ハーストーリィプラス〜 プラスな発想で面白い地域文化をクリエイト

プラスな女たち

かわいいお名前に変身できる法則の発見

今日、シミズが何かの名簿を見ながら
「いいなぁ、この人変わったお名前。
私ももっと変わった名前だったらよかったなぁー。」
とつぶやいていた。

 

それを聞いたヨコハタが、
「巻寿司大使さんみたいに、ハンドルネームを通称で使ったら
どうですか?」とアドバイス。

「そういえば、昔(同僚だった)ミゾさんが、本名スミなのに『ン』をつけて
『スミン』って、名乗ってたよねー。
他にも、ユキなのに『ユキン』って言ってたよねー!」
と、シミズが私に語りかけました。

 

なら、「シミズさんは、『まゆみん』。どう?」

 

それを聞いたみんなが、いいねー!
なんとか48のメンバーみたい♪ と盛り上がる。

どうやら、名前の最後に、『ン』をつけると
かわいくなってしまう法則があることを見つけました。

じゃ、

ヨコハタは、「あさみん」だ!

ヨネダは、「よしみん」

 

ニシバヤシさんは?りかだから、「りかん」だ!

そして、私は?

 

「じゅんこん」

ないわー!

大根か、海のじゅごんみたいに、
どうしてなるのー!?

 

まったくかわいくなくて、逆にださくなってしまうという、
お名前に「子」が付く人は、この法則が成立しないことが
わかりました。

 

 

カテゴリー

最新のエントリー

アーカイブス