日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

ランチタイムのささやかなお楽しみ パン評論家

皆さんはランチタイムは、お弁当派?外食派?コンビニ派?パン派?

プラスなプレスの編集部では、お弁当持参かハウスのランチか、後は、近くのコンビニやパン屋さんで買って持ち込みというのが多いのですが、今日は某パン屋さんの新商品にひかれて、うきうきと戻ってきた人がいましたよ!

 

「みてください!

これ、カレーライスパンなんですよ!中にカレーではなくて、カレーライスが入っているですって。

ひかれるでしょう―?」

 

みると、うすいナンのようなパン生地で春巻き風にして、中にカレーのルーではなくて、カレーライスが入っていると言う新商品だった。

 

「なーんで、こんな形なんでしょうねー」

と、うきうきそうに、口にしたムツラ。(はい。ムツラです)

 

一口、二口、食べ始めると、あーら、不思議。

パン評論家が登場しましたよー。

 

pan.jpg

 

ヘアースタイルが、パン評論家らしくマッチしていますねー。

さてさて。評論家は、あまり好きじゃないと評価したカレーライスパン。

 

ぜひ、私も、そうはいっても食べてみたいと思います!

 

明日は、パンではなくて、ハウスのランチまかない評論家も現れるかも知れませんね。

ランチタイムは、楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 

2011年07月13日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

子どもの職場参観日 奨励金の申請を受けて、子どもカフェをやってみます

広島県でワークライフバランスの取り組みとして、企業の子ども職場参観日の奨励金を募っておられたので、試しに申請を出してみたプラスなプレス編集部。

 

今回、見事にその申請を受理していただくことになりました!

社内的な取り組みとしては、職場に子どもがやってきて、働く親の様子を参観するという参観日。

そして、地域社会と相互交流を図る取り組みとしては、ハーストーリィハウスを半日子どもが店員になる「子どもカフェ」としてオープンしてみたいと考えています!

 

地域の子どもたちにも、ハーストーリィハウスで半日店員さんになっていませんか?と募集をしたり、格安前売りチケットで、子どもおやつセットなどをオーダーしていただいて、地域の皆様にお客さまになっていただく。

子ども店員さんは、職場体験みたいなこともできるわけです。

 

今日は、できるかできないかは別にして、「まなつの子どもカフェ」のイメージをイラストに書いてみました。

子どもというキーワードで、子どもがちょっぴり大人気分で、カフェですごせるようなお店が半日でもいいので、開けないかな?

もちろん、子どもの親もウキウキできる内容がいいな!

 

 

kodomo2.jpg 

2011年07月12日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

ピリ辛坦々丼はじめましたーの反響

お笑いのAMEMIYAが、「冷やし中華はじめましたー」を持ちネタに、けっこうな人気を博していると思っていたので、先週の金曜日の「ハウスのピリ辛坦々丼はじめましたー!」は、受けたなぁーと自分で思っていた所、意外な反応だった。

 

まずムツラが、けっこうな雨探知機のくせに、AMEMIYAについては、

「これ、誰か、分からないー。」とまったく理解できないと言う流し方で終わった。

 

え?

 

また、さらに、世の中できな反応はどうかと思って、グーグルアナリスティック的な評価を得たところ、木曜日の「オフィスのはてな?を大公開!セキュリティレベルによって靴を履き替える人」の記事がその週の中で、ダントツにアクセスが高く、翌日の坦々丼ネタは、その半分くらいのアクセスに終わっていた。

 

なんということ!

 

これは、どういうこと?

 

お笑いのAMEMIYAと絡ませた記事よりも、身内のシンタクのネタの方が、アクセスが高いとは!

 

これは、つまり、わかりやすくいうと、

 

シンタクが自分の周りの人たちに、

 

「ね、ね、見てよ、これ、マジ、あたしのビーサンなんじゃけどね、チョー似てるっつーか、マジ、パンプスなんか、やばいよねー」

 

と、チェーンメールくらいに転送している結果のアクセスアップではないかと分析していた。

 

 

これで、私は、世の中のお笑い芸人をいじるよりも、やはり身内をいじるネタにつきる!とフク笑いに関しては、核心を強くしたのであった!

 

 

 

 

 

2011年07月11日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

今日からハウスの季節限定メニュー「ピリ辛坦々丼」が再開です。

先週末から、ハーストーリィハウスのキッチン、溝部さんから

「季節メニューの坦々丼の準備ができましたので、来週からメニューアップOKです!」

という、連絡をいただいていた。

 

あ、そうですか!

では、メニューの所の「お休みしています」というメッセージを削除して、さしかえないといけないですね!

了解!

 

と元気よく返事をしていたのに、後回し後回しで、まだ差し替えをしていなかった。

 

さとうデスクが、溝部さんに、「まだ、坦々丼できないの?」といったものだから、

もうすっかり準備できてます!と、失礼なことになった。

 

昨日、あわててメニューを差し替えて、本日から「ピリ辛坦々丼」の再開OKです!

 

あんまり、溝部さんに申し訳なかったから、ちょっと、芸能人のご協力も得て、

坦々丼がスタートした告知を大々的にシャウトしてもらうことにしましたよー。

 

 

tantandon.jpg

AMEMIYAさん、出演ありがとうございました。

 

本日から、ハーストーリィハウスで、「坦々丼はじめました」。

 

 

pirikara_tantandon.jpg

 

よろしくどうぞ!

 

 

本日のAMEMIYAさんの登場については肖像権が関わるので、自分で似顔絵を描きました―!

「フク笑いイノベーション2011 芸能人とコラボ」より

 

 

 

 

 

2011年07月08日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

オフィスのはてな?を大公開!セキュリティレベルによって靴を履き替える人

昨日は、バックをついついゴミ箱にonしてしまう、はてな?なオフィスの様子をご紹介しましたが、本日は、続きネタですよ!

オフィスのセキュリティレベルが高いエリアというと、うちの場合は、3階のスタッフ常駐ルームです。

レベル3としましょうか。

 

その扉を、一歩出ると、3階の廊下とプラスルームというセミナールームがあり、そのスペースは、レベル2。

 

3階の入り口から階段を降り、2階以下は、オープンスペースと同じセキュリティレベル1。

 

そのセキュリティレベルによって、見事に履いている靴というか、つっかけ?をはきわけるスタッフがおります。

 

しかもセキュリティレベルが高くなるにつれ、靴のカジュアル化が進むと言う。

 

セキュリティレベル3:ビーチサンダル(100均で買ったやつです)

セキュリティレベル2:ヒールのない靴?

セキュリティレベル1or2:ヒールのある靴。(遠方からいらしたお客さまにお茶出しをする場合、もしくは、お客様の所に訪問、出張の場合。)

 

基本、足がむれるので、オフィスでデスクワークは、素足にビーサン、そして、椅子の上では、あぐらです。ビーサンさえ、はきませんもの。

 

そんな、はてな?な人って、いったい誰? 

 

GUESS! WHO?

 

 

それは、シンタク。

 

shintakukutu.jpg

本日は、イラストを水彩画チックにしてみました。

しかし、裏紙使用で、透けてます。

「フク笑いイノベーション2011」より

 

 

 

 

2011年07月07日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

オフィスのはてな?を大公開!どうしても、そこに置いてしまう人たち。

2010年6月ごろのフク笑いに、オフィスのはてな?を大公開している記事を見つけた。

 

資料の置き場がなく、ゴミ箱の上においちゃう人たちの事例紹介だ。

http://www.hs-plus.jp/fukuwarai/2010/06/post-133.html

 

フリーデスクなので、机の上に本棚とかがないため、こうなっちゃうようだ。

 

昨日は、こんなオフィスの人を発見した。

 

バック on ゴミ箱

 

bag.JPG

 

 

2011年07月06日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

ピンクレディーコンサート 2011イノベーション そのステージ衣装は?

広島であったピンクレディーのコンサートの様子を、さっそく巷のブログでアップされている方もいらっしゃって、あぁ!やっぱりみんな、楽しかったのね。と嬉しくなりました。

ただし、どなたもやはりホールの中の様子は、撮影ははばかれており、残念。

ステージ衣装がとてもかわいらしく、しかも二人ともスタイルが変わらず、動きも機敏で、UFOなどは、昔よりも足の上げ方が高い!と、どよめきが起きたほど。

 

そこで、私が人造スキャンした記憶の中での、ステージの様子を、アップします!

 

pinklady2.jpg私たちは、2階席の後方から見ているわけであって、二人の様子はほぼ、肉眼ではこんな感じに写っていたのです。

ステージの上に見える3つの鏡のように見えるのは、ライトです!

シンメトリーに舞台は作られていて、中央からピンクレディーは出てきました!

 

長いブーツをはいて、最初の濃いピンク色のステージ衣装は、とても大人キュートでしたね。

 

観客は、ピンクレディーとともに、覚えている限りの曲を、踊りまくっています。

しかも、さすがテレビ時代!

ピンクレディーの振付と鏡で、左右が反対の振付なのが、悲しいです!

でも気にせず踊っています!

歌っています!

 

 

そして、ステージ衣装チェンジは、5回あったでしょうか?

覚えている限りの衣装を、描いてみました!

 

pinklady3.jpg

 

私のメモ帳には、このように、ピンクレディーのステージ衣装が、記憶のあたらしいうちに・・・と、描きこまれているのでありますが、さて、これが、いったい私の仕事にどのような効果を与えているのか、まったく定かではありません!

 

ただ、一つ言えるのは、シミズも強く感じたらしいのですが、観客の中に、ピンクレディーのような衣装を着て楽しんでいる人が何組もいて、そこまで準備をしておけば、もっともっと楽しめたのに!ということ。

 

なんだったら、今からでも、宴会芸用に、ピンクレディーのTシャツ買いますか?くらいな大反省をしているところです。

 

恥ずかしいかなー?なんて、言っている場合ではありませんでした。

熟年の魅力を加えて、昔と変わらぬパワフルな唄と踊りを披露した、ピンクレディーは、山本リンダとともに、その努力を高く評価したいと思います!

 

負けてはおれません。

シミズも、ジム通いを継続することにしたそうです!

 

 

 

 

 

2011年07月05日
愉快な編集部員ネタコメント(4)

サザンの次は、ピンクレディーです!

この前は、サザンのライブを堪能してきました私たち。

サザンといっても、広島で活躍するサザンのトリビュートバンドのボーカル、JJシミズのライブですが、一応、サザンの楽曲なので、桑田ソングを堪能したことにしましょう!

 

次は、ムツラとデスクが、大橋トリオを観にゲバントホール、さらにデスクと浜口社長(リシュラ)が、ナオト・インティライミのライブを観にクワトロに行ってます。

 

 

そんな中、シミズと私は、元同僚のnakaさんも誘っての、ピンクレディー全国ツアー、2011イノベーション 広島講演を、7月1日金曜日に行ってきました!=3

 

実は編集部のみんなには、前日まで、黙ってましたとも!

 

だって、なーんか、こう、恥ずかしくって・・・。

若い人にとっては完全に懐メロに受け取られるピンクレディーですが、私たち世代には小学生時代のアイドル。

行きたいけど、なんかこう、ちょっぴり恥ずかしい。

 

 

そんな気持ちで、厚生年金に行ってみると!

道路向かいの信号待ちしていている間にも、ぞくぞくと、人々が集まってきています。

pinklady.jpg

 

人々に近づくと、その顔ぶれに驚きと安どが!

 

だって同世代!(あるいはそれ以上!)

これは、同窓会に集まっている人たちではないか?と思うほど。

 

ピンクレディーの通販で販売中の、ピンクのTシャツを着ている3人組とか、頭にピンクレディー仕様のカチューシャを付けている人達とか、会場に入っていくにつれ、変なスタイルの人たちが増えつつあります。

 

 

もちろん、入場前にカメラチェックがあり、撮影は禁止なので、ここからは、すべて覚えている範疇でイラスト入りでご紹介したい。

 

そう思って、私は、フク笑いのためにスキャン活動を繰り返しながら、コンサートの始まりを迎えたのでした。

 

 

 

 

 

 

 

2011年07月04日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

ikeさんが、研修生として本日より出社しました

ソアラサービスさんのマイスター制度で、今日から半年間、研修生がいらっしゃいます。

その名も、ドイケさん。

通称は、イケさんらしいので、今日はさっそくハーストーリィハウスのツイッターにikeという名で、ツイート10個、やってもらいますー!

初仕事。

 

今まではアパレル関係のお務め経験があったそうですが、ハーストーリィハウスを中心に、プラスなプレスでは、モノづくり関係でお仕事がんばっていただきたい!と思いますー。

 

そんなikeさんが、今日一日、つぶやいたツイートは、

「HerstoryHouse」のアカウントで、ご覧いただけます!

 

 

そんなところで、私、本日は、広島厚生年金のホールにて開かれる、

ピンクレディーのコンサートをシミズとnakaさんと一緒に、観に行くことに!

 

復活したピンクレディーに集まる人々は、どんな人たちなのでしょうか?

そっちがとっても興味あるしー。

と、いいながら、振付をバリバリにご一緒している、私たちの姿も想像できます。

 

なので、私は、ツイッターフク笑いにて、ピンクレディなう、をやってみまーす!

ツイッターアカウント、「hsplus_fuku」にて、ピンクレディーなうを、お時間のある方はご覧ください!

 

 

2011年07月01日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

ヨシダがお休み。babyも忙しいそうです!

お腹が大きくなって大変そうだった、ヨシダですが、今日が最終出社で、しばらく産休、育休に入ります。

今日のイチメンにも紹介されているように、ずいぶん大きくなりました。

お腹のお子。

 

ということで、お腹の赤ちゃんにもインタビューしてみました。

最近どう?

 

baby1.jpg

イエイイエイダンスって、このこと

 

そうなんだー、あなたも忙しいね。

どんな準備があるの?

 

baby2.jpg

 

 

そっかー。生まれてすぐに目は見えないけど、だんだんと見えてくるしねー。

 

baby3.jpg

これ、産まれたら、すぐすることじゃん!

元気よく泣いてよねー!

 

baby4.jpg

 

そうなんだー。

あんまりワクワクしてお腹をけらないようにねー!

 

 

ということで、babyもワクワクしていることでしょう。

赤ちゃんが生まれたら、みんなで顔を見に行きたいと思います!

 

 

 

2011年06月30日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

6月はまだ、2分袖で

暑くなりましたねー。

今日はもう真夏かと思いました。

 

暑がりのシミズが大変そうです。

はだしは当たり前で、ときどき靴を脱いで、素足でペタペタとフロアーを歩き回って、

「気持ちいー」と言っています。

 

そのシミズが、私を見て

「あら?fukuハラさん、まだ七分袖!?

暑くないですか?

私、2分袖。」

 

と、袖が短めのシャツを着ているシミズが言いました。

 

「まだ6月でしょう?だから、袖はある服は着ておこう、今月中は!と決心してるの。」と。

 

6月はまだなんとか、袖がある服を着てくるそうですが、今週末の7月1日になると、肩だし解禁!となって、肩が出てくるらしいっす。

 

シミズの衣替えは6月だけでなく、7月にもあるらしい。

 

今日は時間がなくて、絵も描けず、皆さんにシミズの2分袖姿をご覧いただけなくて、非常に残念。

覚えておいて、また明日でも描いてみましょう。

 

じー。

 

(目でスキャン中)

 

 

2011年06月29日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

モノづくりに載らない「モノづくり」 JJ団扇 すべては、JJのために・・・

今日は、先日からご紹介している、シミズの旦那、JJ清水が、いよいよ、横川のアップルジャムにて、19:20から19:50の30分間のこまでライブに登場するっていうんで、私たちは、妻シミズのバックアップとして、特別に今回、全員習合で乗り込むことになった!

 

そしたら、きっとMCで、JJ清水が、プラスなプレス編集部のことをPRしてくれるに違いない。

それでもって、翌日から、なぜかしら、ハーストーリィハウスが大行列になるに違いない。

それは、渡る世間は鬼ばかりの、幸楽シナリオだから、そうなるとヤスナガがもくろんでいるから仕方がない。

 

せっかくなので、ライブをもりあげるため、アイドルの時と同様に、団扇をつくったらどう?と言ってたけど、ヤスナガは本気で作ろうと言いだし、リメンバーしまね のプレミアムグッズである、蛙男商会/DLEさんデザイン団扇をいただいたのを使って、島根のSのところに、JJって貼ったらいいよね!

 

アイディアだけ残して、前日大阪に出張してしまった。

 

大阪に出張したのは、さとう、シミズ、ヤスナガ、シンタク。

ムツラとヨシダと私しかいない日なので、仕事の合間に、こっそりと団扇を作ることにした。

 

モノづくりに載らない、「モノづくり」 

JJ団扇作り!

 

DLEさんの、リメンバーしまね用の団扇。

このSの個所に、JJを入れ替えてみたいと思います!

 

uchiwa1.JPG

 

イラストを描いて、人数分コピーしました。(怒られる?!)

ハサミでチョキチョキ切ります。

uchiwa2.JPG

 

スプレーのりで、そっと中央に貼りつけ。

おおー! 見てみて―!とヨシダとムツラに見せたら、

「だんだんと、やることのクオリティーが上がってますねー」と、褒めてもらいました(?)。

 

uchiwa3.JPG

 

喜んでいたら、他のみんなの制作のオファーが。

喜んで作ります!

uchiwa4.JPG

 

こういうのも、プラスなプレスのサイトの、「ただいまモノづくり中」に、掲載しちゃいけないの?といつも思うんだけど、どうも、シミズが許してくれない。

  だめらしい。なんでかなー?

 

仕方ないので、フク笑いに「モノづくりに載らない『モノづくり』」と無理やりアップしているのだが、すべては、JJ清水のライブのために・・・。

 

さて。本日の夜が楽しみである!

 

 

 

   

 

 

2011年06月25日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

相手を思いやることができる人

ちゃん、ちゃん、ちゃーん♪

ちゃん、ちゃん、ちゃーん♪

 

冒頭は、サザンの「真夏の果実」のBGMにしたつもりで、本日のフク笑い・・・。

 

ヨシダの産休入りが直前となり、引き継ぎ案件はそれぞれの担当に着々と引き継がれた。

私も一つの業務を引き継いで、まさに移行中。

その業務は、間違いが絶対あってはいけない、非常に神経質に数値をチェックする業務。

引き継いでやってみると、細かな作業に時間がかかり、念のためチェックしてもらうとミスがある。

今週からは、チェックなしで一人でやってみようと思ったら、失敗!

おきてはいけないミスが生じてしまった。

 

すぐにお詫びをしたりクライアントにもご相談したり、改善策も検討した。

そしてヨシダが、fukuハラさんのミスの原因になる、この作業を割愛してシンプルにしましょうと言って提案してくれた。

 

そうだね、そうしたら、いいね。と思ったのだが、それでも、まだ自信がない。

今までのやり方でやってみて、チェックを依頼したら、やはりミスがあった。

 

その日も遅くまで会社に残っていただろうヨシダから、アドバイスメールが。

それは、とても相手に気を使ってくれる、やさしい、かつ、やはり結果を大事にすべきだというアドバイスだった。

 

引き継ぎをした時点で、fukuハラさんがやりやすい方法で変えてもらった方がよいと思う。

私がやりやすいように組み立てた仕組みだから、fukuハラさんが同じようにして難しかったりミスがあるのに、頑張ってやり方を覚えようとする労力は、もったいないと思うんです。

という内容とともに、

私がfukuハラさんの使いやすい方法を作ってあげられなくて申し訳ないのですが、やはりミスに繋がる物は使用されない方がいいと思います。
フク笑いをfukuハラん以外の方が書くことが出来ないのと同様に、作業でもその人それぞれで最善の方法は違うと思いますので、ミスも労力も少ない方法で運用して頂けると嬉しいです。

 

というメール。

 

 

じーん・・・・。

 

だいたいですね。

年上の人にアドバイスするのも、なかなか難しいのに、こうやって個性を認めてくれるような比喩で、自分流を進めてくれるヨシダって、すごいと感動!!

 

私が逆に引き継ぐ場合だったらどうだろう?

私が、2度産休をとったとき、引き継ぎ資料はこんなに用意してなかった。

さらに、あなたのやり方でいいですよ、なんて、言ったことあったっけ?

こんなに土台があるのに、その通りやってくれたらいいのになぁと思うんだろうけど。

(ま、やろうとしているのに、できないから、仕方ないのですが)

 

 

うちの会社は、社長からして個性の塊で、個性派ばかりの集団だと思うが、お互いが、その個性を認めて、結果を出すことと、また、その過程を大切にすること、失敗を恐れず常に前向きなことが話せる間柄は、いい人間関係だなぁと、ヨシダのメールを夜中に見て、ぽろり。

 

自分もハーストーリィで仕事をしながら、産休をとって、お休みしたり戻ったりという経験を持つから、

昔の自分とヨシダの姿が重なって見えることがある。

 

そんなしんどい時に、相手を思いやってアドバイスできるのってすごいと素直に感心した。

逆に私は後輩に何ができるのかなーと考えた。

失敗しながらも、少しだけ人と違った個性とやり方で常に発信することで、「あ、いいんだ、ありなんだ」と思ってもらえることをするくらいかなぁ・・・と、考えた。

 

そしたら元気が出てきた。

 

 

2011年06月24日
愉快な編集部員ネタコメント(4)

さぁ!勝手に盛り上がってきました。JJ清水のライブが近づいています!

昨日のフク笑いに、シミズの旦那の似顔絵をかいたら、フク笑いコアユーザーのシンタクが、大きな声で、

「久しぶりに、似顔絵が似てなかったすね!」と、ダメダシしてくれた。

それを聞いたムツラも、どれどれ?とフク笑いを開いて

「本当だ!全然似てない!」

と、JJ清水の似顔絵ダメダシを重ねてくれた。

 

そういえば、桑田さんの写真を見ながら描いてたから、JJの顔も思いだせず、中途半端な似顔絵だった。

 

今日は反省して、再度、JJ清水の顔を思い出しながら、ただいま、週末のライブの仕込みで、必須アイテム「づら」のカッティングに余念のない、彼の姿を想像して描いて見た。

 

jj2.jpg

 

うん!

いいんじゃないか? 少し本人に近づいたのでは?

 

プラス編集部の音響、ミニコンポ?で、ムツラが、ウォーキング用にカスタマイズした、サザンの曲を流しながら、ライブの予習をしている私たち。

 

ライブには、リメンバーしまねのウチワに、「J」と貼りつけたのを持参して会場で振り回すために、私たちもカッティング、準備をしなければならない。

JJ清水にはMCで、ハーストーリィハウスのPRをしてもらって、翌日からハーストーリィハウスに行列ができるというシナリオ、つまり、それは、渡る世間は鬼ばかりの、幸楽と同じシナリオなんだけれども、そいつを狙おうと言う、ヤスナガ。

せっかく観に行くんだから、そういうシナリオになるように、JJ清水と、そこのところも、すり合わせしとかないといけない。

 

そこは、妻のシミズによろしくお願いしておきたい!

 

忙しいなー、今週末にむけて!

 

 

 

 

2011年06月23日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

広島の桑田といえば、江田島シーパラダイスのJJ清水でしょう?

先日、シミズが、はずかしそうに、

「fukuハラさん、旦那がライブに出るから、fukuハラさんにメール転送してって・・。。」

と、言った。

「え?ぜひぜひ!」と転送してもらった。

 

フク笑いコアリーダーの皆様には、ご存知かもしれませんが、シミズの旦那は、一般人ではありながら、数年前から、ライブ活動に力を入れている、バンドマンなのである。

広島で活動しているサザンオールスターズ・桑田佳祐のトリビュートバンドということで、

バンド名を「江田島シーパラダイス」と名付け、毎週の週末はバンド練習に、そして定期的にライブを行っている完全なおやじバンド。

 

今まで、数回興味本位でライブを観に行かせていただいたが、あまりの桑田似に、驚きを隠せず、思わずスタンディング!

 

http://www.hs-plus.jp/fukuwarai/2010/05/post-124.html

http://www.hs-plus.jp/fukuwarai/2010/09/te-to-te-7.html

 

江田島シーパラダイスのブログには、JJ清水自身の写真をトップに貼りつけ、忙しいのか2010年9月のお月見ライブ以来、ぱったりと更新をされていないけれども、ちゃんと告知用ブログを持たれている。

右横ブログの読者欄に、一人、フク笑い が登録されているので、地道ながらも、応援していることを、ご理解いただきたい。

 

 こんな力の入ったバンド活動を、シミズ家と、そのご近所さん、+ 私 だけが知っているのは、もったいない。

それで、今回は、プラスなプレスの編集部にもメール転送をして、おやじバンド研究、ならびに、横川取材もかねて、みんなで行こう!とお誘いした。

 

ということで、6月25日(土)の方に、プラスなプレス編集部も、ぞろぞろとライブ会場に潜入するよ!

皆さんも、ぜひいかがですか?

 

詳しい告知内容は、編集がめんどうなので、JJ清水のメールをそのまま貼りつけ。

 

いつもお世話になります。来週末625日(土)26日(日)にいつもの横川のアップルジャムにて『梅雨をぶっとばせ!』というライブイベントがあります。そこに私JJ清水が出演いたします。今回は江田島シーパラダイスではなく、アップルジャムの店主である鉋内さんがバンマスを勤める『Honkey Jill All Stars』で出演いたします。JJ清水と桑田佳祐の楽曲を演りたいというメンバーが集まって今回のイベント出演となりました。6曲ほど演奏しますので是非ご来場くださいますようお願いいたします。
 
 
25
(土)
 
18
00?1830 フェローズ(ベンチャーズ)
18
40?1910 マカロニ・チーズ(アコポップス)
19
20?1950 Honky Jill All Stars(サザン、KUWATA Bandカバー)
2000?2030 ハッピー5タイムマシーン(J-POP
20
40?2100 イノセント(アコギ・ユニット)
21
20?2150 スクランブル(ロック)
22
00?2230 生粋盛り「なまいきざかり」(いきものがたりカバー)
22
40?2310 ケリコ(ビートルズ)
23
20?2350 ロックン・ルージュ(ロック)
 
26日(日)
 
18
00?1830 ブライアン・クライス・アンダーグランド(オリジナル)
18
40?1910 ウッド・ストック(ロック)
19
20?1950 シュガー・ブリザード(アコポップス)
20
00?2030 SweetnyR&B
20
40?2150 DIZZY5(ロック)
21
20?2150 The All(ロック)
22
00?2230 Sweet ShellJAZZ
22
40?2310 ZZ-Riders(ロック)
23
20?2350 Honky Jill All Stars(サザン、KUWATA Bandカバー)

 

最後に、JJ清水から!

(似てないけどごめんね!本物は、ライブ会場か、シミズ家にいったら見られるよ!)

 

 

 

jj.jpg 

 

2011年06月22日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

職場における先輩と後輩の会話 パート2

どこの職場にもありがちな、ささいな先輩と後輩の会話をピックアップするコーナー、

「職場における先輩と後輩の会話シリーズ」 パート2でーす!

 

先輩と後輩の仲の良さや、力関係が垣間見られるこのコーナーは、好評につき2回目となりました!

 

さて。今日の先輩と後輩の会話は?

あらあら。

また、先輩が、ムツラで、

後輩が、シンタクのようですよー。

 

昨日の話。

オフィスの唯一のBGM音源となる、ミニコンポ?は、さとうデスク私物のものを、会社にもちこんでいる。

「そろそろ、自宅に持ち帰りたくなったけー、シンタク、あんた、買ってきてや。ヤマダ電機に走ってきんさい。安いの探しに。」とさとうデスクがシンタクに。

「えー、安いの探すんだったら、行きませんよー。ネットで買います。」とシンタク。

「えらいねー、あんた。

そういや、ムツラも言ってたよ。シンタクはなんでもネットで調べるって。ね、ムツラ。」

 

会話を振られたムツラは

「そうですよー。あたしだったら、わからんこと、聞くもん。

なんでもネットで調べたり買ったりするところが、若者ですよ。

やっぱ、感じますよねー。

ジェネレーションガップ・・。」

 

先輩!それ言うなら、ギャップです!それ、カタカナ読みっす!

 

 

 

 

カツゼツ悪い社員ムツラ

 バーサス

褒めてもらっても、ことば尻のミスは聞き逃さない後輩シンタク

 

 

イラストでも、ご覧ください!!

senpai.jpg

 

 

kouhai.jpg

 

 

 

 

 

 

 

2011年06月21日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

シミズ・ムツラたちの逆襲

先週の土曜日の「今日のイチメン」更新担当は、私だった。

それで、無難に更新記事の「今日の美味しいもん」をご紹介して、さらに、フク笑いの「元看板屋の執念」という記事をリンクさせて記事をセットしておいた。

 

その土曜日は、いろいろ忙しくて、夜にやっとプラスなプレスのトップページを開いて見たら。

 

なーんと!

 

まるで、公園でアカペラで唄をうたっているかのような、私自身の写真が、もろ出しになっているではありませんか?!

 

おかしい!?

 

私の記事は??

 

開いて見ると、公園でアカペラをうたっている私は、Title「ソロ目のワタシ♪」とされていて、

「誕生日ぃー♪ おめでとうー♪ ほんとに、ほんとに、おめでとうー♪」

と、シンガソングしているかのようになっていた。

 

そして、さとうデスク(元看板屋)と、ケーキカットを嬉しそうにしている写真までもが続いていた。

 

 

まったく身に覚えがないのである。

勝手に・・・である。

 

実は、シミズが無断で「イチメン」の記事を更新しており、またネタの一つとなった、ヒロミサクライの手づくりバースデーケーキの上にぞろ目クッキーが飾られている仕掛けは、前日にケーキをオーダーしたムツラが、「ぜひ、インパクトがあるように数字の○○を強調して」と、ヒロミサクライに話をしていたのであった!!

 

これは、いつも、フク笑いのネタにされるムツラと、そして、シミズが、仕返しをしてやろうという魂胆だったに違いない!!

 

しかも、その翌日の日曜日!

仕返しの上塗りがなされていたのである!

 

ヒロミサクライのケーキのネタだと言いながら、まだしつこくも、ぞろ目クッキーを強調して一面記事を更新した、元看板屋、さとうデスク。

 

まったく、しつこいのである。

くどいのである。

 

あまりに悔しいので、月曜日の朝に、問題のケーキ写真は、ふせ画像にさせていただいたっ。

(勝手にだが、こういうのは、勝手に返しで、フェアーなのじゃ)

 

今日、悔しいそぶりをみせないように、比較的冷静に出勤の朝を迎えた私だったが、ムツラがまたこんなことを言う。

 

「fukuハラさん、今日ね。私、買物したら、レシートが、ぞろ目だったんですよー。へへへ。」

 

「?」

 

「しかもですねー。数字が×××だったんですよー!へっ、へっ、へっ!」

 

「なに!いやらしい!」と、ぶりぶりしてみたら、ヨシダが、

 

「土曜日にfukuハラさんの動揺ぶりが、ツイッターに出てましたね^^。」と。

 

 

そう。土曜日の夜に見たからね・・・。

そして日曜日の昼過ぎも、びっくりしたけどねー。

 

覚えておれ、フク笑いで、こてんぱんに、しちゃる・・・!

 

 

 

2011年06月20日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

モノづくりに載らない「モノづくり」 元看板屋の執念 編

壁に貼りつけ型のホワイトボードシートが、壁に貼りつかないという状況に、がっくりとうなだれた編集部のスタッフ。

元看板屋、御大(おんたい)の手を使ってまでも、貼りつかなかった事態を迎えた。

 

しかし、このまま引き下がるわけない、元看板や。

 

「ちょっと、サエラさんに電話してみるわ。」

 

と、リフォームでいつもお世話になっている会社のNムラさんに電話をかけて、至急呼び出すしたのです!

 

そして、事情を話し、忙しいNムラさんは、「今日しかできないから。」と、相談に乗ってくれた。

 

ここから、どうなったかというと・・。

へにゃへにゃシートをベニヤ板に貼って、それを壁に直接打ち付けると言う!

 

まず、ベニヤ板に、ホワイトボードシートを、粘着剤を塗って貼りつけらた。 

フリーハンドで切られた端は、キレイに直線となり、大きな板と小さな板の2つに貼りつけられた。

 

 

 

bord01.JPG 

 

ここからが、プロの仕事の様子。ご覧ください。昨日のフリーハンドでやらかした方々とは、違います!

 

プロは、壁に目張りをしています!

bord02.JPG

 

しかも、水平機というものを使って、線が水平になるようにするとです!

 

bord03.JPG

 

赤い、ビームのようなものが出て、それが目印。

そして、白いホワイトボード板となったシートを壁に打ち付けました!

できた!

bord04.JPG

 

シンタクが試し書き。よかったですね!これで、わが社にホワイトボードが!

bord05.JPG

 

初めてのホワイトボード設置日は、私の誕生日でしたー!

シンタクが、fukuさんhappybirthday!祝と書いてくれました。

なーんか今年はいいことあるぞ!

 

bord06.JPG  

 

ところで、ここまでサエラのNムラさんの手をとって、なんと、さとうデスクは手土産をもたせて無料で―!に、まるめたらしく。

いや、本当の会社の看板の作り直しの依頼があったので、無料にしてもらっただけですって。

 

あー。どんな人かと思ったよ・・・。

 

 

 

 

 

2011年06月18日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

モノづくりに載らない「モノづくり」 ホワイトボード 続編

昨日のビニール製ホワイトボード設置作業の続きですが・・・。

 

フリーハンドでチョキチョキ切った、ホワイトボードビニールの裏面シールを、そういえば、この段階ではぎとってました。

バリバリ―っと。

それから、壁に貼りつける作業をはじめたわけです。

 

切ったって言っても大きいですよ。

だから、やっぱり4,5人かかりで貼りつけてるわけです。

もう少し左だ、右だ、上にあげて、もう少し下、などと位置を決めて、空気が入らないように、少しずつ貼りつけるわけです。

 

この時、シートをはる作業用に、以前、手作りした「キットパス用シートはり専用ヘラ」を、持ち出しましたよ!  

なぜか、キットパスシールは、「ただいまモノづくり中」に掲載。

 

これは、さとうみどり師匠の指示により、ヨシダが段ボールとフエルト生地で手作りした、ヘラだ。

何かの時にまた使うかも。と捨てないでよかった。(byモノ持ちfuku)

 

hera.jpg  

 

このヘラを使って、シートを貼っていく。うまく平行に貼れなくて、少し右に揚がってるけど、それは「右肩あがりで、縁起が良い!」というヤスナガの強い主張により、オッケーとされた。

 

bord1.jpg

 

やれやれ!

貼ったねー!とみんなが席について、仕事をし始めていたら、しばらくして、「がさ!」という音が。

そして、シンタクの「わぁ!」という声。

 

 

bord2.jpg

あやうく、経理のタムラさんにシートがかぶさるところだったが、左によせて貼っていたのと、意外に田村さんが危険を機敏にキャッチし、事故には至らなかった・・。

 

その騒ぎを聞きつけて、隣の部屋から覗きに来た、さとうみどり氏。

イラストレーターであり、昔、制作会社で働いていた自称看板屋。

この様子を見て、すぐに手を貸してきた。 

 

bord3.jpg

 

みんなは、意外な手さばきに驚き、感嘆の声を。

御大により、見事にホワイトボードは、貼り付けられていく。。

 

そして、またしばらくして、御大の努力もむなしく・・。

bord4.jpg

 

部屋の壁のクロスが、ボコボコしていて、粘着しにくく、空気が入りやすいため、このような大きなシートは重さに耐えきれず、落ちてしまうと言うことが分かったみんな。

 

やってみてわかる事なんでしかたない。

でも、2万円もしたのに・・・。と、シンタクがっかり・・。

 

ところが、元看板屋がこの状態に納得するわけがなかった。

この後、ものすごい行動力で、へにゃへにゃになったホワイトボードシートは、見事に生まれ変わる!

 

 

 

 

 

続きは、また次回!

 

 

 

 

2011年06月17日
愉快な編集部員ネタコメント(2)

モノづくりに載らない「モノづくり」 ホワイトボード編

いやー、今日は、すごい現場を観たよ。

 

会社に大きなホワイトボードがないので、困っててねー。

 

ついに、壁面につけるホワイトボードというのを見つけてね。

これは、場所も取らずに掃除も便利!ということで、シンタクが、ネットで調べて、ビニール製の裏面が粘着シートになった貼りつけるホワイトボードっていうのを買っていたんだ。

 

 

それが、昨日届いたって言うんで、朝、ロール型になったそのシートを開封しているシンタク。

それをみた、みんなが、「今、はっちゃいましょうよ、今やっとこうよ!」 

って、そのシートを壁に貼りつける作業を始めたんだ。力を合わせてね!

 

 

するとね。

シートが1M×2Mくらいあったんだ。

でかいよー、想像してごらん畳が1畳くらいあるよね。

 

それを、いきなり、粘着シートのビニールを、はぎだしたんだ。

いや、実に潔くはいでいたねー。

 

でもね、実際、壁に貼ろうとすると、大き過ぎたんだ。面がねー。

 

 

それじゃ、少し切っちゃおうって言う話になってね。

 

どうしたと思う?

 

 

 

 

ハサミだよ。

 

ハサミを出してきて、しかもね、フリーハンドで切ろうっていうんだから。

 

それもね。

 

4人位で、シートを持ってね、その真中を、ハサミでチョキチョキ切り始めたんだから、もう、まっすぐ切れるわけないでしょう?

 

一応、ハサミと30cm物差しをもって、なんだか測りながら切ろうとムツラがやってたけどね。

相手が2Mでしょ?

 

30cmで歯が立つンかなー?って、眺めていたんだけどね。

 

 

すぐにフリーハンドになってたけど、みんな、それで善いって。

 

なーんにも、気にしないんだから、すごいよねー。プラスの社員さんって。

 

気にしてるのは、今、現場にいないシミズが、外出先から戻ってきて、怒らないかな?っていうくらいだからねー。

 

 

 

でね、切るでしょう?

そしたら、壁に貼るよね。

 

そこからが、またすごい話なんだけどね。

 

ちょっと、今日はこれから用事だから、続きは、明日にするけどね。

 

続きがすごいよー!

 

めったに観ないよ、あんなシーン。

写真撮ってないからねー。もちろん、急だもの。

だから、しょうがないよ、次回は、イラスト付きだよ!

思いだして描くから。

 

ちょっと待っててよ。

 

 

 

 

2011年06月16日
愉快な編集部員ネタコメント(2)

先輩と後輩の会話

プラスなプレスの編集部には、独身もいるのだー!

年代もバラバラで、既婚・未婚も様々なので、ライフスタイルが様々なので、行き交う会話もおもしろい。

これは、けっこう自慢すべきことだと思っています。

 

さて、昨日は、独身女子の後輩、シンタクと、先輩女子、ムツラの会話を聞くとはなしに聞いていたのですが、けっこう後から思いだして、おもしろかったので、フク笑いネタ、昇格!

 

では、本日も粗い4コマ漫画風にご紹介します。

 

編集会議で、勝手に研究会の研究ネタをいろいろ討議していたしばらく後・・・・。

広島の結婚式場が、いま新しくておもしろそうだということに着目した、シンタク。

しかも、元同期メンバーが、ほぼ入籍して、やられた感が少しある。

ここはひとつ、ブライダル事情でも研究するついでに、彼氏とのブライダル気分も盛り上げていきたい!という私情もあっての、発言。

 

 

bk1.jpg

 

 

bk2.jpg

 

 

bk3.jpg

 

 

 

bk4.jpg

 

 

こういう会話は、どこの職場でも聞かれることかと思いますが、実に先輩後輩感の暖かい交流が映し出されて、私は、つぼにはまりました。

 

ぜひ、二人とも、気分アゲアゲで楽しいプライベートを過ごしていただきたい、とかなりの先輩からの一言。

 

 

 

 

 

2011年06月15日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

クールビズ?

節電ということもあるし、そうそう今年は早くから冷房をかけることは遠慮したいこの頃。

ということは、いかに涼しく日々を過ごすかということが、重要になってくるわけです。

 

ビジネスウーマンとして、常識的な身だしなみも大切ですが、暑くてエアコンをかけるのは、いや。

そんなのエコじゃない。

そういう編集部のスタッフは、本日クールビスとして、どこまでがドレスコードでOKなのか、語り合っていましたよ。

 

一番、暑がりと思われるシミズは、

「ま、裸にならなければいい。」というクールビス基準。

 

「いや、水着は問題でしょう、あれは、夫、JJ清水からNGが出た」と、シミズ。

 

「いや、この人は、脱がなければいいんよ。

ほら、いつも、はだしでしょう?」と、デスクが言うと、

 

「はだし?はだしはいいでしょー。」

と、シミズ、ムツラ、シンタク3人が声をそろえて。

 

ちょっと待ってください、はだしは基本的には、ドレスコードOKでしょう?

はだしのどこがだめなんすか?

くらいな、口調で、自信をもって言い放った。

 

その瞬間を、激写ではなく、激似で、ご覧ください。

 

hadashi.jpg

 

ちなみに、この自由な空気ですが、編集会議中の一こまです。

 

っゆるー!?

 

 

2011年06月14日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

お弁当ユーザー増加中

皆さんはお昼休みは、外食?お弁当派?自宅で手作り?自宅でお惣菜?インスタントラーメンでという方もいますよね。

 

今日は、私たちの編集部では、お弁当を食べている人が多かった。

たまたま、ハーストーリィハウスから両替をしにやってきた、ヤマさんが、

「すごいですねー!みんなお弁当作ってきてー!」とひどく感心してくれた。

 

「てー!」という語尾がのびている間に、ヤマさんの視線は、ムツラの手元の弁当に留まり、

「あら?」

bentou.jpg

 

近所のスーパーマダムジョイの、ご飯は好きなだけ入るだけ入れてOKの通称MJ弁当。

今日は、いつもよりも詰め込み過ぎて、

「シンタク、ちょっと多くとってたから、いる?」って、ご飯をおすそ分けしていたムツラ。

 

ヤマさんには、

「これは、リユースしたお弁当箱だ」と、説明していた。

 

 

は、はーん!

 

もったいないから、前回食べたMJのプラスティック弁当箱を洗って、もっていって、

「これに、ご飯とおかずを詰めてもらっていいから、50円まけて」

と交渉してみたんだろうか?

 

 

なるほどねー。

その手が、あったんだなー。

 

(冗談です)

 

 

 

2011年06月10日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

お家に置いていかれる、犬の気持ちが分かるがごとく

今日は、朝からシミズがウキウキしていた。

それは、マツダ本社のdemioの新車発表会に、プレスからお招きをいただき、デスクと二人で行くことができるからだった。

前日、そんなに関心をもっていなかった、シンタクだったが、どうやら、深夜にあるニュースが耳に入ってきた。

本日の発表会には、イメージキャラクターに選ばれた、インテルの長友選手も登場すると言うことを!

 

これは、事前に公にされていなかったシークレット情報だったらしく、シンタクの持つ闇のルートで、その事実を、深夜2時に知ってしまったらしい。

 

そうすると急に発表会に行きたくなり、一目でいいから、会いたい!会いたい!と気持ちが高まったらしく眠れなくなったそうだ。

 

 

sin1.jpg 

シミズは、もしかしたら、登場もあり?と予想したらしい。

だから朝からうきうきしていたのだった。(サッカーファン)

 

 

二人が11時ごろに早目の昼食ととり、いそいそと出かけようとする様子を見て、

もう涙目になって、見送るシンタク。

まるで、さとう家の犬、てっちゃんが、置いていかれるのかー!と悲しそうに、主人を見送るみたいだ。

 

 

sin2.jpg 

「初めて分かりましたよ、犬の気持ちがっ」

と、最後に一言、シンタクがいったかどうか、覚えていないけど、悔しそうだった。

 

 

2011年06月09日
愉快な編集部員ネタコメント(2)

さとうデスクの披露宴準備 Part 2 <コラーゲン編>

披露宴が次の日曜日に差し迫った、母親さとうみどり氏は、着々と披露宴の準備を続けている。

昨日は、早めに退社して、1階のハーストーリィハウスのキッズスペースをちょいとお借りして、さらに深井ママにお借りした留袖を、さらにさらに、深井アサちゃんの手をお借りして着つけてもらい、試着をしていたことは、ご紹介したとおりだ。

次はネイル、次はメイクと、いろいろと準備があるので、やること山盛りなのだが、200本イラスト安打の続きもしなければならない。

 

今日は机について、デスクワークをしていたが、ふと隣のシンタクが、

「それ、なんすか。」

「え?さらに、目もとを持ち上げて、飲む?それ、ありっすか?」

とか、こそこそ、さとうデスクと話しているから、なんだろう?とふと前に目をやると・・・。

 

sato hiroen.jpg

 

のどが渇いたから飲むドリンクは、「コラーゲン入りドリンク」だと、当たり前だと。

そんな風に普通に飲んでいらっしゃいました。

 

で、コラーゲンドリンクを飲むと同時に、引き上げって、効果あるでしょうか?

 

 

 

2011年06月08日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

さとうデスク 初留袖計画 着々進行中 その想いは

弊社の代表、さとうみどりデスクのブログ、satomido日記にも、近況が伝えられているのでご存じの方も多いかと思われるが、さとう家の長女、ユウミちゃんが、次の日曜日にめでたく披露宴!

ということは、さとうみどり氏は、親として留袖姿で披露宴に参加する。

仕事で連日、イラスト200本連打を話しつつ、土日も来客対応で出社し、美容院でカットやカラ―リングもしなければならないし、仕事の合間に役所にもよらないといけない。

もはや、身体は2つ、3つと欲しいところ。

 

今日は、留袖のサイズがあうか、ハーストーリィハウスのキッズルームで試着を予定していた。

それも深井ママの留袖を借り、試着は、深井家長女のアサちゃんの手を借り、アサちゃんの生まれたばかりの5か月の長女は、深井家二女の桃ちゃんにゆだねて・・・

いったい、何人留袖試着に動員、または協力を得ているのか!?

 

しかも、ネイルも社員のネイリスト、ムツラに近日してもらう予定。

もはや、協力者数は、一人、二人ではないことは、明らかである!!

 

 

着つけ中の様子をこっそり、撮影!シンタクも心配して見守りに来ていました。↓sato3.JPG 

 

しかし、読者の皆様。

そんな、さとうデスクを、決して大げさだと思ってはいけません。

 

「ごめんね。今日は、先にあがっちゃうから。。」

と、仕事を切り上げて試着に向かうさとうデスクに、社員みんなが、「試着?」

 

「留袖のサイズがあうか試着をしにいく」という説明に対し「初めてなんですか!?」

と、聞く。

「そう。あたし、留袖初めて。式はちゃんとしてなかったから。」とポロっと。

 

長女のために、立派な披露宴をしてやりたいという親心・・・。

 

・・・・・。

 

あたし、もう、書けませんーー。

 

文章が、ここで止まる。

娘のために、いそいそと準備をする母親の姿は、涙が出そうなほど、「ありがたいもの」だと思いませんか?

 

心に残る日曜日の披露宴となりますように。

 

 

2011年06月07日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

しっかりモノのシンタクの一面

ハーストーリィプラス新入社員?のシンタクは、ちょっと見たら、ダンス好きなちょい悪風女子なんです。

最近追加された社員プロフィールの似顔絵はこんな感じ。

 

shintaku.gif

私の描いた似顔絵は、こんな感じ。

shintaku.jpg

 

いつも黒い服を着ていて、きれいだから黙ってると、ちょっとツンとして見える。

でもしゃべったら、ものすごく面白い愉快なことは、みんな承知のこと。

 

それ以外に、新しいシンタクの一面を発見したというと、意外にお料理好きなこと。

広島に戻ってきてから、実家に住まずに一人暮らしを始めたから、自炊が基本。

お家のキッチンは、ガスレンジがコンロ1個口らしく、いつ湯を沸かして、いつ火をかけてと、頭をフル回転させているそうだ。

 

夕方、そろそろ就業時間が終わりそうになった頃、突然、シンタクが、

「fukuハラさん。今日のおかず、なんですか?」と、よく主婦が聞く

「お宅、今日、何するん?」的な質問をしてきたからびっくりダ!

 

うちはねー。と、聞きながら、「お宅、何するん?」と聞ける仲間ができて、非常に嬉しい!

 

若いのに、料理をして、節約しつつ美味しいもんを食べて暮らしを豊かにするって、すんばらしいですね!

 

そんなシンタクの新たな一面を発見して、私も負けずに、昼は弁当、続けるぞ!と思います。

 

話をシンタクから自分に、無理やり引っ張った感がありますが、

ただいま、「フク笑い」ツイッター(hsplus_fuku)で、毎日のフク笑い弁当を、恥ずかしげもなく公開中!

ほぼ毎日アップしてまーす!

ゆるゆる弁当ですが、これ、作らない、持ってないと、身体の調子が悪くなるんでーす!

 

主婦の皆様、主婦もお昼ごはんは、賢くヘルシーに手作り弁当でいきまっしょい!

 

 

 

 

 

 

 

 

2011年06月06日
愉快な編集部員ネタコメント(2)

商業イラストレーター 魔がさして「カコン!」

美魔女の路線を狙いつつ、200本安打達成を目標に、今週はずっと静かにイラスト描きのさとうみどり氏。

普通なら隣の席のシンタクをからかって、なんだかんだと話しかけているのだが、先日から隣の部屋に閉じこもって集中して仕事をこなしている。

5月30日の「広島生活【一日いち広島】」ツイッターにも画像がアップされており・・・

http://lockerz.com/s/106107658

 

ご覧いただきましたでしょうか?

家にこもると、お家のワンコ、てっちゃんが、喜んで喜んで興奮するので集中できず、仕方ないので会社で別室にこもっている次第です。

 

このような調子で集中していると、途中人間は飽きがきてしまうもので・・・。

 

今日アップされた勝手に研究会の取材日?でもある、試合観戦の日に、ついに魔がさしてしまったさとうデスクの話。

 

6月3日の勝手に研究会記事をご覧になった方は、気が付きませんでしたでしょうか?

 

同行した小学生の男子のカープ帽を、とりあげてかぶり、(きついのを無理に頭におしこんで)

チャンスを棒に振ったシーンを見て、応援グッズでもって、カコン!

 

IMG_5606.jpg

 

この画像の撮影は、おそらくシミズ?かと思われますが、実に絶妙なタイミングで、その瞬間をとらえています。

 

後ろからは見えないけれども、無表情な顔。メガネのフレームがちらっ。

メガホン?が直撃するブレといい、まったくずれがない。

 

研究会記事を最初に読んだ、シンタクが、「これ、載せちゃ、いけないでしょうー!?」と笑っていましたが、今年の「面白フォト」ノミネート作品に!

 

タイトル「魔がさした 美魔女イラストレーター」

どうかな?

 

 

 

2011年06月03日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

『目指せ!美魔女』という応援の仕方がある説

ただいま、商業イラストレーターさとうみどり氏は、イラストカット、連続200本安打達成を目指して、最近イラスト描きの納期に追われている。

同じく、校正2000本連打を先に達成したシミズは、余裕の空気を漂わせて、「がんばってください!」とイラストレーターを応援する。

しかし二人ともずっと睡眠不足なのだ。

もうよぼよぼ、なのだ。目がしょぼしょぼなのだ。

今週末の社内飲み会をご褒美に、馬の鼻先につられた人参のように、ただそれを楽しみにして走り続けている。

 

 

心配したシンタクが、さとうデスクに、「大丈夫っすか?」と声をかける。

 

さとうは、「そんなに心配して、年寄り扱いして・・・・。」と泣きを入れる。

 

「年寄りなんて、言ってないっすよ!目指せ、美魔女ですよ!」

と、アラフィフは、美魔女を目指して、日々美と健康に精進するべきだと応援している。

 

 

「そういえば、この前実家に帰った時に、うちの母親、60なんですけど、超シースルーの服着てました!

何?それ?って聞いたら、

『え?ほんと?これで(仕事の)研修に行ったんじゃけど』って言ってました。」

 

 

「そうそう、娘ってすごいダメダシするんよね。顔がしょぼしょぼだとか、頸がしわがあるとか。。

『え?ほんと?』ってすごい凹む」

 

「そういえば、何回も『ほんと?』って言ってました。

最終的にはめんどくさくなって、『いいんじゃない。』って、うっちゃりました。』

 

 

美魔女を目指せ!とさとうデスクを応援しつつ、最後は、『いいんじゃない』と切り捨てるものだ予想させる形で着地した。

 

それは、さとうデスクに激入れたことになったのだろうか?

大丈夫?

 

 

 

2011年06月02日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

男前シミズの、帰宅前のしごと

昨日の朝から、福岡に出張したシミズは、一仕事終えて、オフィスに戻ってきた。

普通に戻ってすぐ別の仕事に取り掛かっているから、タイムisマネーの基本が実にできている人だ。

 

そして、やおら、携帯を取り出し、どこかに電話をかけていると思っていたら、

 

「もしもし。楽しく遊んでる?そう。よかった。

で、ビールを冷やしておいてほしいんよ。

 

うん、貯蔵庫の中にある、ダンボールに入ったの。

そこからビールを出して、冷蔵庫に入れて冷やしておいてね。」

 

 

どうやら、自宅で遊んで、シミズが帰ってくるのを待っている息子、フブ君に、電話で指示しているらしい。

帰宅前の一仕事だったようだ。

 

 

俺は、出張の帰りだ。

帰ったら、冷たいビールが飲みたいんだ。

冷やしておけよと。

母親は自分なので、冷やしておけないので、代わりにフブ君がやっておくれと。

 

「さすが、男前シミズですねー!」と、みんなで絶賛する。

 

 

「(フク笑いに)書かないでね!」とシミズが言ったけど、世の中のためにご紹介するに値する、大変よいことだと思うので、ぜひ、と、ご紹介をさせていただいた。

 

夫のために、奥さんがビールを冷やしておくというような心配りを、働く男前な母親のために、息子に教育する。

 

その様子を見て・・・。

 

対面に座るヤスナガが、

「いいな!フブ君と結婚したい!」

 

だそうだ。

 

プラスなプレスの女子は、男性の教育と選択が上手な人が多い。

(シミズさん、これ、褒めてるんよ!)

 

 

 

2011年06月01日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

暑くなってきました すると・・・ほら、ごらんなさい、あずきバーサロン

土日の雨がウソのように、今日は晴れ間の続く一日です。

そうすると、暑がり変温動物的シミズが、

「素足、気持ちいー!」と、靴を抜いで、素足でオフィスの中を歩いて見て、楽しそうに言いました。

 

「早いねー。もうそんな季節。

ほれ、ごらん、そのうち、あの人脱ぎだすから。」と釘をさす、さとうデスク。

 

そうです。

暑くなると、シミズがもう、がまんできなくなって、肩を出す足を出す、そんなファッションになってきます。

 

夕方、我慢が出来なくなったシミズは、とうとうムツラを使いに出し、何か冷たいものを買ってきてと頼んだのでしょう。

 

「ダメダシ覚悟で、『あずきバー』と『みかんバー』を買ってきました・・・。」

と、恐る恐るコンビニ袋からアイスを出したムツラ。

 

「あ!私、あずき!あずきバーがいいよねー」

「私も、私も!」

と、みんなあずきバーを選択し、しかも

「あ、これ、固!」

固い、固いと、大騒ぎ。

 

「固いのが美味しい」

「無性にあずきバーが食べたくなる」

と、あずきバーを褒めまくり、ガシガシと奥歯でかみ砕いている様子。

 

そこは、職場ではなく、あずきバーを食べて味わう、ただの集団。

 

あずきバーサロンだということにしよう。

 

azukibah.jpg

 

私は、一人、みかんバーを選ぶ。

 

「みかんバーも、おいしい!うまっ!」

 

とか、言ってみたけど、みんなガシガシやってるだけで、無視。

 

あずきバーサロンの人たち、ガシガシ噛み砕くのに必死だった。

 

 

 

 

2011年05月30日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

対面の人

昨日のフク笑いは、ついていけない読者が多かったようだ・・。

朝一番、出社して、隣の席に着いたヨシダが、

「昨日のフク笑いは、ちょっと分かりませんでした。

 perfumeまではついていけたけど、ナウシカは、ついていけませんでした・・。」

と、何がおもしろいのか、アイディアなのか、さっぱりぱりだったと、カミングアウトしてくれた。

 

そういえば、いつもなら、フク笑いの感想を何かしら教えてくれる、コアユーザーのシンタクも、このところ感想をスルーしている。

よほど、面白くなかったらしい。(ーー゛)

 

そういえば・・・。

 

昨日の巨神兵の絵を描いているとき、対面の人が予言していた・・。

パソコンの隙間から顔を出して、

「何、描いているか、わからんね・・。」

 

さすが商業イラストレーターである。

隙間から、ちらっと覗いただけで、その絵の価値が、瞬間に分かるのである。

受けるか、受けないか、受け止められるか否かである!

 

そんな有能な商業イラストレーターにも関わらず、覗き方が、まるでカンニング中の中学生みたいだったので、思いだして描き残しておこう。

 

taimen.jpg

 

 

2011年05月25日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

メイク大会 これでいいのだ

一昨日、アルソアの向井さんが、となりの部屋を借りて、メイク大会をしてくれるっということで、数時間、美と癒しのルームとして活用していただいた。

無料メイクのお直しを受けるのは、プラスなプレス編集部のみ対象なので、時間の許す限り、fuku、シミズ、さとうデスクと3人が順番にメイクをしてもらった。

経理のタムラさんも、今から銀行にいかんといけん!というところを、ちょっとだけ、せっかくだからと、ちょこっとメイクにお付き合いもされていた。

 

時々こうしてやってきてくれて、サービスしてくださるのだが、私はそのメイクを受けるたびに、目力がアップして、メイク後に普通に仕事に戻ると、みんなが私の顔を直視しなくなるのが、ちょっとした悩みだ。

 

なんか、目が違いますね?!

とか、

目力がすごいですねー!

 

と、褒めているのか、びっくりしているのか分からない言葉を聞きながら、視線を合わせようとしない相手をいぶかしく思い、手鏡で自分をみると、

これ、誰?

 

 

さて、シミズもすっかりキレイになって、さとうデスクも、ちょっと年齢をごまかしたくらいの、かわいい感じでしあげてもらっていた。

 

「チークは、おもいっきり、ほっぺたのところでいいんじゃね。

これで、いーのだ。」

と、バカボンのパパのように、繰り返していうさとうデスク。

 

チークはほっぺにくるくると。

これで、いーのだ。

satomido1.jpg

 

 

みんなから、目を合わせてもらえない、私はどう?

fuku1.jpg

 

 

車のライトが、ハイビーム・・みたいになってるが・・・。

これで、いいのか?

 

 

 

 

2011年05月20日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

ツイッター「広島生活【一日いち広島】」立ち上げから1週間 更新の話

ツイッター「広島生活【一日いち広島】」を立ち上げて1週間がたってみた。

まだまだフォロワーは、8人だ。

フォロワーの数が多ければ、いいというものでもないような気がするか、いや、多ければ多いほどいいんだろうけど、8人だ。

プラスなプレスの社員7人よりは多いから、いいのか?

 

さて、このプロジェクトについてシンタクと語ってみた。

 

「なーんか、あれですよねー。

広島生活、一日いち広島、っていうより、気づいたら、一日いちプラスっていう感じですよねー。」

 

気づいたら、プラスの社員の画像をあげてみたり、プラスの近辺のことばっかりツイートしたりしかねないということを指摘している。

 

シンタクと言えば、このまえ福岡に出張した際、福岡の様子を、「広島生活」にツイートしていた。

プラスの社員の福岡での様子をうっかりツイートしてしまって、ついついとはいえ、このツイッターの目的がいったいなんであるのか、よくわからないまま突っ走りかけているのだ。

 

もうあれじゃない?

天気のこととか、いいんじゃない?

さっき六本木で、雨が降ってきた、六本木は雨だ雨だとツイートしていた人がいたよ、と教えてあげた。

 

そうですねー。天気はありですね。

 

それとか、天満屋で満点ママフェスタしてたとか、どうですかね?

 

いいね、そうよね。イベント情報。

でも中国新聞に載っているイベント情報をあげてたら、意味ないかね。

今日は●●フェアをどこここでやっているらしい、とか。

 

それ、意味ないっすよねー。

新聞見ればわかることですしねー。

 

じゃ、どういうことをツイートしたら、いいんですかねー。

 

もはや二人には本来の目的がなんだったかわからなくなっているのが、この会話で読みとれますでしょうか。

 

しかし、結論としては楽しくしたらよいということに着地し、そこで、シンタクの帰宅時に撮影した市内の風景とか、ウォンツのポイント日の店前の自転車の数だとか、そういうことになりそうだ。

 

それもいいのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2011年05月19日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

ツイッター「広島生活【一日いち広島】」立ち上げから1週間 アイコンの話

5月9日の企画会議で、今までの懸案だった、広島を応援するサイト立ち上げについて、討議していたこと。

 

そもそも、その目的はなんであるかというと、プラスなプレスのサイト活性化につなげようということ。

 

そのために、サイトを立ち上げて、しかも複数、同時にコミュニティを作ってみてはどうか、という意図だが、編集部員の人数も力も制限があるわけだから、力の分散になってしまわないか。。。

今あるコンテンツの継続と活性化もあるし・・・。

では、外部メンバーに任せられないか・・。

いきなり外部に任せるのは、まずいのでないか・・。自分たちでまず箱と中身を作らなければ。。。

 

そのような内容で話あっていたとき、

「いっそのこと、『広島を応援する』という大項目で、一つ、サイトを作ってみては?」

「いっそのこと、サイトやブログではなく、一番てっとり早い、ツイッターでやってみては?」

誰からということなく、そんな意見がでてきた。

 

それなら、広島を応援する・・・、毎日広島の様子をつぶやくツイッター・・・

「広島生活っていうはどう?!」

「いいね!」

 

このようにして、ツイッター広島生活【一日いち広島】が誕生した。

 

すぐに、ヨシダが設定をして、アイコンが必要です、fukuハラさん、外注はできません、さとう画伯も忙しいので、ひとつ、fukuハラさんでお願いします!

と声をかけてくれたので、「お金はかけちゃ、いけねぇ、そりゃ大変だ、あいよ!」と書いた最初のアイコンはこちら。

 

hirosimaseikatsu.jpg

 

一応、7人の似顔絵を描いて見た。

しかし、これはツイッターのアイコンに置いて見ると、小さすぎてボツ。

社員には公開する前にボツにしたのに、なぜか流れてしまって、

「妖怪チックだ」

「アニメみたいだ」

「きもい」

「髪の色が、紫や、緑、ピンクはありえない」

「あたしは、青ですよー」

などという感想が漏れ聞こえてきた。

(みんな妖怪と紙一重みたいなキャラしてるんだけどなぁ・・・気づいてないのかなぁ。笑)

 

それでは、再度描き直し。

今度は、代表のさとうデスクと、タイトルを中心にしたもの。

 

 

hirosimaseikatsu2.jpg

 

 

時間をとって検討するほどのことでもないし、採用にしてもらう。

筆ペン文字は、書道教室に通う書家、ヤスナガに依頼する手もあったが、まだ書家名をもらっていないので、勉強中だと辞退され、へたうま路線で描かせていただいた。

 

さて、次にツイッターのつぶやきの吐き出しを、プラスなプレスのサイトトップにも入れてもらうようにお願いしたヨシダ。

月曜日からサイトにも広島生活を見ていただけるようになった。

 

このような楽しげなことは、非常に早く進み、(ヨシダのしごとの早さのおかげだけれども!)

今週から広島生活はスタートとなった。

 

そんな広島生活【一日いち広島】について、明日は、帰ってっきたシンタクとともに、立ち上げ1週間のツイッター活動ついて、話し合ったことをご紹介したいと思う。

 

 

 

 

 

 

2011年05月18日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

ハウスのマドンナ達

昨日、ハーストーリィハウスの関係者の月次ミーティングがあって、参加させていただいた。

月次ミーティングといっても、これから月次になるのであって、今回は久しぶりのMTGだった。

 

ハウスのホール、キッチン、そして、プラスなプレスの部門合同で、課題に対して、意見を出し合ったり、要望を伝えあったり、いろいろと前向きな内容だった。

 

特に今回は、土日に集中するお客様への対応について、どのように改善すべきか、メニューから接遇まで見直しをしていくという内容で話は進んでいたものだから・・・

 

話の流れで、最近、男性のお客様も一人でゆっくりいらっしゃる常連さんが増えてきたという話題に。

 

「あ!そういえば、この前も、カウンターで本を読まれている男性のお客様がいましたね!」

「私も見た! 桜井さんのファンかと思った。」

「いえいえ、そんなことありません。桃ちゃんのファンかと・・。」

 

そんな会話を聞いたさとうデスクが

「いいねぇ。。うちにはマドンナがいっぱいいるから・・・」とにこにこ。

 

すると桃ちゃんが、

「いえいえ。本当のマドンナは、みぞべさんですよ。」と。

 

キッチンのみぞべさんはそれを受けて、

「そうそう!めったに表に出てきませんよー!天の岩戸に隠れてね!ピシャっと。」

 

桃「声だけしか聞こえないってね。」

 

みぞべ「そうそう。声だけ。」

 

さとう「その声が、おおきんよ!笑」

 

キッチンとホールを隔てる扉、岩戸の後ろに隠れる、姿を見せないミゾベマドンナは、めったに表には出ない。

お客さまにレシピを尋ねられた時に表に出てご説明するくらいで、後は岩戸の向こうで、大きな声で自由に仕事をしているマドンナだ。

 

この方が、本当のハーストーリィハウスのマドンナということで、興味のある方は、ぜひ、声だけですが、ハウスにお越しになって、お楽しみください。

 

 

けして姿は見られないということですが、今日は特別に、ミーティング風景のイラストで、マドンナ達をご紹介しましょう。(mtgに参加していないマドンナもおります。ご了承くださいませ)

 

 

 

 

housemtg.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2011年05月17日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

社内の力関係を垣間見る瞬間

さとうデスクが、社長。

シミズとヤスナガは取締役。

その他はみなフラットな平社員の構成で、たった7人だが社内構成的にはできあがっているプラスなプレス編集部。

 

会社の社長が一番偉そうで、役員も次に偉そうにするのが通常の会社のように思われるが、弊社では意外な力関係がなりたっている。

 

意外に平社員の声が強いのだ。

 

たとえばだ。

 

ある日の午後、だんだんと西日がさしてきて、窓側の席のムツラが、いらっとして声を発した。

 

「まーぶーしーいーぃ!」

光でパソコンの画面がまぶしくて見えなくなってきたのだろう。

 

 

すると、はいはい、と窓際のシミズ、ヤスナガが、立ち上がってブラインドを下げ始めた。

 

「あ!すみません。両取締役に動いて頂いて・・・!そんなつもりで まぶしい と言ったつもりでは・・・」

と恐縮するムツラ。

 

 

そのままブラインドを下げてもらって一安心。

 

こういうふうに、何か分からない圧力で、人を動かす人もいるっちゅうことだ。

 

mabushii.jpg

 

本人がそんなつもりでまったくないのが、また不思議。

 

 

 

 

 

2011年05月16日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

社内に一人残るヨシダに、さとうデスクの指令とは・・・

今日は、昨日に引き続き、福岡出張でシミズとシンタクが不在だった。

ヤスナガとムツラはそれぞれ名古屋の別々の場所に出張で今日はいなかった。

そうすると、社内には、さとうデスク、ヨシダ、私の3人しかいない日だった。

 

午後1時にちゅーピークラブについて取材をしに伺うために、さとうと私が外出をすることになっていた。

今日は、その外出時間中、ヨシダが一人になるという状況に。

 

「ヨシダ君、ごめんね。じゃ、ちょっと出てくるから。

3時半までには帰ってくるけーね。」

 

と、さとう。

 

「あ、もしも電話がね、いっぱいかかってきたらね。

2本同時に、両方とって、話を聞くんよ。

聖徳太子みたいに。こんなふうに。」

 

と、指示を出しながら、外出しようとする。

 

yoshida.jpg

 

こういう時になぜだか、ラーメンを食べなくてはならないそうだ。

忙しいときは、ラーメンを食べるに限っているから、そうなるのだそうだ。

 

だから、ヨシダがラーメンを食べながら、電話を2本同時に受けている図を想像した。

 

 

実際は、ほとんど電話がなくて、(あちゃー)

内線がハウスからかかってくるも、向こう島の机にある電話にかかるから、

「ちぇ」っという気分になりながら、のそのそと立ち上がり移動して、呼び出し音を鳴らしまくってやっと電話にでたのが2,3度あった程度だそうだ。

 

ん?

 

 

 

 

 

2011年05月13日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

猿猴橋町の純喫茶パールにて取材指導をするムツラと指導を受けるシンタク

来週の勝手に研究会は、お散歩研究で、エリアは電停「猿猴橋町」。

猿猴橋町の電停近くにある純喫茶パールは、古くてレトロな雰囲気を外観から醸し出し、行ってみたいけど、行ったことのないお店として、一、二を争うお店ではないかと思われる。

(悪い意味ではなく、興味があるけどなぜかなかなか足が運べないという意味ですよ)

 

研究会では、一度は行ってみたいけど行ったことのないお店に怖いもの見たさで行くことは、一つの方針であり、特にこの度帰ってきたシンタクを同行するにあたり、取材のいろはを教えようという先輩ムツラとしては、どうしても行ってみる必要のあるお店だった。

 

そこで、ムツラとシンタクと私の3人は、純喫茶「パール」に入ってみた!

 

するとそこは・・・!

 

詳しくは、5月18日(水)の、勝手に研究会ムツラレポートに期待したい。

 

そのレポート前に、私は純喫茶パールで、シンタクにいろはを伝える先輩ムツラの会話を、まるで4コマ漫画のようにカメラで撮影することに成功した。

 

ぜひ、フク笑いに紹介しようとしたら、実写はいけないと。

嫁入り前だから、それは困ると。

強いムツラの希望から、実写版は自粛して、しょーがないから、絵で紹介することにした。

 

取材の基本はメモと撮影である。

気づいたことは、すぐにメモして撮影するのだ。

 

パールで頼んだコーヒー、カフェオレ、ミルクコーヒー。

なぜだか、それぞれにピーナッツが付いてくる。

そして、レトロなカフェオレのグラス。見えないけどミルクピッチャーもレトロだった。

聞くに昭和20年にパールはこの近くの別の場所で営業。それから今のところに移転してずっと営業されているとか。

店内は「地方の駅近くの古い喫茶店のようなにおいがする」とムツラ。

 

parl5.JPG

 

なぜかピーナッツ。サービスでドリンクに付いてくる。

こういうところも、ぜひメモしておきたい。

parl6.JPG

 

ここから撮影NGのため、絵でご勘弁ください。

 

大事なのはね、メモすることよ!とムツラ。

parl1.jpg

 

パールの歴史をお母さんに聞いた後、メモするムツラ。

ついでに、研究会は自腹が基本。ということも帰ってきたシンタクに教える。

 

parl2.jpg

 

で、レトロな店内、器を撮影しながら、純喫茶とCafeの違いを考察し始める。

近くに茶房もあることを発見し、茶房はどうなのか?と比較対象が増えてきて、違いが分からなくなる。

店内が禁煙か、分煙か、でなければ、ママがお母さんなのか、スタッフが若いのか、メニューにパフェがあるかないかなのか・・・

どんどん分からなくなってくる。

分からなくなってくるが、面白半分にしゃべりまくる。

parl3.jpg

 

 

結局、違いはわからず、そのまま放置し、教えることだけ教えたら、無の境地になったムツラ。

その瞬間を激写。

parl4.jpg

 

 

 

フク笑いには、先日も申し上げたように、世界中からアクセスされているため、嫁入り前のムツラの肖像権を守るため、絵で表現をしたことを大変申し訳なく思うが、

実は、先日から始めた「広島応援活動」の一環で、

ツイッター「広島生活【一日いち広島】」にて、プラス部員7人が広島にまつわるつぶやきを開始。

この純喫茶パール撮影4コマ画像は、ツイッターにて公開しております。

 

どうしても、実写版をみたい方は、以下のツイッターアカウントから、過去ログで探してみよう!

そこは、今ならまだムツラの肖像権は守られていないフリーの境地だ!

↓ ↓ (^O^)/

-----------------------------------

hsp_hiroshima
広島生活【一日いち広島】

-----------------------------------

 

2011年05月12日
愉快な編集部員ネタコメント(2)

あ!という大変身。ビーチバレーからビジネス使用に!

 

暑がりで寒がりのシミズは、夏が近づくと、すぐ肩を出し始めるので、ノースリーブが基本。

ま、多少デフォルメだが、今年の夏の装いの予感として、昨日 、シミズの夏のオフィスの装い、一例を、ご紹介した。 

 shimizu_summer.jpg

 

これを、シミズ本人が見て、「ギリギリ(公開)アウトでしょう」とジャッジしたらしい。

しかし、私には何も言わないので、ギリギリセーフなのでしょう。

なんて心の広い人なんでしょう。

 

さて、こういう装いだが、簡単にビジネス仕様に変身できる方法があるのをご存じか?

 

ジャケットに、腰に巻き物。そしてヒールの靴。

これで、さっそうと外出すれば何の問題もないのだ。

shimizu_summer3.jpg

 

どうですか?

こんな風に、柔軟な発想で、暑い夏を乗り切る、変温動物的シミズのクールビズ。

 

皆様のオフィスでもアレンジして下さい。

 

 

 

 

 

 

 

2011年05月11日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

衣替えも間近。あの人の夏の装いは・・。

昨日は、午後から暑苦しくなってきた。

私たちのいる社屋は3階建てで、その3階は直射日光が屋根にあたるせいか、ものすごく暑い!

でも、節電節約の方針で、まだ我慢大会が繰り広げられていた。

2時、社内で企画会議中。

暑いけどエアコンはまだつけない。

 

しばらくすると、団扇を引き出しから出して、シミズ、ムツラ、ヤスナガ・・・と一人、二人と仰ぎ始めた。

 

暑いから、団扇を仰ぎながら会議をするのも、うちらしいというか・・

というか、やはり、会議ではない、これは我慢大会にしか見えない。

 

「いやー、暑くなったねー。

そのうち、脱ぐよ、この人。すぐ肩を出すからねー。」

と、さとうデスクがシミズを見る。

 

「いやー、まだですよ。でも、ニットは全部しまいました。」と自宅の衣替えをすませたと主張するシミズ。

そうなると、ちょっと暑苦しい朝は、もうキャミソールで出勤しようとするから、見てごらんなさい。

 

「そのうち、ビーチバレー選手みたいな恰好でやってくるよ。」

と、予言するさとう。

 

そうだ。きっと、こんな感じで仕事しているんだ。

 

shimizu_summer.jpg

 

 

足は、もちろん素足ですよ。暑いから、水桶に足をつっこむんですよ。

 

社員は女性ばっかりだから、これくらいギリギリオッケーなんですよ。

見てみないふりしていますよ。

 

外出するとき?

大丈夫。

さっと布を腰に巻いて、ジャケット羽織って、ヒールの靴を履けば、お客さまに会ってもばれませんよ。

(ハワイか?)

 

それより、色が水色の下地なのは、なぜ?って?

それは、家に水色の紙しかなかったからですよ。

 

こんなこと描いてシミズさん、怒らないって?

全然!こんなことくらいで怒る心の狭いシミズさんじゃありませんよ。

何度、ネタにしても、まったくスルーですよ。本当に心が広い人でありがたいです。

 

で、本当に、夏はこんな恰好なのかですって?

何言ってるんですか、ここは「フク笑い」ですよ。

こういう想像の自由を奪ったら、「フク笑い」に何が残るんですか?

 

なーんにも、中身がないじゃないですか。

これ?

これが、私の仕事ですよ。

 

2011年05月10日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

「フク笑い」が今後、進むべき方向性を考えてみる。

「フク笑い」コアユーザーである、シンタクとよくフク笑いについて話したりする。

私にとっては身近な読者の意見を聞くことは大変勉強になる。

 

「フク笑い」は、シンタクからすると、顔を知っている、プラスなプレスの編集部員が、何をしているか、日々の様子がわかって面白い、ついつい覗いて見てしまう。

そういうコンテンツなのだと言う。

そこは、私も狙っているところ。

「だから、PVは少なくてもコアなUUが多いんですよね。」

 

PV(ページビュー、サイトを開いた回数)がメジャーなサイトに比べて少なくて、コアなUU(ユニークユーザー、サイトの訪問者実数)が多いので、固定ファンが何度も何度もサイトを開いて見てくれているから、いいんすよ、というシンタクのご意見だ。

 

そうなんよねー!

実は、以前、プラスなプレスのプラス会員にメルマガでアンケートをした時に、プラスなプレスのコンテンツの中で、よく見るコンテンツはなんですか?という質問に対して、「フク笑い」は、「今日のイチメン」や「satomido日記」「今日の美味しいもん」などに、まったく太刀打ちできないほどの投票数。

でも、読んでいる人は、かなり多くて、どうやらアンケートには回答をされないような、裏筋の方のようだ。

 

では、もっとPVを増やすために、一般の方が読んでも楽しい内容にしていく方がいいのか?

それとも、このままコアユーザーが喜んで下さるコアな内容を続けていく方がいいいのか?

 

どっちなんだろ?

という話もシンタクとした。

 

内容を変えたら、今までの読者が減るでしょうね・・。

と、まるで居酒屋かスナックの常連客がオーナーやママが変わった後に客層が変わるようなたとえ話で教えてくれた。

 

でもって、最後に

「でも、フク笑いは、世界中からアクセスされているんですよ!

少なくとも、この1年は。だって、私たち、海外旅行中のとき、暇だからフク笑いでも見るかってアクセスしてましたもん!」

とシンタクが教えてくれた。

 

1年前に新婚旅行で世界一周中の、ワダ夫婦、もとい、現在ビッグツリー夫妻も、途中数ヶ月、旅行に一緒になった、シンタクカップルも、ぽちぽち海外から見ていたそうだ。

 

アクセス解析から、フク笑いのアクセスを見る。

緑の色がついている国から、フク笑いにアクセスがあるマップ。

 

 

world3.jpg

 

日本は当然、濃いが、海外からあちこちアクセスしているのは、旅行中のシンタク、ビッグツリー達に違いないということだ。

 

そうなると、フク笑いの方向性も固まってきるというものだ。

コアユーザーのために、喜ぶべき内容を書くべきだと!

海外からでも気になって、覗きたくなる魅力って、なんなの?

 

ということで、やはり、プラスなプレスの日常を、私目線でご紹介し、笑う人が、非常にニッチなご関係者であって、それでよしとする。

こういうものでありましょう。

そうしましょう。

 

そういうものに、私はなりたい。(宮沢賢治風)

 

   

 

 

2011年05月09日
愉快な編集部員ネタコメント(2)

プラスなプレス編集部員に聞いて見た。「GWにしたいこと」アンケート

GWに入りましたが、皆様はいかがお過ごしでしょうか?

昨日宣言しましたように、プラスなプレス編集部員は、おのおのの過ごし方でGW中と思います。

忙しくて、まとまった休みがあったらなぁーと思っている私たちは、さて、まとまった休みが実際取れた時に、なーにをしているのでしょうか?

 

今日は、部員に、「このGWに、したいなぁ、やってみたいなぁと思っていること、または予定を教えてください!」とアンケートに協力してもらいました。

 

部員の人がら、性格が垣間見えはしないでしょうか?

-------------------------♪

【さとうデスク】

さとうは・・・

もちろんほとんど仕事でしょうね。
多くのお客様がお見えになりそなカフェ!
マルシェ、頑張ります!

でも早く帰れる時しかできない"最愛の彼、テツとのお散歩"
とスイミングは必ずします。

-------------------------♪

  彼?お散歩?そう。彼とはワンちゃんです。部員がGWでお休みを取る中、ハウスのスタッフとともにシフトに入ってお店を守ります。

さとう社長!ありがとうございます。。。

 

【ロシアンセレブ シミズ】

あれがしたいなあ、は。
家の模様替え、ベランダのペンキ塗り。
かれこれ10年以上行けていない海外旅行に行きたいです。

しなきゃいけないのは、家の掃除。衣替え。
まだ箱から出していない、息子の本棚の組み立て。


現実は、
前半は、夫の実家に顔を出すために九州ツアーに出かけます。
ついでに九州の友人夫婦とご飯を食べ、温泉につかり、アウトレットモールでお買い物を予定しています。

後半は、広島で過ごします。
天気次第で、掃除を大がかりにし、恒例のご近所バーベキューとFFをのぞき多分シミが増えることと思います。

-------------------------♪

  でました!さすがバブル世代。

海外旅行に行きたいだの、実際は九州に行って温泉につかり、アウトレットモールでお買物って。

またまた豪奢にGWを過ごすに違いありません。

 

 

【歴女 ヤスナガ】

GWの予定ですが
あまりたいした予定はありませぬ・・・・


<予定>
●GG2号店へお祝いに行く&飲んだくれ
●映画を観に行く&飲んだくれ
●お正月は「史記」「三国志」を読んだので、その繋がりでGWは「楽毅」を読む予定。
 今度は小説で全4巻らしい・・・


<やらなきゃいけないこと>
●食材研究で、お料理づくり
●奥出雲の企画書づくり
●書道教室の宿題


あと、気が向いたら
実家に戻って、きよみの店のお手伝い。

いまのところ、こんな感じの予定です?^^;

-------------------------♪

  なるほど、バブル次世代。

聞いてもないのに<やらなきゃいけないこと>のマストを箇条書きするあたり、実直です。

そういえばシミズも書いてましたが、「しなきゃならないこと」を、なぜ人は、したいことのあとに、ラインナップするのでしょう???

 

 

【雨探知機 ムツラ】

したいなーと思うのは、
・無駄遣いしてそうなものの整理(サブ携帯の解約、プロバイダーの変更・・など)
・部屋の掃除、断捨離的な?
・古いお家の改造・・・・でしょうか。


実際は、
前半は105ウォークラリーに出場して24時間青空の下で歩き続けて、
後半は遠方から友達が来る予定ですが・・
多分お家でじっとしてます(笑)

-------------------------♪

  そう!105ウォークラリーに出場後、使い物にならくなった身体をただひたすら休めるために、お家でじっとしているのではないか?

いや、逆にラリーハイになって、後半は友達とおおはしゃぎしているかも??

 

 

【ニンプ ヨシダ】

GWの予定ですが、
4月29日 深井家のてんぷら大会に参加
4月30日 友達と遊びます
5月1日  自宅でのんびり&旅行の準備。旦那はソフトボールの試合の為不在。
5月2日ー4日
ムツラ編集部員の105キロウォーキングのひやかしに長崎へいきます。
ただ、ちょこっと応援にいくだけで基本的にはアサちゃんと長崎観光にでかけますよ☆
今のところは、グラバー邸や内装にこだわった電車を見に行ったり、アンティーク着物のお宿に見学に行ったりする予定です。
妊婦と子持ちなのでお茶ばかりしている可能性大です(笑)

ちなみにその間旦那は放置なので、シンタクさんに借りたロンバケDVDを託していきます。

5月5日は多分自宅でゆっくりします。
5月7日は旦那の実家の福山へゆき、8日は友達と遊びます。

結構もりもりなスケジュールですが、
ふと見直せば5月5日と7日以外は旦那を放置するという悪妻ぶりです(*^_^*)


ゆっくりしている時に、お庭の草むしりとかできたら
いいな・・と思っていますが、体力が無くなることでしょう。。

-------------------------♪

  だからかっ?!ヨシダの机の上に、ロンバゲのDVDが置かれてあったのは。

こまかなスケジュールを教えてくれて、じーっと見てたら、基本的に夫は放置じゃん!!

 

 

【帰ってきた シンタク】

予定ですが、
東京から帰ってきてはじめての連休なので、広島の友達に会いまくります。
県外から帰広の子も沢山いるので、片っ端から会います。
引越し祝いの鍋パーティ予定です。


また中盤はフラワーフェスティバルにいってご当地物を買いあさります。そしてPerfumeをみます。

後半は母の日がてら実家で稲の種まきを手伝います。

広島満載の連休です( *`ω´)

-------------------------♪

  東京から帰ってきたシンタクは、さっそくしたい放題動き回るように着々と計画を立てているようです!

FF(フラワーフェスティバル)で、Perfumeを見る。これは広島ジンとして基本です。

会ったら声を掛け合いましょう。

 

以上

大変長くなりましたが、いかがですか?

 

私?

まとまった休みがあったら家の片付け整理をしたい!特に私の部屋!

と思っていますが、急に今朝6時半に家を出て、USJに行くことになりました。

もちろん車でです!宿泊はホテルです!テントじゃなくてよかった。

(おかげで、この原稿は前日に書いてますわ。) 

いつも、急に決まるので、完全に私の意思は入っていません。

 

家族旅行は、突然に・・・。 (あの日あの時あの場所で...♪)

です。  (ぼくぅーらぁーは、いつまでもぉー他人の二人のぉーままー♪)
 



 

2011年04月30日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

GWに突入!編集部のみんなは、いったい何をして過ごすのか?

一部の人は、すごく関心が高いと思いますが、編集部のみんなが何をしてGWを過ごすのか。

7人もいればそれぞれあると思います。

今日は、この人、ムツラをご紹介しましょう。

 

ムツラは、5月3・4日に開催される

佐世保ー島原ウォークラリーに参加されるとです!

そのウォークラリーは、24時間歩き続ける大会ならしいとです。

 

この大会に参加申し込みをした後、ムツラは、着実にトレーニングを重ね、通勤は徒歩に。

会社の昼休みは、「ちょっと散歩してきます」といいながら、実はトレーニングに。

靴は、もう会社でもスニーカーに。

そんなウォーカー、ムツラになってしまっていた。

 

先日27日に、元同僚の通称ナカマネが、そんなムツラの大会参加に激を入れるべく、差し入れを持ってわざわざ来社された。

 

手書きの筆文字で「完歩」そして「ゆっくり あせらず 笑って ゴール」を書かれたカード。

バナナの王様、甘塾王の山!!

そして、箱入りの超高級バナナも1本!

 

banana1.JPG

 

嬉しそうなムツラをご覧ください。

まさかの差し入れ、しかもこんなに大量にプレゼントされるとは、そのナカマネの感性に大感動のムツラです。

 

 

banana2.JPG

 

しかし、私は気づいてしまった。

この差し入れのバナナの購入先は、福屋の地下、「特選果実なかむら」さんのモノだ。

ナカマネは、26日まで行われた、福屋の8階催事場の「なにわのうまいもん大会」に物色しに行ったついでに、あ、ムツラの差し入れはバナナにしよう!と地下にエレベーターを降りたに違いないと、推測している。

だって、ナカマネといえば、美味しいもの好きのナカマネですよー。

福屋にいって、「なにわのうまいもん大会」にいかないわけがないと思うんです!!

きっとラヂオ焼くらい家族に買って帰っているに違いないと思うんです!!

 

 

 

 

 

 

 

「なにわのうまいもの大会」

 

 

 

 

2011年04月29日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

いやな予感がする

今、「福笑い」でヒットを飛ばしている高橋優氏は、朝の情報番組のテーマソングにも採用されて、時の人らしい。

こちら、プラスなプレスの編集部のコンテンツ「フク笑い」も高橋優「福笑い」人気に便乗して、おもわぬアクセス数アップにつながりはしないか

とらぬタヌキの皮算用シミズは、ラジオで「福笑い」が流れるたびに、

「あ!福笑い!、あたし、イントロでもうわかる」

「なんで?」

「だって、テーマソングですもんねっ」 と言う。

 

・・・誰の?

と、思うが、執拗なほどに「福笑い」のソングにフィットするのである。

 

そうこうすると、ヤスナガが、こちら「フク笑い」に対抗して

「タカ笑い」なるコンテンツをおそらくツイッターで作りだそうと構想を練っているらしい。

あほなフクを笑うタカ笑いなんだそうだ。

 

一方、シミズは、なんかすると、スマートフォンで、用もないのに、私の画像を撮影している!

無許可で!!

 

これまた、知らないうちに、またfukuハラがバカなことやってる・・・と

どっかにアップするのかもしれない。おそらくツイッターでリアルタイムに。

しかもサイトに吐き出しで。

 

そんなもの作っても、ダーレもおもしろくないのになぁ、わかってないなぁ。

それでも、

私がフク笑いで、みんなのネタばかり書いているから、しかえしのつもりらしい・・!!

 

編集部の全員を敵に回してる感じで、きょ、きょわいーーー!!

 

 

 

 

2011年04月22日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

続 さとうデスクの悩み 

昨日、さとうデスクの悩みというのをご紹介した。

のびーる肌の持ち主は、意外なところで悩みがあったのだった。

 

そのイラストをアップしていたら、

「私が思った構図と一緒だった。

こんな風に描くだろうなぁと思ったまんまだったよ。

まだまだじゃねー。」

うふふー。と笑う。

 

何をおっしゃいます、私の描く絵なんて、ただの挿絵です。

商業イラストレーターの足元にも及びません。

まだまだ、巨匠のようには・・・。

というのだけども、なーんか気になるようだ。

 

ところで、のびーる肌の持ち主は、昨日のイラストを見て、

目の横じゃない。

ここよ、ここ。

引っ張る場所が違う。

 

と、のびる場所のダメダシをいただいた。

 

そうだったのか。

で、訂正をするさとうデスクを、再びイラストでご紹介。

 

satomido3.jpg

 

本当に、こうやって、ひっぱったんですって。

のびーるさとう!

昔、デビルマンというアニメで、デビルマンが、敵に向かって「デビールアロー!」という技を出すシーンがあったのですが、それを思い出した。

 

のびーるさとう!

 

・・・・このフィックスが面白いと思うのは私だけで、だれも知らないだろうなぁ、デビールアローを。

 

 

 

 

2011年04月21日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

さとうデスクの悩み

さとうデスクは、一つ悩みがあった。

プラスなプレス編集部、ハーストーリィプラス2年目の経営方針?事業計画?

資金繰り?

 

いや、そういうものではなくて、

どっちかというと、もっと生活感あふれた。

 

想像してごらんなさい。50代にさしかかった経営者の悩みって。

 

それはね。

 

たるみ。

皮膚のたるみです。

若いころはパンパンに張りつやがあったお肌も、年を重ねるにつれ多かれ少なかれ、人はたるんでくるもの。

 

ところが、

「あたしはねー、皮膚の皮が伸びるんよ。

すごーく伸びるから、かづきテープで引っ張ってもだめなんよー。」

と、さとうデスクは嘆く。

 

satomido1.jpg

 

先日花見の写真を撮影したら、シンタクの横に座っていたため、さとうデスクの下から見上げるアングルで撮影された1枚。

首のしわが目立つ、目立つと、社内で大騒ぎしていた。

 

首をうんと伸ばして、頸のしわ、たるみを伸ばしてはどうか?

首にスカーフを巻いて隠してはどうか?

 

いろいろな対策案を講じたけれども、いっそのこと・・・・。

 

 

satomido2.jpg

 

 

 

2011年04月20日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

今日のいいまつがい 「頭が山積み」

昨日、名古屋でイベントの説明会があり、出張だったムツラが、今日は社内にいた。

ひと段落ついたものの、やはりすることはたくさんあって、忙しい様子だ。

誰かとの会話が耳に入ってきて

 

「もーねー。忙しくて、頭が山積みなんですよー!」

 

と、多忙のアピールを大きな声で発言していた。

 

頭が山積みって?

仕事が山積み、とか、しなくちゃならないことが山積み じゃない?

 

周りに指摘されて、「え、まぁ、そうなんですけど、そうとも言うんです」と受け入れつつも否定していましたが・・。

 

私には、妄想されてたまらなかった。そして、 

そんなムツラの多忙気味のスタイルを、ちょっと絵にしてみました。

 

atamayamadumi.jpg

 

 

どんなに、忙しくても、頭が山積みだと、えぐいなー。

やーっぱ、言葉の使いかた、間違ったんじゃないかなー?

 

 

 

2011年04月19日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

お花見で、まさかのイリュージョン!

先週の土曜日のこと。(土曜日の昼下がりのコトにしてください)

シンタクが入社したことだし、経理では、松田さんの代わりにタムラさんも入ってきて下さったことなのに、歓迎会もなかなかできないから、花見をしよう!

ということになり、昼下がり、近所の公園でシートをはって、お花見弁当を食べることになった。

 

お花見といえば!

ハウスのおいしいお弁当!?ですが、今回は、お花見=むさしの弁当 だと譲らないヤスナガの意見を尊重し、わざわざ、むさしの若鳥弁当を買ってきて(ムツラとヨシダが)

豪華に楽しく行うことに。

 

ただ、その時、ある不思議な現象が起こったことについて、だれも気にもとめなかった。

でも、不思議なイリュージョンは、確かに現実として起こっていたのだった・・・。

 

桜は満開で、美しい。

hanami5.JPG

 

あ、写真だ!ピース! とポーズ中のシミズ中央。

お手拭き中のヤスナガ(左)、マツモトさん(右)

美しい桜に見とれて、不思議な現象が、今まさに起きていることには誰も気がついていない。

hanami2.JPG

 

タムラさんは、自前弁当持参、ヨシダもお手拭き中。

hanami1.JPG

 

いよいよ、食べますか。若鳥弁当!!

 

hanami4.JPG

いえーい!

わざわざお買い求めに走ったむさしの若鳥弁当はいつ食べてもおいしい。

お花見は特においしい。

 

楽しく、桜を眺めながら、お昼のひと時をすごすプラスなプレス編集部。

そのとき、不思議な現象が、この花見のお座敷の中で!!

確かにこのわずかな間に、不思議なイリュージョンは、具現化していたのだ!!

hanami3.JPG

 

 

とあるドリンクを飲もうと、シートに目をやると、

不思議な現象が起きていた。

 

なんだこれは!?

hanami6.JPG  

 

ビールのような液体が(おーい、お茶かもしれない)、プラスティックカップの中に注がれているようだが、一見すると液体のサイズと、カップのサイズが、微妙にあっていないのではないか?

 

いったい、どうしてこんなことに??

カップの中で液体が凝縮する、まさかのイリュージョン?

 

おそる、おそる、手にとって掲げてみる。

ぜったいにおかしくね?と疑わざるを得ない。

 

hanami7.JPG  

 

いったい、いったい、何がこの花見お座敷の場で起こったのだろうか?

 

・・・・イリュージョーン!!!

 

プラカップの中に、小さなプラカップが重なって入っている?

 

いや、そんな無意味なことをするわけはないでしょう?

誰がそんなカップに、おーいお茶、ならびにビールのような液体を注ぐ?

ありえない。

とすると、いったい何が起きたのか?

 

・・・・イリュージョーン!!!

 

 

 

 

 

 

2011年04月18日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

いきものがかり HERSTORY麻布十番

東京のハーストーリィが、この度、オフィスの引越しをされたそうで、麻布十番に移転。

引っ越し作業はいつものことながら、大変だったと思われる。

無事、引越しも終わったと、東京のTマキマキさんから、メールをムツラやシンタクがもらったらしい。

 

そこで、は!っと気が付いたのは、シミズだ。

 

これは、お祝いの花でもなんでも、贈らねばならないのでは?

 

あ、そうだ、そうだ!大変だ!

花だ、花だ!御祝いだ!

 

それで、急いでハーストーリィプラスから、引越し祝いの花を贈ることになった。

花よりも、インテリアになるグリーンの方がいいのでは?

ということで、近所のクラフトジャーナルさんで、お願いして、送ってもらった。

 

そのグリーンは、すでに届いたようで、Tマキマキさんからも、大事に育てます!とのコメントを、フク笑いにもいただいた。

 

シンタクの話によると、東京、ハーストーリィには、「いきものがかり」というのがあって、植物の水やりや世話をする担当がついているそうだ。

 

今までは、Tマキマキさん達新人がしていたそうだが、今回、新しくAキバさん、じゃなかった、Aサバさんという男性社員も「いきものがかり」に就任されたらしく、その情報がシンタクにメールで入ってきたらしい。

 

あと、一人、「いきものがかり」に男性を勧誘してごらんなさい。

 

「いきものがかり ハーストーリィ十番」という新ユニットができるから。

 

私はTマキマキさんに会ったことがなくて、まったくの想像なのですが、新ユニット、

「いきものがかり ハーストーリィ麻布十番」のボーカルが、お水をやっているところを、イメージして描いてみました。

 

hikkoshi.jpgお水やりは大変ですが、ライブの練習とともに、がんばってください。(ちがうか) 

 

 

 

2011年04月15日
愉快な編集部員ネタコメント(2)

帰ってきたシンタクの巻!

スクールバックの反響が大変大きく、フク笑いの更新がピタッと止まってしまいましたが、それはそれは、本当に、感謝したいくらいのお問い合わせと、バックの提供でした。

本日、370個のスクールバックを、日本手芸普及協会さんに、宅配でお送りさせていただきました!

 

さてさて、そんな中、4月11日(月)から、ハーストーリィプラスに中途採用の新人社員が入社しました!!

というか、元同僚で広島に戻ってきてくれたといいますか。。。

その名も、シンタクです。

 

ハーストーリィ時代は、新卒で入社の、超貴重なプロパー社員です。

ハーストーリィ東京支社に転勤し、長く頑張っていましたが、少し前に退社。

そして、半年くらい間をあけて広島に戻ってくると言うことになったので、さとうデスクが

「戻ってきんちゃい。」

と声をかけて、はれて中途採用という形で戻ってきました―!

 

 

ただいま、席は、私の前の席に座っています。

ので、ちょっと似顔絵を描きました。

 

shintaku.jpg

 

 

どうですかねー。

東京のTマキマキさん、いかがですかー?

似てますか?

 

忘年会には、ぜひ、ダンスの得意なシンタクの指導のもと、カラとか少女時代の唄と踊りをみんなで練習して、しかるべきところで披露したいな!とワクワクしています。

前列は、シンタクを中心に若者で、後列は、昭和社員を並べて、前の振付を真似ながら踊ると言う。

 

さっそくシミズ(もと自分のリーダー)の元、仕事を一緒に組んで任されていますが、こう見えて根性あるシンタクのことですから、そつなく引き継いでいます。

 

ここ、ハーストーリィプラスは、一に根性、二に笑顔なので、まったく心配をしていません。

シンタク君、ぜひ、頑張って下さい。

 

 

 

 

 

2011年04月13日
愉快な編集部員ネタコメント(4)

編集部のレイアウト、変更しました。

毎月行う恒例の席替え。

月末にあみだくじをひいて、月初に席替えを行う。

気分をリフレッシュするのが目的だが、1か月してやっと慣れたころに、席が変わるので、前の席がよかったとか、いや、新しい席が良かったとか、いろいろと言ってみる人がいる。

 

いるけど、いつも無視して席替えは行われる。

 

さて、今月は、大きなソファーを隣の部屋に移動するという大仕事があった。

その大移動のついでに、2台の机を、寄せたり、話したり、ずらしたりとして、レイアウトを変更した。

 

机の間に通り道ができて、部屋内の移動がしやすくなったこと。

4人の島と、3人の島ができて、若干3人島に広くて人気な席ができたこと。

電話は3人に1個でちょとと3人島は不便なこと。

入り口が2つできたこと。

くじを引いたら、末席(6番の席)に、なんとシャチョーのさとうみどりが座ってしまったこと。

などなど、

レイアウト変更とくじ引きによる席移動も終わって、気分あらたな4月を迎えています。

 

 

heya2.jpg 

3番の席にムツラが座っていますが、荷物を席の後ろに置いていて、

「なんか、この席、やる気がなくなるんですよねー。

風水的によくないっていうか。

気が悪いっていうか。」

 

とぶつぶついっていた。

 

「その荷物、倉庫に納めたらー?」とみんなに言われて、素直にどかす。

 

あ、そうですね。

そういえば、それだけで、気が良くなった気がします!

 

ということも。

 

 

 

2011年04月07日
愉快な編集部員ネタコメント(2)

ハウスの義援金募金に、タイガーマスク登場

3月15日からハーストーリィハウスのレジ横においた東北関東大震災の義援金を募る大瓶が、置かれています。

22日にいったん日本赤十字社に、¥11668 送金をさせていただきました

 

その次の日から、また瓶は空になって、レジ横に置かれ、善意の募金が少しずつ集まっていたのです。

 

さて、先週の土曜日に、義援金の瓶にお金がたまっていたようでした。

千円札も4枚くらい入っています。

そこで、またいったん送金するために、お金を数えたところ、¥12,545 もありました!

 

そのお金の中に、10円玉たくさん入ったビニール袋がありました。

その10円玉を数えると、なんと100枚!

1000円分の10円だま!

 

だれか、10円貯金をお家でしていたのを、この義援金瓶に入れてくださったのだろうなぁと、その人の優しい気持ちにジーンとしてしまいました。

 

ハウスのスタッフの桃ちゃんに、

「この瓶の中に、10円玉が入ったビニール袋があるんだけど、いったい誰なんだろうね!?

前回も、500円分くらい入ったビニール袋があったんよ。

同じ人かね。2度目。。。」

 

と話したら、

「あー。それはムツラさんなんですよ。

見て、入れるよーって、瓶の中に入れてました。」

と教えてくれました。

 

 

え!

まさか!

あのムツラが!!

 

衝撃です。

 

ムツラは、勝手に研究会のお題で節約生活があったときから、ある時期、1食300円生活をして、節約をしていました。

時にはジム通いで贅沢はしたものの、ジムのシャワーでお風呂を代用するという節約もしていたし・・。

 

せっせとせっせと、節約して、10円をためていただろうムツラ・・・。

それを思いきって、100枚も!

1000円です。

ムツラにとって、3食強の食事代です。

 

震災で大変な被害を受けている日本ですが、その復興を願ってムツラも義援金を入れました!

 

100en.jpgタイガーマスク、伊達直人は、ここ、ハーストーリィプラスにもいたのでした!

ただの高性能雨探知機ではない、人間の熱い人情をもつ、探知機人間だったのでした。

 

 

 

2011年04月04日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

チンする魔法 = 魔法にかかったチーズケーキ

ムツラには、魔術を持っている。

それは、なんでも電子レンジで「チン」して、自分好みの温度にあげて、召し上がるという魔術だ。