ハーストーリィプラス〜 プラスな発想で面白い地域文化をクリエイト

代表 さとうみどりの日記

東広島、豊栄のおいしいもの試食会「ボナペティ!県央」に行きました。

試食会の素敵な演出やプロデュ―スは地域デザイン研究所のさなえさんが。古民家を改装したまるでレストランかと思える空間で県央のものをふんだんに使ったコース料理を20名の方々でいただきました。

ブドウ酢スパークリングで乾杯した後はやさしいアミューズ

 

 

女性に人気チーズタルトやえごまとイノシシのリエットシューなど

盛り付けもきれいです!

 

 

 

 

シャルキュトリー(加工肉の事なんですって!)鹿の生ハムやイノシシのロースハム、イノシシ・鹿のソーセージ、などを3種のマスタードでいただく。パンには県央のオリーブオイルをつけて。

 

 

そして豊栄の赤鶏地鶏、これはむね肉がやわらかでおいしかった~

ラベンダー塩で食べるのが一番シンプルでおいしかった。

 

 

 

 

 

ほかには白ネギのバーニャカウダソースやビストゥソース、キノコとごぼうの入ったお塩もすばらしい。

次には赤鶏の手羽元を使ったポトフスープ、具沢山のたっぷりの野菜が甘みをまします。

そしてメインのジビエの煮込み。イノシシのお肉と鹿のお肉がやわらかです。

 

 

この時にはおなかもいっぱいで、でもしっかりいただきました。

デザートは別腹。

味噌とごぼうの入ったガトーショコラ

エルダーベリーのコンフィチュールとフランマンジェ

ママンのカトルカールはおいしい!

 

ここまで試食会を作り上げるにはみんなの力は不可欠。

大勢の作り手と料理人そしてバイヤーたちが皆さんにご紹介できるまでどこも手抜きない素敵な会でした。

いろいろ学ばせていただきました。

次の私たちが主催する会もどのような趣向を凝らすべきかきちんと考えたいと思います。