プラスなプレス:今日のフク笑い

【続】サントリー宣伝部長 和田龍夫さんのお話で、点と点が線になった!

3月11日の震災がおきて、サントリーさんは、義援金はもちろん現在も缶ビールやドリンク1本につき1円の寄付を継続されているそうですが、物資の義損だけでなく、広告で被災者の皆さんを励ますには何が出来るか?

そう考えたそうです。

 

そして、震災3日後、「見上げてごらん夜の星を編」というCMを作って流すことを思いついたそうです。

 

そのCMを実際に見せていただいて、あ!と、思いだしました。

 

震災後、CMが自粛され、「ぽぽぽぽーん!」が繰り返し繰り返し放送されていたとき。

被災地の様子がだんだんとわかってきて、涙を流してみたり、何かできないかと、日本中の人が暗い気持ちでやるせなくテレビを見ていたときがありました。

やっと民間CMが流れ始めたときに、このCMが静かに流れた。

「見上げてごらん夜の星を」を、坂本龍一さんがピアノで演奏し、名だたるタレントがボランティアで参加し、歌った曲を数節ずつつなげたものでした。

静かに始まって、静かに終わる1曲がつながったCMでしたね。

ほっとした気持ちになったような気がしました。

 

和田さんが、震災3日後に思いついて、10日後に製作し、2週間後にはオンエアされた。

その放送を見ていたのですね。

 

CMを見て、「ありがとう」と視聴者からの声が届いて、そんなことはめったにないことですが、

広告の力というのは、まだまだ信じられる!と思ったそうです。

 

このお話は、ネットで検索すれば、曲も聞けるし、当時のツイッターの和田氏語録がまとめられたものもあるので、どんな想いで製作されたのかは、知る事ができます。

 

想いを実現するときのスピードも大事、組織を動かす熱いも大事、と冒頭でご紹介された話でした。

 

 

この導入のお話で、私は和田氏との間に親近感を勝手にもち、続く講演の話は、

うなずき、メモし、資料をがんみし、大変熱心に聞いたものです。

(ここから和田さんと呼ばせて頂く)

長くなるので、講演でお話された内容はご紹介をしませんが、

大事なことで、すぐ役立つことは、そして、お話の肝は、次のようなエッセンスでした。

 

 

●目標のビジュアル化。数字からは戦略は生まれない。絵や写真で目標をビジュアル化し、共有する。

●商品のスペックではなく、商品があることによって豊かな生活、ライフスタイルを提案していく。

●すべてがメディアという発想。それはお店、ポスター、ジョッキ、名刺、なんでも。

●自走するコンテンツが大事。コンテンツファースト。

 

これらをサントリーの角ハイボールの事例で、詳しく教えていただきました。

和田さんは、角ハイボールだけでなく、サントリーの他の新商品も多数手がけてヒットさせていらっしゃるので、まだまだ、講演でのネタはつかないことでしょう!

 

お話の内容も、分かりやすいのですが、さすが宣伝のお仕事をされている方だなぁと思うのが、

言葉の使い方。

 

 

自走コンテンツなんて、おもしろい言葉ですよね。

 

自分で勝手に走り出すコンテンツ。一人歩きするコンテンツ。

つまり、勝手に人が話したくなる内容。

 

という意味ですが、

居酒屋で、ハイボールが、専用ジョッキに入っています。

かわいいー!なになにこれ?

へー、ハイボール?

って、若い主婦が携帯で撮って、自分のブログに掲載して、勝手にPRしちゃう。

 

これですよねー。

 

数年前の居酒屋の記憶が、講演のお話と繋がって、とても楽しかった!

参考にもなりました。

 

和田さんの講演は、全国各地で予定されているようですので、ぜひ

聞いたことのないかたは、おススメします!

 

 

私たちもハーストーリィプラスで、ハーストーリィハウスで、自走コンテンツ作って、楽しみますよ!

 

 

2011年11月30日
フクネタコメント(0)

サントリー宣伝部長 和田龍夫さんのお話で、点と点が線になった!

先日のフク笑いで、お知らせしましたように、

11月25日(金)の午後、広島国際会議場コスモスで開かれた広島広告協会の講演会を聴講してきました。

サントリー宣伝部長 和田龍夫さんの「サントリーのクロスメディア戦略 ー角ハイボールの事例」です。

昨年、主婦の飲み会で、気づいた私。

「ハイボールはじめました」のポスターや、CMで「広島の夜はハイボールから」というコピーを見て、つい、ハイボールをオーダーしている自分。

そして、お店の方がハイボールを、専用ジャグに入れて運んで来られたのを見て、同席していた隣の飲まない友達が、なになに?これ、かわいいー!と携帯で撮影して、ブログにアップしている様子を見ていた私。

飲めない人までもが、かわいいってブログにアップしちゃう、この行動って、何?

この消費者行動を思い出して、これらを戦略的に作っていかれた人たちはどういう考えをしているのだろう?と興味を持っていました。

すごく興味津々で、13:00の開場と同時に、会場に入りました。

せっかくなので、一番前の席に座って、しかも、壇上の左側、講師が立つと思われる位置の目の前だったので、まさにかぶりつきだった。

 

そして、司会者が現れて、テレビ新広島の三上絵里アナウンサー!( ぜいたくな講演♪)

 

講師をご紹介して、さぁ、どうぞ!

と、呼ばれて登場した和田氏は、左側のついたてに隠れていらして、そこから突然登場!

会場で講演開始まで待っていた人たちは、まさかここにさっきからいたの?!と、一瞬驚きのざわめきがおこりました。

 

登場した和田氏のいでたちは、真っ赤なパンツと真っ赤な靴、ジャケット、眼鏡も赤!

赤で攻めまくっていらっしゃいました。

ワイヤレスマイクをセットして、手にマイクを持たないスタイル。

自由だな―!

 

こちらが、私の肉眼スキャンによる、和田氏と、会場の様子です。

 

 

wadashi.jpg

wadashi2.jpg  

和田氏は、こんな派手な格好をしていらっしゃいますが、投影資料をさっそく映し出しながら、ご自身の自己紹介を進行。

「アッ子におまかせ」という番組でも、派手なファッションスタイルの宣伝部長と紹介されたという、録画を見せてくださいまして、社内を飛び出して社外にもアピールされていることがわかりました。

でも、そのファッションコンセプトには、理由があって、

宣伝の仕事というのは、まず、人に振り向いてもらえる→人の記憶に残る→ブランドを作る

ということだと思っています。

しかも、今は、自分もセルフブランディングすることによって、自分自身を覚えてもらい、いろいろな出会いを持つことができる。いろんな人と話もできるし、仕事もできる。

 

しかも個人が発信できる、 ソーシャルの時代です。

ぜひ、セフルブランディングをお薦めします。

お話されました。

 

そうお話される和田氏の話し方は、実にスマート。

派手に見えるけど、川久保玲さんのコムデギャルソンで身を固められて、きちんと選択されているわけです。

自分自身についても、戦略を持って派手派手ハッピーコンセプトでいらっしゃるんだなぁと感心しました。

 

そして本題のお話に入っていかれる前に、広告の仕事として、大きな一つに、CMがあるのですが、

一つのCMの事例をお話されました。

(明日に、つづく)

2011年11月29日
フクネタコメント(0)

サントリーの宣伝部長 和田龍夫さんのお話を聴きに、ちょっと勉強してきます!

11月11日の中国新聞の広告欄に、大きく

 

「サントリーのクロスメディア戦略 ?角ハイボールの事例」

入場無料 先着250名様(先着順)

11月25日(金)

 

という講演紹介の広告が目についた。

応募方法は、往復はがきで11月15日(火)必着 とのこと。

いまどき、往復はがきも珍しいけども、ネットされないアナログ派の熟年、往年世代も来場いただきましょうという心配りなのでしょうか。

 

「ハイボール、はじめました」のコピーで、

主婦世代の飲み会でも、ビールのあとに、ハイボールを頼む人が増えていることを

子どものソフトボールチーム母の打ち上げで、実感している私は、

ハイボールをここまで浸透させた仕掛け人という方がどんな人だか

大変興味をもったので、往復はがきを購入し、11月14日(月)の投かんになったけれども

送ってみた!

 

すると、往復はがきの返信用が戻ってきて、聴講券が手に入りました!

 

 

 

koukoku.JPG

 

仕事中ではありますが、日ごろから、さとうデスクは、「外に出よ、刺激を受けよ、何かを得て、社内に戻せ!」と言ってくれていますので、申し訳ありませんが、勉強しに行ってきます!

 

おそらく平日のこの時間帯、この往復はがきを利用して申込をして

お話を聴きに行くのは、ビジネスマンではなく

時間が自由にできるおじいさん、おばあさん、おじさん、おばさん、主婦、ちょっと学生?

 

といった消費者の方々だと思われますが、私も、主婦消費者代表として、

半分取材も兼ねて、ちょっと行ってきたいと思います!

 

広告業界関係者もいらっしゃることでしょう。

来場される人たちがどんな方なのかも、興味があります。

 

そして、和田さん。

数々のサントリーの新商品をヒットさせ、

自身のファッションコンセプトは、「派手派手ハッピー!」

好きな言葉は、「笑う門には福来る」

 

どんな方なのか、とても楽しみです。

 

 

2011年11月25日
フクネタコメント(0)

ムツラ近況速報!ヘアースタイルが変わっています!

「今日のフク笑い」について、アクセスを見ていると、だいだい毎日25人位の人が、訪問、ご覧になっているようなのです。

少ないのか、多いのか?

ちょっとよく分からない人数ではありますが、その方がたが何を求めているか?

それは、

編集部の中で日々繰り広げられている出来事や、編集部の人間たちの様子であって、

そこに一番関心が高いようです。

なぜなら、私個人の感想や出来事をご紹介する記事よりも、イラスト付きの部員の様子の記事の方が、俄然アクセスが高いからなのです。

 

そうなると、もう方針は固まっていて、本人たちがどう思おうが、読者が喜ばれるために、

そういう内容を綴るしかありません。

 

本日は、「ムツラのヘアースタイルが変わった!速報!」です。

名古屋の皆さん、ご覧になっていますかー?いきますよー!

 

 

今まで、パーマ当てたりして、髪を長めにキープしてきたムツラですが、

ここにきて、だいたんにまた、短く切ってきました!

 

今日は斜め向かいに座って、集中して仕事をしているムツラを、肉眼スキャンしましたよ。

 

mucut.jpg

 

あらら。

まるで、蓮舫さんのようなりりしいお姿になって・・・

 

どういう心境の変化でしょうか?

詳しくは聞いていないので、分かりません。

もしかして、失恋?

なこと、ないと思います。

が、明日は、先日の名古屋、みのりの市の代休でお休みだそうです。

 

以上!

ムツラ近況速報でした!

 

 

 

 

 

 

2011年11月24日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

寒さがましてきました。寒さが増すと・・・

この社屋に引っ越して、もう5年以上にはなるので、寒さ暑さが厳しい建物だと言うことは、充分体感している私たちだが、はやり、季節の節目節目で、環境変化が厳しいがために、改めて、冬が来るたびに、また夏が来るたびに、「どうにかならんの?」と思うわけであります。

 

もともと、このビルは、倉庫用に作られた建物だったらしく、寒くなれば隙間風も入り、しんしんと寒い。

そして、暑くなれば鉄板を焼くがごとく熱をあびて暑苦しい。

まるで、ムツラの今住んでる家みたいだと評価する社員もいるほどだ。

 

最近は朝の掃除が終わって、朝礼をする時間に、必ずといっていいほど、

デスクが、鼻をしゅんしゅんと言わせている。

あったかい部屋に入ったからか?いやいや、違います。

外気と変わらない室内温度で、朝から身体が冷え切っているからです。

 

それでも、まだ本格的な冬到来までは時間も少しあるので、

朝一番で暖房をつけるという気持ちには、この節電のご時勢、気持ちがはばかれる。

 

だもので、毎朝、だれかということもなく鼻をしゅんしゅんとすすっている人数が多いのだ。

 

今までは、雨探知機のムツラくらいだったものだが・・・。

 

昼は昼間で、「今、外に出てきたんですけど、この中と部屋の温度が同じでした。」

「むしろ、外の方が暖かい!」

と、室内が外気より寒いとまで主張する、若者たち。

 

わかった。 

明日からは、勇気を持って、朝の掃除が終わるや否や、しかたない、暖房をつけようと思う。

風邪ひいちゃいけないものね!

 

samui.jpg

 

 

 

 

 

2011年11月22日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

「今日の美味しいもん」に載らない「美味しいもん」

 先週末は、広島の名物お祭り、「胡子講」が中央通りいったいで、開催されました。

商売の神様、胡子神社にお参りして、こまざらえを買ったりお札をかったりして、翌年も商売繁盛しますようにと願います。

さとうデスクと、シミズもお参りしてきて、今年もくまざらえを入手。

お土産に、縁起ものよ、と、「商売繁盛饅頭」を買ってきてくれました。

 

いただきものは写真にとって、美味しいもんにアップする習慣が出来ている私は、

「これ、写真摂りました?」とみんなに聞くと、

みんな以外にクール。

 

「それ、美味しいもんじゃないです。」

「普通のお饅頭です。」

「どっちかっていううとフク笑い向き!」

と、美味しいもんへの掲載は、ジャッジにより却下された。

 

そうなれば、なんでもネタを拾う、ハーストーリィプラス編集部の、リベロ・fukuハラとしましては、

受けねばなりません。

 

これが、今朝話題になった、繁盛饅頭です。

 

hanjyo1.JPG

 

縁起よさげなパッケージ。

中には、えべっさんの饅頭が入っています。

蓋をあけると・・。

 

並んでいます。

 

おい、おい。俺達、確か箱に入った時、16人いたよな。

そうそう。

縦に4人ずつ、4列並んで座ってたね。

 

おい、見ろよ!

端の列の連中の姿が見えないじゃないか?!

 

hanjyo2.JPG

 

そ、そうだな。

いつの間にやら、どこかに雲隠れ?

 

と、思ったら、俺、連れて行かれちゃうう―!

7番目なんだな、おれ―!

hanjyo3.JPG

 

そして、次は、ひょっとこ饅頭、ひよこ饅頭、ハトサブレにも通ずる、

どこから食べる問題が、次の展開です。

 

頭から食べる、足から食べる、いろいろと好みがありますが、

こんな風にしっかり擬人化された饅頭は、どうも、食べる時に

心にひッかるモノがあるのですが、皆さんはいかが?

とりあえず、烏帽子から食べてみるわけです。

だって、目が・・・。

 

hanjyo4.JPG  

 

そして、頭の次は、どこっていうと、しょうがない、フェイスになるじゃないですか。

 

いててて・・・。

hanjyo5.JPG

 

そして、もはや、モノも言えない状況。

hanjyo6.JPG

 

ご馳走様でした!

あー、美味しかった!というより、
なーんか、朝から、胡子饅頭、残酷事件を綴ったような錯覚が。

 

いやいや、縁起ものです。

楽しくいただきましょう!!

 

という塩梅で、今日のおいしいもんに載る事を許されなかった、繁盛饅頭を見事レシーブしました!

 

本日の、リベロfukuハラ、いかがでしたでしょうか!

 

 

 

 

 

 

 

 

2011年11月21日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

お誕生日会に出掛ける前の一こま

昨日の、プラスなプレスは、今日のイチメンで、前日のシンタク誕生日会in焼肉処 の様子が紹介され、satomido日記にも、これまた、報告され、最後に、フク笑いでも詳しく紹介、重ねて、本日の今日のおいしいもんにも、焼肉屋でいただいた、ホルモンうどんをアップされる・・・などなど

予想以上に露出が多く、まるで社をあげて、シンタクの誕生日を祝い、報告した形になってしまった。

 

昨日、

デスクが、「あんまり、誕生日会のこと、書き過ぎ。」

シミズが、「そうですよ、会社が暇なんかと思われる。」

デスク「ほんと。あたし、satomidoブログから、おろしとこ。(記事削除)」

という会話がなされていたほどだった。

 

フク笑いでは、面白い!と思ったことを、私の目線でご紹介するコンテンツなので、読者が、暇なんだなぁとご想像されても、ま、いいか・・・というくらいのこと。

 

今日は、その誕生日会に行く前の出来事。

 

JR新井口駅から、横川駅まで電車で移動するため、ホームで電車待ちをしていた私たち。

 

シンタクが、さとうデスクの様子をみて、

 

「なんか、絵描きみたいっすね。」

と、その日のコーディネートについて、一言。

 

すると、まったくさとうデスクは、当然のごとく

「え?絵描きなんですけど。」

と、切り返し。

 

一同、あ!そうか、デスクは、イラストレーターだった!と

納得してうなづいたわけです。

 

ほんの、電車待ちのホームでの出来事。

 

私は、その当然の切り返しが、妙jにフク笑いの琴線に触れました。

 

 

ekaki.jpg

2011年11月18日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

肉食女子シンタクの誕生日会は、もちろん焼肉屋さーん!

昨日の夜は、平日水曜日ではありますが、横川に繰り出して

シンタク部員のお誕生日会ということで、焼肉屋さんに行きました!

今日のイチメンでもフューチャーされていますが、

焼肉屋さんって、なんだかエンターテイメントですね。

焼いてるだけで楽しくなりますね!

 

モノより思い出・・・・。

ということで楽しかったひと時を、フク笑いで記録しておくべく、シンタク誕生日会日記を

綴ってみますよ。

 

 

横川駅から、横川商店街を歩いて、「集い」というお店に到着。

お客さんはまだ誰もいなくて、貸切状態。

遠慮なくてよいですねー。

生ビールをオーダーし、まずは乾杯してお肉を待ちます。

そして、ほらほら!肉が来た!

気づくと、私の対面に座っているヤスナガは、こちらのテーブルのプレート奉行をかって出てくれて、

まだ早い、もうそろそろ、と焼き加減を見てくれました!

あ、ヤスナガの右にいるのは、桜井翔クンに似ている風な、ムツラですね。

プレート奉行の塩梅にお任せです。

sinta1.JPG

 

こんな厚切りタンを、焼いて、おー!と喝さいをかけたり、

ホルモンがうまい!うまい!と

ホルモンヌを自称する人たちが、あちこちで、現れました。

私は初めてです。最近の若い女子は、焼肉屋で、私はホルモンヌ(ホルモン好き)だとカミングアウトするものなんですね。へー。

 

sinta2.JPG

 

あら?ホルモンヌは、合間に菜っ葉も食べるのですね。

急に草食系をアピールする、桜井翔クン。

sinta3.JPG

 

おっと、桜井翔クンの横の席には、今回の主役、お誕生日を祝ってもらうシンタクが。

ビールを飲みながら、焼肉を食べ始めると

「すみません、白米頼んでいいっすか?ごはん食べたい。

小盛りでお願いします!」とオーダー。

私、初めて見たんですが、焼肉屋では、肉食女子は、ビールと肉と、ご飯がすすむ君、なんですね。

へー。

sinta4.JPG

写真を撮ろうとしたら、上手にかわして、ブレまくったので、表情がわかりませんが、

主役のシンタクですよ。↑

 

あちらのテーブルでは、おやおや。

ビールを早くも飲み干したシミズが、次のお代りを心待ちにしています。

この後、すぐ、飲み放題にオーダーチェンジしたのは、言うまでもありません。

 

sinta9.JPG

 

そうこうしていると、「ビビンバ食べてもいいっすか!?」と、ここでもご飯ものをオーダーする人たちが。

石窯が熱くない、ジュージュー言わない!とクレームです。

手を当てて、熱量を測ったりしています。

それでも、「いっか。混ぜとこ。」と、混ぜ始めていました。

最近の女子は、ビビンバの石窯を素手で熱さ確認するんですね。

へー。

sinta5.JPG

 

そして、ビビンバに加えて、

「ホルモンうどんが食べたい!食べていいですか!」とヤスナガが発した。

ホルモンヌの心を魅了させた、ホルモンうどんは、こちら。

グロテスクですが、ホルモンヌ達は、

「ホルモン、うまい!」「ホルモン、うまい!」と何回も口走っていました・・・。

これ、美味しいもんに、いつかアップされますよ、きっと。↓

sinta6.JPG

 

焼肉屋さんで、お腹一杯になったのに、シンタク誕生日会の一行は、2次会は、ワインで!と

横川商店街の、「つれづれ食堂」に入り、ワインと、おいしいおつまみを、食べながら、肉食系の話題で盛り上がりました。

主人公シンタクの周りは結婚出産ラッシュらしく、結婚はいつするべきか?子どもは育てていけるのか?など、質問をオネーマンズにぶつけてきてます。

また、中2病という病についても教えてくれて、シミズや私の息子たちが、中学に上がったらかかるであろうと、予言し、心配してくれました。

心配だけしてくれて、対応策については、「誰でもかかる病」ということで、あまり教えてくれなかったけど、ちょっと、お母さんはどうしたらいいんかね?

 

sinta7.JPG

 

この、チーズがすごーく美味しい!と絶賛していました。

さっきまで、ホルモンヌだと言ってた人たちが、急にワインとチーズでトレビアーン!

になるのですね。

へー。

 

sinta8.JPG

 

 

こうして、2次会も横川商店街で過ごした一行は解散。

主役自らがチョイスしてくれた、焼肉ですが、楽しかったですねー。

みんな、今朝は顔がむくんだり、胃が悪いようですが、

またエンターテイメント焼肉の機会を愉しみにしておきたいと思います。

 

今日のフク笑いは、勝手に研究会並みの画像数だったなぁ。。

珍しくがんばっちゃいました。ヽ(^o^)丿

 

焼肉中に、「fukuハラさん、そんなに写真撮って、何に使うんですか?」って、

聞かれましたが、それはもう、フク笑いですよ。

こんな話、勝手に研究会でも、美味しもんでも、賑わいづくり活動でも、モノづくり中でもないじゃありませんか。

フク笑い、フク笑い。

 

 

 

2011年11月17日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

昨年の勝手に研究会記事「年賀状」に、報道関係者が注目し、俄然もりあがる編集部

勝手に研究会のテーマ決め、ロケハン、取材、レポートと、適宜、編集会議をしながら、スケジュールを組む私たち。

ただいま熱心に、お散歩研究を続けているところ。

五日市電停を超えて、楽々園電停までスケジュールを組んで、さて、次は?

というところで、「お散歩に追いかけられている気がする」

「少し休憩がほしい」と、私たちの中の、一種、限定された業界風な会話が、交錯され始めていた。

とはいえ、年末を迎える12月に掲載する記事として、何のテーマがふさわしいか・・・・。

アイディアだしで、この前の会議は終わってしまった。

 

そんなころ、昨日の午後。

1本の電話がかかった。

それは、取材先、テーマを探している、私たちと同じような業界の方、そう、テレビ報道関係者の女性の方だった。

 

その方は、民法ではないとあるテレビ局の制作関係者だったのだが、「年賀状づくり」をテーマに、ネットでいろいろ調べていた所、昨年、私たちが「勝手に研究会」で研究しレポートした「年賀状づくり」について、関心を持たれたらしい。

 

そこで、弊社に問い合わせの電話を、わざわざかけてこれらたという経緯だった。

 

 

まずは、今年も年賀状をテーマに、取材や調査をされているのか?という質問。

 

正直テーマ決めの中に年賀状は上がっていたが、なんとなく「またやるの?」というムードだったので、消えかけていた案だった。

が、今、私たちは昨年データに、報道関係から質問を受けているのである!

 

「はい!今年はこれからなのですが、考えています」と、あいまいだが、前向きな返事をした。

 

次に、昨年の年賀状の中で、いろいろやられているのですが、特に年賀状の保管方法など、へーっと思ったのですが、どうやって調べたのですか?

という質問。

 

「はい、これは、アンケートや周りの聞き取りで集まった保管方法のアイディアなのです。」と、お伝え。アンケートしてて、よかったー!

 

これはおススメ!という年賀状の作り方はありますか?

とのご質問には・・

 

「書店で売られている、パソコンで作る年賀状のデザインを利用される方で、デザインをそのまま使ってもよいですが、素材を使って、オリジナルなものを作られるのも、よいですね!

また、アナログですが、芋判というのもあって、芋を彫刻刀を使ってハンコを作るのですが、この作り方を教室で教えていらっしゃる先生もいて、なかなかセンスがよく、年賀状だけでなく、布におすハンコとして、いろんなデザインをオシャレに楽しんでいらっしゃる方もいました。」

 

と、昨年調査したが、時間の関係で取材できなかった、ある芋判の先生の連絡先も教えてあげた。

 

 

お電話先の方は、特に、年賀状保存方法、(担当ヤスナガ)のネタに、食いつかれ、こんな「へー」と思うアイディアは他にありませんか?と質問をされたが、これ以上フィットするアイディアは、当時はなくて、これからの調査に期待したいところ。

 

 

などなど。

 

こんな電話対応をした後、私たちへのテレビ取材には至らなかったものの、

 

 

「私たちの記事に、問い合わせが!」

「すごいね!問い合わせが入るくらいの内容だなんて!」

「やっていることに意義がある!」

「私たちの時代だねっ 大器晩成型だから、これからどんどん注目されるよ!」

 

などと、主にさとうデスクが大喜びになり、喜びの感想を発言された。

 

 

ヤスナガは、「どうして、この人は、ネットで私たちのところに来たんだろう?」といぶかしがり、

「あ!出た! グーグルで、『年賀状』『広島』のキーワードで検索したら、2番目に来ましたよ!」

と、すぐ調べてみた。

「でも、こんなキーワードで検索する人、いないと思うけど」という正直な一言も忘れずに。

 

電話の後に、勝手に研究会の次回テーマは、やっぱり年賀状だ!!と、盛り上がる盛り上がる!

 

ムツラが、「ちょっと、ヤマダ電機と、マダムジョイに行ってきまーす。」と出掛けて、戻ってきたころに、

「まだ、年賀状の話をしてるんですか!?」

と、びっくりするくらい、ずっと、年賀状の話をしていたのだった。

 

12月の勝手に研究会も、お楽しみに!

 

 

 

 

 

2011年11月16日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

ワールドカップ 2011 japan アルジェリア戦 行ってみました!

先週の火曜日、11月8日に、広島のサンプラザで行われたワールドカップに、行ってきました!

急に思い立ってチケットを手に入れたので、行けたのは対アルジェリア戦。

実力差があるので、控え選手を起用したりということでしたが、初めてなので、何戦でもよいのです。

1階の北側席前から10列目という席で、目の前に選手が見えて、よかったなぁ。

遠慮なく写真撮影をしているので、私もバチバチ撮影しました。

ちょっとだけ様子をご紹介しましょう!(テレビでも放送されてましたが、違う角度から)

 

6時過ぎに仕事帰りに滑り込みで、席に着くと、選手がちょうどコートに登場し、アップを開始し始めました。

 

うわー!背が高い!

当たり前ですが、背が高いですねー。まるでキリンかアバターみたいでした。

20111108_1.JPG

 

アップが終わって、試合開始は6時半。

それぞれの国旗掲揚。

20111108_2.JPG

 

試合が始まりました。

この日は、迫田選手が大活躍。

20111108_3.JPG

 

 岩迫選手、木村選手が間近に見られて嬉しかったです。^^

20111108_4.JPG

 

20111108_5.JPG

 

2セット終了後、いったん休憩があってまた再入場したときに、アップするのですが

木村選手の向こうに、大林さんを発見?

20111108_6.JPG

 

試合は3対0でストレート勝ちしました。

試合終了後のバボちゃんが登場し、インタビューを見守ります。

真鍋監督が「全員の力で勝ちぬきたい」というコメント、印象的でした。

20111108_7.JPG

 

20111108_8.JPG

 

サンプラザの前では、試合開催の期間中、大きなバレーボールオブジェが飾られていて、記念撮影をするお客さんが列を作っていました。

20111108_9.JPG

 

 

火の鳥NIPPONは、16日から東京ラウンドに戻って、ケニア、ドイツ、アメリカとの3連戦に向けて、盛り上がっていきますね!

ブラジルに勝った勢いで、ぜひぜひ3位に食い込んでもらいたいなぁ。

テレビで応援しよう!

 

2011年11月15日
フクネタコメント(0)

超マイぺな、まかないランチの頼み方

昼時になると待ちに待った、ランチタイム!

皆さんは、お弁当派?外出ランチ派?コンビニ派?

 

プラスなプラス編集部では、それに加えて、「まかないランチ」という選択もあります。

1階のハーストーリィハウスのランチを、社食のようにいただいているのです。

電話の内線で、「すみません、ヤスナガですが、ランチ1つお願いします」

とお願いして、できあがったら、1階に取りに行って、3階のオフィスで食べたりしてます。

 

先日、ヤスナガが、まかないランチをお願いしようと電話をとってみた時、

対面に座っているムツラの様子を見た。

何か、一生懸命どなたかと仕事の電話をかけていた。

 

ヤスナガが、『あたし、ランチ頼むけど、どうする?』というような意味合いの、目配せをしてみたが、ムツラは気がつかず、大きな声で電話をしている。

 

で、「一つ、お願いします」と頼んだヤスナガのランチがしばらくしてできたという連絡が入った。

 

「えー? どうしてそんなことするんですー?

なんで、1つなんですー?私もランチ頼みたかった―!」

と、ヤスナガにいうムツラ。

 

「だって、あたし、いらない?って目配せしたもん!」

と抵抗するヤスナガ。

 

「そんなん言ったって、気が付きませんよー。

どうして、そんな頼み方するんですかー!」

と、はぶてるムツラ。

 

そう言っている間に、内線かけて、ランチ頼めばいいじゃん?

と思ってしまうが、そこは超マイぺなムツラ君なのだ。

 

 

一通り、文句を吐き出して

「すみませんー。ランチ1つお願いします―」と内線をかけていたそうな。

 

まず、文句を言ってみる。

主張してみる。

これは、以前もご紹介した、「まず否定からはいる」という否定を主張するムツラ会話法に準じている。

 

こんなマイぺなムツラですが、明日から名古屋入りだよ!

「みのりの市」というイベントを開催するためだよ!

名古屋のみなさん、待っててねー!

 

 

 

 

2011年11月10日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

今日もレギュラーが、レギュラーぶりを発揮しています!

こんにちは!

少しうす曇りの天気の広島です。

今日のフク笑いでは、お久しぶりに、フク笑いレギュラー陣の様子をご紹介することにしましょう。

フク笑いレギュラーといったら、そう、体操のお兄さん、雨探知機、などと数々のニックネームを持つ、「ムツラ」さんですよ!

 

昨日の夕方、もう外は真っ暗な時刻に、私はいつものように、帰宅前てんぱり時間を迎えて仕事をしていました。

そのとき、

何か分かりませんが、レギュラームツラが、ものすごい暴君ぶりで、なかなか聞いたことのない様な暴言を発していたようです。

私は残念ながら、超集中モードだったため、どんな会話をしているのかは聞いていなかったのですが

 

「あ!fukuハラさん! あ、ダメだ、集中してる。」と、シミズが私に、ムツラのムチャぶりを聞いてネタにしろというサインを発していた声だけは、かろうじて聴こえたました。

 

きっと、何かすごいことを言ってるんだろうな・・・。

集中モードの私の頭の片隅に残ったのです。

 

 

しばらくすると、さとうデスクが、どなたかと電話をかけていた。

すると、話が終わって受話器を置いて、ムツラの方を見て、

「いまねー・・。おかしかったよー。電話の先の裏の方で、『ヘーックショーン!』って、おじさんがくしゃみしているのが、聞えてきてねー。

ムツラみたいに、何回もくしゃみをするんよー。

あれ、なんであんなに、くしゃみするんかねー。」

と話しかけた。

 

ムツラは、

「何を言ってるんですか?くしゃみくらい誰でもしますよ。

きっと雨が降るんじゃないですか?」と、同類相哀れみの令のごとく、電話先のくしゃみのおじさんを憐れんだ。

 

「くしゃみってのはねー、出るもんは仕方ないんです。

いい加減にしてください。

私だって、くしゃみしたくて、出してるんじゃないんですよ!」

 

と、さとうデスクに反発をしていた。

 

電話の向こうの、見ず知らずのおじさんと、雨探知機の性質を共有したり

さとうデスクに歯向かってみたり・・・

レギュラーは忙しいのである。

 

明日は、そのレギュラーの、まかないランチの頼み方について、超マイペースな、みじかく言って、

「超マイぺ」な、物言いについて、ご紹介しましょう!

 

お楽しみに♪

 

 

2011年11月08日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

誰か、BGMをなんとかしてください。

プラスなプレス編集部、3階のオフィスには音響設備がないのである。

そのため、仕事中は無音は寂しいので、さとうデスクが自宅からもちだしたミニコンポのようなもので、音楽を流して、BGMとしている。

2年前の最初は、そのコンポのSDの中に、みんなが持参してきたお気に入りのCDの曲をコピーしていた。

ただ、コピーの限界があり、これ以上コピーができないところまで来てしまったので、そのままSDの中に入った曲をシャッフルして聞いていた。

 

ところが、2年もたつと、さすがにシャッフルしても、次にどの曲が来るか覚えてしまったり、毎度毎度の曲に聴きあきて、こともあろうに、2年前の出来事を思い出したりして・・と回想の時間さえ出てきて仕事にならない。

 

もう、ええわ!ラジオだ、ラジオ!と、FMを付けると、今コンポを置いている場所が悪いのか、周波数をうまく拾えず雑音ばかりでラジオ放送がききとれない。

少しは音を拾うAMも聴けば楽しいんだけど、ついついMCの語りに聞き入ってしまいがち。

考えごとをする職場のBGMには、AM放送はちょっと似合わない。

 

ラジオもだめか・・・。

 

そんな状態で、新しいCDを入れて聴き始めるも、めんどうくさいことが。。。

CDの曲がすべて流れ終わったところで、無音に。

だれが、また次のCDを入れ替えるのか・・・。

30分やそこらで、CDを交換するまめな社員は、ここにはいないぞ!

 

このようなBGMに飢えた我々に、ある時、救世主が!

 

そう。

ipodを持った若者、シンタクとムツラだった!

 

ピッカ―ン!

 

ipodは、満パンになったSDと違ってかなりの曲数が保存できるため、いったんセットしてくれたら、ずっと放置しても大丈夫。

イカした音楽につつまれて、仕事は順調に!

 

 

ラブリー!ipod! ラブリー!シンタクムツラ!

 

喜んでいたのもつかの間、

 

「私、ipod、最近新しい曲を同期してなくて・・・。」

 

まさかの、ipod、マンネリリターン! ipod、お前もか!?

 

小さなことかもしれないけども、BGMがイケてるか、イケてないかは、流行っている美容院か、ブランドショップか、品定めになるほどの指針。

 

有線を入れてください、とまでは思わないけども、なんとかならないものかなぁ・・。

人のipodに頼るまでもなく、昔の曲をSDから削除して、いったんリニューアルしてみようか・・。

 

秋はそんなことさえ、考えさせてくれる。

誰かなんとかしてください、とい前に、自分でなんとかしよう・・。

 

 

 

 

 

 

 

2011年11月07日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

席替えの結果

11月に入りましたので、恒例のフリーデスク、席替えくじが実施されました。

毎月席替えくじを引くも、なぜかほとんど位置が変わらない人、ただ右に移動しただけの人、など、毎回予想だにできない結果が出てくるものですが、気分転換にとてもよろしい。

 

入り口に近い席に、さとう、シンタクが隣の席に位置した結果、その結果を知ったシンタクが、頭を抱えて

「あー!デスクのとなり!」

と、叫んだのは、印象的。

 

「私が入社した初めての席の位置ですよ。デスクが隣だった・・。」

と、何か迷惑そう。

 

「なかよく、しようや!」と、ポン、とシンタクの肩をたたくデスク。

デスクがついついからみやすくて、シンタクに、あれしろ、これしろ!と命令するので、シンタクはちょっと迷惑気味なのだろう。

 

そして、私は!

 

初めての窓側の一番奥の席を、見事ひき当てました!

ここは、かつてシンタクが、「居心地がいい場所」だと高く評価した席です。

 

やっと、新しい席に位置できて、嬉しいです!

 

というふうに、なんということもないのですが、毎月の席替えは、なんとなく新鮮で楽しい。

皆様のオフィスにも、ぜひ取り入れられたら、いかがかしら。

おススメします。

 

 

2011年11月04日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

haraドーナツさんのお土産をいただきました

この前、Tsumugu市の反省会ランチで、話題になった、今後のイベントノベルティについて。

D'sさんやsakusakusakuさんと、haraドーナツさんみたいな、かわいいバックができなかという話は、あの時はもりあがった。

何かしたい、何か作ってみたい。

そういう想いは膨らむばかり。

 

そんなことを思っていると、想いは通じるのでしょうか?

私がしたいと思っていることを、イメージさせてくれるモノを持ってきてくれた人が!

 

それは、Tsumugu市の出店者さんが集まる、打ち上げ兼、つながり会。

 

D'sのOカダさんと、Uダさんが、

「fukuハラさん、これ、お土産ですー!」と、何かを持ってきてくれた。

 

え?嬉しい、なんでしょう?

と思ったら、

あ!haraドーナツさんのバック!

でも、何か、シールが貼ってある。

 

fukud2.JPG

 

あら?福?

fukud1.JPG

 

 

でました!fukuハラドーナツ!?

 

こちらは、西ハラドーナツ!(西木さん用)

 

fukud4.JPG

 

こういうのを作りたい!とあの日の話題を、実際に洒落っけたっぷりに実行してくれました、Oカダさん、Uダさん、ありがとー!!

 

このパクリ仕様は、本家のharaドーナツさんに叱られますので、洒落として受け流していただいて・・・。

 

でも、こんなバックができたらいいなぁ。

haraドーナツさんは、上手ですね。。。。

 

 

Tsumugu市バージョン、HerstoryHouseバージョン・・・。

 

 

(^O^)

 

 

 

 

 

2011年11月01日
愉快な編集部員ネタコメント(0)
Facebook