ハーストーリィプラス〜 プラスな発想で面白い地域文化をクリエイト

代表 さとうみどりの日記

2019年05月

new

本日、東広島「つくり手つかい手100人ミーティング」開催

このイベントは本当に充実したイベントだと思うのです。大勢の人が一堂にあつまりミーティング。つくり手もつかい手も東広島の方々の地元を思う気持ちは素晴らしく熱くて素敵で感心します。地元の商材についてつくり手の思いをつかい手にぶつけ、その思いを受けて真剣にみんなで考えてる。

つかい手全員マーケッターのようで感心します。

 

 

 

毎日生活をきちんとしている方からのご意見に耳を傾けないわけにはいかない。

つくり手が誰のためにを考えず作った商品はすぐにつかい手に見透かされる。反対に妥協をせず真剣に生産している商品もまっすぐにつかい手にとどくということがよくわかりました。

 

今年も日本百貨店の鈴木さんに講演をお願いしました。

日本百貨店の扱う商品について参考になる意見をたくさんいただきました。

 

new

さて来週22日は東広島100人ミーティング

昨年度に引き続き今年は春開催!22日に「東広島つくり手とつかい手プロジェクト」始動します。当日参加も大歓迎!お待ちしてますよ。

昨年はつくり手さんとつかい手さんの交流が大盛り上がりに。

 

 

 

 

 

「どこでそのお米が買えるのか」「私たちが欲しい東広島の品はこんなもの」などの声がたくさん、事業者さんの中には当日味見していただこうと試作してきていただいた方も。そこから試作を繰り返し感想をいただき「お米にまつわる商品」が出来上がりました。つかい手メッセージに後押しされて商品が並ぶ様はなごやかであたたかです。

ここに住む方々はみんなあたたかで懸命で癒されます。

東広島ならではの風土と人柄を感じるこのプロジェクト。今年もたくさんのアイテムが出そろいそうです。

DELIKITCHEN、いよいよスタートです。

14日、プレオープンいたしました。

何とか間に合いました新店舗。食材shopには見えない素敵な装いです。それ相応のプレッシャーもありましたがいい感じに仕上がりました。

とはいえまだまだ途中段階、ここから新しい提案なども発信していきます。今回は女性たちみんなの力でお引っ越し、スタッフだけで進めました。

 

今年に入って「つむぐ」のOPENもありすべてが重なり、店長である娘がかなり大忙し。

ここまでこぎつけてくれて感謝しています。

 

 

お弁当やお惣菜が充実する店舗になっていきます。

少しですがイートインの場所も設けて。

販売もいつもの食材もたくさん

お弁当にまつわるグッズやおすすめのキッチン雑貨のコーナーも設けます。

 

 

エコにこだわりテイクアウトドリンクのストローも紙タイプで。

アイスキャンデーなどもありますよ!

 

 

入口の階段を下ると別世界がひろがります。

みやじまぐちそぞろあるきマルシェ大盛況で終えました

 夜明けからはじまる「筵會茣蓙市廣島朝筵」は参道へ向かう足を止め古物に見入る人を何度もお見掛けしました。楽しそうに古い家具を吟味したりレトロな雑貨を見てみたりと犬と一緒にお散歩の傍らにお話を楽しんだり、神の島、宮島という大きな境内で市を楽しませていただきました。

まずは何よりお天気に恵まれたことが最高、そして人出、ゴールデンウィークあとのまったりとした時間の流れる中だったこともよかったのかもしれません。昼過ぎからはまったりとゆっくり買い物をたのしみ街をそぞろ歩いていただいたり、こちらの思いがお客様に伝わって素敵なイベントの形となりました。

 

お弁当チームお引越し

5月15日にOPENを迎える「HERSTORYHOUSE DELIKITCHEN」shopカードもできてきました。シンプルなロゴに合わせて白地に黒のロゴタイプを中心に据えました。これからいろいろな場所でお目見えすることと思います。

 

 

 

さて、お引越し、女性スタッフばかりのわが社、力仕事がなかなか大変なわけですが

たくさんのスタッフがいるとお掃除メンバーや整理整頓メンバー、飾りつけメンバーなるものが存在していててきぱきとこなしていきます。

先日はOPEN前の店頭飾りつけのシュミレーション。シンプルですっきりとしたレイアウトの店内にあたたかな基本の食材が並ぶという画期的な展開です(笑)どんな見せ方をさせようかドキドキわくわくの楽しい時間です。

 

 

 

 

ここだけはゆずれないので口をはさむ私がいて、きっとスタッフ大迷惑していることでしょう。

 

 

 

 

今週末12日(日)は「みやじまぐちそぞろあるきマルシェ」です。

今回はもりだくさん繋いでみました。

 

夜明けから朝10時までは古物の市、筵會茣蓙市広島朝筵(むしろかいございちひろしまあさむしろ)いわゆる骨董とも少し違う昭和の中期くらいの家具や食器を売る古物の市が宮島口に立ち並びます、宮島を背にして商店街に立ち並ぶ姿がどんなかんじかこれは楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 

そして10時からは古物の方々も半分はマルシェ場所に残りながら 「みやじまぐちそぞろあるきマルシェ」と宮島の「みやじまうしろあるき」につながれます。連絡船で渡る宮島の町通り古民家の厳妹屋ではプロダクトデザインの展示が見れたり市立大学の生徒のギャラリーも楽しめます。

 

 

 

 

 

宮島口界隈では終日スタンプラリーや商店内イベントが開催され、外で催されるマルシェをきっかけにお客様にみやじまぐちのそぞろあるきを楽しんでいただける仕掛けづくりをしています。

 

 

 

 

 

 

 

連休と違いまったりとそぞろあるきする人々の笑顔であふれる宮島口になればいいなぁと感じています。

 

 

 

 

 

 

令和の時代がはじまりました。

新しい幕開けっていいですよね。朝から宮島口界隈はすごい人出。新元号になった喜びとお参りを兼ねて全国から、海外からお客様がひっきりなしにいらっしゃってます。10連休の賑わいを感じています。エピロのあるあなごめしうえの前は開店前から長蛇の列で2時過ぎても行列がとぎれないほどうらやましいくらいのすごい人気、個性あるお弁当の凄さを間近に見させていただいてます。

 

さて、わが社も令和初日にお店のお引越しが始ました。素敵になった店内に歓喜の声

いよいよ始動しはじめます。

照明もカッコいい

 

1 / 11