ハーストーリィプラス〜 プラスな発想で面白い地域文化をクリエイト

NEWS

2018.11.20

11月17日 かしこく ムリなく 自分らしく 「ワーク」と「ライフ」の勉強会vol.1:開催報告レポート

11月17日(土)、講師に(株)peekaboo代表の小村佳子さんをお招きし、『かしこく ムリなく 自分らしく 「ワーク」と「ライフ」の勉強会』の第1回目を開催しました。

参加人数は21名。それぞれが、「小さい子を抱えていて働きづらい」「働きたいけど一歩踏み出せない」という悩みを抱え、ご参加くださいました。

演題は『“自分に誇れる自分”になるための知識と準備』。

事前に用意したQ&Aに小村さんに答えていただく形で会をスタート。仕事や働き方についての質問を中心に、お話しいただきました。
もっとも多く寄せられた、「自分に合う仕事がわからない」という質問には、「まずは自分の周りにいる人3人に、自分がどんな人間か聞いてみて。必ずその答えの中に共通する項目が出てくるはず。それがあなたらしさです」とアドバイス。
就職活動をするうえで大切なのは“自分の市場価値を知ること”。自分に向いた方向性を見定めたうえで、強みを生かした働き方をすることが大事だそう。「履歴書を見た時にあまりにも一貫性のない働き方をしていると敬遠されがちになります」と、経営者目線での回答もくださいました。


出産や育児などでブランクがある場合は、「とにかく週に1度のアルバイトでも内職でもいいから、何かしておくことが大切」だと言います。雇う側にとって、その人が社会とつながろうとしているかどうかは、採用の上でとても大事なポイントになるそうです。
関連した内容で、「資格がないので不安です」という質問には、「目指す職種の資格が保育士や介護士など必ずその資格がないと勤まらないものなのか、事務職等でワードやエクセルなどあればより良いとされる資格なのか、その見極めも大事です」と回答。
また、「資格やキャリアがない場合は、とにかく明るくてやる気に溢れ、話しやすいと感じる人はどこでも必ず重宝されます」という力強い言葉に、多くの参加者が真剣に耳を傾けていました。
お話の中では、小村さんが現在の仕事に就くまでのいきさつや、共働き家庭の家事育児の役割分担、子どもと過ごす時間と仕事とのバランスなど、ほかにも働き方のヒントになるような内容を、数多く聞かせていただくことができました。

 

この勉強会は広島労働局が主催のため、後半は「賢いハローワークの使い方」をレクチャー。当日配布したリーフレットをもとに、ハローワークを使うにはどういった手続きを取るのか、受けられるサービスはどのようなものがあるのか、簡単にご説明をさせていただきました。
すでにハローワークに登録済みで活用している人、これから活用しようと思っている人など、参加者の方それぞれが興味を持って聞いて下さいました。
会には広島労働局担当者の方も参加しており、すべての講演が終了した後は個別の相談会を開催。
「ブランクが出来てしまう多くの人の特徴が、悩んでいる間に時間が過ぎてしまうこと。悩んでいる時間がもったいない。やろうと思う人はすぐに動ける人です」という小村さんの言葉に背を押され、その場で求職申込書に登録するなど、実際に行動に移している人の姿が数多く見られました。

ご参加くださった皆様、有意義なお話を聞かせてくださった小村さん、
本当にありがとうございました。

 

一連のイベントは、今後県内各地で随時開催します!

12/6 東広島(東広島芸術文化ホールくらら2F 212)
「自分らしく働くために、ワークとライフの目標設定・ライフプラン講座」
講師:ジブラルタ生命保険株式会社ライフプランコンサルタント 徳田典子氏
1/23 三原(三原アクションセンターセミナールーム「春」)
「文字を変えると思考や行動が変わる!? 文字からわかるあなたの最適なワークとライフ」
講師:一般社団法人日本筆跡セラピスト協会代表 鈴東久美氏
1/29 福山(リム福山(ものづくり交流館)セミナールームC)
「色とファッションで自分を知る これからの賢い生き方」
Personal style&color Flamma(フランマ)主宰 久芳奈苗氏

 

仕事や働き方についてお悩みの方、まずは行動を起こして自分の気持ちを見つめなおしてみませんか?
たくさんの方のご参加、お待ちしています!!
https://www.hs-plus.jp/oubocom/oshigoto2/

 

カテゴリー

最新のエントリー

アーカイブス