プラスなプレス:今日のフク笑い

なんか、変な電話

私の隣の席のシミズと、二人で共有している電話について。

 

私の癖なんだとシミズはいうのですが、すぐ受話器のくるくるしたひもが

くるくるに巻き込まれて、いつも伸びなくなるほど、くるくるになります。(意味わかりますか?)

 

もー、fukuハラさん。

と、シミズはいつも巻き込まれたひもを、なんとか直して受話器を置きます。

 

右手でとって、くるっと回転させて、置くからですよ、と叱られるのですが

覚えがなく。

なんで、こうなるのかな?

 

さて、今朝も、シミズが「もーっ」と思いながら、受話器のひもの回転を直していました

そして、

電話が鳴って、取ろうとしたシミズ。

 

 

「わ!!見てみて!」

 

 

そこには、逆転する受話器が!!

 

 

denwa.JPG

 

おかしくなくない?

2012年10月31日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

走るオンナ倶楽部と歩くオンナ倶楽部のご対面

昨日は朝から夕方遅くまで、走るオンナ倶楽部のミーティングが、ハーストーリィプラスの3階

プラスルームで行われていた。

熱心によく集中力が続くものだ・・・と、感心しつつ、私は隣のオフィスで、仕事をしていた。

 

すると、しばらくして、隣からシミズがドアを開けて覗いてきて

「fukuハラさん。みなさんがちょっとfukuハラさんがどんな人か会いたいって。」と

呼び出しをしてきた。

 

「え?私? なんで?」

 

「フク笑い書いている人が、どんな人かと思ってるんですよ。」

 

「そ、そう?じゃ、名刺もってったほうがよい?」

 

そして名刺10枚くらいわしづかみにして、隣の部屋に入ってみた。

 

 

doc20121026140918_001.jpg

 

すると、マツダさんところの商品開発部の若い女性が、6、7人いらして、

うちの、さとう、シミズ、シンタクと机をぐるっと囲んで座っておられた。

 

「いつもお世話になります。fukuハラです。」

 

「へぇ・・・(笑)」

 

ん?みなさん、何を期待していたのですか?その無反応は?

シミズも、招いておいて、その放置プレーはなんですか?

私はその場に立ったまま、どうしたらいいか、わからなかった。

 

唯一、Tさんだけが「歩くオンナ倶楽部なんですよね!」

とふってくれたので

「え?は、はい。歩くオンナ倶楽部です。まだ、一人です。」と部員数の告白を。

「まだ歩いていますか?」

「は、はい!歩いてます。でも、昨日は寒いのでバスだったりしました。」

 

そして、この状況で私は名刺を配れないな、そういう挨拶ではなかったんだな、と判断して、

そのまま、そそくさと失礼して、退出してしまった。

 

後で、聞くと、

さとうデスクが、fukuハラのお腹がパフォーマンス大会の時にすごく響いて

半径5メートルくらいの人が聞こえていたと話したらしく(なんで?そこで)

すでに、フク笑いをご覧になっていたので、走るオンナ倶楽部のマツダ女性陣は

そのことを知っており、

社員より、マツダさんのほうが、フク笑いを熱心に読んでいるという話と

お腹の将軍の話を、雑談でした上で、

「どんな人?fukuハラさんって?」

という話で、シミズが呼び出したという顛末だったらしい。

 

 

走るオンナ倶楽部と、歩くオンナ倶楽部の勢力差を

部員数だけでないところで、感じてしまった。(@_@;)

 

 

 

 

 

 

 

2012年10月26日
プラスなプレス近辺ネタコメント(0)

将軍は、どこでもやってくる!セミナー編

私は、育ち盛りなのでしょうか?

お腹の中に、腹ペコ将軍が住んでいます。

最近、あまりに傍若無人に、ふるまうので、頭にきて、

そんなに居座るなら、家賃とるぞー!と脅かしたいくらいです。

 

一昨日、ハーストーリィハウスの学びのセミナーで

山下千絵先生と、私を含む4名の参加者で、「家計役立つセミナー」を受けていた時のこと。

11時くらいから、早くも、将軍が騒ぎ出して、

 

「くー・・・・」

「くー?」

くーーー!」

 

と、お腹が鳴り始めたのですが、セミナー中だし、知らん顔。

これ、みんなに聞こえてるかなぁ??と思ったけど、

先生、お話されているので、知らん顔。

お腹にむけて、『こら、静かにして...』と祈るしかありません。

 

でも、やっぱりヨシダには聞こえていて(というと、ヨシダと私の間に座っていた

ナンバさんにも聞こえていたはず)

「セミナーの時も、将軍、鳴らしてましたね。」って、さっき教えてくれた。

syogun1.jpg

 

決めた!

家賃とる。

月2万円。

ええかげんに、してよー、将軍。

 

 

 

 

2012年10月25日
フクネタコメント(0)

将軍は、どこでも、やってくる

 

 先日、サマンサさんの年に一度のパフォーマンス大会に

感慨深い、初同行、初参加をさせていただいたことをつづりましたが、

実は、その会場で、私はお手上げ状態になっていたのです。

 

以前から、フク笑いをご覧になっている方には、ご存じ。

私のお腹の中には、腹ペコ将軍が住んでいます。

10時から11時の時間帯に、急に目が覚めたように、「グー!!」と、おたけびをあげるんですが

会議、打ち合わせ、来客、訪問時、みさかいなく、叫びます。

 

先日の、大会の会場にて。

社長のご挨拶というシーンと静まり返ったあのとき、

まさか、こんな時に、ないだろう?!と、頭をたたきたくなるようなタイミングで

「グー! グー!」

 

 えええ???

 

しばらくして、パフォーマンスが始まったときも、

シーンとした静まり返ったその時に、演者ではなくて、私の将軍が

「グーーー!」

 

黙ってー!

 

お茶でも飲んで、静かにしてー!

 

といっても、聞かず。

 

恥ずかしい限りでした。

 

どうしたら、将軍は、TPOをわきまえた行動ができるように

なるのでしょうか?

 

 tpo.jpg

 

2012年10月22日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

サマンサジャパン 19th パフォーマンスコンテストに参加

今日は私にとって、とても貴重な体験をさせていただきました。

あれは、ハー・ストーリィに入社した10数年前の昔むかしのことです。

 

ひの社長の同行、運転手ということで、入社して1週間後に、周南市にある

サマンサジャパン株式会社さんのところに伺いました。

そして、何もわからないのに、会議に同席し、お昼ご飯を、

蔵澄マネージャー、小野会長と、ご一緒させていただき、(当時、どれだけえらい方なのかのさえ

まったく存じ上げないまま。。。)

そして、車を運転して広島に戻ったという、今思えば、ありえない経験をしておりました。

私の入社まもないころの、思い出です。

 

そのサマンサジャパンさんが毎年行われているパフォーマンス大会というものに

このたび、さとうデスクの同行で、初めて参加させていただきました。

たぶん、来年はご辞退しないと

こんなにお客様がいらっしゃるなら、申し訳ないとデスクが

話していたので、最後のチャンスだったのかも。

 

このパフォーマンス大会というのは、全国の各部署から現場第一線で働いておられる

スタッフ、マネージャーさんたちが、テーマを設けて日頃の業務の様子を

劇化されたり、プレゼンされたりするのを、招待されたお客様ふくめてみなさんが

投票して優秀賞を表彰するというものです。

 

参加している招待客のリストを見ると、すごかった。

全員が、なんらかの役をお持ちの、取締役、部長、などの肩書をお持ちの方ばかりで

約60名のうち、肩書の箇所が、真っ白なのは、なんと私一人でした。

逆に、こんな私が参加させていただくということに、ある意味、運命を感じました。

(さとうデスク、ありがとうございます。10数年前の私へ、その後、未来はこうなったよ!)

 

この写真はすべてのパフォーマンスが終わり、

サマンサクラブのスタッフのユニフォーム新作10点のご紹介のステージ。

samansa.JPG

 

会社の理念と、感謝の気持ちが、現場のスタッフ、一人ひとりまで行き渡るような

組織作りに、感心しました。

貴重な場に、同席をさせていただき、ありがたいとともに、

私自身が、10数年たって、このような場にまさか座らせていただくなんて、思ってもみなかったので

仕事を続けてきて、よかったな。と思いました。

 

さて、

たい焼きを買って、オフィスに戻ると、シミズが

「だめですよ、fukuハラさん、私だけ写真を出して!」と昨日のシンタクのメガネをかけた

シミズの写真のフク笑いネタについて、ダメ出しがありました。

 

だって、本当にひどい顔なんだもん。

チャーリーとチョコレート工場の、ちっさいおじさんなんだもの!というと、

「だめですよ、私、fukuハラさんの写真持ってます。これ、フェイスブックにあげましょうか!?」

と、爆弾発言。

 

いやいや!そんなのいやー!

フェイスブックにあげられるくらいなら、自分でフク笑いにあげるわ。

ということで、

最少サイズに縮小した、ちっさいおじさん似のメガネ姿を

しょうがない、あげちゃいます。

 

 

やだなー。サマンサさんで感動した後に、これだもの。

 

fuku_1.jpg

 

人のフェイスブックにあげらるのと、WEBで世界中にアップするのと

どっちが自爆?どっちがまし?

 

あたしは、自分で世界中にアップを選ぶわ。

 

 

2012年10月19日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

お誕生日おめでとう!シンタク!!

今日は、プラス部員で一番若い、20代を代表するシンタクの

お誕生日でした!!

朝、出社して知ったもので、何もサプライズプレゼントができず、

申し訳ないっ!ごめんね。シンタク君。

 

その本人は自分へのプレゼントとして

ネットで、光るメガネを注文していました。

 

届いたメガネは、電池が入っていて、ピカピカひかる

これからのイルミネーションシーズンに向けて、とても目立って素敵な

メガネです。

 

そういうのを、見たら、すぐに欲しがって身につけたがるのが、バブル時代に

青春を謳歌した、シミズ。

 

ほら、すぐに、つけたがる。

 

shimizu_1.JPG

 

 

似合うじゃーん!(周りが明るいため、発光が見えにくくて、ごめんなさい)

 

 

そして、同じバブル時代に青春を謳歌していたはずなのに、なぜか

ちょーっと時代がずれてる感なのが、私。

 

ためしに同じメガネをつけさせてもらうも、

シンタクが、大爆笑。

 

あれ?レイチャールズ?

もしくは、ミスターマリック?

チャーリーとチョコレート工場に出てくる、ちびっこのおじさん?

 

 

 

 

載せようと思ったけど、

やーめた。

 

 

とにかく、お誕生日おめでとう!シンタク♪

 

 

 

2012年10月18日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

音も、戻ってきましたー!

先週のTsumugu市の時。

水の広場にBGMがないのは、さびしいと、オフィスにあった

オーディオデッキを持ち出して、音だしをしていたら、途中で壊れて音が出なくなったという

アクシデントが発生しました。

 

そのデッキは、さとうデスクの私物であって、

長いこと、私物を会社仕様で使わせていただいたものでした。

 

修理に出してしまい、ほかに音を流すものがなくなった

私たちのオフィスは、いつもと違ってシーンとした

BGMのない部屋になっていました。

 

さとうデスクも、研修旅行に出ていないし、出張の社員が増えると

残された数名は、シーンとした中でさびしく仕事をするので

ま、それは普通の会社のスタイルなんですが

普通に慣れない私たちは、音なしに不便を感じていたところ。

 

さとうデスクより、1万円以内で買ってもよいという

許可を受けたシンタクが、いろいろネットで探して

見つけてくれたのが先日。

昨日、新デッキが到着しました!!

 

sound.JPG

 

ipodも、ipadもつけることができて、

CD、ラジオもついているという掘り出し物。

1万円以上で送料無料なので、シンタクがプライベートで

1個買おうかなと、マジ、考えたくらいだそうです。

そんなに広い部屋でもないので、このサイズでも十分。「

 

やー。これで

音が鳴る部屋に戻りました。

 

すごくうれしい!

 

デスク、ありがとうございます。

みんな、ますます仕事しようねー!!

 

 

 

2012年10月17日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

帰ってきた♪ スキャーン!!

新しいパソコンに代わって、データの移動やソフトを入れたり

しながら、仕事も進めていると、後回しにしていた

スキャンの設定を、先週やっとできました。

 

取り込みができなかったので、自由が取れず

今までなんど、フク笑いの社内ネタを取りこぼしてきたことでしょう。

今日からまた復活!

思い切って、文章を短く、絵で表現するという新しいフク笑いスタイルにも

挑戦したい秋でございます。

doc20121016092548_001.jpg

 

 

ウイルスバスター2012による、必要なソフトが使用できないという

アクシデントも発生していて、いまだに古いパソコンも使っているという不具合もありますが

ぼちぼちやります。

 

2012年10月16日
フクネタコメント(0)

忘れん坊

菓子博が近づいてきました。

私たちも、前売りチケットを購入。

しかも、これは取材の一環だということで、会社の費用でチケットを買わせていただいた。

 

シミズが、「すみません、デスク。菓子博のチケット、会社費用で購入させていただきました。」

と、デスクが

「しみっちゃん、買ったこと、忘れんとってよ」

 

そう!

忘れたりするんです!

「そうですね!fukuハラさん

菓子博のチケット、買った!?なんて、聞いたりするんですよね。」

 

で、私が

「そうそう! 私も『あ!まだ買ってない。買わなくちゃ!』なんて、言ったりするんですよ」

と、受け答えしていたら、

向こうの島の席に座っている20代のシンタクが

「受けるー!」と大笑いしていました。

 

笑うんじゃない。

お年頃になったら、3歩、歩くと、すぐ忘れるもんなんだよ。

 

そして、チケットは、金庫の中に保管されていった。

あぶないなー。金庫に入れたこと、みんな忘れないでね。

 

 

 

 

2012年10月10日
愉快な編集部員ネタコメント(0)
Facebook