ハーストーリィプラス〜 プラスな発想で面白い地域文化をクリエイト

代表 さとうみどりの日記

2017年03月

2017.03.31

島根を横断


今年は桜がまだつぼみです。

年度末にかかるこの頃は毎年松江の県庁を訪れます。立ち上げて10年目にはいろうとしている「リメンバーしまね」の打ち合わせ。

SNSのなかった時代からはじまっているこのサイト、どの項目も丁寧に作りあげています。

「続、島根本プロジェクト」に至っては島根に行く際に大いに役立つ!

 

”こっそりしまねを応援する”からはじまりましたが今やこっそりどころじゃない、堂々と応援にふさわしい県になっていますね~

何よりかかわらせていただいたわたしたちが一番の島根ファン、島根通になっている

 

帰りは海沿い9号線をずーっと走り続け3時間松江から浜田へ。

石見地方のことについて広島女子目線で5月に講演を予定。

途中、大田でお昼ご飯。すごいきれいな海が見えるお店、島根のゆるきゃらとともに記念撮影!

 

 

 

 

 

 

飯南町で開発商品の研究発表会

3月末だというのにまだまだ寒い日、車を走らせ飯南町へ。

今日はわが社も関わらせていただいた超高水加圧加工の玄米を使っての人介入試験の研究発表が行われるため。

タイトルを聞くと難しいようですが、大学の先生方のわかりやすい説明で食事療法での予防に加圧玄米の栄養素が「やるき指数」を上げていく

やはり、人の根本は「食」から出来ている。毎日のコト大事にしなくてはと思いました。

食べにくい玄米を食べやすく。食べにくい玄米の形を変えての認知、訴求。

わたしたちの役目はここ、次世代へもつなげていきたいと思います。

 

 

会場では玄米麺の試食も。おいしいと参加者の方々が。

 

行ってきました、キッズアートひろしま

アートの世界に触れさせようと孫を連れてパセーラへ。

今回のテーマ「つばさプロジェクト」手形で一つの絵を完成させるコーナーや

 

 

 

 

 

つばさプロジェクトのまわりに子どもたちが絵を描いて大作になるコーナーあり。

 

孫たちも両方の体験ワーク、あれだけ朝からたのしみにしていたのに姉は恥ずかしがり屋で弟と一緒に体験ワーク

5歳の女の子は”うまくできなかったらどうしよう”と出来栄え気にするお年頃

方や3歳の男の子は創作に興味津々、ふたりともアートを楽しむ子になってほしいなぁ!

 

「キッズアートひろしま」今年も各所で開催中!

昨年はウチの孫も参加しましたキッズアートひろしまイベント。

アイスクリームの工作が楽しくて楽しくて、創った後に食べられるかと思っちゃって口にした2歳の孫2が面白かった。

右脳を働かせて集中する子どもたちを見てる親御さんもまたうれしそう。

こういうイベントどんどん参加させたい、自分の子どもたちは忙しすぎて何にも習わせてやれなかったから

罪滅ぼしのように孫にはなんでも体験させるおばあちゃんになっていってます。

 

今年は中区はパセーラで。西区はアルパークでと春休みに開催します

 

パセーラ会場は今週末からはじまります!

今回もまた敦子さんのイラストが生きてますね~。

●25日(土)26日(日)の「手形アート」は壁にpetapeta 予約なしで参加できます!!

●「キッズゲルニカinひろしま2017」はアトリエぱおに要予約でご参加ください。アトリエぱお(tel.082-271-0870)

●29日(水)からはオリシゲシュウジの描くつばさアート フォトブースで楽しめます!

 

2017.03.19

コツコツの大切さを教えてくれた映画

「人生フルーツ」を見てきました。

90と87のご夫婦のお話、

ドキュメンタリーからこれからの生き方を学びました。

40年前に植えた木々、目が出て木になり、実がなり葉が落ちて肥やしになるの繰り返し

そのコツコツとした積み重ねが人生。

そうだよなー、一足飛びに何かうまくいくなんてことはない

すべてはコツコツがあってこそ、

後の姿を見据えて、今やるべきことをしっかりやるのみ

あらためてそう思いました。

今日もわが社は「キッズアートイベント」に「春のお弁当」コツコツと

「次世代に伝えたいコト」積み重ねてくれています。

 

 

 

この映画にでてくる「家は暮らしの宝石箱」ル・コルビジェの言葉や

「人生は長く生きるほど美しくなる」のフランク・ロイド・ライトの言葉も

胸に突き刺さる

ワタシらしいコツコツを積み重ねていきます。

「ワタシの店づくり物語」トークショー大盛況でした。

いがらしろみさんのお話は勉強になりました。

これは起業する前より後に聞いたほうが良いお話。

いろんな経営者の方に聞かせたいお話でした。

 

ジャムを通して世の中の人に幸せを伝えるろみさんのお話はすべてが整合性が取れてて納得なのです。

自分の商売ももう一回棚卸しなきゃと思った次第です。

 

横断幕もかわいらしくできました。

 

当日の模様はフェイスブックからもご覧いただけます。

真剣にいろいろ聞く私・・・・笑ってなんでもお答えくださるろみさん

 

 

 

 

 

出雲でお話させていただきました

2日間続けての島根

ワタシは雪との縁が深いようで1日目はさむーーい冬、途中は雪模様の島根。

1日目は出雲で起業のお話。積極的な女性たちとまたお話が出来て有意義な会でした。

2日目は6次化の研修会で「つながることからはじめる」というテーマで1時間お話

100人の方々の前でお話しするのは超緊張!!

主婦の方々とつながって私たちが何をしているのかお話させていただきました。

寒い日でしたが出雲の方々はあたたかい。

夜はおいしいお魚を食べて

(のどぐろ煮つけ)

 

 

 

 

朝は出雲大社にも連れて行っていただきました。

大社のこの荘厳な景色を歩いていけるようにしているのがすごいんですよね~

 

 

 

2017.03.8

宮島口の勉強会

会社のほうも忙しいさなか、毎月宮島口の活性の勉強会へも参加しています。

行政からこんな街づくりにしたらよいなというアウトラインを示されての勉強会で

とてもきれいな街並みは理想なので確かにわくわくしてしまいます。

・・・・が、

 

「宮島口じゃなきゃ見れない景色、宮島口だからできること、ぶれない軸がいるのよね」

同じ商店会の方とお話で改めて気づかされました。

いつもそんなことを仕事ではそんなことを言ってるのに

何かしなきゃ、発信しなきゃ、先走っている自分に気づかされました。

 

世代は違えど同じ思いを共有する、同じ場所で生きてきた人がつながってます。

みんなのその思いを洗い出すところから動き出しました。

地元のことにかかわりはじめて8年目、3年前にはお店もOPENさせたわけですから本気ですすみます。

 

 

「ワタシの店づくり物語」の準備、鎌倉romi-unieへ

11日(土)はいよいよいがらしろみさんをお迎えしてのトークショー。

事前にろみさんにお話お伺いしに行ってまいりました。

「お菓子が好き」な職人さんだと思っていたろみさんのこと

大きな勘違い、「お菓子の楽しさを伝えること」の役目を大切にしてらっしゃる伝道師さんでした。

お菓子作りが好きな人にはお菓子作りの楽しさを、

お菓子を通して日々の楽しみを得たい人には本を通して提案を。

大好きな人にお菓子を贈りたい人にはお菓子の味はもちろんのこと、包材やラッピングまでも思いを込めて

お菓子の総合プロデューサー的な感じの方でした。

経営の考え方も目から鱗なお話でした。

これは起業して1、2年の方々にも長年してて悩んでいる方にも参考になる。

聞きたいことたくさん。

当日楽しみです。

 

食材店とカフェの合体

3月1日から稼働始めました。

HerstoryHouseとくらしマルシェ365

安心安全の食の館となってリ・ブランディング

なんか私たちがやりたいことが見える化できて良い感じになった気がします。

カフェでのお食事を見ていただいて家庭に取り入れる健康食。

 

「食」のコミュニティのプラットホームになるべく存在にしようと思います。

 

 

 

HerstoryHouse内に食材たちの融合

 

 

1 / 11