ハーストーリィプラス〜 プラスな発想で面白い地域文化をクリエイト

代表 さとうみどりの日記

飯南町、玄米を使ったヘルスケアな新メニューに取り組んでます

先日、なかなかとりにくい玄米を麺にして家庭で使ってもらいたいと開発されている「玄米麺」の試食会。

アグリの黒田先生とウチの主婦シェフ考案の6種のメニューを頂きました!

さすが両シェフ素敵なアイデアが多くて面白い

 

img_7586

 

水分をしっかり吸収するグルテンフリーの玄米の特徴が素晴らしく立っている商材なので

パスタのようにとか、うどんのようにと代替えでは難しい・・・

 

img_7583

「健康のために」とえらばれる食材になればいいのかなーと

試食会での意見を聞いていろいろと考えました。

ご飯は食べにくくとも麺なら家族も食べそうだとか栄養価が多くて低糖質、低カロリー

きっと面白い食材になりそうです!

 

こういう仕事をさせて頂くと自然と勉強になる。これがありがたいですね~

今月末あたりからHerstoryHouseでも玄米プレートをお出ししてみようと計画中です。

 

 

11月11日 会社始まりの日。

HerstoryPlusが8年目に入ります。

 

14991070_1031966803581274_2651076955801374858_o-1

 

HERSTORY時代と合わせて通算で26年も会社を続けてきたことになります。

 

実は若いころ、私は一つの会社に2年くらいしか働けない、継続できない性分なのかということに嘆いていた時代がありました。

働いてもすぐやめてしまうことになるのは自分の努力が足りないのではないかなんて考えてました。

 

振り返れば主婦として、母としての働くには難しい時代だったんだな~と改めて思います。

 

20歳で専門学校を卒業してから働き始め、すぐに結婚、出産。

舞台の大道具のしごとをしていたので出産する身で働ける会社ではなくて、

その後は小さな印刷会社で働かせてもらうことになり数か月、

”大きなおなえたかを抱えた妊婦さんには気を遣うから仕事がやりにくい”

と上司から言われ、やる気はあったのに泣く泣く退職した覚えがあります。

志半ばで仕事を辞めることが自分の中でコンプレックスになってました。

出産後、家庭事情が変わり再就職させてもらおうと前職に思い切って相談したけれども3歳児を持つ身の就職は

「パートで」という括りの中で誰かのサポート作業の位置づけでのお仕事でした。

”自分の能力もやる気もは何も変わってないのにどうしてわかってもらえないんだろう”と思っていました。

 

今のような時代ではなかったので子どもを持って働くというのは会社においても責任ある仕事が任せられない、

中途半端な関わりしか出来ない環境で家庭と仕事を両立するという事がたやすいことではなかったんですね。

 

でも、その時代があったから手に職をとイラストレーターをめざし、

子供を持っても働き続けることができる会社をイメージしたのだと思います。

 

私のような思いをせずにみんなが責任を持って働けるようなしくみを創りたいと思って始めた会社も長く続けて行けるよう

それぞれの力を十分に発揮できるようまだまだ続けていきたいと思います。

 

 

 

中学生の職業体験がかわいらしい!

HerstoryHouseにかわいいメンバーが!

中学生の職業体験ですよ。

てきぱきさ動くのでスタッフにも評判が良いのです。

覚えも良くて下手したら大人顔負け。今の時代、CAFEへの職業体験ができるなんて良い経験ですよね。

「大人になったらCAFE開きたい」とか「HerstoryHouseでの経験があったから起業しました」なんてことになったら嬉しいな。

 

15055707_687488048082365_3391420902377209791_n

 

しかしかわいいな~。

我が孫にもこんな日が来たら迷わず受け入れます!

 

15039703_687488091415694_7694558863965778067_o

 

 

2016.11.8

久し振りに名古屋へ

金曜日は名古屋は今池へ。

MAKIZUSHI倶楽部の拡がりのために30名の方々に体験教室を開催しています。

実は4年前くらいは「暮らし三つ星カレッジ」のお仕事でほぼ毎月通ってました今池に。

新幹線を降りてなんだか懐かしさが感じられて不思議な感じ。

MAKIZUSHI倶楽部の体験も簡単な飾りまき寿司

これがいれいで大評判、皆さまおうちで食べられるとお持ち帰りに

 

1108kazari

参加者の中にもその当時のお仕事で関わった方々からのご紹介が8名も。

 

 

 

1108makizushi

 

 

当時はイベント企画を地元女性たち8名と一緒に汗を流してお仕事してました。

どうも地元では今でも年に2回は集まっているようです。

広島に来た際はエピロも訪れてくれた方も、なつかしくて教室終わった後も2時間お茶タイム!!

近況を報告しあいました。

 

本当に仲間は貴重です。

 

2016.11.5

最近おそうじが楽しい!

今、募集してます、レンタルおそうじグッズモニターをいち早くさとう家でもはじめてまして

この一か月毎日モップをかける日々が続いています。

最初は

”レンタルしてもきっと使わないまま返しそうだから”とか

”色が部屋にマッチしないし”とか

”ペットのいる我が家はかなり汚れてしまうだろうし、床が足場板だし”

とかマイナス要因ばかりイメージして

 

乗り気ではなかったのですが・・

ところがどうでしょう、使い始めると便利も便利、柄が長いから体も疲れないし隅々まですいすい入るし

なんか毎日おそうじしたくなってしまっている私がいるのが不思議です!

テツは「なんだこいつ」とライバル視

 

1108mop

 

忘れがちな交換日も犬のいる我が家は待ち遠しくて仕方ない

 

1102tetsu

 

っていいことばかり書いてますがそんなはずないとおもっている方、

真意を確かめるためぜひモニターしてみちゃってください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2016.11.2

今日は8期に向かうための社員総会

一堂に集まりました、32人。

女性ばかりの会社のわが社、今年はリニューアルしたHerstoryHouseにみんなで集う1年に一回の総会です。

まずは私の7期の振り返りからはじまりました。

8期の目標も数字とともに「PLUSな考え」をスタッフにお願いします。

「仕事と家庭の両立」を全員で目指します。

企画もCAFEも食材やもすべてが彼女の物語のステージです。

奇をてらうコトはなにもありません、今までの事を焼き直しながら

積み重ねていくことで会社の質を高めていきます。

 

 

のちに部署からの目標宣言そして個々の自己紹介を兼ねた「Herstoryplus8宣言」

趣向を凝らして各自発表します。毎年思うけど、スタッフみんないきいき輝いてます。

恵まれてるな~と思います。

8期はさらに光る会社へと向かいます。

 

1102soukai

 

今回は勉強も兼ねて「城沖屋」さんの出張お料理、五感で楽しませていただき感激しました。

 

1102syokuji2

 

8期にふさわしいまるがたくさんのメニュー

 

1102syokuji

 

魅力的な場所です竹原。

空港まではいくのにそこから降りることがあまりなかった気がします。

 

 

実はしばし運転すると竹原市。美味しいお酒の蔵元があることでも有名です。

今回は「MAKIZUSHI倶楽部」の年明けイベント、東京はTAUで開催する企画に出来たら広島の魅力をもう一つつけたいと考えて。

どうせやるなら日本酒も紹介できないものかと藤井酒造さんをお訪ねしてみました。

「龍勢」でおなじみの蔵元は日本酒ファンに大人気です。

素敵な社長様とのお話もはずみました。

1031kura

しかし素敵なまちなみなのです。

今回仕事でお邪魔することがないとなかなか訪れることがなかった。

魅力あふれる広島はひろいな~、まだまだいいモノいいところいっぱい、どこの町もがんばっている

「道の駅たけはら」では竹原のお隣安芸津のじゃがいもと三原のたこ、いいものをつなげる「イモたこカレー」なるグルメも開発されてて

とてもおしゃれに提供されていました。

1031imotako

 

 

仕事も家庭も、子育て期の空いた時間をまずは社会参加する!

山口にておそうじチームのお仕事仲間を募るため、まずは山口の主婦事情を聞こうと子育て中の方々6名をお迎えしていろいろ山口の状況をお伺いしました。

 

1028setumei

 

つくづく思うのは母の思いはいつの時代も同じ。

まずは子どもの事が一番なんですよね~。子どもたちが学校から帰った時には「おかえり」と声をかけたいし寂しい思いはさせたくない。

学校の役員の責任は果たしたい。だからと言って自分の夢や思いも少しづつ前へ進めておきたい。少しだけでも社会参加しておきたい。

そんなおかあさんの思いもかなえられるよう仕組みに取り入れて働いてもらうためにはどうすればいいか、率直な意見をいっぱいいただき次の世代に響く働く仕組みを考えようとされている。

 

思えば20年前にHERSTORY時代からのお付き合い。

画期的な取り組みをされて3Kのお仕事だったおそうじ業界の変革のお手伝いをさせていただいてました、

山口のサマンサジャパン株式会社

次はさらに、お掃除をもっとかっこよい職場に、お掃除を通じてもっと社会に役に立つ仕事をと考え始めた次の一歩。

働く方々にうれしい仕組みづくりのお手伝いをしています。

内職や在宅ワークの仕組みも取り入れて働く人々を応援できる企画が出来ないかな・・・

ただいま頭をフル回転しています。

一度説明会へもご参加ください!

 

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%891

 

 

 

ハチラボ、ハチさんのお話は染みた

ハチラボのハチさんこと奥村裕実さんの「ワタシの店づくり物語」お話会、

ハチさんファン20人弱の参加者のみなさま、真剣に聞き入りました。

 

お店ではないけれどパン教室を家業として開く彼女は頑張り屋。

若かりし頃は興味あることや自分ができることを貪欲に増やしていく、

追い求めて進んでいった道では「人育て」も求められる。

求められるとそれにポジティブに反応して自分のできることを増やしていく。

その経験が彼女の肥やしとなりできることがまた増えていく。

どんな逆境においても自分に与えられた使命とわくわくする

常にわくわくを求めて動くのがハチさん流。

 

独立してからも刺激を受けることは怠らない。

欲するものに貪欲に行動する。

色んな女性の生き方を聞く、このお話会はとっても刺激的です

 

14639687_677420072422496_5834159591623003718_n

2016.10.24

MAKIZUSHI倶楽部 名古屋へ

2年目のMAKIZUSHI倶楽部の巻きずし教室イベント、11月4日は名古屋へ参ります。

名古屋といえば以前東邦ガスさんのお仕事で「暮らし三つ星カレッジ」をお手伝いさせていてた経緯があり

よ-く通ってました。B級グルメの豊富なおもしろい素敵な場所でひつまぶし手羽先から揚げは言わずもがな「エビフライサンド」「卵が敷いてあるナポリタン」など面白い食についても担当の方に教えて頂いたりと公私ともに深まった名古屋でした。

 

そこへ向けて巻き寿司を広める教室を4日に開催。

これは勉強になるし、何より楽しい。

以前千葉の柏の葉でやったときはあふれんばかりの親子が参加くださいました。

 

 

photo3

名古屋ではどんな方と繋がれるかまた楽しみです!

まだ、参加可能です!

広島でうれしいイベント

84さんの主催のイベント東京吉祥寺で雑貨shop「OUTBOUND ROUNDBOUT」を営む小林和人さんのお店の展示「機能と作用」展、第二部の伊都岐会場のほうに行ってまいりました。

 

1022itsuki

雨のしとしと降る宮島は今日は静かなたたずまいで迎えてくれます。

 

昨年、岡山,御茶屋敷でも見たあの展示を広島で見れるなんてなんてすてきなラッキーなコト。

どうやってお声かけしたのかおもわず84のオーナーさんにお聞きしました。

「断られてもなんどもなんどもあきらめずに」です。

行動あるのみですよね。

すべての商品の説明を心を込めてしてくださる、この姿勢も素晴らしい。

 

展示は30日まで84と伊都岐にて。

1022pan

 

 

宮島へ渡る

月に2度くらいは宮島へ行く機会が。

一度目はお参り。2度目はお店巡りや「くらしマルシェ/365」のお客様へのお届け。

10分で行ける観光地への小旅行と思えば気分転換にもなるのです。

今回は孫抜きだけど娘と一緒、

本当は「伊都岐」で行われている84さんの展示を見に行きたかったのですがあいにくお休みの日でした。

またの機会に。。

で、コースを変更

宮島に帰ってこられた尊敬するイラストレーターの谷口周郎さんのお店に寄ってお話ししたり、

清盛神社に参拝、大願寺でおみくじ引いたり,

signalオーナーとお話ししたり、来年1月で閉店されるおひさまパン工房に寄ったり

まさにオーナーさんに聞く「店めぐり」を単独で実行。

 

午前中だけの時間でしたがしっかり堪能しました。

はやいお昼は島民のかたおすすめの「あなごめし和田」へ。

ふんわりあなごで美味しい!

 

1020anago

 

清盛神社からみえる海もまたいい

 

1020kiyomori

 

 

21 / 25« First...10...1920212223...Last »