ハーストーリィプラス〜 プラスな発想で面白い地域文化をクリエイト

代表 さとうみどりの日記

2018年07月

new
2018.07.16

災害からはや1週間です。一転して真夏日の広島です。

災害後の今週は猛暑の広島。復旧に携わる皆様の体調が心配です。どうか無理をされずにお気をつけてと祈るばかりです。

HerstoryHouseはお店をお休みして「吃音 ・ クラタリング世界合同会議 in Japan 2018 」の大勢の参加者の皆様にお弁当をお届けするお仕事に集中しています。

世界からのお客様が無事に広島に到着されるか心配でしたが1割弱の欠席者のようで、予定通りお弁当の配達をさせて頂きました。

朝の2時から順次皆が仕込みに入り、11時までに500個近くのお弁当をお届け。仕込み準備を入念に出来上がりの時間から逆算して作業工程を図りつつ無事にお届けすることが出来ました。キャンセル分はお役に立てるところへ寄付させて頂きました。私たちが出来ることでお役に立てるのが一番です。今回イベントの開催の決断も大変なこととお察しします。仕事をさせて頂ける喜びをひしひしと感じました。主宰の皆様に感謝です。

 

 

災害に遭われた皆様お見舞い申し上げます。1日も早くの復旧を皆が願う広島です。

週明けから打って変わって猛暑、晴天の広島。復旧作業が猛スピードで行われている様子。昨日は関係者やお客様先の皆様の近況をお尋ね、会社や田畑やご自宅にはかなりの影響が出ていらっしゃるけれどそれでもお身体はご無事と聞いて一安心しています。弊社では東広島市に住む社員がひとり出社が難しい状況に。でも自宅でしっかりと仕事をこなしてくれています。大変な土砂災害に見舞われた志和インター付近の高速もほぼ1週間で復旧できる予測とは頭が下がります。こんな時、無力な私たちは何をすべきか考えています。

 

そんな最中、今週末、飲食部は世界から参加者が集う大きなイベントのお弁当を受けています。注文している荷物が届かないなどいろんなアクシデントはありますがこんなときだからこそ皆様に喜んでいただける「食」をお届けしたいと皆一丸となってがんばります。

 

 

安心安全なお弁当をお届けします。

 

 

2018.07.7

はつかいちフードバレー研究会「商品開発」始まりました。

廿日市市は大雨警報発令中。研究会中に何度も警報が鳴り響くという壮絶な中、10社の参加者の方々がご参加。これからスタートする「20marche」のブランドづくりに適する商品に仕上げるためにまずは今の自社商品のプレゼンタイム。監修アドバイザーのいがらしろみさんほか専門家の方々から意見をもらいました。普通の商品づくりにも参考になる「楽しくかわいい」商品づくりアドバイスは勉強になりました。

大人女子が「自分のために」買いたくなる「誰かのために」あげたくなる商品群を作り出す作業は監修側の意識統一も必須でゴールはどこに置くか何度も何度も話をしました。きっと良い商品がつくれる!!兆しが見えた気がしました。

 

 

さて、大雨の広島廿日市、

朝はろみさんを急遽中国醸造へお連れしました。

そのわけは・・・たまたま鎌倉で飲んだジントニックがおいしくてそのブランド名が「桜尾」だったという話から「えーーー!!」ということに

この春中国醸造から発売された本格派の好むジントニックだったというわけです。

 

ろみさん、ハーブの香りをブレンドする

 

 

 

ジンはこれから女子に受けるはず!!と太鼓判をおされてました。

 

 

 

 

 

石州和紙の商品

和紙だからといって紙だけの使い方ではありません。頑丈で自然素材。昔の方は和紙を細くしてつむいで洋服にされたそうです。考えてみれば染も入り込みやすいし紡いでいるのでやわらかで利点は多くある、原料の楮を甘皮ごと使用することで紙の繊維が長くなり、破れにくくなるようでもちろん洗濯も可能なのだそう。そこから紙以外の仕様も多く検討されてるようで頭を柔らかくすると用途を考えると尽きない気がします。

石見神楽のあの大蛇はお面まで和紙なのだそうです。あのやわらかな動きが出せるのはなにより丈夫でかつ繊細な石州和紙だからこそなのですかね。知れば知るほど大切な資産だということがよくわかりました。

誰に伝えると一番喜ばれるるか考えていきます。

 

これはかわいい!お誕生祝いでかみのくつ

 

こちらも丈夫でやわらかでした、小銭入れ。

 

 

個人的には王道ですがシンプルな作りのこの便せんが一番。

海外でも人気になりそうです。何個あってもかまわない、ノート類は見かけたら思わず買ってしまう衝動買いNO1の商品

 

そして洋服や内装にも。違和感ない。

 

 

 

1 / 11