ハーストーリィプラス〜 プラスな発想で面白い地域文化をクリエイト

代表 さとうみどりの日記

2018.09.17

連休は子守りの合間に街探索へ

ラピスギャラリーの「うすいみわ、千葉真弓、船越まなみ」のM展へ。定期的に開かれてるこの展示を毎回楽しみに行かせていただいてます。定期的に誰かと一緒に何かをするって目標があるとよいですよね。広島のイラストレーターはそれぞれの活動に刺激がもらえるからか皆つながっていて仲が良い。同じ目標に向かって進む同志というかんじなのでしょうか。イラストレーターを目指していた頃の私もそうだったな~。同じ地で頑張る人とシャイな自分を奮い立たせてつながりを持つために「アートフォーラム」なる会合に出かけてました。駆け出しのころは先に活躍してる人がまぶしくてまぶしくてたまらなくて、どんなときに作風を思いつくのか、どんな風に仕事を得ているのかなんでも知りたくて吸収したくてたまらなかったこと。当時の仲間とはどうやって東京の仕事を受けるかとか出版社とつながるためのギャラリーをどう開催するかとか話を良くしたものです。現在は広島を出た人や、東京の仕事を広島で受けて頑張る人など様々ですが、描いてた枚数が下地となり実力をつける大きなステップになってることは間違いない。

 

今度えぴろでイラスト展をやっていただく絵本作家「さこももみ」さんも同じ時期にイラストレーターを目指していた方で東京の個展などもよく見させていただいてました。ぶれずにその道をまっすぐに進んできたからこその今の活躍、

自分のイラストが雑貨になったり布地になったり、あこがれの場所に行きついてまだ進行中です、すばらしなぁ