ハーストーリィプラス〜 プラスな発想で面白い地域文化をクリエイト

代表 さとうみどりの日記

2018.09.7

先週は緊張するお仕事がたくさんでした

先週頭は共同労働のパネルディスカッション、週末は石州和紙会館でセミナー&ワーク、そして今日は、ある会の卓話にてお話を。人前で話すことを得意として来なかったワタシ、むしろ真逆、イラストレーターとして黙々と表現することを得意としていた、これまでの自分ででは全く想像で気なかったことをやってます。

人前で話すということは自分の発言に責任を持つということ、ということは自身が体験から発する言葉でないと伝わらないし響かない、毎日をアンテナ貼りながら感動しながら疑問をもちながら生きてないとンプットしようにもできないのですよね。

書くと大変なことのように思われますが、目線、視点を決めて行動すしていると日常はイキイキします。訪れるスーパーで思うことや日常のニュース、周りの主婦の方々の意見や行動、街で遭遇するイベントすべてが参考になる、やっとお話しすることの楽しさが掴めるようになった遅咲きの経営者です。

 

今日は私を「アーティスト」として紹介していただき照れました。その紹介くださった卓話に私をご指名してくださった恩人様とのご縁は当時お勤めされていた某大手会社様の会社案内制作にイラストレーター&プロデューサーとしてご依頼くださったことから。初版はすべて表紙もイラスト中面の片面もイラスト、女性たちのゲンキになれる7ステップをイラストと短いてがき文章で表現させていただいた斬新な会社案内の製作でした。 

 

”ちょっと休もうかLIFESTYLE自分流” 「GOODLIFE AtoZ」

 

“明るいときも落ち込んだ時も、あなたの毎日を応援したい”

 

 

とても楽しい仕事となったことを今でも忘れません。

イラストレーターとしてかかわりながら見えるモノ・コトも

まとめて行けたら面白いかもしれませんね。