プラスなプレス:今日のフク笑い

ヨシダがお休み。babyも忙しいそうです!

お腹が大きくなって大変そうだった、ヨシダですが、今日が最終出社で、しばらく産休、育休に入ります。

今日のイチメンにも紹介されているように、ずいぶん大きくなりました。

お腹のお子。

 

ということで、お腹の赤ちゃんにもインタビューしてみました。

最近どう?

 

baby1.jpg

イエイイエイダンスって、このこと

 

そうなんだー、あなたも忙しいね。

どんな準備があるの?

 

baby2.jpg

 

 

そっかー。生まれてすぐに目は見えないけど、だんだんと見えてくるしねー。

 

baby3.jpg

これ、産まれたら、すぐすることじゃん!

元気よく泣いてよねー!

 

baby4.jpg

 

そうなんだー。

あんまりワクワクしてお腹をけらないようにねー!

 

 

ということで、babyもワクワクしていることでしょう。

赤ちゃんが生まれたら、みんなで顔を見に行きたいと思います!

 

 

 

2011年06月30日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

6月はまだ、2分袖で

暑くなりましたねー。

今日はもう真夏かと思いました。

 

暑がりのシミズが大変そうです。

はだしは当たり前で、ときどき靴を脱いで、素足でペタペタとフロアーを歩き回って、

「気持ちいー」と言っています。

 

そのシミズが、私を見て

「あら?fukuハラさん、まだ七分袖!?

暑くないですか?

私、2分袖。」

 

と、袖が短めのシャツを着ているシミズが言いました。

 

「まだ6月でしょう?だから、袖はある服は着ておこう、今月中は!と決心してるの。」と。

 

6月はまだなんとか、袖がある服を着てくるそうですが、今週末の7月1日になると、肩だし解禁!となって、肩が出てくるらしいっす。

 

シミズの衣替えは6月だけでなく、7月にもあるらしい。

 

今日は時間がなくて、絵も描けず、皆さんにシミズの2分袖姿をご覧いただけなくて、非常に残念。

覚えておいて、また明日でも描いてみましょう。

 

じー。

 

(目でスキャン中)

 

 

2011年06月29日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

モノづくりに載らない「モノづくり」 JJ団扇 すべては、JJのために・・・

今日は、先日からご紹介している、シミズの旦那、JJ清水が、いよいよ、横川のアップルジャムにて、19:20から19:50の30分間のこまでライブに登場するっていうんで、私たちは、妻シミズのバックアップとして、特別に今回、全員習合で乗り込むことになった!

 

そしたら、きっとMCで、JJ清水が、プラスなプレス編集部のことをPRしてくれるに違いない。

それでもって、翌日から、なぜかしら、ハーストーリィハウスが大行列になるに違いない。

それは、渡る世間は鬼ばかりの、幸楽シナリオだから、そうなるとヤスナガがもくろんでいるから仕方がない。

 

せっかくなので、ライブをもりあげるため、アイドルの時と同様に、団扇をつくったらどう?と言ってたけど、ヤスナガは本気で作ろうと言いだし、リメンバーしまね のプレミアムグッズである、蛙男商会/DLEさんデザイン団扇をいただいたのを使って、島根のSのところに、JJって貼ったらいいよね!

 

アイディアだけ残して、前日大阪に出張してしまった。

 

大阪に出張したのは、さとう、シミズ、ヤスナガ、シンタク。

ムツラとヨシダと私しかいない日なので、仕事の合間に、こっそりと団扇を作ることにした。

 

モノづくりに載らない、「モノづくり」 

JJ団扇作り!

 

DLEさんの、リメンバーしまね用の団扇。

このSの個所に、JJを入れ替えてみたいと思います!

 

uchiwa1.JPG

 

イラストを描いて、人数分コピーしました。(怒られる?!)

ハサミでチョキチョキ切ります。

uchiwa2.JPG

 

スプレーのりで、そっと中央に貼りつけ。

おおー! 見てみて―!とヨシダとムツラに見せたら、

「だんだんと、やることのクオリティーが上がってますねー」と、褒めてもらいました(?)。

 

uchiwa3.JPG

 

喜んでいたら、他のみんなの制作のオファーが。

喜んで作ります!

uchiwa4.JPG

 

こういうのも、プラスなプレスのサイトの、「ただいまモノづくり中」に、掲載しちゃいけないの?といつも思うんだけど、どうも、シミズが許してくれない。

  だめらしい。なんでかなー?

 

仕方ないので、フク笑いに「モノづくりに載らない『モノづくり』」と無理やりアップしているのだが、すべては、JJ清水のライブのために・・・。

 

さて。本日の夜が楽しみである!

 

 

 

   

 

 

2011年06月25日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

相手を思いやることができる人

ちゃん、ちゃん、ちゃーん♪

ちゃん、ちゃん、ちゃーん♪

 

冒頭は、サザンの「真夏の果実」のBGMにしたつもりで、本日のフク笑い・・・。

 

ヨシダの産休入りが直前となり、引き継ぎ案件はそれぞれの担当に着々と引き継がれた。

私も一つの業務を引き継いで、まさに移行中。

その業務は、間違いが絶対あってはいけない、非常に神経質に数値をチェックする業務。

引き継いでやってみると、細かな作業に時間がかかり、念のためチェックしてもらうとミスがある。

今週からは、チェックなしで一人でやってみようと思ったら、失敗!

おきてはいけないミスが生じてしまった。

 

すぐにお詫びをしたりクライアントにもご相談したり、改善策も検討した。

そしてヨシダが、fukuハラさんのミスの原因になる、この作業を割愛してシンプルにしましょうと言って提案してくれた。

 

そうだね、そうしたら、いいね。と思ったのだが、それでも、まだ自信がない。

今までのやり方でやってみて、チェックを依頼したら、やはりミスがあった。

 

その日も遅くまで会社に残っていただろうヨシダから、アドバイスメールが。

それは、とても相手に気を使ってくれる、やさしい、かつ、やはり結果を大事にすべきだというアドバイスだった。

 

引き継ぎをした時点で、fukuハラさんがやりやすい方法で変えてもらった方がよいと思う。

私がやりやすいように組み立てた仕組みだから、fukuハラさんが同じようにして難しかったりミスがあるのに、頑張ってやり方を覚えようとする労力は、もったいないと思うんです。

という内容とともに、

私がfukuハラさんの使いやすい方法を作ってあげられなくて申し訳ないのですが、やはりミスに繋がる物は使用されない方がいいと思います。
フク笑いをfukuハラん以外の方が書くことが出来ないのと同様に、作業でもその人それぞれで最善の方法は違うと思いますので、ミスも労力も少ない方法で運用して頂けると嬉しいです。

 

というメール。

 

 

じーん・・・・。

 

だいたいですね。

年上の人にアドバイスするのも、なかなか難しいのに、こうやって個性を認めてくれるような比喩で、自分流を進めてくれるヨシダって、すごいと感動!!

 

私が逆に引き継ぐ場合だったらどうだろう?

私が、2度産休をとったとき、引き継ぎ資料はこんなに用意してなかった。

さらに、あなたのやり方でいいですよ、なんて、言ったことあったっけ?

こんなに土台があるのに、その通りやってくれたらいいのになぁと思うんだろうけど。

(ま、やろうとしているのに、できないから、仕方ないのですが)

 

 

うちの会社は、社長からして個性の塊で、個性派ばかりの集団だと思うが、お互いが、その個性を認めて、結果を出すことと、また、その過程を大切にすること、失敗を恐れず常に前向きなことが話せる間柄は、いい人間関係だなぁと、ヨシダのメールを夜中に見て、ぽろり。

 

自分もハーストーリィで仕事をしながら、産休をとって、お休みしたり戻ったりという経験を持つから、

昔の自分とヨシダの姿が重なって見えることがある。

 

そんなしんどい時に、相手を思いやってアドバイスできるのってすごいと素直に感心した。

逆に私は後輩に何ができるのかなーと考えた。

失敗しながらも、少しだけ人と違った個性とやり方で常に発信することで、「あ、いいんだ、ありなんだ」と思ってもらえることをするくらいかなぁ・・・と、考えた。

 

そしたら元気が出てきた。

 

 

2011年06月24日
愉快な編集部員ネタコメント(4)

さぁ!勝手に盛り上がってきました。JJ清水のライブが近づいています!

昨日のフク笑いに、シミズの旦那の似顔絵をかいたら、フク笑いコアユーザーのシンタクが、大きな声で、

「久しぶりに、似顔絵が似てなかったすね!」と、ダメダシしてくれた。

それを聞いたムツラも、どれどれ?とフク笑いを開いて

「本当だ!全然似てない!」

と、JJ清水の似顔絵ダメダシを重ねてくれた。

 

そういえば、桑田さんの写真を見ながら描いてたから、JJの顔も思いだせず、中途半端な似顔絵だった。

 

今日は反省して、再度、JJ清水の顔を思い出しながら、ただいま、週末のライブの仕込みで、必須アイテム「づら」のカッティングに余念のない、彼の姿を想像して描いて見た。

 

jj2.jpg

 

うん!

いいんじゃないか? 少し本人に近づいたのでは?

 

プラス編集部の音響、ミニコンポ?で、ムツラが、ウォーキング用にカスタマイズした、サザンの曲を流しながら、ライブの予習をしている私たち。

 

ライブには、リメンバーしまねのウチワに、「J」と貼りつけたのを持参して会場で振り回すために、私たちもカッティング、準備をしなければならない。

JJ清水にはMCで、ハーストーリィハウスのPRをしてもらって、翌日からハーストーリィハウスに行列ができるというシナリオ、つまり、それは、渡る世間は鬼ばかりの、幸楽と同じシナリオなんだけれども、そいつを狙おうと言う、ヤスナガ。

せっかく観に行くんだから、そういうシナリオになるように、JJ清水と、そこのところも、すり合わせしとかないといけない。

 

そこは、妻のシミズによろしくお願いしておきたい!

 

忙しいなー、今週末にむけて!

 

 

 

 

2011年06月23日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

広島の桑田といえば、江田島シーパラダイスのJJ清水でしょう?

先日、シミズが、はずかしそうに、

「fukuハラさん、旦那がライブに出るから、fukuハラさんにメール転送してって・・。。」

と、言った。

「え?ぜひぜひ!」と転送してもらった。

 

フク笑いコアリーダーの皆様には、ご存知かもしれませんが、シミズの旦那は、一般人ではありながら、数年前から、ライブ活動に力を入れている、バンドマンなのである。

広島で活動しているサザンオールスターズ・桑田佳祐のトリビュートバンドということで、

バンド名を「江田島シーパラダイス」と名付け、毎週の週末はバンド練習に、そして定期的にライブを行っている完全なおやじバンド。

 

今まで、数回興味本位でライブを観に行かせていただいたが、あまりの桑田似に、驚きを隠せず、思わずスタンディング!

 

http://www.hs-plus.jp/fukuwarai/2010/05/post-124.html

http://www.hs-plus.jp/fukuwarai/2010/09/te-to-te-7.html

 

江田島シーパラダイスのブログには、JJ清水自身の写真をトップに貼りつけ、忙しいのか2010年9月のお月見ライブ以来、ぱったりと更新をされていないけれども、ちゃんと告知用ブログを持たれている。

右横ブログの読者欄に、一人、フク笑い が登録されているので、地道ながらも、応援していることを、ご理解いただきたい。

 

 こんな力の入ったバンド活動を、シミズ家と、そのご近所さん、+ 私 だけが知っているのは、もったいない。

それで、今回は、プラスなプレスの編集部にもメール転送をして、おやじバンド研究、ならびに、横川取材もかねて、みんなで行こう!とお誘いした。

 

ということで、6月25日(土)の方に、プラスなプレス編集部も、ぞろぞろとライブ会場に潜入するよ!

皆さんも、ぜひいかがですか?

 

詳しい告知内容は、編集がめんどうなので、JJ清水のメールをそのまま貼りつけ。

 

いつもお世話になります。来週末625日(土)26日(日)にいつもの横川のアップルジャムにて『梅雨をぶっとばせ!』というライブイベントがあります。そこに私JJ清水が出演いたします。今回は江田島シーパラダイスではなく、アップルジャムの店主である鉋内さんがバンマスを勤める『Honkey Jill All Stars』で出演いたします。JJ清水と桑田佳祐の楽曲を演りたいというメンバーが集まって今回のイベント出演となりました。6曲ほど演奏しますので是非ご来場くださいますようお願いいたします。
 
 
25
(土)
 
18
00?1830 フェローズ(ベンチャーズ)
18
40?1910 マカロニ・チーズ(アコポップス)
19
20?1950 Honky Jill All Stars(サザン、KUWATA Bandカバー)
2000?2030 ハッピー5タイムマシーン(J-POP
20
40?2100 イノセント(アコギ・ユニット)
21
20?2150 スクランブル(ロック)
22
00?2230 生粋盛り「なまいきざかり」(いきものがたりカバー)
22
40?2310 ケリコ(ビートルズ)
23
20?2350 ロックン・ルージュ(ロック)
 
26日(日)
 
18
00?1830 ブライアン・クライス・アンダーグランド(オリジナル)
18
40?1910 ウッド・ストック(ロック)
19
20?1950 シュガー・ブリザード(アコポップス)
20
00?2030 SweetnyR&B
20
40?2150 DIZZY5(ロック)
21
20?2150 The All(ロック)
22
00?2230 Sweet ShellJAZZ
22
40?2310 ZZ-Riders(ロック)
23
20?2350 Honky Jill All Stars(サザン、KUWATA Bandカバー)

 

最後に、JJ清水から!

(似てないけどごめんね!本物は、ライブ会場か、シミズ家にいったら見られるよ!)

 

 

 

jj.jpg 

 

2011年06月22日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

職場における先輩と後輩の会話 パート2

どこの職場にもありがちな、ささいな先輩と後輩の会話をピックアップするコーナー、

「職場における先輩と後輩の会話シリーズ」 パート2でーす!

 

先輩と後輩の仲の良さや、力関係が垣間見られるこのコーナーは、好評につき2回目となりました!

 

さて。今日の先輩と後輩の会話は?

あらあら。

また、先輩が、ムツラで、

後輩が、シンタクのようですよー。

 

昨日の話。

オフィスの唯一のBGM音源となる、ミニコンポ?は、さとうデスク私物のものを、会社にもちこんでいる。

「そろそろ、自宅に持ち帰りたくなったけー、シンタク、あんた、買ってきてや。ヤマダ電機に走ってきんさい。安いの探しに。」とさとうデスクがシンタクに。

「えー、安いの探すんだったら、行きませんよー。ネットで買います。」とシンタク。

「えらいねー、あんた。

そういや、ムツラも言ってたよ。シンタクはなんでもネットで調べるって。ね、ムツラ。」

 

会話を振られたムツラは

「そうですよー。あたしだったら、わからんこと、聞くもん。

なんでもネットで調べたり買ったりするところが、若者ですよ。

やっぱ、感じますよねー。

ジェネレーションガップ・・。」

 

先輩!それ言うなら、ギャップです!それ、カタカナ読みっす!

 

 

 

 

カツゼツ悪い社員ムツラ

 バーサス

褒めてもらっても、ことば尻のミスは聞き逃さない後輩シンタク

 

 

イラストでも、ご覧ください!!

senpai.jpg

 

 

kouhai.jpg

 

 

 

 

 

 

 

2011年06月21日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

シミズ・ムツラたちの逆襲

先週の土曜日の「今日のイチメン」更新担当は、私だった。

それで、無難に更新記事の「今日の美味しいもん」をご紹介して、さらに、フク笑いの「元看板屋の執念」という記事をリンクさせて記事をセットしておいた。

 

その土曜日は、いろいろ忙しくて、夜にやっとプラスなプレスのトップページを開いて見たら。

 

なーんと!

 

まるで、公園でアカペラで唄をうたっているかのような、私自身の写真が、もろ出しになっているではありませんか?!

 

おかしい!?

 

私の記事は??

 

開いて見ると、公園でアカペラをうたっている私は、Title「ソロ目のワタシ♪」とされていて、

「誕生日ぃー♪ おめでとうー♪ ほんとに、ほんとに、おめでとうー♪」

と、シンガソングしているかのようになっていた。

 

そして、さとうデスク(元看板屋)と、ケーキカットを嬉しそうにしている写真までもが続いていた。

 

 

まったく身に覚えがないのである。

勝手に・・・である。

 

実は、シミズが無断で「イチメン」の記事を更新しており、またネタの一つとなった、ヒロミサクライの手づくりバースデーケーキの上にぞろ目クッキーが飾られている仕掛けは、前日にケーキをオーダーしたムツラが、「ぜひ、インパクトがあるように数字の○○を強調して」と、ヒロミサクライに話をしていたのであった!!

 

これは、いつも、フク笑いのネタにされるムツラと、そして、シミズが、仕返しをしてやろうという魂胆だったに違いない!!

 

しかも、その翌日の日曜日!

仕返しの上塗りがなされていたのである!

 

ヒロミサクライのケーキのネタだと言いながら、まだしつこくも、ぞろ目クッキーを強調して一面記事を更新した、元看板屋、さとうデスク。

 

まったく、しつこいのである。

くどいのである。

 

あまりに悔しいので、月曜日の朝に、問題のケーキ写真は、ふせ画像にさせていただいたっ。

(勝手にだが、こういうのは、勝手に返しで、フェアーなのじゃ)

 

今日、悔しいそぶりをみせないように、比較的冷静に出勤の朝を迎えた私だったが、ムツラがまたこんなことを言う。

 

「fukuハラさん、今日ね。私、買物したら、レシートが、ぞろ目だったんですよー。へへへ。」

 

「?」

 

「しかもですねー。数字が×××だったんですよー!へっ、へっ、へっ!」

 

「なに!いやらしい!」と、ぶりぶりしてみたら、ヨシダが、

 

「土曜日にfukuハラさんの動揺ぶりが、ツイッターに出てましたね^^。」と。

 

 

そう。土曜日の夜に見たからね・・・。

そして日曜日の昼過ぎも、びっくりしたけどねー。

 

覚えておれ、フク笑いで、こてんぱんに、しちゃる・・・!

 

 

 

2011年06月20日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

モノづくりに載らない「モノづくり」 元看板屋の執念 編

壁に貼りつけ型のホワイトボードシートが、壁に貼りつかないという状況に、がっくりとうなだれた編集部のスタッフ。

元看板屋、御大(おんたい)の手を使ってまでも、貼りつかなかった事態を迎えた。

 

しかし、このまま引き下がるわけない、元看板や。

 

「ちょっと、サエラさんに電話してみるわ。」

 

と、リフォームでいつもお世話になっている会社のNムラさんに電話をかけて、至急呼び出すしたのです!

 

そして、事情を話し、忙しいNムラさんは、「今日しかできないから。」と、相談に乗ってくれた。

 

ここから、どうなったかというと・・。

へにゃへにゃシートをベニヤ板に貼って、それを壁に直接打ち付けると言う!

 

まず、ベニヤ板に、ホワイトボードシートを、粘着剤を塗って貼りつけらた。 

フリーハンドで切られた端は、キレイに直線となり、大きな板と小さな板の2つに貼りつけられた。

 

 

 

bord01.JPG 

 

ここからが、プロの仕事の様子。ご覧ください。昨日のフリーハンドでやらかした方々とは、違います!

 

プロは、壁に目張りをしています!

bord02.JPG

 

しかも、水平機というものを使って、線が水平になるようにするとです!

 

bord03.JPG

 

赤い、ビームのようなものが出て、それが目印。

そして、白いホワイトボード板となったシートを壁に打ち付けました!

できた!

bord04.JPG

 

シンタクが試し書き。よかったですね!これで、わが社にホワイトボードが!

bord05.JPG

 

初めてのホワイトボード設置日は、私の誕生日でしたー!

シンタクが、fukuさんhappybirthday!祝と書いてくれました。

なーんか今年はいいことあるぞ!

 

bord06.JPG  

 

ところで、ここまでサエラのNムラさんの手をとって、なんと、さとうデスクは手土産をもたせて無料で―!に、まるめたらしく。

いや、本当の会社の看板の作り直しの依頼があったので、無料にしてもらっただけですって。

 

あー。どんな人かと思ったよ・・・。

 

 

 

 

 

2011年06月18日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

モノづくりに載らない「モノづくり」 ホワイトボード 続編

昨日のビニール製ホワイトボード設置作業の続きですが・・・。

 

フリーハンドでチョキチョキ切った、ホワイトボードビニールの裏面シールを、そういえば、この段階ではぎとってました。

バリバリ―っと。

それから、壁に貼りつける作業をはじめたわけです。

 

切ったって言っても大きいですよ。

だから、やっぱり4,5人かかりで貼りつけてるわけです。

もう少し左だ、右だ、上にあげて、もう少し下、などと位置を決めて、空気が入らないように、少しずつ貼りつけるわけです。

 

この時、シートをはる作業用に、以前、手作りした「キットパス用シートはり専用ヘラ」を、持ち出しましたよ!  

なぜか、キットパスシールは、「ただいまモノづくり中」に掲載。

 

これは、さとうみどり師匠の指示により、ヨシダが段ボールとフエルト生地で手作りした、ヘラだ。

何かの時にまた使うかも。と捨てないでよかった。(byモノ持ちfuku)

 

hera.jpg  

 

このヘラを使って、シートを貼っていく。うまく平行に貼れなくて、少し右に揚がってるけど、それは「右肩あがりで、縁起が良い!」というヤスナガの強い主張により、オッケーとされた。

 

bord1.jpg

 

やれやれ!

貼ったねー!とみんなが席について、仕事をし始めていたら、しばらくして、「がさ!」という音が。

そして、シンタクの「わぁ!」という声。

 

 

bord2.jpg

あやうく、経理のタムラさんにシートがかぶさるところだったが、左によせて貼っていたのと、意外に田村さんが危険を機敏にキャッチし、事故には至らなかった・・。

 

その騒ぎを聞きつけて、隣の部屋から覗きに来た、さとうみどり氏。

イラストレーターであり、昔、制作会社で働いていた自称看板屋。

この様子を見て、すぐに手を貸してきた。 

 

bord3.jpg

 

みんなは、意外な手さばきに驚き、感嘆の声を。

御大により、見事にホワイトボードは、貼り付けられていく。。

 

そして、またしばらくして、御大の努力もむなしく・・。

bord4.jpg

 

部屋の壁のクロスが、ボコボコしていて、粘着しにくく、空気が入りやすいため、このような大きなシートは重さに耐えきれず、落ちてしまうと言うことが分かったみんな。

 

やってみてわかる事なんでしかたない。

でも、2万円もしたのに・・・。と、シンタクがっかり・・。

 

ところが、元看板屋がこの状態に納得するわけがなかった。

この後、ものすごい行動力で、へにゃへにゃになったホワイトボードシートは、見事に生まれ変わる!

 

 

 

 

 

続きは、また次回!

 

 

 

 

2011年06月17日
愉快な編集部員ネタコメント(2)

モノづくりに載らない「モノづくり」 ホワイトボード編

いやー、今日は、すごい現場を観たよ。

 

会社に大きなホワイトボードがないので、困っててねー。

 

ついに、壁面につけるホワイトボードというのを見つけてね。

これは、場所も取らずに掃除も便利!ということで、シンタクが、ネットで調べて、ビニール製の裏面が粘着シートになった貼りつけるホワイトボードっていうのを買っていたんだ。

 

 

それが、昨日届いたって言うんで、朝、ロール型になったそのシートを開封しているシンタク。

それをみた、みんなが、「今、はっちゃいましょうよ、今やっとこうよ!」 

って、そのシートを壁に貼りつける作業を始めたんだ。力を合わせてね!

 

 

するとね。

シートが1M×2Mくらいあったんだ。

でかいよー、想像してごらん畳が1畳くらいあるよね。

 

それを、いきなり、粘着シートのビニールを、はぎだしたんだ。

いや、実に潔くはいでいたねー。

 

でもね、実際、壁に貼ろうとすると、大き過ぎたんだ。面がねー。

 

 

それじゃ、少し切っちゃおうって言う話になってね。

 

どうしたと思う?

 

 

 

 

ハサミだよ。

 

ハサミを出してきて、しかもね、フリーハンドで切ろうっていうんだから。

 

それもね。

 

4人位で、シートを持ってね、その真中を、ハサミでチョキチョキ切り始めたんだから、もう、まっすぐ切れるわけないでしょう?

 

一応、ハサミと30cm物差しをもって、なんだか測りながら切ろうとムツラがやってたけどね。

相手が2Mでしょ?

 

30cmで歯が立つンかなー?って、眺めていたんだけどね。

 

 

すぐにフリーハンドになってたけど、みんな、それで善いって。

 

なーんにも、気にしないんだから、すごいよねー。プラスの社員さんって。

 

気にしてるのは、今、現場にいないシミズが、外出先から戻ってきて、怒らないかな?っていうくらいだからねー。

 

 

 

でね、切るでしょう?

そしたら、壁に貼るよね。

 

そこからが、またすごい話なんだけどね。

 

ちょっと、今日はこれから用事だから、続きは、明日にするけどね。

 

続きがすごいよー!

 

めったに観ないよ、あんなシーン。

写真撮ってないからねー。もちろん、急だもの。

だから、しょうがないよ、次回は、イラスト付きだよ!

思いだして描くから。

 

ちょっと待っててよ。

 

 

 

 

2011年06月16日
愉快な編集部員ネタコメント(2)

先輩と後輩の会話

プラスなプレスの編集部には、独身もいるのだー!

年代もバラバラで、既婚・未婚も様々なので、ライフスタイルが様々なので、行き交う会話もおもしろい。

これは、けっこう自慢すべきことだと思っています。

 

さて、昨日は、独身女子の後輩、シンタクと、先輩女子、ムツラの会話を聞くとはなしに聞いていたのですが、けっこう後から思いだして、おもしろかったので、フク笑いネタ、昇格!

 

では、本日も粗い4コマ漫画風にご紹介します。

 

編集会議で、勝手に研究会の研究ネタをいろいろ討議していたしばらく後・・・・。

広島の結婚式場が、いま新しくておもしろそうだということに着目した、シンタク。

しかも、元同期メンバーが、ほぼ入籍して、やられた感が少しある。

ここはひとつ、ブライダル事情でも研究するついでに、彼氏とのブライダル気分も盛り上げていきたい!という私情もあっての、発言。

 

 

bk1.jpg

 

 

bk2.jpg

 

 

bk3.jpg

 

 

 

bk4.jpg

 

 

こういう会話は、どこの職場でも聞かれることかと思いますが、実に先輩後輩感の暖かい交流が映し出されて、私は、つぼにはまりました。

 

ぜひ、二人とも、気分アゲアゲで楽しいプライベートを過ごしていただきたい、とかなりの先輩からの一言。

 

 

 

 

 

2011年06月15日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

クールビズ?

節電ということもあるし、そうそう今年は早くから冷房をかけることは遠慮したいこの頃。

ということは、いかに涼しく日々を過ごすかということが、重要になってくるわけです。

 

ビジネスウーマンとして、常識的な身だしなみも大切ですが、暑くてエアコンをかけるのは、いや。

そんなのエコじゃない。

そういう編集部のスタッフは、本日クールビスとして、どこまでがドレスコードでOKなのか、語り合っていましたよ。

 

一番、暑がりと思われるシミズは、

「ま、裸にならなければいい。」というクールビス基準。

 

「いや、水着は問題でしょう、あれは、夫、JJ清水からNGが出た」と、シミズ。

 

「いや、この人は、脱がなければいいんよ。

ほら、いつも、はだしでしょう?」と、デスクが言うと、

 

「はだし?はだしはいいでしょー。」

と、シミズ、ムツラ、シンタク3人が声をそろえて。

 

ちょっと待ってください、はだしは基本的には、ドレスコードOKでしょう?

はだしのどこがだめなんすか?

くらいな、口調で、自信をもって言い放った。

 

その瞬間を、激写ではなく、激似で、ご覧ください。

 

hadashi.jpg

 

ちなみに、この自由な空気ですが、編集会議中の一こまです。

 

っゆるー!?

 

 

2011年06月14日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

お弁当ユーザー増加中

皆さんはお昼休みは、外食?お弁当派?自宅で手作り?自宅でお惣菜?インスタントラーメンでという方もいますよね。

 

今日は、私たちの編集部では、お弁当を食べている人が多かった。

たまたま、ハーストーリィハウスから両替をしにやってきた、ヤマさんが、

「すごいですねー!みんなお弁当作ってきてー!」とひどく感心してくれた。

 

「てー!」という語尾がのびている間に、ヤマさんの視線は、ムツラの手元の弁当に留まり、

「あら?」

bentou.jpg

 

近所のスーパーマダムジョイの、ご飯は好きなだけ入るだけ入れてOKの通称MJ弁当。

今日は、いつもよりも詰め込み過ぎて、

「シンタク、ちょっと多くとってたから、いる?」って、ご飯をおすそ分けしていたムツラ。

 

ヤマさんには、

「これは、リユースしたお弁当箱だ」と、説明していた。

 

 

は、はーん!

 

もったいないから、前回食べたMJのプラスティック弁当箱を洗って、もっていって、

「これに、ご飯とおかずを詰めてもらっていいから、50円まけて」

と交渉してみたんだろうか?

 

 

なるほどねー。

その手が、あったんだなー。

 

(冗談です)

 

 

 

2011年06月10日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

お家に置いていかれる、犬の気持ちが分かるがごとく

今日は、朝からシミズがウキウキしていた。

それは、マツダ本社のdemioの新車発表会に、プレスからお招きをいただき、デスクと二人で行くことができるからだった。

前日、そんなに関心をもっていなかった、シンタクだったが、どうやら、深夜にあるニュースが耳に入ってきた。

本日の発表会には、イメージキャラクターに選ばれた、インテルの長友選手も登場すると言うことを!

 

これは、事前に公にされていなかったシークレット情報だったらしく、シンタクの持つ闇のルートで、その事実を、深夜2時に知ってしまったらしい。

 

そうすると急に発表会に行きたくなり、一目でいいから、会いたい!会いたい!と気持ちが高まったらしく眠れなくなったそうだ。

 

 

sin1.jpg 

シミズは、もしかしたら、登場もあり?と予想したらしい。

だから朝からうきうきしていたのだった。(サッカーファン)

 

 

二人が11時ごろに早目の昼食ととり、いそいそと出かけようとする様子を見て、

もう涙目になって、見送るシンタク。

まるで、さとう家の犬、てっちゃんが、置いていかれるのかー!と悲しそうに、主人を見送るみたいだ。

 

 

sin2.jpg 

「初めて分かりましたよ、犬の気持ちがっ」

と、最後に一言、シンタクがいったかどうか、覚えていないけど、悔しそうだった。

 

 

2011年06月09日
愉快な編集部員ネタコメント(2)

さとうデスクの披露宴準備 Part 2 <コラーゲン編>

披露宴が次の日曜日に差し迫った、母親さとうみどり氏は、着々と披露宴の準備を続けている。

昨日は、早めに退社して、1階のハーストーリィハウスのキッズスペースをちょいとお借りして、さらに深井ママにお借りした留袖を、さらにさらに、深井アサちゃんの手をお借りして着つけてもらい、試着をしていたことは、ご紹介したとおりだ。

次はネイル、次はメイクと、いろいろと準備があるので、やること山盛りなのだが、200本イラスト安打の続きもしなければならない。

 

今日は机について、デスクワークをしていたが、ふと隣のシンタクが、

「それ、なんすか。」

「え?さらに、目もとを持ち上げて、飲む?それ、ありっすか?」

とか、こそこそ、さとうデスクと話しているから、なんだろう?とふと前に目をやると・・・。

 

sato hiroen.jpg

 

のどが渇いたから飲むドリンクは、「コラーゲン入りドリンク」だと、当たり前だと。

そんな風に普通に飲んでいらっしゃいました。

 

で、コラーゲンドリンクを飲むと同時に、引き上げって、効果あるでしょうか?

 

 

 

2011年06月08日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

さとうデスク 初留袖計画 着々進行中 その想いは

弊社の代表、さとうみどりデスクのブログ、satomido日記にも、近況が伝えられているのでご存じの方も多いかと思われるが、さとう家の長女、ユウミちゃんが、次の日曜日にめでたく披露宴!

ということは、さとうみどり氏は、親として留袖姿で披露宴に参加する。

仕事で連日、イラスト200本連打を話しつつ、土日も来客対応で出社し、美容院でカットやカラ―リングもしなければならないし、仕事の合間に役所にもよらないといけない。

もはや、身体は2つ、3つと欲しいところ。

 

今日は、留袖のサイズがあうか、ハーストーリィハウスのキッズルームで試着を予定していた。

それも深井ママの留袖を借り、試着は、深井家長女のアサちゃんの手を借り、アサちゃんの生まれたばかりの5か月の長女は、深井家二女の桃ちゃんにゆだねて・・・

いったい、何人留袖試着に動員、または協力を得ているのか!?

 

しかも、ネイルも社員のネイリスト、ムツラに近日してもらう予定。

もはや、協力者数は、一人、二人ではないことは、明らかである!!

 

 

着つけ中の様子をこっそり、撮影!シンタクも心配して見守りに来ていました。↓sato3.JPG 

 

しかし、読者の皆様。

そんな、さとうデスクを、決して大げさだと思ってはいけません。

 

「ごめんね。今日は、先にあがっちゃうから。。」

と、仕事を切り上げて試着に向かうさとうデスクに、社員みんなが、「試着?」

 

「留袖のサイズがあうか試着をしにいく」という説明に対し「初めてなんですか!?」

と、聞く。

「そう。あたし、留袖初めて。式はちゃんとしてなかったから。」とポロっと。

 

長女のために、立派な披露宴をしてやりたいという親心・・・。

 

・・・・・。

 

あたし、もう、書けませんーー。

 

文章が、ここで止まる。

娘のために、いそいそと準備をする母親の姿は、涙が出そうなほど、「ありがたいもの」だと思いませんか?

 

心に残る日曜日の披露宴となりますように。

 

 

2011年06月07日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

しっかりモノのシンタクの一面

ハーストーリィプラス新入社員?のシンタクは、ちょっと見たら、ダンス好きなちょい悪風女子なんです。

最近追加された社員プロフィールの似顔絵はこんな感じ。

 

shintaku.gif

私の描いた似顔絵は、こんな感じ。

shintaku.jpg

 

いつも黒い服を着ていて、きれいだから黙ってると、ちょっとツンとして見える。

でもしゃべったら、ものすごく面白い愉快なことは、みんな承知のこと。

 

それ以外に、新しいシンタクの一面を発見したというと、意外にお料理好きなこと。

広島に戻ってきてから、実家に住まずに一人暮らしを始めたから、自炊が基本。

お家のキッチンは、ガスレンジがコンロ1個口らしく、いつ湯を沸かして、いつ火をかけてと、頭をフル回転させているそうだ。

 

夕方、そろそろ就業時間が終わりそうになった頃、突然、シンタクが、

「fukuハラさん。今日のおかず、なんですか?」と、よく主婦が聞く

「お宅、今日、何するん?」的な質問をしてきたからびっくりダ!

 

うちはねー。と、聞きながら、「お宅、何するん?」と聞ける仲間ができて、非常に嬉しい!

 

若いのに、料理をして、節約しつつ美味しいもんを食べて暮らしを豊かにするって、すんばらしいですね!

 

そんなシンタクの新たな一面を発見して、私も負けずに、昼は弁当、続けるぞ!と思います。

 

話をシンタクから自分に、無理やり引っ張った感がありますが、

ただいま、「フク笑い」ツイッター(hsplus_fuku)で、毎日のフク笑い弁当を、恥ずかしげもなく公開中!

ほぼ毎日アップしてまーす!

ゆるゆる弁当ですが、これ、作らない、持ってないと、身体の調子が悪くなるんでーす!

 

主婦の皆様、主婦もお昼ごはんは、賢くヘルシーに手作り弁当でいきまっしょい!

 

 

 

 

 

 

 

 

2011年06月06日
愉快な編集部員ネタコメント(2)

商業イラストレーター 魔がさして「カコン!」

美魔女の路線を狙いつつ、200本安打達成を目標に、今週はずっと静かにイラスト描きのさとうみどり氏。

普通なら隣の席のシンタクをからかって、なんだかんだと話しかけているのだが、先日から隣の部屋に閉じこもって集中して仕事をこなしている。

5月30日の「広島生活【一日いち広島】」ツイッターにも画像がアップされており・・・

http://lockerz.com/s/106107658

 

ご覧いただきましたでしょうか?

家にこもると、お家のワンコ、てっちゃんが、喜んで喜んで興奮するので集中できず、仕方ないので会社で別室にこもっている次第です。

 

このような調子で集中していると、途中人間は飽きがきてしまうもので・・・。

 

今日アップされた勝手に研究会の取材日?でもある、試合観戦の日に、ついに魔がさしてしまったさとうデスクの話。

 

6月3日の勝手に研究会記事をご覧になった方は、気が付きませんでしたでしょうか?

 

同行した小学生の男子のカープ帽を、とりあげてかぶり、(きついのを無理に頭におしこんで)

チャンスを棒に振ったシーンを見て、応援グッズでもって、カコン!

 

IMG_5606.jpg

 

この画像の撮影は、おそらくシミズ?かと思われますが、実に絶妙なタイミングで、その瞬間をとらえています。

 

後ろからは見えないけれども、無表情な顔。メガネのフレームがちらっ。

メガホン?が直撃するブレといい、まったくずれがない。

 

研究会記事を最初に読んだ、シンタクが、「これ、載せちゃ、いけないでしょうー!?」と笑っていましたが、今年の「面白フォト」ノミネート作品に!

 

タイトル「魔がさした 美魔女イラストレーター」

どうかな?

 

 

 

2011年06月03日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

『目指せ!美魔女』という応援の仕方がある説

ただいま、商業イラストレーターさとうみどり氏は、イラストカット、連続200本安打達成を目指して、最近イラスト描きの納期に追われている。

同じく、校正2000本連打を先に達成したシミズは、余裕の空気を漂わせて、「がんばってください!」とイラストレーターを応援する。

しかし二人ともずっと睡眠不足なのだ。

もうよぼよぼ、なのだ。目がしょぼしょぼなのだ。

今週末の社内飲み会をご褒美に、馬の鼻先につられた人参のように、ただそれを楽しみにして走り続けている。

 

 

心配したシンタクが、さとうデスクに、「大丈夫っすか?」と声をかける。

 

さとうは、「そんなに心配して、年寄り扱いして・・・・。」と泣きを入れる。

 

「年寄りなんて、言ってないっすよ!目指せ、美魔女ですよ!」

と、アラフィフは、美魔女を目指して、日々美と健康に精進するべきだと応援している。

 

 

「そういえば、この前実家に帰った時に、うちの母親、60なんですけど、超シースルーの服着てました!

何?それ?って聞いたら、

『え?ほんと?これで(仕事の)研修に行ったんじゃけど』って言ってました。」

 

 

「そうそう、娘ってすごいダメダシするんよね。顔がしょぼしょぼだとか、頸がしわがあるとか。。

『え?ほんと?』ってすごい凹む」

 

「そういえば、何回も『ほんと?』って言ってました。

最終的にはめんどくさくなって、『いいんじゃない。』って、うっちゃりました。』

 

 

美魔女を目指せ!とさとうデスクを応援しつつ、最後は、『いいんじゃない』と切り捨てるものだ予想させる形で着地した。

 

それは、さとうデスクに激入れたことになったのだろうか?

大丈夫?

 

 

 

2011年06月02日
愉快な編集部員ネタコメント(0)

男前シミズの、帰宅前のしごと

昨日の朝から、福岡に出張したシミズは、一仕事終えて、オフィスに戻ってきた。

普通に戻ってすぐ別の仕事に取り掛かっているから、タイムisマネーの基本が実にできている人だ。

 

そして、やおら、携帯を取り出し、どこかに電話をかけていると思っていたら、

 

「もしもし。楽しく遊んでる?そう。よかった。

で、ビールを冷やしておいてほしいんよ。

 

うん、貯蔵庫の中にある、ダンボールに入ったの。

そこからビールを出して、冷蔵庫に入れて冷やしておいてね。」

 

 

どうやら、自宅で遊んで、シミズが帰ってくるのを待っている息子、フブ君に、電話で指示しているらしい。

帰宅前の一仕事だったようだ。

 

 

俺は、出張の帰りだ。

帰ったら、冷たいビールが飲みたいんだ。

冷やしておけよと。

母親は自分なので、冷やしておけないので、代わりにフブ君がやっておくれと。

 

「さすが、男前シミズですねー!」と、みんなで絶賛する。

 

 

「(フク笑いに)書かないでね!」とシミズが言ったけど、世の中のためにご紹介するに値する、大変よいことだと思うので、ぜひ、と、ご紹介をさせていただいた。

 

夫のために、奥さんがビールを冷やしておくというような心配りを、働く男前な母親のために、息子に教育する。

 

その様子を見て・・・。

 

対面に座るヤスナガが、

「いいな!フブ君と結婚したい!」

 

だそうだ。

 

プラスなプレスの女子は、男性の教育と選択が上手な人が多い。

(シミズさん、これ、褒めてるんよ!)

 

 

 

2011年06月01日
愉快な編集部員ネタコメント(0)
Facebook