ハーストーリィプラス〜 プラスな発想で面白い地域文化をクリエイト

プラスな女たち

2018年10月

どこでも取る

ハーストーリィハウスから、電話の内線がかかってくると、ハーストーリィプラスのオフィスの

指定された内線番号の電話がなります。

自分の席でない、電話に内線がかかっても、番号をうてば自分の電話で取れるので、手があいた人は、内線を取ります。

 

今日は、ハウスの大城さんが、内線をかけてきて

いつものように、ヨコハタが元気よく取りました。

すると、大城さん、「ヨコハタさんは、内線何番なんですか?」

と、いつも取ってもらうのが悪いのでヨコハタの番号を聞き、さけて、内線しようという気遣い。

 

すると、ヨコハタは

「私はどこが鳴っても取りますから。」と、答えたら

その答えを聞いた周りのみんなが大爆笑。

 

確かに、内線番号が遠くであろうと目の前であろうと、「ピ」となったら

すぐ電話をとる反射神経はものすごく、「今、もっとも電話を取るのが早い女」

社内で旬なヨコハタ。

 

さすが、元バスケ部選手です。

 

ただ、何かにつけて「やべ!」とか、「ちょ、ちょ、ちょ!」と口癖を連発するので

どんなに電話を取るのが早い女でも、「矢部」と呼ばれています。

 

fuku

 

 

 

1 / 11

カテゴリー

最新のエントリー

アーカイブス