ハーストーリィプラス〜 プラスな発想で面白い地域文化をクリエイト

代表 さとうみどりの日記

2017年10月

new

ひとり大阪

たまにはゆっくりイベント後にどこかへ行こうと決意してチケットを購入したのが春のコト。

まだまだ先だと思ってたら早10月、「ビリーエリオット」をとても良い席で観劇してきました。

映画リトルダンサーの舞台で子どもたちが生き生きと踊る様はこちらにも元気がもらえて良い時間でした。

 

 

 

 

 

休憩をはさみ、そしてちょうど100回記念公演だったようでサプライズ挨拶なども見れた長い舞台だったので帰り際は梅田をぶらぶら阪急百貨店が2012年から試みてる「うめだスーク」に行ってみました。

百貨店内に「市」がある。

 

今や百貨店内にもこんな仕掛け、はいりやすさも興味津々の品ぞろえ在りあり楽しいフロアでした。

そろそろこの波が地方にも来そうですよね。

岡山イオンあたりには岡山フロアがありますね~

 

new

島根農業女子を広島でお披露目「トラックマルシェ」開催しました

6次産業による商品づくりや販売戦略を学ぶがんばる農業女子を応援する『しまねアグリビジネス実践スクール』のカリキュラムの一貫で広島での実践販売として皆さんの商品をお披露目して販売する「トラックマルシェ」を開催してもらいました。

揃いのユニフォームで統一した島根女子たちの販売演出は目を引き津和野の焼き栗の香ばしい香りに誘われてご近所さんもやってきて軽トラック市の周りを取り囲みます。

大きなマルシェもいいけれどこじんまりと一緒にお話しできるこのカタチもいいものです。

マルシェ後は広島在住の島根ファンの声が聴ける交流会をあえて組み込みました。

 

 

商品に対するいろんな意見が出てましたよ

 

 

 

丁寧に作られた農業女子たちの商品、少ない品種ではありますが島根の産物の商品力の高さは広島では良く知るところ。

「愛情込めて懸命に作ってますよー」をもっともっとアピールしてもいいのです。

 

 

new
2017.10.17

今年最後のみやじまぐちイベント、雨が大変残念でした。

準備重ねたのに・・・雨が悔やまれます。

「みやじまぐちそぞろあるきマルシェ」イベント

前日準備の際はいいお天気でこのまま持ってくれたらいいな~と祈ってましたが

そううまくはいかなかった。。

マルシェ参加の皆さん、それでもほぼ全店舗の方が来てくれました。

嬉しいな~。

今回の目玉はTARUSHIさん演出のアーチ。

海に似合ういいかんじの仕上がりで多くの方に見てほしかったなー

 

 

 

でもエピロ店内は盛況でありがたくてTROUVERさんのパン販売もCornel&コリシゲマコトライブも素敵でした。

島根女子がやってくる

11月18日は島根農業女子チームがやってきて「トラックマルシェ」開催します。

実は春ごろ島根県の事業で農業女子チームを作り商品計画をして広島に遠征して販売をしてみたいとご相談を受けて実現しますこの企画。

本来なら大きなマルシェに出店されればと思い「みやじまぐちマルシェ」もおすすめしたのですがHerstoryHouseにいらっしゃる大半の女性たちとの会話を楽しみたいとカフェ前での実現になりそうです。マルシェだけでなくその後に刺激になる交流会も開ければいいねと

マルシェ後にも充実時間を計画中。

 

島根の野菜(津和野、出雲、浜田産)、小田又のお米、旭ヨコヤマ農園の梨、苔インテリア・苔テラリウム、津和野産焼き栗、漬物、ジャム、焼き菓子 …etc

ぜひ応援しに来てください

 

 

2017.10.8

クリエイティブのお仕事もしています。

鳥取倉吉でアロマやヨガ・気功、マクロビなどの教室をされている「carespace kala

 

ツールやサイトを創らせていただきました。久々にsatomidoのイラストも入れていただいて。

ちょっとゆるめの線画を描いてみています。

サイト内に邪魔しない程度に何点か・・・ぜひご覧ください

 

 

 

 

 

 

きれいなサイトになりました。

 

 

このご縁も倉吉市で院内shop「もりのみ」のおしごとをさせていただいたことがきっかけで。

全然業種は違えどコンテンツを見ていただいてのご連絡でした。

今年の2月、寒い時期に倉吉からわざわざ訪ねてくださり熱い思いをお聞きしお手伝いをさせていただくことに

「好きを仕事に!やってみよう」とポジティブで元気な女性たちに会う機会が多い時代になりました。

女性のパワーはいつもすごい!感心します

 

 

2017.10.6

イベント月間の10月です

10月15日は「みやじまぐちそぞろあるきマルシェ」が開催されます。

多くの店舗が集まるマルシェももちろん楽しいですが、周辺の商店も各店で何らかのイベントやサービスを試みる。

宮島に渡らなくとも宮島口で一日中そぞろあるきしながら楽しんでもらいたいというのが大目的のイベントです。

2017年は2~3カ月に1回のペースで4回の開催、場所も宮島の目の前で対岸から見える宮島の海を臨みながら。

 

 

 

 

 

昨年のこの時期から始まったマルシェもはや1年。どの時期がマルシェに最適なのか、宮島口で1日滞在してもらえることは何なのかまでも見極めながら開催してきました。

 

個人的には暑かったけど7月のナイトマルシェは良かったな~。

 

宮島口の夜が活気づくそんな姿をイメージしながら出来ることを一生懸命に継続していきたいものです。

2017.10.2

パインコーンズのイベント「和紙小市」は素敵なイベントでした。

西念寺を借り切っ行う1日イベント「大竹和紙小市」は3回目の開催PiNECoNesが仕掛けるイベントは素敵ですね。

大竹の和紙の歴史も展示してあり、手すき和紙の体験もあったり、本堂のなかでは和紙に絡むお店の出店や和紙にまつわる地元の方の出店があったりとよく考えられてて主催の方がいかにこの土地を愛してるかが良くわかるイベントでした

 

 

この看板もかわいいじゃない! 寺下さんかな~

 

昨日は孫三人連れて姪っ子と全員ボーダーで大竹へ。

途中のお神輿を見たり、天狗が出ないか逃げ回ったり、お寺下のボール救いで何度も挑戦したりなかなか会場へ行きつかない・・・

着いたら綿菓子もらえてこどもたちは大満足でした。

 

中庭の演出もいい感じで

 

 

次はひとりでゆっくり堪能しようっと!

 

1 / 11