ハーストーリィプラス〜 プラスな発想で面白い地域文化をクリエイト

プラスな女たち

2018年02月

サザエ道 まっしぐら

サザエさんといえば、うっかり者のキャラとして、古くから愛されていますが、

わが社の中では、ついうっかり失敗したら、すぐ「サザエさん」だとからかわれます。

社内で一番サザエさんなのは、私だという評判。心外ですが、一部うなずけます。

 

先日、2016年夏から続いている、筋トレ部の活動について

メンバーのせっちゃんことウエノと話題にしていたところは、

毎日の筋トレ報告のラインが、減ってきていること。

つまり、筋トレ活動をしなくなったのか、またはラインに報告をするのが

めんどうくさくなったのか。

 

何事も続けることは、むつかしいのですが、せっちゃんと私は、その点

クレイジーなくらいに活動を続けています。

それは、なぜか?

 

「それはね、しなければならないと思うことと、したいことは、違うんです。

したいと思うと、自然に続くけど、しなければならないと思うと

めんどうくさくなって、続かないものなんだそうです。

have to(ハフツー)ではなく、want(ウォント)。

もしかしたら、今、皆さんは筋トレはwantではなくて、have toだと思っているのかな?」

と、せっちゃんは、心配そうに分析してくれました。

 

それを聞いた、fukuハラさん。

「あ!同じな話を聞いたことがある!

えーっとなんだったっけな?

あ、人は、must(マスト)しなければならない、でななくて、want(ウォンと)したいこと

をしたほうがいいっていう話!」

 

大きな声で、叫んだところ

それを聞いた、間に座っている新人ヨコハタと、せっちゃんは爆笑。

 

「fukuハラさん、それ、同じことを言いかえてます!」

 

あ、そうだった!

さすが、サザエさん。そこ、気が付かないから、すごいでしょ? 

ドンマイ、サザエさん。

 

 

1 / 11

カテゴリー

最新のエントリー

アーカイブス