ハーストーリィプラス〜 プラスな発想で面白い地域文化をクリエイト

代表 さとうみどりの日記

satomidoの考え・思い

年明けの出来事

年の初めに仲の良い仕事仲間が急に逝ってしまいました。まだ40代、やりたかったこともいっぱいあっただろうな~

昨日はお別れの式、今日だけは最後まで一緒にと仲間で語り合いながら見守りました。

明日何が起こるか誰にも予測できない、だからこそ1日1日を大事に生きねばと感じている2018年の年明けです。

 

 

 

さあ、仕事はじめです。

朝は厳島神社へ恒例のお参りに。朝の宮島は神聖ですね、朝9時だからか、心なしか人が少なめでした。2018年会社とお店が繁栄できるようしっかりと見守っていただけるように、もうひとつは宮島口が活性するために三女神にお力を貸していただきたい願いを胸にご祈祷していただきました。

会社を興してから地元の神社へのお参りに変更、一緒にお参りに行く社員にはこちらまで来てもらって廿日市市でのお参りを決行しています。帰りには食事をしたりお茶を飲んだりと地元にお金を落として帰ります。今年は次の時間があったので伊都岐珈琲で珈琲を飲んで温まりました。

 

で、次の目的地、宮島のお寺で開業されて話題の「おけいこジャパン」を見学に。

エピロにも置かせていただいてるTARUSHIさんが素敵にアプローチを造られてて素敵な場所でした。

 

 

外国の方々が日本の古き良き伝統を知ったり作法を学んだり体験のできる場所としてとても良い空間でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新年あけましておめでとうございます。

2018年、今年もハーストーリィプラスをよろしくお願いします。

 

企画、お店、お弁当とお客様に喜んでいただけるような商品やサービスづくりを皆と力を合わせてさらに深めて参ります。

 

初日の出を見ながら「丁寧な仕事が積み重ねて歩めるよう、行き先を見据えてみんなと進もう」と心に誓いました。

しかし、今年もきれいな日の出です。

 

 

お店も素敵に新年のお迎え、物販は3日より、カフェは4日より営業しています。

 

宮島が秋の気配

今週も雨ですね~。雨のハロウィンです。わが社スタッフのイベントは本日は量販店、店内だから大丈夫。お菓子をいただきに練り歩く楽しいイベントですから大勢の方々にお越しいただき盛況のようです。

10月は8回目の決算期を迎えるハーストーリィプラス。経営者としての技量がまだまだで今度こそはちゃんと経営をしようと意気込んだ1年でした。今期はびっくりするくらいお弁当が好評で、長年積み重ねてきた事業が広がってきたという手ごたえがありました。今期は動けば何か掴めることも実感、丁寧な仕事をして信頼していただく、継続した経営とはこれに尽きると思います。

 

地元宮島口でもエピロとともに桟橋前でマルシェを連続開催。

宮島を眺めながら六感で楽しんでいただく宮島口構想のはじめの一歩です。

そろそろ秋の気配、雨上がり、宮島口からみる色づき始めた宮島がきれいです。

 

 

 

夏の終わりを感じる宮島花火大会

今年は月末26日の日程での開催でした宮島花火大会。

多くの方が宮島口に滞在、これは頑張らねばと張り切ってエピロにてお仕事

今年は涼しい夏の夜で心地よく花火を鑑賞しました。

我が家は1年に一度花火とともに家族で過ごす貴重な日。

花火の見える飲食店ではセットメニューがあったり鑑賞付き、飲み放題、お泊り付きのサービスあったりと魅力的です。

たまには近場でそういう贅沢もいい佳奈と思うのですが未だ実現してません。

今年は途中までは自宅にて鑑賞、

その後は宮島口の花火スポットを散策。

大きく鳴り響く音は対岸ならではですね~。

正面で見るより我が家で見る横からの花火が大きく見えることを実感しました。

 

「この世界の片隅に」を鑑賞

終戦記念日というタイミングで映画を見に行きました「この世界の片隅に」

八丁座の最終時間でも半分は埋まる人の多さでした。

 

コトリンゴさんが音楽を担当し、主役のすず役の声をのんさんということもあって戦争のある時代に住む女性が特別なものでなく日常を生きている

今の私たちと何ら変わらない普通の生活だったはずなんだと感じさせられる。

 

当たり前のくらしの中に戦争があるってどんなにつらかっただろう。

つい見ながら娘たちや孫をそこに投影してしまう。

涙が出る。どんなふうに守ればいいのか考えさせられる。

 

戦争は絶対あってはいけない。

 

小さな積み重ねから

毎日、何かしら仕事に出てるので家のしごとが滞ってる今日この頃のです。

無理せず、10分づつでも掃除、片付け、断捨離を試みようと今月上旬から試みています。

金曜日夜から土曜日朝は2~3個でもと、洗面所のごみ箱のそうじやら洗濯機まわりの片づけやらを実行、

キッチンに至ってはお料理を作る際に保存瓶を洗ったり、鍋を洗ったり、使わぬ食器を処分したり。

何事も同じで、一気に進めようと思わず、積み重ねて行くことは大事です。

 

 

日本の工芸の技を感じるすりおろし器に出会いました。「江戸の伝統工芸」展の実演を見て思わず購入。

このおろし金、裏表使えて機能的にも優れています。

広島にもある次世代にも伝わる工芸も見直したいと思いました。

 

ラジオ番組に出演します。

今週はカラダががたがた、宮島口のイベント日に朝早くから体を使い

おまけに自店内でも娘に変わって重いものもったり走ったりしたものだから。。。

運動不足がたたっています。今週は刺激ある週です。

16日はオタフクホールディングスの佐々木社長がインタビューくださる番組、ひろしまFMのsongs on your lipsの収録がありました。

ちょうど先日、グループ会社LISURの浜口社長の出演の回を聞いていて上手にしゃべってるな~と感心、

知り合いの方々もたくさん出演されてて土曜日にまったりと聞ける良い番組だなーと思ってたところでした

 

2週にわたって会社のことや自分のことをお話させていただきました。

自然な話し方でいろいろ聞かれるのでその流れでついしゃべってしまって本来伝えたいことが言えてるか

本番を聞いてみます。

きっと6月初旬あたりに流れるのではと思います。

 

 

今週初めに知人がお店をOPEN

人生最後の挑戦で起業する先輩方が増えてます。

やはり女性はたのもしい。

 

 

 

 

初LECT

OPENしてからの混雑を避け、遅ればせながらLECTへ行ってみました。

蔦屋書店がいよいよ広島に!

「蔦屋書店」のロゴやコーナー看板の明朝体が店内の内装を引き締めてるかんじでなんとも大人っぽい。

孫が生まれて自分の行動範囲とは真逆の量販店の遊び場などに何十年かぶりに足を踏み入れて

もっと落ち着く場所があったらいいなぁなんて思ってましたがココはいいですね。

ただゆめタウン同様ちょっと広すぎで全館把握は何度かきてみないとですが。

 

広島駅前の蔦屋家電のほうはコンパクトでこっちのほうが動きやすいかな?

さて、近辺の状況はというとLECTバス発着場のあるアルパークは相乗効果で賑わいがでたようです。

同じお客様象の我がカフェはさらに誰のための何を伝えたい場所であるべきかしっかりと際立たせられるよう企画します。

 

明日からのランチもくらしマルシェ365の食材をたっぷりとお試しいただけるようなメニューに仕上げています

 

 

 

 

ゴールデンウィークにおもうこと

休み中にしたいことを休み前にあげるも、できたためしが未だかつてないのに

また休み中にしたいことを挙げている。経験したことを教訓に無理な計画はやめて”毎日ちょっとづつ”を実践中。

さて、ゴールデンウィークも残り少なくなってきました。

今年は次女が旅立ちをしてくれたので、朝の時間と夕方からの家にいる時間を使いおそうじを決行中。

でもアクシデントはつきもので愛犬テツの体調に異変が・・・。心配しましたが祖母犬を育てた先輩に対処法を聞いて実践中

元気なのでゆっくり見守ろうと思います。

 

もうすでに12歳のおじいちゃん、目はほとんど真っ白に、かすかにしかみえないだろうに家の中はぶつかることなく歩けてます。

愛犬の年をあらためて感じ、長い年月一緒にくらし癒されてきたことを実感、ちょっと切なくなっています。

 

 

 

 

 

 

 

さて、会社と並行しての私の主の動き宮島口の賑わいづくり。本日epiloで開催中の谷口周郎さんの個展の様子が新聞に掲載されました!

来週はいよいよイベント!お役様がいらっしゃってくださるか、前の週はいつもドキドキするのです。

 

 

グループ会社懇親会

HerstoryHouseにて東京HERSTORY御一行様とグループ会社リシュラ御一行様と一緒に懇親会

あーー、こんな日が来るなんて~!!

日野社長、浜口社長とわたし、3人がそれぞれの思いを皆に伝える。

東京で大きなマーケットで仕事をがんばっているHERSTORY、地域で女性コミュニティと一緒にこの地から発信できることを深ぼるHerstoryplus

そして23年前に浜口社長と一緒に創った子ども服の古着をあつかうLISUR、

今やどんどん進化して次世代へつなぎ方を考えている

会社の個性もそれぞれ出ていて面白い。感慨深い一夜でした。

 

同じ仲間がいることがうれしい

HERSTORY時代をともにしたメンバーの多くが起業していて同じ悩みや相談ができることがほんとうにありがたい。

昨日は株式会社リシュラの浜口社長のところへ悩み相談に。

リシュラといえば古着屋の老舗になってきて、、よくうちの会社の店だと勘違いされるのですが実は当時立ち上げから歴史を刻んできた

一緒に歩んできた浜口社長の会社なのです。

小さな小さなお店を大きくしてくれてそして継続してくれてありがとうの思いばかり。

7年前にHERSTORYから独立した私の会社の役員も担ってくれてるのでどんな話も聞いてもらえるよき仲間

自分だけではどうしようもないときに同じ経営者の立場からと会社の中身もよく知るのでいろいろアドバイスしていただきました。

 

正直ひとりじゃ真っ暗闇に陥りそうだったのでほんとうに救われました。。

 

持つべきものは同志です。

 

さて今日はまた仲間が!!

キッシュグランココの竹中さんがおいしいキッシュをもって訪ねてくれてうれしかったなぁ。

一緒に経営の悩みや近況を。

かわいいでしょ!このキッシュ。盛り付けの参考にさせていただきますよ!

 

0120ki

 

 

 

 

 

 

 

2 / 3123